煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

幼なじみな彼女 感想。

「幼なじみと甘~くエッチに過ごす方法」ををやってもう一本幼なじみゲーをやることを決意。
近年でタイトルに「幼なじみ」がついているゲームは「幼なじみな彼女」しか見つかりませんでしたとさ。

OHP
http://ego.product.co.jp/main.html


まあ、こんな不純な動機で購入したゲームですが。
OHP見ればわかると思いますが、ぶっちゃけ抜きゲーです。
シナリオはエロを抜いたらほとんど何も残りません。
しかもシナリオは一本限りです。
まあ、5800円と低価格路線の抜きゲーにそんなに期待したらいけないですが。

ヒロインの好感度は初めからMAXで、かなりお手軽にエッチします。
主人公は性欲たまりすぎです。若いというか人間ではないくらいに高い性欲をほこります。
この設定のおかげでエロシーンはとんでもないことに。
最大の売りは10連発セックスらしいですが三次元の人間には無理です。

たぶん、スタッフは笑いを狙っているわけではないのでしょうが、挿入時の音がにゅるん♪っていうのはどうかと思うのです。大爆笑させていただきました。

その他のエロシーンはエロ4割、萌え6割といったところでしょうか。
えっちしているだけなのに萌えを感じさせるシナリオは上手かったと思います。


絵はそこそこといった所です。可もなく不可もなく。
エロシーンに主人公のお尻がでかでかと描かれるのはアレですが…。

システム面は特に不備なし。特に目新しいものもありません。


総評。
抜きゲーとしてはかなり良い出来。息抜きにぴったりのゲームです。
シナリオ重視のゲームに疲れてきたら手を出してみましょう。









ちなみにおまけシナリオではヒロインがとんでもないことを言っております。
「ダメだよ、気を失ったら。ちゃんと聞いて。早漏に人権なんてないんだから」
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |