煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

魔人探偵脳噛ネウロ 第13話 「X」

13neuro07.jpg
まずはネウロが謎を食べる。ここまではいつも通りなので略。
トリックもいつも通りトリックと呼べるかどうか怪しい代物ですけど。

13neuro01.jpg
そしてサイ登場。何故、犬耳?それが萌えだとでも言いたいのか?そうなのか?
犬耳を自分で引っこ抜いている辺りときめきを感じずにはいられません。なにこのキモイ子。

13neuro02.jpg
笹塚さんがサイに応戦。
しかし、返り討ちにあって病院へ搬送されます。死にはしないだろうけど、しばらく出番がなくなったりするのでしょうか?

13neuro04.jpg
13neuro08.jpg
そしてサイVSネウロ。
激しく動いていますが、ネウロは余裕そうです。

結局、ネウロの勝利。
とはいってもサイは死んでいない様子。

13neuro06.jpg
ネウロ曰く、ネウロの身体はどんどん人間に近付いているらしいです。
つまりは弱体化?なんかようやくまともに話が動いた気がします。

今回はここまで。
戦闘シーンは動きがそこそこあってよかったと思います。
しかし、ストーリーの動きが遅いというかなんというか…。次回は動きが無さそうだしね。
スポンサーサイト
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

みなみけ 第12話 「クリスマスとかイブとか」

12minami01.jpg
2年前、サンタクロースに着替えているおじさんを見てしまい、サンタがトラウマになっている千秋。
これを解消するために夏奈は藤岡をサンタに仕立て上げることに。
12minami15.jpg
藤岡サンタ。とても似合いますww
中学生に見えない。
これによって問題は解決したはずだったのですが…夏奈の「何がサンタだ、子どもかお前は。馬鹿じゃないの」の一言で、
12minami03.jpg
大喧嘩になりましたとさ。

翌日のクリスマス。
12minami08.jpg
みなみ一家は焼肉を食べ。
12minami09.jpg
おじさんと藤岡は寒空の中、みなみけを待ち続ける。
なんというクリスマス。可哀相過ぎる。
おじさんなんてサンタ衣装をフルに着込んでいるのにww

12minami11.jpg
千秋の「物を大事にする」というのはぬいぐるみの顔に肘をおいたり、ぬいぐるみを凶器に使うことらしいです。なんというサド娘www

12minami14.jpg
藤岡が夏奈のために準備したクリスマスプレゼントは赤いリボン。
とてもセンスがいいです。
12minami16.jpg

が、しかし彼の脳内で何が起こったのか、プレゼントはハムに。
藤岡、お前何を考えているんだー!
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

CLANNAD 第12話 「かくされた世界」

12cla01.jpg
ことみが図書室でのひきこもりをやめました。
成長しましたねぇ。

12cla02.jpg
ドアを開けるとそこは漫才教室でした。
てかなにやってるの、杏…。

12cla03.jpg
対抗する天然連合ww
でも、
「あんた達が力をあわせても無駄!零は幾ら集まっても零っ!」
酷い。酷すぎるよww

12cla04.jpg
杏「情けないわね。青春真っ只中の若人たちが、揃いも揃って時間と肉体を持て余してるなんて」
肉体言うなww
なんか杏の提案で休日にグループデートをすることに。
グループデートって言っても…

12cla05.jpg
男1人、女4人になるわけですが。
なんというハーレム。

12cla06.jpg

「風子、参上!」
なんで風子がそこで出てくるんだwww
流れについていけないw

12cla08.jpg
デートの帰り道、ことみは朋也に一冊の本を渡します。
伏線ですな。

12cla10.jpg
次の日、バス事故が発生。椋が巻き込まれた可能性が…。

12cla11.jpg
でも、椋は無事です。
バス事故というとリトバスのイメージが強すぎて、こんなイベント忘れていました…。

12cla12.jpg
ことみは事故現場を見て発狂します。
ここからシリアス系シナリオになりますね。

12cla13.jpg
怪しいおじさんと朋也はついに接触。
おじさんはことみの両親の研究チームの元メンバーの人だとか。
色々と、ことみには後ろめたさがあるようですが…?

12cla14.jpg
朋也は昔、ことみと会っていた事を思い出します。
同時にことみの両親は飛行機事故で亡くなっていて、ことみが切り抜いていたのは両親に関する記事だということも判明します。

今週はここまで。CLANNADは二週間ほどお休みです。
智代を久しく見てないなぁ。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

FairChild 感想&批評。

公式ページ。
http://www.alcot.biz/product/fairchild/contents.html

購入動機は4年前にやったClover Heart'sが良かったから。
Triptych&なつぽちの2作品はスルーしていたので、久しぶりのAlcot作品です。
(点数は10点満点で採点)


・音楽。8点。
場面に合っており合格レベルだと思います。ヴォーカル曲以外のBGMで40曲というのも満足。個人的には「想い、重ねて」が好み。
主題歌も悪くない出来です。


・絵。9点。
質は文句なし。崩れているCGもありません。立ち絵もほぼ完璧です。
愛音のCGのみ描いた人が違う感じがしますけど、他の人が描いているのかな?

メインヒロインは一人当たり通常CGが9枚、HCGが6枚。その他CGが12枚。ちびキャラCGが30枚。
量はやや少ない気がします。特にHシーン。
一人当たり5シーンあるのを6枚のCGではちょっと無理あるかな…。まあ、構図が同じだけで場面が異なるCGもあるので一概に言えませんし、そもそも一人5シーンというのが大奮発なので文句は言えませんけど。
あと、87枚のCGの内36枚が公式HPで見れてしまうのは奮発しすぎな気がします。体験版などからも情報を集めれば、約半数のCGを見れてしまうというのはちょっと…ね。


・システム。9点。
第二部に入る時のMovieはスキップできるようにして欲しかったです。ほぼ同じ構成のものを5回強制で見させられるのはちょっと辛い。
その他は、スキップは高速ですしSave&Loadの時にもたつくこともなくよくできていると思います。


・声優。10点。
全く問題なし。流石は一線級の方々を集めてきただけあります。


・恋鳥編シナリオ。4点。
エロ大明神です。
公式には「主人公とはお互い身体を見られても気にしない仲」とありますが、そういう問題ではないレベルです。チラリズムやボディタッチなど様々な手で主人公を責めてくるあたりは「幼なじみですから」では片付けられません。シナリオは正直、記憶に残りにくいです。後半は主人公と恋鳥を喧嘩させるような後ろ向きのシナリオではなくて、二人と仲間で困難を乗り越えていく、みたいな前向きのシナリオの方が良かった気が。


・とばり編シナリオ。7点。
偽善を最後まで書ききった辺りが個人的にはかなり評価できます。
まあ、かなり人を選ぶシナリオなので、人によっては拒否反応を起こしそうですが…。
Sっ気の強さ、信念、脆さまでとばりの様々な面を描けているのも良い感じです。


・こころ編シナリオ。2点。
主人公がヘタレすぎます。
ユーザーが思っていることと全く逆の行動ばかりされたらついていけませんよ…。まあ、こころは主人公に好意を抱いているという前提の上で、付き合うまでの困難を描こうとしたら、主人公がヘタレになるしかないわけですが…。その他に障害になりうるものがありませんし。
起承転結をはっきりさせずに、ただの萌えシーンの詰め合わせみたいなストーリーの方が良かったと思います。無理して山場なんて作らなくてもいいのに。
一部、二部共に最序盤が一番楽しかったというのが辛い。


・悠姫編シナリオ。9点。
ひたすら萌える。
萌えシーンの出来は質&量ともに最強クラスです。
シナリオも他キャラより良く出来ています。
ツンデレ云々以前に幼なじみグループと違って主人公と適度に距離が開いているからこそ、恋に落ちるシーンが上手く描けるのでしょう。
後半はお約束の家族愛がテーマですが、かなり上手くまとまっていたと思います。
まあ、若干芝居臭い感じもありましたけどね…。


・朔夜編シナリオ。5点
シナリオは一言で言うと「無難」です。
格別な萌えシーンも無いですし、シナリオに大きな欠陥があるわけでもなし。
この作品の主題たる登場人物たちの成長はしっかり描けているのですが、やや物足らない感じ。
もっともっと萌えシーンをくっつければかなりの良キャラになったのに…残念。髪型を変えるシーンとか在っても良かったと思うんですけど。


・シナリオ総評。
5通りのシナリオを同じテーマ、同じ展開のやりかたで描くのは無理があった気がします。もっとキャラによって役割分担すればいいと思うのですけどね…。
まとめルートみたいなのを作ってもよかったと思いますし。

あと、主人公のキャラが微妙すぎる。心に傷を負っている、壁を作ってしまう、という設定が明らかにマイナス方向に働いています。どうしてもヘタレというイメージが先行します…。ヒロイン達がみんな頭の回転が速いというのが、更に状況を悪化させているような。


・総評。
良作になり損ねた凡作、といったところでしょうか。
ルートによってシナリオの出来が違いすぎます。悠姫ルートレベルのものが5人分あればかなりの良作になっていたでしょうに…。
絵買いの人は満足できますが、甘いシナリオを期待して購入すると辛いかもしれません。

個人的にはCGと悠姫&とばりシナリオで満足してます。こころルートが地雷だったのは痛すぎましたけど…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

魔人探偵脳噛ネウロ 第12話 「像」

サイ編キター!と言いつつも、2話構成らしいのでサイはほとんど出てきませんけど。
12neuro02.jpg
ネウロがこういうまともな顔しているのは、初めて見た気がするよ。
それにしても、ネウロはやけに弥子を評価するようになったなぁ。ゴキブリ扱いもしますけどw
まあ単細胞生物と比べれば、立派な進歩です。

12neuro03.jpg
石垣「先輩!ホイップ天使チョコパを録画予約し忘れたんで、帰宅していいっすかね?」
笹塚「ああ、いいよ。ただし、辞表を書いてからな」
石垣「…。」
なんか無駄に笑ったww


サイはネウロが謎を食べるところがネウロの弱点だと判断。
犬に成りすまし、ネウロに隙が出来るのを待ちますが…というところで次回に続く。

今回は原作だよね?
オリジナルと原作の差が如実に出ているのはなんとかならないのか…。
まあ、とにかく来週が楽しみです。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

逆境無頼カイジ 第12話 「転落」

まずは前半戦終了です。
カイジは失格、賞金を得る権利を失います。

しかし第二回戦があり、落ちたら死ぬところでもう一回鉄骨を渡れというゲームが。
カイジは特別にその第二回戦に参加。頑張りすぎだと思うよ。
kaneha.jpg
「金はな、命より重いんだ」
名言キターー!!
これを待っていた。この言葉がなければカイジじゃない。

来週&再来週はおそらく、この橋を渡っているのでしょうね…。
年始年末をまたいで命を賭けているカイジが素敵過ぎるw


gakusei.jpg
おまけ。学生時代のカイジ。
とてもヘタレです…ww
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ふぇ・あ・ちゃの途中経過。ふぉーす。

恋鳥編終了ー!
なんと言えばいいのかな…。
そこまで酷くは無かったし、そこまで良くも無かった。
5人のヒロイン全員シナリオの構成が似通っているのでややだるかったですけど。
終わり方は流石はメインヒロイン、といった感じですけど。シナリオの盛り上がりについては以下略な出来です。
盛り上げようとすることがそもそも間違いな気がしなくも無い…。

こころはエロかったですが、恋鳥はもっとエロいです。
というか後半シナリオの根幹がエロだった気がしなくもない。


総合の感想は明日くらいに書きます。眠い…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ふぇ・あ・ちゃの途中経過。さーど。

需要が無くても、書く。
ネタバレありで。

朔夜編。
前半は普通に主人公と朔夜が仲良くなっていくお話。そう、普通に。
正直、やや盛り上がりに欠けた感はあります。主人公のトラウマ?(というか心の傷)はあっという間に解決しましたし。どうしても朔夜の「感情がほとんど出ない」という設定が足かせになってしまっている感じがします。
でも、盛り上がりに欠けたこと以外は特に欠点のないシナリオでもあります。

後半は…更に盛り上がらなかった気が…。
とばり&悠姫ルートを見る限り、後半がメインだと思っていたのですが。


こころ編。
前半は主人公がヘタレすぎます。まあ、前提としてこころは主人公に好意を持っているので、主人公がすぐその好意に応えたらあっという間にシナリオが終わってしまいますけど。
なんか盛り上がりに欠けてもいいからもっと微笑ましいシナリオが欲しかった気がします。最序盤が一番見ていて楽しかった。
主人公は、いままでこころと過ごした時間というアドヴァンテージを無くしたら明らかに大吾に負けてるよ…。

後半はとにかくこころがエロいです。でも、正直その他に見るものが…ない。
シナリオを重くしようとしなくていいから、デートシーンなどをもっと描写して欲しかった。「~行って、次に~行って、一日中楽しく過ごした」って日記じゃないんだからさ…。3クリックでデートシーンが終わるのはちょっと…。
シナリオそのものは盛り上がったのかどうかよくわかりません。後半始まってすぐ、オチが読めたので個人的には全然盛り上がりませんでしたけど。
正直、ちょっと酷いぞ、こころシナリオ…。素材を殺している感が否めない…。

最後は恋鳥ルート。こころルートみたいなことにならないことを祈る…。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

みなみけ 第11話 「となりの南さん」

11mi01.jpg
今回は冬馬の兄弟の話みたいです。
面子が渋い…。
冬馬が世話になっているから、ということで兄が一人南家(姉妹のほう)へ来ることへ。

11mi02.jpg
「石鹸くらいで我々をどうにかできると思ったか?!乙女心を騙る三男坊よ?」
なんでそんなに夏奈は怒ってるんだww
話の流れについていけません。

11mi04.jpg
南家三男坊曰く、彼女を作る方程式はπ=2hらしいですww

11mi06.jpg
球蹴り番長、お久しぶりです…。
なに?ここで、三角関係勃発ですか?収拾つかねぇww

11mi07.jpg
なんか千秋が輝いている!!
千秋を小学生だと思えたのはこれが初めてかもしれない…。

11mi08.jpg
保坂先輩登場。今回は面子が豪華です。なんで出てきたのかよく分からないけどw

11mi09.jpg
南家次男坊と春香、対面。

11mi10.jpg
でもとんでもないことにww

11mi11.jpg
春香はエロい。これはなんか確定事項?
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨

ふぇ・あ・ちゃの途中経過。せかんど。

ネタバレ有りで。

悠姫編クリア。
とにかくAlcotの金髪少女はスペックというかクオリティが高いです。
ひたすら悠姫の反応が可愛すぎる。
全編通じて、ここまでの破壊力を維持し続けるのはすごい。萌えシナリオとしては一級品だと思います。

シナリオ構成は、主人公との恋愛シナリオが前半にあって、後半にはヒロインの家族問題が出てきてそれを乗り越えていく、というシンプルなものなのですがよく描けています。
アテも無く悠姫が家出してきても、どうにかなってしまうその状況などはやや都合が良すぎるとも思いましたけど、最後の終わり方が良く出来ているので超展開だったという印象もほとんどありません。


次は朔夜ルート、行ってきます。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ef - a tale of memories. 第11話 「ever forever」

11ef01.jpg
小説は無事完成したみたいです。
その祝い?見たいな感じで千尋と蓮治は恋人としてデートすることに。
しかし、千尋は「一日だけ恋人ということで…」と言い出します。それにデートが終わるまで小説を読まないようにとも。伏線かな?

11ef02.jpg
で、デート。蓮治サイドでここまで微笑ましいのも珍しいです。

11ef04.jpg
すごく唐突にHシーン突入というのはどうなんでしょう…?
なんかこの展開はビックリだよ…。

そして、デートの終わりに千尋は小説を蓮治に渡します。
読み終わったら、屋上へ来るよう伝えて。

11ef09.jpg
そして千尋は蓮治に別れを告げます。
千尋は小説が終わったら、蓮治との関係を絶つつもりだったみたいですね。

11ef11.jpg
「私は幸せでした。とてもとても幸せでした」
「私は蓮治くんの事が大好きです」
「でも、私はこんなだから――」
「蓮治くんが私の心から消えるのは嫌だから――」
「好きですと言えるうちに、お別れしたいんです」

11ef12.jpg

そして日記を、今までの自分を捨てる千尋。
これで蓮治の知っている千尋は消えますね…。
今週はここまで。


とにかく神演出です。
世界観がすごい。魅せてくれます。
この流れだと奇跡が起きない限り、ハッピーエンドになりそうにない流れですね。
このアニメは本当にバッドエンドになりかねないから怖い…。
次週に期待です。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ふぇ・あ・ちゃの途中経過。

まとまった文章はまた後で書きます。とりあえず、今のところで思ったことを適当に。
ネタバレありなので注意?


・とばり編クリア。
すごくすごく三角関係です…。人として醜い感情をテーマにしているので、やや重苦しい感じ。とばりルートなのに恋鳥の存在比率が異常なほどに高いです。
変わっていく少女達の物語、というテーマは完璧に描けています。
最後の方がややあっさりすぎたかもしれません。問題解決以後をもっと描いて欲しかった…。
とばりの性格を考慮しているのでしょうが、萌えシーンは結構あっさり味な感じ。濃厚な萌えシーンも一応あるけどね。個人的には前半のパンダのぬいぐるみのシーンが一番萌えた。

・現在、悠姫ルート前半を進行中。
恋鳥&とばりの三角関係のドロドロな話を見た後に共通ルートへ戻るとすごい違和感が…。ああ、なんかこの二人の仲の良い所が微笑ましく見れないっ。
悠姫は今のところ、萌えキャラ一直線。ひたすら萌えるキャラです。
ツンデレという公式設定はあんまり感じません。
立ち絵の中では何か企んでいるような、悪ノリの顔が大好きです。
メイドシーンは悶絶した。死ねる。撃沈です。
詩集のシーンも大変美味しかったです。妄想万歳!



そろそろ寝ます。
ああ、何て駄目な生活だろう…。
そろそろ12時間何も食べてないや。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

興奮状態でありながらも眠い。

講義の小テストを途中退室して時間を作って、栄まで行ってFairChildを買ってきました。この話を人にすると、みんなとても冷たい視線を向けてくれます。でも負けない。


で、現在ふぇあちゃのとばりルート進行中。とばり可愛いよ、とばり。
この調子だと一人当たり6時間強はかかりそうな気配。
悠姫のキャラが予想以上にイイ感じです。攻略したい。

シナリオが盛り上がりつつあるところまで来てますけど、そろそろ眠いので寝ます。
まとまった感想はシナリオを少なくとも一本はクリアしてから書きます。
ゲームのために徹夜が出来ない。これも歳のせいなのか…?
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

CLANNAD 第11話 「放課後の狂想曲」

11cla02.jpg
開始早々、致死性のヴァイオリンを寝てる朋也に使うことみ。
ショックで永眠させることが出来る位の威力らしい。流石はことみ。一味も二味も違うぜ!

11cla01.jpg
「ぼんじゅーーる?」
ことみさんが暴走しすぎww

11cla03.jpg
「なんでやねん」の素振り中。
おかしいだろwwツッコミの素振りって。

ここまでことみ嬢の暴走シーンばかりが続いております。

11cla05.jpg
11cla06.jpg
朋也の妄想劇場第一弾。
マジカル杏ww
これは素敵。素敵過ぎるって。怖い物しらずですな、朋也は。
きっとこのシーンだけで同人誌が作れる。そんな気がする。

11cla08.jpg
ことみのバイオリン発表会をやることに。
屍の山を作るつもりですか、そうですか。

11cla10.jpg
「もしもどこかに、あんたのことが好きで好きでしょうがない女の子が居たら…付き合う気ある?」
なんでこんなところに杏シナリオの伏線があるんだ…?
ことみシナリオの割りに杏が映えて仕方がないのですけど…。

11cla11.jpg
「ことみ!」
ヴァイオリンを引いていることみを止める朋也。
今、ちゃん付けでなくても反応しましたよ?どうでもいいですけど(ぇ

11cla13.jpg
「一昨日は兎を見たの。昨日は鹿。今日はあなた」
すごく大事な場面ですね。
このあたりの演出はすごく上手いと思います。

11cla15.jpg
11cla16.jpg
朋也の妄想劇場第二弾。というか夢ですが。
カオスだwwでたらめ過ぎるww

11cla20.jpg
次の日。ヴァイオリンコンサート。

11cla21.jpg
恐怖劇が…グランギニョルが始まります。

11cla22.jpg
春原死亡。
11cla23.jpg
ぼたん死亡。
11cla24.jpg
早苗さん死亡。
ああ、CLANNADはそんなに命を粗末に扱っていい作品ではないのですよww


11cla25.jpg
最後に知らないおじさん登場。
そろそろ本格的にシナリオが動き始めます。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

正気の沙汰とは思えない。

新英国旗デザイン案募集 「2ちゃん」作品が人気投票2位

20071213-00000003-jct-ent-thum-000.jpg

ちょw
ル イ ズ が い る !

イギリス人はジョークが上手すぎると思う。
2ちゃんねるの連中もなんでルイズ乗せているんだwwおかしいだろww
本当にこんなのがイギリスの国旗になったら、これからオリンピック等の度にルイズが見れる…のか…?

下の一位だった候補も日本の漫画かアニメかが原作らしいですけど、よく知らない…。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

逆境無頼カイジ 第11話 「狂宴」

あらすじ(公式より)
パーティーの会場、スターサイドホテルに足を踏み入れたカイジは、参加者30人ほどの若者たちの中に、石田や佐原の姿を見つけた。他に、エスポワールに乗船していた何人かが混じっており、カイジは身を引き締める。まもなく、主催者側は、カイジら参加者を12人ずつ5組に分け、最初の組から小さなエレベーターに乗せて上階に運んだ。第1組に入ったカイジには、『10』のゼッケンが付けられた。
ビル風が吹き抜ける会場に連れて来られたカイジらを待っていたのは…。

snapshot20071212131644.jpg
人間競馬です。
鉄骨を渡って向こうに最初に着いた者が2000万円、2着が1000万円もらえるという。

ここは心理戦でもなんでもないところなので、正直特に見るものが無いですね。
演出なども特に目新しいことは有りませんし。
来週もこの調子だと見るものが無さそうです…。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

魔人探偵脳噛ネウロ 第11話 「光」

今回もオリジナル回ってやつなのでしょうか…?
後半の超展開っぷりと内容の希薄さがちょっとついていけないです。
ちなみにいつもながら、トリックは人間の出来る代物ではありません。監視カメラに細工した方がたぶん現実的です。
11ネウロ03
11ネウロ05
11ネウロ09
とりあえず、吾代が活躍しすぎww
犯人特定と全く関係ないところだけど。
彼がドラマの監督になった意味はあるのか?

11ネウロ06
弥子のメイド服?なにこの微妙なサービスシーン。
暗いよ、全身写そうよ。

11ネウロ08
少年の吾代…?
どういう風に育ったらあんなヘタレヤンキーになるんだよ?
受け属性は今でも変わってないようですが。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:2 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

ガチャガチャきゅ~と…。

ふぃぎゅ@メイトをやってます。
まだ一回もEDまで到達してないけど、適当に感想を上げてみる。

公式サイト
http://www.escude.co.jp/product/figu/index.html

・主題歌
某動画サイトでとても有名になったこの主題歌。
あんまり電波っぽくないですけど、テンション高いです。個人的には普通にこのくらいテンポがあると落ち着きます。
すごくすごくエロゲーの主題歌してる曲だと思います。

・絵
安定していて比較的綺麗。この作品の売りですね。

ただ、立ち絵の表示方法が致命的過ぎる…。
正面に完全に動かない立ち絵が表示されて、それとは別に左下に表情が表れるというこのよくわからないシステムは一体…。イフリナ嬢の立ち絵の種類が膨大になるのを抑えるためでしょうか?違和感があり過ぎるのでこれは勘弁して欲しかった…。

・シナリオ
理論とか辻褄とかそういうものを求めてはいけません。
勢いだけで全てが進んでいきます。
ご都合主義とすら言ってよいものか疑問なくらい超展開で進みます。
まあ、萌えとエロ以外を求めてはいけないというのは間違いありません。

・ゲーム性
結構良く出来てます。扱う情報量がやや多いのがちょうど良い感じです。
スタッフはよくフィギュアを買うことと、エロシーンと目的を一連の流れの中に収めたもんだと思います。
まあ、ゲームクリア⇒エロシーンという流れなので何度もやっていると飽きる可能性が高いですけどね…。

・キャラクター
イフリナ嬢は良く出来ています。別世界の魔法少女、ということでやや無茶なところもありますが、全体を通じて愛されるキャラです。
他のキャラは…ハセガワはギャグキャラとして美味しいポジションに君臨していますが、その他はやや没個性的な感じが否めないです。特定の場面でしか生きないキャラが多すぎる。

・エロ
相手がフィギュアであることを生かした場面は実はほとんど無いという罠。
妄想具現化という素晴らしい魔法によって等身大のシーンがほとんどです。
でも、エロいから全てが許されると思う(何

・総評
公式ページのグラフィックのところをクリックして、気に入ったらやるべし。
そんなに気に入らなかったら回避が無難なゲームです。
3対7くらいのセミハードツンデレが好きな人はきっと楽しめるはず。きっとね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

みなみけ 第10話 「おとこのこ×おんなのこ」

10みなみけ01
南冬馬くん(性別は♀)が南家の新メンバーに。
理由は苗字が「南」、名前に「冬」が入るから。適当過ぎるw

10みなみけ02
生卵を包丁で切るのは間違っていると思いますよ、マコトくん…。
それで料理の練習をしていると言っていいのか?
春香姉さまへの道は遠い…。

10みなみけ04
姉弟喧嘩?いや、もっと他のシーンに見えるのはわたしだけでしょうか?

10みなみけ06

性別チェックのお時間です。つか、夏奈大胆過ぎw
結果は「千秋よりは女」だそうで。千秋カワイソスw

10みなみけ07
久しぶりのマコちゃん。
女に磨きがかかってます。千秋&夏奈より女っぽいというのはどうなの?
もう性転換してしまえ。

10みなみけ09
「あの…実は…俺は男です!」
でも信じてもらえないマコちゃん。
もう…男には戻れない。かも。

10みなみけ10
「千秋…俺は、男です!!」
マコトのまま言っても意味NEEEeeeeeeee!
蹴られて終わり。まあ、そういうものです。

10みなみけ11
何故かこたつの中という限定的なパラダイスにいるマコトくん。
もう、一生かかっても経験できないことを彼は経験しきった気がするよ…。


なんか冬馬登場の回だったのに、マコちゃんが目立ちすぎ。
いや、それでいいんですけどねww
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

ef - a tale of memories. 第10話 「I'm here」

今回は千尋&蓮治サイドはお休みみたいです。
全く出てこないというのはこれはこれで不思議な感じです。

前回、景がみやこと紘のベットシーンを見て逃げ出したところからスタートです。
10ef03.jpg
必死になって止めるみやこですが、紘は景を追うことに。
しかし、景を見つけることは出来ず。
みやこも再び捨てられる恐怖から紘にもう会わないと電話してくる。

このあたりは紘が踏んだり蹴ったりになるところですね。
そんなに優柔不断というイメージはないんですけどね…。だんだん人が離れていきます。

10ef05.jpg
行き詰った紘は、みやことの思い出が詰まった屋上へ行き、雨宮優子と出会います。
「全部大事な物だから、全部手放したくないのですね」
「ああ、そんなところかな」
「けれどいつかは諦めなくてはならない」
「…っ」
「一番大事な物を、手放さないために」
「だから、全部大事なんだよ!」
「でも決めないと、全部失うことになりますよ」
「だからって、一度関わったことを無かったことにして、捨てられねぇんだよ!」
「捨てるのではありません」
10ef06.jpg
「あなたが捨ててもらうんです」
「…っ」
「だから痛いのですよ」
「でも生きている限り、痛みからは逃げられませんよ」
「一度結んだ絆を離すには、身を裂くのと同じ痛みが伴います」
「貴方達は耐えられますか?」

「耐えられなくても、逃げられないんだよな」
「本当は最初から、答えは決めていたのですね」
「答えを知っていても、その意味を理解する勇気が無かった」
「なんか俺、探していた色が見えた気がする」

こうして紘は決意を固めます。

10ef08.jpg
10ef09.jpg

景と紘の関係は、結局、兄妹みたいな関係に戻るということで和解することに。

10ef10.jpg
そして、紘とみやこは再び(?)結ばれることに。
まあ、最後の方は消化試合みたいな感じだったので、詳しい描写は割愛します。


これで紘編はおわりかな…?
予想できたとはいえ、綺麗な終わり方だったと思います。
優子が良キャラ過ぎる気もしますけど。
景と千尋は姉妹なのに、未だ接点がほとんどないですね。
あとは、千尋&蓮治編ですが、こちらのストーリーがどう関わるのかが楽しみです。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

CLANNAD 第10話 「天才少女の挑戦」

10cla01.jpg
久しぶりの幻想世界です。
でも今の時点では意味不明ですね。
というか明確な説明はないと思うけど、アニメしか知らない人が理解できるのだろうか…?

10cla04.jpg
10cla03.jpg
風子のことは何も無かったが如く、普段の生活が始まります。
一応、風子のことはかすかに記憶に残っているみたいですが。
そう、朋也が杏に轢かれることなんて普通のことなのです。たぶん。

10cla05.jpg
杏「二人は付き合ってるの?」
恋人同士にしか見えませんってw
本人達は必死に否定してますけど。

10cla06.jpg
まあ、なにはともあれ、今日からはことみシナリオです。
まずは演劇部へ…。

10cla07.jpg
ことみと渚は波長?が合いやすいみたいですが、朋也はついていけないですね。
たぶん、風子ワールドにもことみワールドにも順応できる渚がすごすぎるだけな気もしますけど。

10cla08.jpg
ことみは泣くのが嫌い。大事な伏線もちゃんと張ってます。

10cla09.jpg
ことみと杏の出会い場面。

10cla10.jpg
「ことみ、ひらがなみっつでことみ。呼ぶときはことみちゃん」

10cla11.jpg
「はぁ?」
それが普通の反応ですww
やっぱり渚は偉大でした。

10cla12.jpg
「はぁ、あの子にまた新たなライバル登場かぁ」
杏ルートは原作通りやってくれる、そういう風にとっていいんですよね?

10cla14.jpg
「なんでやねん。君とはやっとれんわ。ほなさいなら」
ことみがツッコミ初歩をマスターしたww

10cla13.jpg
渚、杏と続いてこんどは椋。
友達作りに励みます。

10cla15.jpg
「一ノ瀬さんには友達は出来ないと思います」
ピンポイントに過酷な結果だww
いじめっ子とかそういうレベルじゃないww

10cla16.jpg
熊(智代)とも仲良くなることみ。
ことみは熊が好き、というのは一応、伏線だしいいのだけど…なんか不気味だw

10cla17.jpg
待ってください。
そのことみ嬢の表情は何?
全国の視聴者の皆さん(主に私)が誤解しますよ?
誤解して悶死しますよ?

10cla21.jpg
そして渚、椋、杏、ことみ、朋也の5人が集結。

10cla20.jpg
双子が色々企んでるよ。杏シナリオへの期待が膨らむww

10cla23.jpg
ことみバイオリン。窓ガラスと人の鼓膜を破壊する素敵兵器が今ここに!

10cla24.jpg
本人評価は「うっとり」
それはないww

今まで影が薄かったことみが大活躍していてすごく流れが美味しいです。
流れが特別速いわけでもないのに、中身が濃いです。
次回は「放課後の狂想曲」
期待してます。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨

ご愁傷さま二ノ宮くん 第10話 「遊びに行こうよ」

相変わらず、エロ全開の作品…だと思っていたんですけどねぇ。

1a.jpg
真由…なんだけど髪の毛まで完全にしてしまうと誰が誰だか。

3a.jpg
巫女麗華。
京都→和服→巫女
と流れるこの作品は煩悩の流れを忠実に再現しています。

ここまでは良かった。ここまでは。

takasugiru
terorosuto
最後の2分で、
ヘリから人が落ちるし、
麗華は別人格が覚醒するし、
突然、姉が国際テロリストに指名されてるし、
唐突に二ノ宮くんは拉致られるし、
真由は家出します。



超展開すぎるwww
何が起こったのかがわからない。
次週に期待できる…のか?
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

魔人探偵脳噛ネウロ 第10話 「一」

先週の犯人はネウロの楽器によって精神崩壊。かわいそうに。
二人を殺した犯人とは思えず、捜査は振り出しに。
20071205233606.jpg
一人テンションの高い子がいます。すっかり脇役が板についちゃって。
借金のかたにライブのチケットなんてとってくるなよww
人相は立派に悪いのに。

20071205233613.jpg
弥子も歌姫が怪しいと思ったようで。それを聞いたネウロは、
「喜べ。ゾウリムシからワラジムシに昇格だ」
弥子の評価が単細胞から多細胞になったwww
というかネウロがウインクしていることに驚きです。

で、ツテを使ってライブに潜り込む事に。

20071205233619.jpg
「犯人はお前だ!」
ここだけ普通の探偵モノと変わらないのがすごく不自然に感じてしまうのは仕方がないないのでしょうか…?

トリックはポリバケツに水を溜め、その重さで自動的に首を吊るすことが出来る、というものだそうで。
それって色々なところに証拠残らないか…?
それに普通、部屋にポリバケツ無いと思うよ…?
まあ、ツッコんでは駄目なんでしょうな、たぶん。

えー、正直言って2話使う必要は無かった気がします。
というか見るべき点がネウロのウインクだけとか、そんな私はどうしたらいいのだろう←たぶんどうもしなくていい。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

みなみけ 第09話 「三姉妹日和」

20071203130202.jpg
ひとり学校が休校になったため、暇になった春香番長
すごく…すごく暇そうです。

20071203130210.jpg
暇だから、ケーキ作り。
ちょww大きいよ。頑張りすぎ。

20071203130217.jpg
全部食べたらしいです。
昼ごはん代わりにホールのケーキ一個全部とか。

20071203130225.jpg
で、ケーキを食べたことを夏奈に糾弾される春香。
千秋のフォローは「あれはシェービングフォームだよ、察しなさいよ」
むちゃくちゃだwwそれで納得する夏奈もおかしい。
これでケーキを食べていたのより重い疑惑が…ww

20071203130231.jpg
寝てる千秋を襲撃する夏奈。迷惑だw
千秋がかわいい。寝顔は可愛いものなのです。

20071203130240.jpg
「いや、本当ならお前がどれほどの馬鹿かか、千の言葉を用いて罵ってやりたいところだよ」
「でも如何せん、私の舌はそんなにはやくまわらないんだ」
「はがゆいよ。もっと言いたいことがあるのに、馬鹿野郎の一言に気持ちを込めるしかないんだ」
「でも、それだとお前は自分のどこが馬鹿なのか、反省しようが無いわけだ」
「出来ることならね、お前のどこが馬鹿なのか万の言葉を用いてレポートをまとめたいところだよ」
「でも如何せん、私はそんなに暇ではないんだ」
「不出来な妹でごめんなさい」
「おやすみ」
酷すぎるww
どんな小学生ですか。これで暴れださない姉もすごいわww

20071203130246.jpg
本当にまとめてきましたよ、レポートww
しかも厚いし。中身が気になるww

20071203130252.jpg
場面変わって、夏奈が風邪をひきました。
「馬鹿は体調管理ができないから風邪をひくんだ」
風邪をひいてもひかなくても、夏奈は馬鹿らしいです。可哀相に。

20071203130257.jpg
で、夏奈が治った途端にこんどは千秋が風邪をひく、と。
お約束ですねw

20071203130303.jpg

それぞれ制服を交換して着てみる姉妹。
春香姉さまはなんでも似合いますねw
夏奈は胸が千秋と同じくらいの成長速度だそうで…。頑張れ夏奈。姉と同じ遺伝子を持っていれば大きくなれるはず。たぶん。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ef - a tale of memories. 第09話 「forget me not」

本当は二つのサイドが交互に出てくるのですが、場面説明がしにくいので、片方ずついきます。まずは蓮治サイド。

20071202173342.jpg
火村さんの言葉が厳しい。
でも、悪役というわけではなく、忠告をする人。
絶妙なサブキャラです。

20071202173348.jpg

20071202173354.jpg
千尋は記憶を失う前、つまり蓮治と仲が良かった頃に戻ることを決意。
いつまでも付き合おうとする蓮治くんはとてもイイ奴です。
でも、その先にある記憶を失う、という絶望は未だ解決していないんですよね…。
もう一波乱ありそうです。

20071202173359.jpg
「千尋は記憶を失ったときに、死んでしまった」という説を聞く蓮治。
今いる千尋は別人である、と。今の千尋は前の千尋の模倣であるというのは、近くで記憶を取り戻すのを手伝った蓮治が一番実感しているでしょうし。
絶望に打ちひしがれる蓮治。彼はこの後も千尋の傍に居てあげられるか?

こちらのサイドはここまで。
次は紘サイド。
前回の最後に繋がりを戻した、みやこと紘ですが…。

20071202173421.jpg
みやこのテレカ。
だんご大家族自重www

20071202173426.jpg

20071202173430.jpg
みやこ復活。
流れで紘と結ばれることに。もともとそういう素養があったしね。
景は一転負け組確定か?

20071202173440.jpg
「私はもう、誰かの心から消えたくない」
これで、みやこは安泰かな…。展開が早すぎますけどww
とりあえず、ここだけ画面のクオリティが異常に高いです。

20071202173445.jpg
最後に、そこを景に見られる、と。
景が可哀相ではありますが、ここまでの悪行を見ている限り自業自得かな…。

紘ルートはみやこで確定。後は景との関係がどうなるか、ですね。
初めから最後まで重そうな蓮治ルートはまだまだ大変そうです。というかハッピーエンドになるのか…?これ。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

魔人探偵脳噛ネウロ 第09話 「締」

歌姫の話みたいです。
売れた枚数3億枚ってwwすごすぎるだろ。
20071202031510.jpg
で、その歌姫が現れた時の吾代の反応。キャラおかしくね?
しかもこれで出番終わり?不遇な…。

20071202031516.jpg
あいかわらず弥子はネウロのおもちゃです。
歌姫の用件は、2年前の自殺事件を再調査してほしいとのこと。他殺じゃないのかと疑っているみたいですが…。


歌姫は人の脳を揺さぶれるらしいですよ。
そのために売れているのだとか。
そんな力を持つために、ネウロに狙われることに…。

20071202031521.jpg
そして、歌姫はストーカーにも狙われているらしく探偵組は警察と合流。
いつものメンバーがw

20071202031527.jpg
あっさりストーカー犯は姿を見せます。突然すぎるのはいつものことです。
明らかにヤバイ人種です。これもいつものことですが。

20071202031531.jpg
笹塚刑事がカッコいい。まあ、毎回のことですが。お約束すぎる。
「こんなに速く動けたんですね…」の感想にはワロタww

20071202031536.jpg
そしてネウロはいつにも増してキレてるよww
痛覚神経引きずり出して、刻むとかエグるぎる。


なんか初めての2話構成?
よくわからんが、来週は歌姫の謎を食らうってことでおk?
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。