煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのはち。

カラオケ行ってまいりました。
最後の方に歌った地上の星と天体観測のおかげで喉が痛いです。もう少し喉に優しい歌い方を憶えましょう。

明日は朝から補講。面倒。しかも出ないと拙い講義という罠。もう二回もサボっているせいで後がない。とっても悲しい。


第十九話。
・カレン、なぜ君は無人島に来ていきなり身体を洗っている?ちょっと萌える。
・裸のままスザクに押し倒されてるのに、ちっとも私の心が潤いません。殺伐としすぎです。半眼のカレンが怖すぎです。萌えない。
・そういえば南の島にまで来てもゼロはマントを着けたままだったね。この格好つけめ!しかし、改めて見ても全身タイツにマントと仮面と、職務質問コースまっしぐらな格好。テロリストというより先に変質s(ry
・ユフィ×ルルーシュルート発生の予感?泥沼の三角関係?むしろユフィとルルーシュがスザクを賭けて戦うとか?誰かがそういうSSを書くことを期待してる。本編でやってくれるとなお良い。
・キレるC.C.はとっても素敵。やはり人外は傲慢、高圧的でないといけないですよ。
・スザクは天然で人を口説きすぎです。普通は人に向かって「魅力的だよ」とか言いません。
・「黙れ!このお人形の皇女が!一人じゃ何も出来ないくせに!」
言われたときのユフィの顔は最高だと思います。キレるお人形皇女様って素敵。そのまま喧嘩してくれたほうが楽しそうだったのに。
・久しぶりにルルの黒い笑みが見れたし、今回は大変良かったと思うのです。やっぱロボットによる格闘は要らない気が。駄目ですか、そんなこと言っては駄目ですか。
スポンサーサイト
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

愛すべきアルコール飲料。

後輩に教えてもらったPC復活方法が、Linuxをインストしてそこから要らないwindows死ね!という方法なんですけど、肝心のLinuxが見つからないorz
無償のパーツはネット上にたくさんあるんだけど、プログラミングを学習してない私が組み立てれるはずもなく…。出来上がったOS求めてネットを徘徊しております。



これだけで終わるのは寂しいので、一応ウオッカ紹介。
しょうもない。興味のない人は読まないほうがいい。本当に。

ウオッカについて。
本などにに書いてあることを全く無視して感性で書きます(ぉ
カクテルベースといえばウオッカとジンが有名ですが、個人的にはウオッカのほうが癖がなく飲みやすいのでお勧め。オレンジジュースやグレープフルーツジュース、更にはトマトジュースなどと割ればそれだけで美味しくいただけます。割るときはウオッカは少な目のほうがいいです。1対1で割っても20度くらい有りますしね。
保存は常温でもOK。でも飲むときは冷凍庫で完全に冷やしきってから頂いたほうが美味しいです。というか個人的には温いウオッカは不味くて飲めません。飲む前には最低でも冷蔵庫で冷やしましょう。

銘柄紹介。
スミノフウオッカ
http://store.yahoo.co.jp/yamaichi/52005.html
我が家の主力です。味は本当に普通のウオッカ。直で飲むと喉がやけます(当たり前
良い点はとにかく安いこと。一瓶1000円切るのはとっても嬉しいです。
ウオッカに挑戦するならこれから始めるのがベストだと思います。
ちなみに昔はロシア皇帝も飲んでいたウオッカらしいです。名前もロシアっぽいですが、実は今現在このウオッカが生産されているのはアメリカだったりします。

スカイウオッカ
http://store.yahoo.co.jp/yamaichi/52006.html
ろ過を三回されているらしいですが私の舌ではそこまで感知できませんorz
二日酔いを起こしにくいウオッカらしいですよ!一度お試しあれ。

スピリタス
http://www.hapima.com/prd/02000224/02000224102300/
世界最強、96度のウオッカです。そのまま舐めると舌に痺れが来ます。というか舌についた瞬間に
アルコールが気化してます。
瓶には火気厳禁とかいてある恐ろしいウオッカです。
しかし、蒸留を繰り返しているせいか甘みが強く、カクテルにするとそこまで度数を感じさせません(といって普通のよりキツイですが。)
合宿にもって行ったとき、これで作った50度のカミカゼを飲ませたら「そんなに度数が高いとは思えない」というのが皆の感想でしたし。
火をつけるにしても飲ませるにしても凶器になるお酒です。

ストロワヤウオッカ
良い紹介サイトが見つからなかった…!
バイカル湖の近くが原産のウオッカ。レモンの香りがちょっとします。
一味違ったカクテルをつくりたいならどうぞ。私の周りにはウオッカの味が判別できる人がいないので滅多に使いませんが…。

スコルピオウオッカ
http://www.e-osake.net/osake144.html
紹介しているくせに買ったことない&飲んだことないウオッカです。
食用サソリが入ったウオッカらしいです。足を取ればサソリ本体も食べれるそうな…。
とりあえず飲んでみたいです。はい。


勢いで書いたら長くなってしまった…。
20歳でここまで酒に溺れているのは良くないことだと思います。一応、合法だけどね。
別窓 | お酒。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのなな。

ゆっくりしたいけど環境がなかなかそうさせてはくれない。鬱。
明日からまた一週間が始まる。ほんとうに鬱!
引篭もりになりたい。ニートになりたい。


第十七話。
(モデルになっている)ルルーシュは馬鹿っぽい笑顔が素敵だと思います。この子普段から表情が暗すぎるし。もっと笑おうよ。黒い笑みでいいからさ。
ちなみに思案している姿は似合いすぎてキモいです。もっとアホキャラの方が似合っていると思います。C.C.に弄ばれる位のほうがいいですって。


第十八話。
カレンほど刃物なお嬢様はいないと思います。同人で大人気なキャラな理由がわかる気がします。エロゲだったらメインヒロイン抑えて人気No.1になってる。間違いない。

そして突然海の孤島へ。とりあえず水着を出して下さい。
しかし、期待を裏切るロボットの戦闘シーン。なんか戦闘シーンはそろそろ見飽きてきたよ。

ゼロさん迂闊すぎます。スザクをそこまでして手に入れたいですか?皇女の騎士になったんだからいい加減諦めようよ。本気で愛情を感じてしまうのは仕様ですか?


「全ナイトメア、飛来するミサイルに対して弾幕を張れ!」
弾幕と聞いて東方シリーズしか思い浮かばなかった私はどうすればいいですか?
堕ちればいいですか、そうですか。

アヴァロンと聞いてFateしか思い浮かびませんが、何か?
一応、ちゃんとした伝説に出てくる単語だけどね…。
wikiにも載ってるし。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AD%E3%83%B3


ネタ説明は入れるべきでした。これからはちゃんと入れます。
※東方シリーズ。
大人気の同人シューティングゲーム。ゲーム内容は非常に良く出来ており、中毒性が高い。
私は後輩にこれを勧めて二人ほど廃人にしました。

※fate。
ここ近年ではおそらく一番売れたエロゲ。
聖杯伝説を元に作られていて、戦闘シーンは豊富だけどHシーンはほとんどないゲーム。
エロゲをやるならこのあたりから手を付けてみては?(勧誘してる!)
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

合法麻薬。

今日の飲み物。
カミカゼ(27度)二杯。
アマレットストレート(28度)一杯。

美味しいです。でも酔ってません。しかし眠いです。
最近カミカゼの辛さが喉にこなくなりました。飲みすぎですか、そうですか。一週間に一回のペースでしか飲んでいないのだけどね…。


最近お酒を買いに行ってません。もう一ヶ月以上買いに行っていないと思います。
夏は保存が利き難いから嫌いです。カシスとか買ってきたら腐らせそう。春ごろに冷蔵庫購入計画を立てていたのに結局買ってません。高いし。場所とるし。

今一番欲しいのはサソリ入りのウオッカです。足を取ればサソリも食べれるらしいです。私は食べないですが。
別窓 | お酒。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのろく。

最近アニメを見る暇が無い…。なんか悲しい。いつの間にか時間がなくなっている。特別なことしてないはずなんだけど。
これも慢性的五月病の仕業でしょうか?


第十六話。
マオ生きてたのね…。あの状態から帰ってくるのはすごいですね!まるで衛宮士郎。しかも更にキモくなってるし!

ロイド伯爵と会長の間にフラグがwwなにこのカップル。
敵の軍人さん(銀髪の人)もなんかヒロイン入りしてるしw

スザク君の身体能力はいい加減に人間のそれを凌駕していますね。でも天然。頭弱い。だから体力馬鹿。なんかいかにも主人公の友人って感じ(エロゲ基準)


チェスって駒を取り合うゲームじゃないですよ??
いつの間にか他のゲームになってるよ!でも、その天秤は手で押して起爆解除すればいい気がする。すごくセコいけど。
気弱なルルーシュを初めて見た気がします。虐められて育ったらさぞかし可愛い子になっていただろうに…とか思ってはいけませんか?そうですか。
で、ギアスをかけて口を封じたマオにすら拳が届かないルルーシュ。どんだけ弱いんだ、お前。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのご。

お昼に鰻をたべました。鰻は夏バテ予防になるそうですが、年中バテている人間はどうしたらいいですかね?


第十二話。
スザク君は黒の騎士団を敵視しているねぇ。攻撃を仕掛けたのはコーネリアの軍だし、感情が一方的過ぎる気がする。一応、正義の味方という扱いなんだから、もう少し矛盾してない精神構造にしてほしいところかな。
この第十二話を見て久しぶりに思い出したことが。
ルルって皇子様だったね、そういえば。
ナナリーも実は皇女様か…。ナナリーは他の皇族のキャラが強すぎて血縁関係があるように見えないのです。コーネリアの妹とか絶対嘘だろ…。


第十三話。
OPが変わってるー!ここからが後半ですか、そうですか。

「どれだけ偉そうな事を言っても、所詮は口先だけの頭でっかちの童貞か…」
攻めるC.C.は大好きです。そして怒りに任せて押し倒すルル。そしてその上で言い負かされるルルがとっても素敵です。なにこのへたれ皇子様。


第十四話。
ルル 「そっちは何か変わったことはないか?」
スザク「あるよ。君が居ない
ちょw電話で口説くなww


・シャーリーの部屋を家宅捜索しているC.C.とルル。下着とかはC.C.に調べさせているルルが可愛すぎると思います。自分で調べろよww銃を探しているのになんで気にするかなぁ。
・ツインテールのC.C.に何故か可愛さより不気味さを先に感じてしまうのは何故でしょうか?なんか人外というファクターをかけると…ね。
・マオとかという新キャラ登場。しかもキモいです。今更こんなわけのわからんキャラ出さなくとも…と思ってはいけないでしょうか?

で、結局シャーリーのBad End?このままタイトル画面に戻ってもいいような終わり方ですね!


第十五話。
なんか四話も一気に見てる。暇な子!

マオの頭が大変やばいことになってます。キモいとかそういうレベルの話じゃない。でも、こういうのって現実にも居るんだよね…。
「C.C.は俺のものだ。C.C.は俺のものなんだよ。マオ。」
俺はC.C.の全てを手に入れた。お前の見たことの無い部分も含めて
ちょwそれは問題発言でしょうwwでもたぶんルルは何が問題なのかわかってない。


あと、C.C.が契約したのは6歳のマオとルルーシュなんだよね?

C.C.ってショタコン?
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのよん。

最近忙しいです。ただ寝ている時間が長いというのはヒミツ。
明日から一週間が始まるのがとっても鬱です。あーあ。

第八話。
いや、特に見るものの無い話でした。
ルルーシュはゼロとしてしか動いてないし。もっと絶望した乾いた笑いを見せてよ!
ランスロットがかっこよかったという事くらいしか見るところが無いです。


第九話。
カレンが決意を固めるお話。
いやぁ、この話も特に見るべき点がないっす。派手さに関して言えば8話以下だし。


第十話。
なんか突然話が大きくなっています。やっぱり皇女様がいないと話が盛り上がりませんて。

・そろそろカレンの二重人格に磨きがかかってきた気がします。ゼロへの懐き方が学園のカレンとはもう既に別人の域に達している気がします。
・輻射波動(字はあっているのでしょうか?)が素敵。なにその素敵な破壊力。最接近状態でないと使えないそのシステムも素敵。それはどこの世界のレムリアインパクト?
・コーネリアの位置を把握しているのなら、はじめからそこへ土砂を流し込めばよかったのでは?と突っ込んでは駄目ですか?そうですか。
・オレンジ君戦線離脱。噛ませ役か。可哀相に。

結構派手に戦闘が行われる気配。次の話に期待。


第十一話。
・「脆弱者がっ!」それは逃げるときの捨て台詞ではないと思いますよ、皇女様。
・日本人の軍服はなんでそんなに前時代的?これって第二次大戦前の話じゃないよね?防弾チョッキくらい着ようよ。
・ルル「またか…またあいつが!」いやそろそろ敵勢力の頭数にランスロットを入れてあげようよ。コーネリアもそんな危機的状態だったらランスロットを使ってあげるべきだと思うのだけどね…。
・紅蓮弐式?(錦?二色?漢字がわからないorz)とランスロットの戦いはよく出来ていたと思うのです。派手だし。
・「感謝されたのは初めてだよ…」たぶん、感動のシーンなんだろうけど私は状況についていけてないです。何が起こってるの?つかC.C.って何者よ?
「オレンジじゃないんです。ゼロォォォォォーーー」死んだ?死んじゃった?それ遺言?


箇条書きの方が書くのは楽。読みにくいのは我慢しる!
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのさん。

ギアスのMADムービーだけで1.8GBくらいあるんですけど…。どんだけMAD作られているのでしょうか?
そしてそろそろ各話の感想を書くのに疲れてきた罠。
一週間に一回書くならともかく一気に見てるからねぇ。そろそろ感想を短縮していこうかと思っております。同じことしか書いてない気がしてきたし。


第六話。
「出ろ、ジェレミア」
「ギルハド卿、わかっていただけたのですね」
「謀反の疑いに関してはな。オレンジ君
「っ!!」
「それに…(略)…。で位を三つほど下げることにした」
「!!」
「君には選択肢が二つある。一パイロットからやり直すか、オレンジ畑を耕すかだ!
「…。」
いや、もう言うことは何もあるまいよ…。色々なキャラを見てきたけど、公式でここまで不遇なキャラはそうそう居ない気がする。



「あら?このにおい…またピザ?」
「ポイント貯めてるんだ」
「お兄さま、最近ぷにぷにーとなってきてません?二の腕とか」
「絶対に触るなよ?」
「まあ、怖い」
「ふふっ」
ぷにぷにー萌え。そして「ふふっ」と笑うルルが素敵。このシスコンめ!
でも、猫に仮面を取られた時の「ふぉあ?!!」っていうルルの叫びはもっと素敵です。人を殺しまくっている奴の声とは思えません。

「なんだろう、ルルーシュの大事なものって?」
「ラブレター?」
「恥ずかしい写真?」
「ポエム手帳!」
そんな風に見られてたルルー種(違 は素敵だと思います。


ルル「っ、相変わらずの体力馬鹿!」
お前が頭でっかちなだけですよ。ここまで受けキャラなのも珍しいと思います。というかツンデレ?



第七話。
ミニルル気が強すぎ。逆算すると8歳くらい?このころから激情家だったのね…。でも、皇帝に負けすぎww
まあ、ルルは負けてこそルルだと信じてます!!

正直、この話はミニルルとブルーベリージャムおにぎりの二つしか見るところがありません。あのおにぎりは「よい子は真似しちゃいけません」と書くべきだった気がするのです。誰かが真似してそう。


あと、猫祭りってなに?
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのに。

近くの小学校で運動会やっているみたいです。正直うるさいです。子供の叫び声は騒音公害に入らないんですかね?
そんなことは置いといて、コードギアス感想をば。本当は明日の小テストの勉強しなきゃいけないのですが。

第四話。
前半は特に見るものがないかと。ルルのシスコンぶりを見せ付けられても今更何を…といった感じですし。

そしてゼロさん、その格好はないでしょう。
全身を覆うマントと仮面って…それはただの変質者というのだと思います。仮面は着脱ができるのでともかく、服装は電車に乗れたことが不思議なくらいです。普通駅員に止められるでしょう、普通は。それとも電車内で着替えた?それはそれで変質者な気がしますが…。

で、
オ レ ン ジ キター!!
いや、なんのネタかようやくわかりました。不幸な…これからこの人は生きていけるのだろうか?


スザクは…なんというか矛盾した人間ですね。
いや、そこで去っていくなよっていう…。主人公っぽいキャラですが考えが弱いなぁ。



第五話。
最初に言わせてください。コーネリアってスターフォックスの敵の拠点の惑星の名前じゃないんですか?スーパーファミコンのころから「コーネリア=惑星」の図式が頭にあるせいでどうしても人の名前とは思えないのですが。

で、本編。
C.C.の手玉に取られてるルルーシュが素敵過ぎます。つか、妹の前だと本当に弱いな、お前。
C.C.発言録。
「男は床で寝ろ」
「しつこいのは嫌いだ」
なにこの女王様。てかね、契約した相棒で、女で、傲慢で、人の話を聞かず、人の家に押しかけてくるとかそれなんていうアルアジフ?(デモンベインのメインヒロインのこと。最古の魔道書で(以下略))

で、上から女性が降ってくるっていうのはどんなエロゲ?(はにはにとか?)しかも皇女っていうオチですか。そうですか。で、そのままデートって…。これでカップル一つ確定ですね。スザクはC.C.みたいな強気の女性とくっついて尻に敷かれるイメージしかなかったのですが…。受け顔だし。


ある軍人のお言葉「コーネリア殿下のご着任を、あのオレンジに仕切らせるわけにはいかん!」
何とか卿のお言葉「黙れオレンジっ!!」
ちょっとまて、オレンジ公式化ですか?


カレンってテロリストVer.が地だと思うのだけど、声と性格はともかく、学園に行くときにその髪型は毎日直しているのか?テロVer.の髪のはね方を考えると随分大変な気がするのですが…?
勝手にキスをしておいて「これは何?」の問いに「ああ、何だろう…。」と答えるルルはかなり素敵だと思います。やっぱお前は18禁の世界に堕ちろ。

で、学園で勝手に踊っているC.C.はやっぱりアルアジフだと思うのです。その身勝手さ、間違いないっ!


後は…ランスロットの戦闘シーンはカッコいいね!動きが派手なのは大好きです。以上。

別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

東京砂漠。~人々を魅了するモノ~

後輩のMs.Yに案内してもらってMs.Cさん宅や向かうわけですが…。
すごいね、東京。これは地図が無かったら永久に帰って来れない気がする。さすがラビリンス東京。

まあ、それはさておき、途中でスーパーに寄ったのです。お酒買いに。
こういうときは成人しているという事実はとても便利です。
いや、中学一年生で大学生と間違えられたことがありますが、それはおいといて。

買ったお酒は
スミノフウオッカ(40度、700ml)割る用のオレンジ2ℓ、グレープ1ℓ。その他つまみ少々。
東京まで遠出してきてもウオッカです。缶チューハイとかビールとかではなくウオッカです。一応、19世紀にロシア皇帝も飲んでいたウオッカなのですよスミノフは。

で、Cさん宅(実は女性専用マンションなそうな…。)についてからシャワー借りて、ゆっくりしてから宴会開始。
買ってきたアルコールの関係上、スクリュードライバーとグレイハウンドの二種しか作ることが出来ませんが、そこは旅先なので仕方がないです。自宅だと作れるカクテルの種類が一応三桁行きますが、きっと作れるほうがおかしいんですね。たぶん。

飲んだ結果。
戦死者一名。
飲ませすぎたかもしれません。というか主力のカクテルが「女殺し」の異名を持っている時点で戦う前から負けていたのかもしれません。だって、作りやすいんだもん!
でも、人を酔わすのは楽しいです。酔っている人は見ていてとっても萌ゆるのです!うん、素敵。

結局3時ごろ就寝。雑魚寝。座るところを探すのに一苦労な東京で寝れるのはとっても嬉しい。というかここまで書いて気づいたけど、当初アテにしてたカラオカボックス並びにファミレスをあんま見なかったような気がします。危ない。ありがとうMs.C。ちなみに宿泊代はお酒と私の羞恥心(乙女ロードで買った例の本。やおいのわりにエロい方だったorz)でした。

5時半ごろ起床。なんで寝れないのかはいまいち不明。8時ごろまでにたぶん4度寝くらいはしたと思う。つまりは起きて寝て起きて寝ての繰り返し。眠い。
Cさんは大学の講義が土曜も在ったそうですが自主休講されるらしく。いいのか?

そして昼ごろについに秋葉原へ!!
次回に続く!としたいところですが、このまま続きを書きます。



東京砂漠。~異端者の集まる地~

後輩コンビY&Cと共に秋葉原駅に到着、早々目に付くのはアキバ族の群れ。何をもってアキバ族と判断するのか?それは容姿(髪型とか)にある。正直、マスメディアが痛い人を誇大報告していると思っていたんだ。うん。まさか実在するとは!

で、駅を出てすぐに秋葉案内所を発見。メイドさんが座ってます。
一般人な私はそこをスルー。そしたら後輩たちに引き戻されました。ここで聞かなくてどうする!といった感じで。
正直、メイドさんの顔がほとんど見れませんでした。恥ずかしくて。ここが聖地アキバだということも忘れて。

まず入ったのは、コスプレ衣装の売っているお店。メイド服9000円。相場なのはわかるんだけど高けぇぇ。買っても着る人が居ないのが困りモノです。いや、そんな目で見られても私は着ませんよ?似合わないとかそういう次元を超えてますから。
しかし、種類多いね。フリルが少なすぎるのは寂しいし、多すぎると派手って言うかゴスロリに近い衣装になるし難しい。買うとしたら帰りが新幹線のときにします。夜行バスではそんな大きな荷物は邪魔すぎるのです。

次に入った店といえば、武器屋?物騒なお店でした。鉄扇が欲しかったのに無かったです。残念。
その次はインスタントラーメン館、ガチャポン館に入りました。どちらも壁一面にラーメンとかガチャポンとか…。すごい空間でした、何も買ってないけど。
後はとらのあなに入って、色々本を買って私は満足です。正直言ってあなに関しては名古屋のほうが使いやすいけどね。東京は狭いです。

お昼ご飯を「味噌汁屋」というところで食べました。味噌汁がメインかと思いきや明らかにサブだったのは残念ですが。そこそこ美味しかったので許す。アキバまで来てメイド喫茶に入らないのは仕様です。恥ずかしいですもん。それに1時間以上待つのはちょっとね…。

で、次に入ったのが大人のおもちゃ屋。後輩(♀)に連れられて、です。
バイブとかロータとか初めて実物見ましたよ。表面触ると結構キモかったです。中には20センチ以上のとっても大きいやつも…。これ人体に入れる大きさじゃないでしょう。なんか大人の階段を上った気がします。でも、男の領域なので乙女ロードほどは恥ずかしくないという罠が(笑)

その後はカラオケ行って、駄目な曲歌って、残った時間を喫茶で潰して、後輩と別れて、バスに乗って(あんまり寝れなかった)で、地下鉄乗って帰宅、っと。
これにて東京旅行終了。お疲れ様でした。



総合の感想を書くの忘れてた(汗

まずは後輩のY&Cに最大の感謝を。君たちが居なかったら私は東京をこんなに楽しめなかったと思うのです。
東京はすごい街です。今回は初めてということもあり疲れましたが次はもっと攻略してみせます。
次は新幹線を使ってみたいです。はい。
まあ、行くとしたら確実に8,9月の夏休みになるわけですが…。暑いというのが最大の欠点でしょうか。さて、どうなることやら…。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

東京砂漠 ~セカイはこんなにも色鮮やかだった~

池袋で東京在住の高校の後輩Ms.Y(♀)に合流。これからこの巨大迷宮Tokyoの攻略方法を伝授してもらう予定になっているのです。
で、はじめに案内してもらったのが

乙女ロード。 って…。

説明しよう!
乙女ロードというのは、簡単に言うと女性用ヲタクのための店が延々と並んでいる道のことである!オトコノコがその領域に侵入すると、数々の「視線攻撃」によって精神を病んでしまうことになるので注意しよう!決して「乙女」という言葉に惑わされてはいけないのです!

まあ、やおい免疫を高校時代に構築した私にとって乙女ロードに入ることなどたいした事無いのです。
明らかに男子禁制な店に入る事だってたいした事無いのです!たいした事無いはずなのです!(というかそう自分に言い聞かせてる)

ちょっと話が変わりますが、実はその日は高校の後輩のMs.C(♀、そして例に漏れず「乙女」です)のところに泊まる事になっていたのです。
で、
Ms.Y(以下Y)「Cちゃんのために本を買っていきましょう」
私「宿泊代?」
Y 「そうですね、それでいいんじゃないですか?」
私「しかし、どの本を買えばよいのやら…」
Y 「ならちょっと待っていて下さい」
ガサゴソ…(←本を漁る音)

Y 「良いのが見つかりました。これで良いとおもいますよ」
私「じゃあそれにしようか」
Y 「じゃあ先輩、それを買ってきてください♪」
私「了解」

………。
……。
…。


あれ?
私は何でやおい同人誌を持ってレジに行こうとしている?

理由その一 店の威圧に負けてる
理由その二 後輩の色香に惑わされた(ぉ
理由その三 お前が単に馬鹿なだけ

うん、会話一行目の「本」は明らかに「同人誌」のことだよね。気づこうよ、自分。

で、結局レジに行くことに…。
私 「…。」
私、無言。
店員「…。」
店員、無言。

誰か助けて。
背中に普通では流れない汗が流れています。

店員「420円になります」
私 「…。」
でも私は無言でお金を渡す。
店員「ポイントカードはお持ちですか?」
私 「…!」

うん、それはきっと店のマニュアルに聞かなくちゃいけないと書いてあるのだろう。だから店員さんは悪くないはずなんだ。でもね、こんな挙動不審の男がポイントード持ってたら怖いでしょ?たくさんポイント持ってたら怖いでしょ?つか持っているように思われてるっ?!とその時のワタシは思ったのです。


で、無事(?)買い物を済ませ店を出まして。
そのまま夜ご飯を食べて、Cさん宅に向かうわけですが…。


次回に続く?
東京の雑記は2,3回で終わると思っていたのにどうやらもう少しかかりそうな悪寒。
というか今回の分は時間に直して4時間くらいしか進んでいないのは気のせい。
乙女ロードのことしか書いてないのは気のせい。気のせいだってば!
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

コードギアス 反逆のルルーシュ 感想そのいち。

結局、明日提出のレポート書かずにアニメを見ていました。
今晩は寝れそうに無いです、とってもやばいです。



ファイル共有を10時間くらい動かしていたらアニメが1話から23話まで全部集まりました。

ついでにDVD特典(たぶん全部手に入れたと思われ)MAD動画数本、同人誌が45冊落ちてきました。しかも現在進行形で増え続けています。どうすんだ、これ…。

さて、1話~3話を見たわけですが…。
なにこの、
デスノートとロボットアニメの融合は。

一応、各話ごとの感想をば。

第一話。
オープニングが始まる前から超展開。待って、日本政府消滅?超大国が世界統一しかかってるとか、それなんていうモエかんですか?
とりあえず、よくわからないけど主人公ピンチ。軍隊に追われてる。
で、死ぬ寸前に特殊な力を手に入れるって、それなんていうデモンベイン?
命令口調はやけにキマってるのに、その後の感情の揺れが、なんかデスノートっぽい。

ああ、なんかこの時点で主人公は受けにも攻めにも使える良キャラだという認識が生まれつつあります。可哀相な主人公に敬礼っ!


第二話。
やっぱりルルーシュは黒いほうが表に来るのですね。でないとこれから戦えないもんね。
主人公とヒロイン?との会話が謎過ぎです。あのタイミングで女供は
水着で居る必要性があったのか?
サービスシーン?そうなの?このアニメはどんな層が見ることを期待して作っているの?ねぇ、答えてよっ!

戦闘シーンは結構ご都合主義。
そこの名も無き人々、顔も見せない主人公の言いなりになるんじゃありません。
おいこら主人公。いつの間にそんな大きい落とし穴を掘ったんだ?
敵の司令官は頭が悪すぎです。なにこの雑魚ボスは。

落とし穴作戦が成功したときのルルーシュの黒い笑みは既に病気の域に達していると思います。スマイルではなくラフなあたりは相当危ない空気が漂っています。このタイミングで親が部屋に入ってきたら、次の日には家族会議が行われること間違い無いでしょう。

後半はついに正義のロボットがルルーシュの前に立ちはだかります。敵が正義という時点でデスノート色濃厚な罠。
追い詰められて慌てまくっている辺り、さっきの笑みも加算すると、
ルルは精神年齢が小学生くらい
だと予想できます。こいつショタキャラか…!


第三話。
銃を突きつけている場面から、学園生活シーンに移るのは随分無理があると思います。
そして、ルルーシュは学園では良識系のツッコミキャラ…!
完全にショタキャラです、本当に本当にありがとうございました。

この話を見ると、エロゲMADが作られている理由がわかります。というか絶対著者はエロゲーマーだと思います。女キャラの創り方が一昔前のエロゲとしか思えないですもん。

そして、この話でルルはシスコンだと判明。
さらにはむっつりスケベということも判明。

いや、なんか主人公が世の中に不満を抱いている理由がわかった気がします。


しかしな、お前十分エロゲの主人公だからな。攻略キャラに妹が居ないことくらい我慢しろよ。
ハーレムエンドでも迎えて女性陣に精を搾り取られてしまえばいいよ。コードギアス使って、女性と遊んでいたら制御が利かなくなったとかで。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

東京砂漠。~大自然のオソロしさ~

木曜日夜に出て、日曜日朝に帰ってくるという3泊2日の強行軍で東京(魔都)へ行ってまいりました。

まずはバスの感想。
座席が硬いです。とっても狭いです。この状態で6時間半はとてもとっても辛かったです。
名古屋東京間はバスは4000円、新幹線は10000円くらい。新幹線は1時間半くらいで走ってくれるので、5時間を6000円を買うかどうかが鍵でありまして…。
自給1200円か…などアホなことを考えてみる。しかし、間違いなく自分のやっている仕事よりバスの中でじっとしているほうがキツイ気もする。気がするだけかもしれないけど。

で、東京ついた後まずは東京駅の観光。見るものが何も無えぇぇ。
平日の朝6時なんてどこも開いてない。しかし、昼になっても見るところが無さそうな悪寒。プルプル。
とりあえず、朝食&今後の計画のために近くのお店へ。
店を出た後、スーツを着た兄ちゃん&おっちゃんの大群が現れる。しかも早足。怖い。これが通勤ラッシュという有名な魔物の正体なのでありましょうか?
人に流されまくった結果、軽食屋に非難。二度も朝食をとってどうするつもりでしょう、自分。


お腹一杯になったところで渋谷へ。
Q.何故、渋谷に行こうと思ったのか?
A.なんとなく。はじめは丸の内線にのって新宿へ行こうとしたのだけど、南から回ったほうがよくね?というわけのわからない発想の元、銀座線に乗り換えて、後は勢いで。
で、渋谷に到着。

そ こ は 異 世 界 で し た 。
脊椎動物門・哺乳綱・霊長目・真猿亜目・狭鼻下目・ヒト上科・ヒト科・ヒト属・ヒト種に属する、個体がたくさんたくさんいます!ここまで群れるとキモいです!自分が生物学的にどこの種族に属していたか忘れるくらいにキモいです。これが東京砂漠?なにこの見渡す限りのコンクリートとたんぱく質は?こうして私は大自然のオソロしさを学んだのです。

結局、渋谷ではそこそこ有名そうな店を回りました。東急ハンズに二時間いたとかただのアホだと思いました。他にも色々回ったけど店の名前を覚えていないです。残念。
他に目に付いた点といえば、歩いている人が若いです。とっても若いです。華やかです。私のようなおっちゃんが歩く町ではありません。自分で言ってて悲しくなってきました。でも負けない。

新宿は…渋谷と似たような町です。人がいっぱいいっぱい居ます。東京には立体交差が多いです。こういう町を見るとシムシティ(とっても有名な街づくりゲーム)しか思い浮かばない自分はちょっとだけ病んでいるかもしれないです。ちょこっとだけね?ほんとだよ?


次は池袋に行ったわけですが、ここから私の東京観光は劇的な変調を迎えることになるのです。が、そろそろ教職のレポート書かないと死んでしまうのでまた後に書こうと思うのです!
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

水夏 諸感想。

ゲーム関連で更新するのは久しぶりな気がします。
大学が忙しいのですよ、ええ。


また古い作品をプレイしました。
この作品が出てからもう6年も経つんですね…。あの頃は私も若かった。とりあえず、まだ18歳になってなかった気がするけど、もう時効だよね?
公式サイト。
http://circus.nandemo.gr.jp/sakuhin/suikahp/main.html


・シナリオ
4章構成になっていて、それぞれ主人公から話の雰囲気まで全部違うのでそれぞれに分けて話をしましょう。

1章。
巫女さんのお話です。昔、主人公と遊んでいた女の子が巫女さんになっていて…みたいなお話です。
キャラの個性はそこそこといったところ。多様な面を見せてくれますがどうにも印象に残りにくい…。
物語全体がやや暗めなので、あまり暴走させると駄目なんでしょうけどちょっと地味すぎる感じです。

そんなキャラの良し悪しという議論を吹っ飛ばしてくれるのが、シナリオの構成。というか演出の構成。
現在の始点と主人公の回想が交互に来るようになっているのですが、
今見ている場面が現在なのか過去なのか区別がつかないです。
ちょっと文章が不親切すぎる気がします。シナリオライターの頭の中では世界が出来上がっているのでしょうが、読んでいるほうは何が起こっているのかわからないという…。売り物にするならもっと丁寧に書かないとね。残念ながらこれでは合格点はあげられませんね。

2章。
1章とは変わって、比較的明るい構成。でも他の作品と比べると暗いですが。構成(というかオチ?)は良くもなく悪くもなく。それよりも1章の選択肢がここに来て影響するのにびっくり。このあたりはよく考えて作られています。

全体の謎解きよりも主人公&ヒロインの会話のほうがすごく楽しいです。
さやか先輩の思考回路にはついていけません。でも「馬鹿すぎて」ではなく「天才すぎて」という方向でついていけないのです。
御影先生(シナリオライター)はすごいと思うのです。
完全に私の主観ですが、さやか先輩を超えるキャラクターは07年現在でも見たことが無いです。
このあたりが水夏が2001年のエロゲの個人的No.1になっている理由でもあるのです。

3章。
短めです。キャラは…なんか怖いです。みんな腹に毒をもっているという…。刃物は出してきてはいけないとオモウヨ?
しかし、シナリオの構成は非常にうまく出来ています。
あまり好きなシナリオではないのですが、すごいと思える文章でした。

4章。
全体の締めですね。
ヒロインはどう見ても小学生くらいの年齢です。公式曰く、身長140センチ、体重26キロですよ?小学生でなかったらただの栄養失調です。物語の中では主人公(大人の男)よりも食べていますが…。死神(人外)という設定は便利です。体格関係無しに18歳以上に出来ますし。
ま、私はロリコンではないのでヒロインに関してはどうでもよいです。
この章も比較的うまくまとまっています。3章には負けますが(3章が上手くまとまりすぎているだけかもしれないです)
やや演出がくどかったですが、そのあたりは盛り上げるためだと思って諦めましょう。

シナリオ総評。
1章は根本的なミスがあったものの、その他は全体を通してよくまとまっております。
章構成という関係上、登場人物が多いわりに多人数での関わりはほとんど無いです。仕方ないとはいえ、やや残念。


・絵
七尾先生の絵なので基本的に良いです。
しかし、若干崩れている絵があったのが残念。
あと1章主人公の顔が怖すぎです。ヒロインは少女漫画よろしくの大きな目なのに、主人公だけ細目で常に睨みつけている様な顔なんでしょう?このあたりはまだまだ、不慣れな点があったことを思わせますね。


・音楽。
かなりいいです。音楽で場面が回想できるくらい良い出来です。


・システム
スキップが文章を高速で流す以外に、場面ごとに流せるようになっているのは非常に優秀です。
回想シーンもHシーンだけではなく全て見れるようになっているのはとてもよいことです。


総評。
2001年ということを考えれば破格の出来です。良い作品です。
しかし、水夏A.S.とかという+αのついてくる作品もあるらしいので購入する際はご注意を…。まあ、今頃こんな古い作品を買う人はいないでしょうが…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。