煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

リトバス途中経過報告。

昼に知人に会いに行ったの以外、ずっとリトバスやってます。なにこの廃人生活。
この前買ってきた小説も漫画もほったらかしです。
ヒロインで数えるなら半分まできました。
keyだけは手を出すと止まらないです。夏休み中で本当に良かった…。

※以下、ネタバレ注意。(一応ね…。)


来ヶ谷唯湖編。

なにこれ?夢落ち?
シナリオが難解すぎてついていけてないです。
結果はともかく、原因と経過が難しいです。私が馬鹿なだけですか、そうですか。
でも終わり方を見る限り、原因とかは曖昧にしたがっているようにも見えましたが…。
「差出人不明」とかどこから記憶を失っているのかよくわからないし、
「願いのかなう場所」という設定が謎です。絶対総合エンドがあるに違いないです。
記憶を弄るとか、夢と現実の境界を弄るとかさせるとさすがkeyと言った感じですね。(クドのときも言った気がする)
噛めば噛むほど味が出る系のシナリオです。
なんかシナリオライターの愛を感じるキャラでした。

しかし、この手の強キャラは他のシナリオで見せ場があったほうが盛り上がるんだけどね…。



神北小毬編。

私服がゴスロリなのは吹きました。可愛いから許す(ぉ
明らかにメインを出来るヒロインなのに、個別シナリオ内での見せ場がほとんどありません。
美味しいイベントは、初めの方に出てくる喫茶店のやつ、屋上でおなか出して寝てるやつ、湖&エピローグの服装と言ったところでしょうか。少ない…。
でも、物語の山場(というか暗いシーン)では小毬の中にほのかなヤンデレ成分を見た気がします。
鋸とかではなくてじっくりと精神を絡めとる、みたいな?

最愛の兄が逝った時、この子は9歳くらいだよね?
いい加減、ブラコン過ぎる気が…。鈴と比較すると楽しい。
そんな事言ってたら物語が始まりませんが。

あと、伏線を強く張りすぎた感じがします。
祖母と同じ名前を孫につけるとか普通無いでしょ。血縁を表すなら苗字だけで充分だった気がする。
結局、遺伝的な精神病(そんなのあるのか謎ですが…)の話だったって事でおkなのかしら?

文句ばっかり垂れてますが、このシナリオも評価は高いです。
奇跡の力的な何かに頼らず、ここまで綺麗に話をまとめるのはさすがです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

アニメすら見てないよ。

リトルバスターズ、ようやく一人クリア。
暇になっていきなりプレイ時間が延びました。
一歩も外に出ていません。まあ、14時まで寝ていたのも原因だと思。
なんかゲームに酔ってます。現実に戻ってこれません。

適当に感想をば。
共通部分は一言で言うとすごくCLANNADです。ヒロイン陣の物語への絡みは非常に良く出来てます。
ヒロインの登場回数が増えるにつれて、幼なじみ(♂)の影がだんだん薄くなっていくあたりはご愛嬌。
しかし、個別シナリオに入った途端に登場人物が減ること、減ること。
まあ、当たり前なんですけど、この作品は共通部分が「みんなで何かする」というスタンスで進むため、落差が大きいです。ヒロイン6人中3人は全く一回も見なかった気がします。仲良しグループじゃなかったの…?そもそも細かく描写されていた食事シーンとかがカットされまくっているのも一因ですが、にしても教室内で騒がしくしているのに、今まで絡んできたクラスメイトの影も形も見られないのは不自然と言うか、不気味と言いますか。うーん。


今回攻略したのは、能美 クドリャフカです。
萌えに頼らずにシナリオを組み立てるのはやはりkeyという感じですね。
いや、この業界じゃなければ当然なんですけど。
超ご都合主義なシナリオでしたが、それでも惹かれるものを持っているのは流石です。
幻想と現実の境を弄くらせたら、このソフトメーカー以上に綺麗に描写できるところは無い気がします。
音楽は相変わらず神です。前作CLANNADのほうが耳に残るBGMが多かった感はありますが。

しかし、個別シナリオが「必要性」のある部分だけで作られていたのはちょっと残念かな、と。
萌え展開がほとんど無いため、来たる鬱展開に怯えながらプレイしてた気がします。
前作では18禁の必要性を全く感じませんでしたが、今回のシナリオでは18禁が欲しかった気がします。
何といいますか…潤いが足らない。キャラは可愛いのに…。


今のところCLANNADと評価は五分五分です。
最後までプレイしないとなんとも言えないですけどね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

今日は友人Pの誕生日(なはず)。

夏期講習終了。
今月の稼ぎが12万弱あるはずなんですが、どうしましょうね。
で、仕事終わったあとに飲み会開始して、帰ってきたのが今さっきです。
病んだ生活をしている。よくない。

しかし、これから用事の無い無法地帯の日々が始まると言う罠。とても罠。
リトルバスターズがやり放題と言うわけですね。素晴らしい。



今回行った店は八剣伝だったのですが、緑茶梅酒という謎の液体を飲みました。
美味しいです。しかし、緑茶として美味しいだけで梅酒の良さがあんまり無かったような…。

また、飲み会の間に何かの流れでアイスクリームを食べることになったのですが、
「乳のようなアイスを」
という謎の注文をする塾講師集団。
なんと店員は特別に作ってくれました。
20070830052110.jpg

乳首でけぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!
梅干かよ!というツッコミは人類の義務だと思います。
別窓 | お酒。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

リトルバスターズ、始めました。

本当は夏期講習のバイトラッシュが終わるまでは我慢しようと思っていたんですけどね…。
ついに始めちゃいました。

公式サイト。
http://key.visualarts.gr.jp/newsoft/


7月発売なので、ネットを徘徊するとネタばれにあう可能性が高いのでほとんど前情報無しでプレイしてます。
そろそろ4時間くらいやっていますが、物語の起承転結の「承」すら見えてきません。
とりあえず、OPは素晴らしい出来です。
絵師さんが複数いるっぽい絵ですが…。統一感あるので今のところ違和感は無いです。
恭介に緑川光の声をあてるのは反則としか思えません。なにこの国崎は。
小毬カワユス。糖尿病を覚悟しているとしか思えない食生活に萌ゆる。

これからどのように話が転がっていくのか楽しみです。
なんといってもKeyですし…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

その日は既に遠く。

中学校の友人と飲んできました。
まあ、ほとんどが名古屋に残っている人間なので、逢おうと思えばいつでも逢える人間ばかりでしたけど。

非常に愉快でした。
時が経ってもこいつらは変わらんな、と。
時間の流れは当然感じますが、その上で関係が今でも変わらず続いているのはとても嬉しいことです。
何年経ってもまたこの面子で馬鹿なことが出来るといいですね。



あと、久しぶりに吐きました。
今年に入ってからは多分初めてです。
合計4杯しか飲んでいないはずなんですけど…。
体調もそんな悪くないですし。テンションは異常に高かったですが。
質の良くない酒には気をつけろってことですかね…。
実は吐いたといっても、ほとんど酔えていないですので。
まだ20歳なのに家以外でほとんど飲めない身体になりつつある自分が心配です。



眠いのでここまで。
明日からまた三連勤です。萎える。
今日(というか既に昨日)は他になにかやった記憶がありません。
せっかくの休みだったのに…。
別窓 | お酒。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

夏コミ参戦記 二日目。~平穏の素晴らしさ~

2日目は遅起でゆっくりと会場へ。
AI氏は2日目なのに4時起きで一人で会場へ突撃していきました。
き、貴様、どこからそんなパワーがっ!



2日目を一言でまとめるなら「平和」です。
行った時間が違うので比較するのはどうかとも思うのですが、それでも違いを列挙すると、

1,女性だらけ。背が低いので圧迫感が無い。
2,まだヲタクっぽくない。全体的に。
3,そもそも人が1日目ほど多くない。
4,曇ってた。
5,レイヤーが多い。

といったところですかね。
色々条件が揃って1日目とは全く違うコミケが楽しめました。
戦争と平和…みたいな感じでしょうか?
まあ、サークルは女性向けだらけで本当に見るもの無いですけど。
サークル以外に見ていて楽しいものがあったのでよしとしませう。


結論。
初日は異常だった(に違いない)






そして、三日目に続く。
眠くて書いてられないぜ!
6日連続バイトで8時間くらい拘束とか萎える。本当に萎える。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

School Days 第八話。「学祭」

20070823122119.jpg

前回の続き。
修羅場ってます。
結局、世界は言葉の攻撃によりぼろぼろに。戦線復帰なるか?


20070823122144.jpg

傷心の世界の代わりに刹那が頑張っちゃってます。
うん。お前はもう少し空気嫁と言いたい。まあ、頑張る理由はわかっているんだけどね。
そして刹那の絵がやけに力入っているように感じるのは何故だろう?

で、刹那の策略に乗せられて、世界宅へ。
誠の駄目さ加減はエロゲ業界でも最強クラスだと思います。

20070823122206.jpg

「ごめんね、こんな格好で」
「いや、それはそれで…」
「バカ!」
マコト、イイカゲン、シネ!


誠、世界共にくっつくことを望んでいるのは分かった。
でも、一般的にそれは許されない関係らしい。言葉がいるから。まあ、そりゃそうだ。
なら、なんで言葉と別れるという思考が出てこないのか…。これがスクールデイズクオリティ。

20070823122225.jpg

そして、言葉の猛攻。
ヤンデレ神は刹那なんかに負けません。

胸を見る誠に対して、
「そのうち…直に触らせてあげます」
なにその誘惑www
20070823122230.jpg

しかも、絶対領域併用で攻めてくるあたり流石です。
なにこのヤンデレは。無駄に強いよ?!









20070823122258.jpg

20070823122305.jpg

後半になってやたら空気が変わったんですけど…。
ナニコレ?
学祭?
これは学祭と言うより、誰かの頭の中を再現しだだけじゃないんですか?
20070823122328.jpg

「総員注目。これから顧客獲得のための特別オペレーションを開始する」
なんのアニメか判らなくなってきました。
もえたんと流れが大差ない気がします。


20070823122342.jpg

「おにいたまー!きてー!」
「あにじゃ、あにじゃ!是非とも…」

これは本当に高校の文化祭なんだろうか?
そして園児服で「あにじゃ」はシュールすぎると思ww


そして三組の逆襲撃!絶対領域開放!!!
20070823123251.jpg

20070823123258.jpg

20070823123305.jpg

20070823123309.jpg

感動した。このアニメを作れるスタッフに感動した。



20070823123438.jpg

「三組に負けてたまるもんですか!!」
「客引きの妹たちを増やすのよ!」

なんだこの園児。

「園児服」で、「妹喫茶」で、「ステッキ」なあたり何かを勘違いしているようにしか見えないのは気のせいですか、そうですか。




で、学祭初日終了。
暗い流れへ。
20070823123504.jpg

「私、学祭が終わったらフランスに引っ越すの」
まあ、そういう流れになるわけですね。
しかし…

20070823123512.jpg

そりゃねぇよwww
やっちゃいけねぇよ。

20070823123518.jpg

そして混沌へ…。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

もえたん 第07話 「狙われた学園祭」

脈絡無く突然学園祭へ。
でも伏線無しに進行するのはいつものことだよね!

20070821095338.jpg

男子生徒のおっちゃんぶりが気になる。
いんくの父親といっても信じられる気がする。

20070821095346.jpg

いんくちゃんは妄想の世界に旅立ちました。
親の「暗いところでなおくんのところにいってばかりではいやよ」の一言で。
こんなのでも魔法少女になれるんですね!


20070821100337.jpg

ありすとアーくんの過去の話?
一応伏線?

20070821100355.jpg

なんだかんだでアリスと対決することに…はいいのだけど、
いんくさん、頭の斧とろうよ。

20070821100420.jpg

20070821100426.jpg

やってまいりました、今回の見せ場シーン!
いい加減にラインを超えている気がするのにスタッフは反省する気が全く無いらしい。
お前ら神か。

で、適当に伏線を回収したのかしてないのかよく分からないまま今回は終了。



次回予告。
20070821100434.jpg

なんだろう、この得体の知れない物体は。
テラキモス。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

夏コミ参戦記 前日~初日編。~素人にはオススメできない~

東京に降りたのは16日朝5時。早く着きすぎだと思う。どの店も開いてない。
まずはふらふらと山手線を求めて彷徨う。
そして山手線の切符売り場の地図を見て気付く。
目的地には東西線か…ってバス降りてすぐ案内があった覚えがアルヨ?

朝7時ごろにハイジ様(神様と読む。理由は後で)宅に着く。
迷わなければもっと早く着いたのにっ!しかし、早く着くメリットも実は無かったり。
何故か東京まで来て掃除と買出しをする。何故だろう。
気にしたら負けだと思った。負けない。

昼頃にアキバへ。メイド服購入。
東京へ何しに来たのか忘れそうになる。
きっとメイド服を買いに来たんだと納得することにする(違

その後原宿へ。
その時はあまりの人の多さに愕然とした。
一番賑やかな通りを行って帰ってくるだけ。
それだけで若さを感じた…気がする(私20歳)
派手すぎて痛い人が結構いたと思う。
でも一番痛かったのは私の手にあったメイド服な気がしたよ!

その後は神様宅に戻って酒盛り。
今回はスミノフウオッカ(前回の残り)、DITA、ルジェ・クレーム・ド・カシス、スピリタス。
最後のが今回のはっちゃけぶりを示していると思う。行くぜ、世界最強!

17時には飲み始めていたはずなのに寝たのは2時過ぎ(のはず)
東京へ何しに来たのか忘れそうになる(二回目)
あれ?




4時ごろに起床したはず。
したはずなのに二度寝をしたらしい。
スピリタスはあんまり飲んで無いんだけどな…。
結局7時ごろに出発。
地下鉄に乗ってるとだんだん同じ目的地を目指す人々が集まってくる。
なんだろう。纏うオーラが違う。違いすぎる。禍々し過ぎる。
これから起こることに少し恐怖を覚える。でも人のこといえない。
8時ごろビックサイトに到着。

そこは人の海でした。

見た人間しか分からないであろう情景がそこには浮かんでいました。
人口爆発とかニート問題とかを真面目に論じたくなるくらいに凄まじかったです。
何がそんなにも人をかきたてるのやら。
とはいえこれは実害が無いためたいしたことは無く。

そして、最大の障害は太陽です。

暑い。熱い。アツイ。
熔けます。融けます。蒸発します。
泣きそうなくらい暑かったです。
入場できたのは11時。3時間は炎天下の中待機。よく生きていたな、と思。

会場に入った途端、周囲のホモサピエンスどもが敵になります。
見渡す限り人です。なきそう。
自販機に行列とかどうなの?
既に日光によって頭が沸騰していたのでこのあたりは良く覚えていません。
ルルーシュ(♂)が啼かされている同人をたくさんたくさん見た気がした。

東館を回った後に企業ブースへ。
そこはキモヲタの園でした。
言葉では言い表すことの出来ない世界です。
気が向いたら行ってみればいいんじゃないかな?
死亡フラグが立ったときの気持ちを味わえます。現実で。そう、リアルでね。
何故かALcotさんだけ空いていたので、そこでテレカなどを適当に購入。なんかとても嬉しい。
しかし、そのあたりですでに体力が尽きかかっていたので帰還。


結論。
コミックマーケットというものを私は舐めていた。
らき☆すた12話はフェイクだった。
戦場という表現が相応しい場所だったと思います。

よくよく考えたら最盛期の愛地球博で一日30万人だった気がする。
その敷地の1/3~1/4くらい?のところに17万人も入ったらそりゃ大変なことになりますね。



眠いのでここまで。
二日目、三日目に続く。
推敲してないので文章がおかしい可能性大です。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

簡易報告。

夏コミ行ってきました。初参加です。
初参加のくせに3日間のフル参加とかアホとしか思えません。本当にありg(ry


戦利品は現在クロネコによって運ばれている最中のため、うpできないし、何より14時からバイト(起きたのは12時過ぎ。死)のため詳しく書くのは後日にします。



追記。
人のブログを見ていると、どうやら今年の一日目は暑さと人数増加によって例年より厳しい状態だったそうです。うわぁ。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

School Days 第七話。「前夜祭」

20070815164851.jpg

世界「桂さん、今日も来ないね」
誠 「委員会が忙しいんだよ」
世界「そうなの?」
誠 「たぶん…」
楽天家ですね、みんな。

初めは本編の雰囲気に合ってたOPが今となっては、明るすぎて浮いています。


20070815164905.jpg

「誠君、私のこと嫌になっちゃったのかな」
「もっと頑張らないといけないのかな?」

まだ思考がプラスに向いている所に安堵を覚えます。

20070815164926.jpg

「今聞いてきたんだけどさ、一組が妹喫茶、二組がゾンビ喫茶やるんだって!!」
なんていうイタイ学校だ!


20070815164947.jpg

刹那さんに押されて実行委員になり、言葉と会うことハメになる誠。
言葉は会えて大喜び。しかし、世界と付き合ってると思っている刹那は「付きまとっている」と認識。
勝手に誠の携帯電話を弄くって言葉を着信拒否に設定してしまう。

やりすぎだと思うよ、刹那さん。けど誠も解除しろよと声を大にして叫びたい。


20070815165006.jpg

裏では言葉へのいじめが激しさを増してきています。


20070815165030.jpg

20070815165035.jpg

で、言葉はついに「誠と言葉が別れた」という噂?を耳にしてしまう。
泣きながら逃げる言葉。

20070815165051.jpg

なのに夜、何故に誠の家に押しかけてきているのだろうね、この子。
「私、ずっと誠君の彼女なのに…」
というところにヤンデレが見え隠れします。

最後に言葉と世界が対面を果たしますが…それはまた次回ってことみたいで。


今回は思ったほどは酷くなかったと思います。
言葉が強い精神を持っているキャラとして描かれていたからでしょうか。





おまけ。妹喫茶のイメージ図。それはないぜ、誠君。
20070815165103.jpg

別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

もえたん 第05.5話? 「すみと瑠璃子のもえたんダイアリー」

まずはここを見ましょう。
http://ink-chan.at.webry.info/200708/article_2.html
2chとか行っている人は既にご存知でしょうけど…。


さて、何があったのやら。
噂によるとあまりのエロさにストップがかかったとかかかってないとか…。



で、今回のアニメの内容は…酷いというか…惨いといいますか…哀れといいましょうか…。

スタッフの努力の跡は見られますけど、どうしようもなかったという様子が窺い知れます。
新規のシーンを一切無しで20分以上の本編をこなすのはやはり無理だと認識させてくれます。
コードギアスみたいな深みのあるアニメでも無し、しかも5話しかやっていないですし。
最後4分なんて最後の最後まで入れるものが思いつかず、結局適当にぶち込んだというのがすごく分かります。



これにめげずに13話まで頑張ってくださいね、スタッフの皆さん。としか言えないですね。
某キャベツのような酷さでは無いですので…。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

あかね色に染まる坂 不思議系片目少女編&巨乳幼なじみ編。そして総感想。

白石なごみ。

いつの間に主人公となごみが仲良くなったのかよく分からないです。
共通ルートでのやりとりで、恋心が芽生えるというのは苦しすぎる結び付けだと思います。
なまじメインヒロイン達が勢力を持っているのでなんだかな…といった感じ。

後半のシリアスシーンは結論から言うと、今までのシナリオよりかなりマシな出来になっております。
理由として、心理戦ではなく肉弾戦の戦いがある、というのが挙げられます。
そりゃ心理戦よりシナリオ書くのが楽ですからねぇ。
それでも緊張感が全くでないのはどうかと思いますが…。



霧生つかさ。

なにこの手抜きシナリオは。

酷いです。とても酷い出来です。
世界観と全く合ってないです。

しかも何も考えず、男と付き合うヒロインというのはどうなのよ…。

駄目でしょ、それはやっては駄目でしょ。
惹かれあう過程の描写が無い、とかという問題ではなく、そもそも惹かれあってないとか。
むしろヒロインとしてシナリオを与えなかった方が良かった方が気がします。




総感想。
1,絵は良い出来です。
前作より完成度が上がっています。

2,パロディネタはうまく使っていたと思います。
つい最近のニコニコからとってきたり、頑張ってますね。

3,メインのキャラが存在感がありすぎる。
優姫、湊の二強はどのシナリオでも活躍します。
便利キャラなので使いやすいですし、使いたい気持ちは分かりますが…。
誰がメインか分からなくなるくらいの活躍はちょっとね…。

そしてメイン二人より問題なのは、友人の冬彦の存在。
流れを決定付けるほどの影響力があります。
誰が主人公かわからないです。
キャラのパワーバランスをもう少し考えた方がいいかな…と。

4,Hシーンの分離。
前後の流れ無しは手抜きにもほどがあると思います。
一応、見せ場のシーンなんだからさ…もっと丁重に扱おうよ。

5,ヒロイン扱い方が雑。
ミコトはとっても勿体無い使い方をしたと思います。
前作「青空の見える丘」の影が濃すぎて浮きまくりというのは…。
無理にこのゲームに組み込むより前作のFDとかで使ったほうが良かったと思います。
可愛いキャラなので余計に残念。

6,バグが多い。
バグ無しというソフトハウスはそうそう無いんですけどね。
にしてもちょっと多すぎかな。気付いただけで20近くはあったはず。

7,結局、湊って血繋がってるの?
そういうところはしっかりしないといけないのでは?
最近はソフ倫も優しくなったのかしら…?




キャラのお気に入りは、
観月>>湊>ミコト>なごみ>優姫>>つかさ
シナリオの出来は、
なごみ>>観月>ミコト>湊=優姫>>つかさ


総合評価としては100点中35点位ですね。赤点ライン上です。もっと頑張りましょう。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

魔法少女マジカルたん!ってイタイよね。


カラオケで歌ってみてはじめて認識しました。
具体的には言いづらいのですが…なんか「素」で痛いって感じで。
らきすたOPといい、日本は病んでいるとしか思えません。




ところで今、酒を飲んでいます。友人二人と一緒に家で。
友人が来ると、自分が動き回る必要があるため酔いが早いです。
つまり今酔ってます。かなり。

ちなみに友人の片方は私の後ろで寝てます。どうやら飲ませすぎたようです。
流石はカミカゼ。一撃で人をダウンさせるだけの威力があります。
(ちなみにそのカミカゼを自分は二杯飲んだので、結構頭がキてます。)

もう一人の友人はこれを機に何故か腐った方面に覚醒しようとしています。
誰か止めてください。
別窓 | お酒。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

School Days 第六話。 「明かされた関係」

20070808103129.jpg

明らかに一夜過ごした後ですね。
最初から飛ばしてますね。


20070808103147.jpg

そしてなんて冷たい誠君。



まあ、あれです、
ついに鬱展開スタートですね。



20070808103210.jpg

まっとうな判断ですね、世界さん。
もう少し早く気付くべきだったと思いますが。

ここでも困惑する誠。迷うなよ。


20070808103224.jpg

鬱展開のおかげで、こんな言葉の笑顔を見ても全く癒されません。
これがスクールデイズクオリティ。


20070808103655.jpg

そして電車の中から誠と世界がキスしようとしているところを見てしまう言葉。
どんな動体視力ですか、というツッコミはともかく。
「まさか…ね」の一言が怖い。
流石は業界唯一のヤンデレさんです。


20070808103701.jpg

で、世界は罪悪感、言葉は不信感をもったまま話が進みます。
暗い。流れが暗すぎる。


20070808103715.jpg

でもこの表情の主人公。
挽かれてしまえ、刺されてしまえ、死んでしまえ!


20070808103724.jpg

誠絡みで加藤乙女の逆鱗に触れる言葉。
サブキャラクターも遂に動き出します。
すごく鬱展開に則って、ですが。


20070808103742.jpg

「私、誠のことが好きなの!」
世界の告白を聞いてしまう言葉。
しかも誠がそれを受け入れるところまで聞いてしまう。

流れ早いな。話が結構駆け足で進んでいる気がする。


で、今週は終わり。
来週を見たく無いです。
怖い。怖すぎる。



おまけ。
20070808103748.jpg

ツッコミは割愛。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

あかね色に染まる坂 ぽけぽけ先輩編。前作の忘れ物編。

椎名観月の感想。

死にます。萌え死にます。

ぽけぽけ先輩は凄まじい破壊力があります。
頭を抱えたくなるくらい強いです。

最近のエロゲはよく出来てますね。
軽薄で単純でありますが、見ていて癒されるシーンが多いです。


よくよく見ると、
共通ルートが全体の60%、
分岐シナリオが5%、
個別シナリオが35%、

という配分なため、分岐のあたりで主人公とヒロインが突然に仲良くなります。
共通ルートで全員とフラグが立っているので、そこまで酷くは無いのですが…。
明らかに中心人物の優姫と湊はともかく、メインではない観月先輩シナリオだと違和感が目立ちました。
このあたりはもっと丁寧に作って欲しいところですね。

シリアス系の部分はあいかわらず以下略の出来です。
特に欠点を挙げるとするならば、
1,主人公の言動に魅力を感じない。
2,不自然な説明文が多すぎる。
3,「その時はまだ、そんなことが起こるとは知る由も無かった」系の煽りが多すぎる。
4,どん底には時間をかけて落ちていくのに、逆転のシーンがあっさりしすぎ。
5,友人(ヒロイン含む)が良い人過ぎる。不自然さを感じるほど。
6,主人公の親がラスボスなあたり緊張感が出なさ過ぎる。

といったところ。特に1番が致命的でして。
真面目な「魅せるシーン」ですら痛い奴としか思えません。
主人公の応援をしたいと思えません。ヒロインの応援はしますけど。



橘ミコトの感想。

前作「青空の見える丘」のサブヒロインさんです。
なんと彼女だけ完全個別シナリオが用意されています。なんておいしいポジション。

このシナリオのみ超能力の話がメインになります。夢と現実の狭間の物語みたいな感じです。
全体的にシリアス風味なので、ヒロインの魅力を感じる場面がやや少ないのは残念という他ありません。
イベント画がかなりバラつきがあります。なんか別人に見える絵もあります。

キャラは可愛いのに…。意気込みすぎて空回りした印象を受けます。残念。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

もえたん 第04話 「時の中のアイドル」&第05話 「小さな思い出」

第4話見るのを忘れていました。

20070807022427.jpg

「知ってるか、いんく。でかい胸は地球温暖化に悪影響を及ぼしているんだぞ?」
「地球の重力によって下がった胸はα波Jタイプを発し、そこから発生する熱源が地球温暖化に何らかの影響を与えているというのが最近の理論らしい」
「だから小さい胸は地球に優しい胸なのだ!」


テラスバラシスな理論ですね。
ここ以外は特にツッコミを入れるところがありません。




そして第5話。
20070807022436.jpg

「ありがとう、コスプレのお姉ちゃん!」
ここで解き明かされる、このアニメの特性!!


20070807022441.jpg

なんてシュールなアニメだろう。

20070807022446.jpg

「私はいんくちゃんのお友達で…その…ぺんきといいます
とてもよいネーミングセンスですね!



既にツッコミ所を探しているだけで、まともにシナリオ構成に触れる気がありません。
ごめんなさい。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

コミケを知りたければらきすた見ればいいじゃない。

某友人に夏コミに行くことを話したところ、らきすたの12話を見とけといわれたので見ました。
何やってるんだ、というツッコミは一切受け付けていません。


1,まずは巷で評判になったOP。
主題歌はフルバージョンを持っているのに、実はOPムービーを見たのは初めてです。
ぶっちゃけるとどこが良いのかよくわかりません。
確かに「ああ、電波だな」って感じですけど。特別熱い何かを感じたりはしませんでした。
出来の良さは流石に京アニクオリティが遺憾なく発揮されてましたけどね。


2,アニメ内容。
12話からみても分かる親切キャラ設定。ボケキャラ、ツッコミキャラなどが明確に分かれています。
まあ、連続性のあるシナリオではなくコント集みたいな内容というのが、一番状況の理解を助けた気がします。
だからでしょうか、アニメに対する感想が特に無い。
「すごい」と思えることも無く、そこそこ良い出来なので失望されることも無く、です。


3,肝心のコミケについて。
アニメ内で誇張表現がどのくらい使われているのか分かりません。
でも、しかし、このアニメから読み取れるコミケは「混沌」の一言に集約されます。
戦場です。無法地帯です。生きて帰ってこれるのか不安で仕方がありません。

人の波に攫われるとか…東京の街を一人で歩いても、人とぶつかりまくる私が流されないはずがありません。
絶対迷子になります。なる自信が有ります。



こんなもの見てる暇があったら、カタログに目を通さないといけないですね…。
結局まだ中を全く見てません。
明日からしばらくバイトが連続で入っているのに…(明らかに自分のせい)
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あかね色に染まる坂 しっかり系妹編。

調子乗ってもう一人クリアしました。
また昼まで寝ること確定ですね。


・優姫よりシナリオ展開がよい。
超展開でポカーンだったのと比べたらかなりマシです。
いや、それでもラストの質低いですが。

くっついた二人に波乱が起こるには外部からの影響しかないんですけど…。その発生源がどうにも頭悪いし、ヒロインや主人公の思考の変化は常人ではついて行けない変化をします。乙女心は複雑といいますが、それを基準とするなら宇宙の神秘といっても過言ではないほど凄まじい精神構造です。ユーザー置いてきぼりで物語が加熱するのは悲しいものです。

・キャラの使い方が上手。
優姫のシナリオよりマシなのはこの点が大きいです。
主人公の頭は複雑怪奇ですが、その他ヒロインや友人キャラは比較的論理的に動いてくれます。
居なくなった人が突然帰ってくるとかの超展開もありますが。まあ、許容範囲。

・Hシーンが完全に独立している件について。
このゲームは1話から20何話までのアニメみたいな章構成で出来ていまして。
Hシーンはほとんど章と章の間のショートストーリーとして存在しています。
おかげで、前後の流れがほとんど分断されています。
コンシューマー化する気満々ですね!
おかげで私の見たい場面とかが、「余談」の一言で済まされるこの屈辱。悲しい。

・湊っちは可愛すぎました、本当にありがとうございました。
詳細略。やればわかる。やればね…。

・血が繋がっているのか繋がってないのか良くわからない件について。
私が見落としたか(眠い)、その他のストーリーで語られるのか…。
しかし、友人達は兄妹が付き合おうとしているのにみんな応援するのは何故だろう?
倫理とかそういうのは無しですか?そんなのは大人の都合ですか?

・通常時が兄さん、甘えるときがお兄ちゃんって…。
某枯れない桜のある島の腹黒妹しか思い浮かびません、本当にありがとうございました。

・髪型が複数種あるのは大変素晴らしいことだと思います。



いちおう結論。
湊シナリオをやって若干このゲームの評価が上がった気がします。


言いたいこと全部書いてない気がするけど、思いつかないので寝ます。
おやすみなさい。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あかね色に染まる坂 ツンデレお嬢様編。

ここ三日ほど4時ごろまで起きてせっせとエロゲやってました。
ナニヤッテルノ、オマエ。

公式ページ。
http://www.akane-iro.jp/

動機はfengだったから。そんだけ。
偶然目に入ったから、というのも実はあったり。広報活動は偉大ですね!


10時間くらいかけてようやく一人クリアです。
共通部分と思われるところが半分以上占めている気配なので、他のキャラ攻略は4時間くらいですむと信じてます。

1,絵。
イベント絵は綺麗です。
全部のイベント絵を出していないのでわかりませんが、差分あわせて70枚ほどかと。
70枚という数は決して少なくないはずなんですけど、シナリオが長い&半分はHシーン用なため、全体的に少ない印象を受けます。

立ち絵は安定していますが、動きが少ないです。むー。
いい出来なんですけどね…。


2,音楽。
BGMはあんまり耳に残らなかったです…。
OP曲は結構いい曲です。
無難とも言う。


3,OPムービー。
頑張って作ってあります。
頑張りすぎて、動きが激しすぎて、目がついていけませんでしたが。


4,シナリオ。
さあ、肝心のシナリオです。
まだ片桐優姫しか攻略していませんが。

結論から言うと、
優姫のツンデレが全てです(ぉ

学園物のギャグの部分と、婚約を破棄させようという闇の勢力との戦い?みたいなシリアスな両面をもってストーリーが展開されていくのですが…。
シリアス面は死んでいます。描写能力が死んでいます。どう見てもふざけているようにしか見えません。
まあ、命のやり取りなんかを萌え系学園ストーリーで見たくはありませんが、にしても酷い出来です。

ギャグも…ワンパターンです。
主人公が馬鹿なこと言う→ヒロインが突っ込む→主人公落ち込む
が延々繰り返されます。
悪くないシーンなんですけどね、後半は正直辛かった…。

故に残るのはヒロインの魅力のみです。
そして、これはよく描けているのです。
特にツンデレはね…至高の出来ですよ、ええ。
さすがツンデレマスター。


5,総評。
もう少し頑張りましょう。
キャラの創り方などは良く出来ています。
しかし素材はいいのに調理法を間違えた、みたいな。

正直、シリアスシーンは書こうと思わない方がいいと思います。
書かないと厚みが減りますが、今作のシリアスは完成度を下げているようにしか思えない…。


とりあえず、後二人くらいは頑張って攻略したいと思います。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

Dies irae 諸感想。

某友人から勧められてやってみました。体験版ですが。
ちなみに製品版はまだ発売されておりません。
(体験版には2007年春発売予定と書いてありましたけどね)

公式サイト。一応言っておくと18禁です。
http://www.light.gr.jp/light/products/diesirae/index.htm

内容は公式サイトを見れば大体わかると思います。
Pre-storyとか見れば特に空気がわかるかと。



で、感想。



狂おしいほどに18禁です。
むしろ20禁とかにした方が良いと思います。
心臓の弱い人はやらない方がよさげです。



エロいって意味ではないです。
画面が真っ赤に度々染まります。
ギロチンの話とか出てきます。
ゲームとかが犯罪に繋がるっていうマスコミの言い分が少しわかった気がします。


サイトを見ている限り、主人公が覚醒して戦う燃え系のストーリーみたいですが、残念ながら体験版では萌えも燃えも一切見当たりません。まあ、楽しみを今から出していたら駄目なのでそれはそれで良いんですけどね。

伏線が多すぎて今の時点では判断しかねますが、かなり良作の香りがします。
伏線を回収しきれるか、満足いくエンディングを作れるか、例えば5本のストーリーを作ったとしてそれぞれ全く違う展開を魅せることが出来るか、不条理な急展開で話をまとめないだろうか、など色々不安要素はありますが。


文章表現がこの上なく捻じ曲がっているので、普段からALI PROJECTとかの歌詞を気に入っている人なら結構楽しめます。グランギニョルとかそういった類のワードはたくさん出てきます。
Fateの暗い場面(聖杯に飲み込まれたり、死ぬ寸前)に似ている感じ。赤字を使うとかね。

魔術の系統などもしっかり考えて作られているのはいいですね。(公式サイトGlossary参照)
まあ、臭い設定ではありますけど、無いよりあった方が絶対に良いですし。




http://www.light.gr.jp/light/products/diesirae/index.htm
あとここの性格判断と入団テストはやってみるのがオススメ。
結果がどうとかじゃなくて、選択肢が大変よろしい感じです。



ちなみに私の結果は、
「あなたは怒ると怖い遊佐司狼タイプです」
シンクロ率91%、好感度99%。
つかみ所がなく、ミステリアス。本音で語ることも、本気で頑張ることもあまりなく、それでいてある程度なんでもこなしてしまうため、一種の天才型と言われるタイプです。そうしたことから日頃は飄々としていますが、実のところ好き嫌いが極度に激しい部分もあるため、いわゆる逆鱗というものを持っています。一見いい加減なようでいて、芯の部分は非常にシビアな価値観を有しているのがあなたの特徴。一度火が点けば、周りを巻き込んで大暴走を始めます。
・向いている職業:革命家 ・起こしやすいトラブル:騒乱罪

だそうで。
シンクロ率とか高すぎると思う。
てか、革命家は職業なの?
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

School Days アニメ第五話。「波紋」

今回は突然水着から始まります。
事態がさっぱり把握できないところに突然水着がきます。

どうやらみんなでプールに来ているみたいです。

20070801233717.jpg

そこで「ずごぉぉん」っていう爆弾が炸裂したが如くの効果音はどうなのよ?


20070801233738.jpg

「ぶくぶくぶくぶくぶく…」
刹那のキャラが読めなくなってきました。
こんな子だったっけ?


20070801233752.jpg

20070801233800.jpg

20070801233805.jpg

真ん中のCM前の三者の状態。
誠殺していいですか?いいですよね?




20070801233827.jpg

で、色々あってこうなるわけです。
誠が世界に惹かれる伏線は1~4話で充分あったし、こうなっても不自然ではありません。
誠君をいい加減葬り去りたいです。
なんて優柔不断?ここまでイタイ主人公、エロゲ業界を探してもそうそういn…いやたくさん居るけどね、純愛物でここまでイタイのはそうそう居ないです。
挿入歌は良い曲です。CD出たら買おうかしら…。

20070801233835.jpg

そこまでやっちゃいますか、世界さん。
展開が早すぎると思う。
そりゃねぇよ、ってくらいに早い。



で、次回に続く。
次回は「明かされた関係」だそうで。鬱展開が深まっていきます。
楽しみにすべきなのか、楽しみにしないべきなのか…。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |