煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

さらさらささら 感想その一。

公式ページ。
http://www.a-kaguya.com/products_BY/sasara/index.html

とりあえず、沙織ルートクリア。
適当に感想を書きます。


・絵。
差分含まず101枚。十分な量かと。過去作品よりやや日常CGが増えて、エロCGが減っている様子。
全員分やってみないとわかりませんけどね。


・システム。
システム設定の中にSaveがあるため、そこはやや使いにくかったかな。
それ以外は特に問題なかったかと。


・Hシーン。
沙織が8シーン、亜弥が8シーン、月巳&月が12シーン。その他で1シーン。
過去作品と比べると随分少なくなりました。2/3くらいに減ったのかな?もう少し数を増やしても良かった気がします。
あと個人的には、過去作品と違った方向性を目指しているように感じました。ひたすらエロさを求めるのではなく、萌え重視?のような。かぐやの過去作品よりも体験版をやってみて合うかどうか判断した方が良いと思います。


・シナリオ。
ひたすらエロだけだった作風を萌え重視に変えた前作プリマステラから、更に王道萌え系に移行しました。良くいえば、万人受けするようになりましたし、悪くいえば、「かぐやらしさ」が薄れてしまった気もします。
前作が絶妙なバランスの上になりたっていたので、それと比べるとやや劣化した印象…ですかね。良作以上の作品ではあると思うのですけど、何かが足らない。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

一つの人生を描いた物語。

忙しいため毎週の感想は書いてないですが、CLANNADのAFTER STORYは視聴しているのですが、
素晴らしいです、この作品。

原作ゲームをやったときも相応に良い作品だと思いましたが、今見ると神作レベルですね。
汐は異様に可愛いし、朋也の苦悩などもしっかり描かれているし。時間があったら、また原作をやりたいです。

では、またしばらく潜ります。
遊びたい遊びたい遊びたい。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

「あっという間だったぜ」

帰宅しました。

ホテル暮らしって身体に疲労がたまりますね。
ネットカフェ難民の方々を素直に尊敬できるようになりましたよ。ホテルというだけで大変なのに、その上プライバシーが無いとか辛すぎる。


2/9。
昨日も書いたけど、一日中セミナーでした。
セミナー会場で周囲の人と「私は名古屋出身で~」という話をしてたら、実はその話し相手が高校の先輩だったというサプライズもありましたが、概ね平和な一日でした。
世間って狭いですね!


2/10。
新幹線って発車の3分前まで、車内を掃除しているんですね。
次々発車させないと間に合わないので仕方が無いのかもしれませんが、もう少し余裕を持たせたほうが…。自分の座った席の付近はやや汚かったし。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

そこは虚構の世界でした。

ホテルでPCを借りることができたので更新。
長かった東京旅行もあと一日です。


・2/8。
日曜日なので企業セミナーもなく、一日フリー。
気が赴くままに六本木に行ってみることに。
そしてミッドランドに到着。

なんだこの高い空間…( ゚д゚)ポカーン

なんかもうね、東京が狭いのは人口が多いからではなく、一部の金持ちが土地を牛耳っているからだというのを全身で感じてきました。名古屋のスーパーで300円で売られていたものが500円とかどれだけぼったくっているんですか。行事も無いのに1200円の弁当が売っているスーパーなんて初めて見ましたよ。むしろ「スーパーマーケット」という表示を見て「すごいマーケット」と読み違えましたよ、ええ。

世界の差を感じつつ、次は国立新博物館へ。
特に見るものは無かったかな…。博物館の売り場に「もやしもん」が売られているのには吹きました。もやしもんだけはサブカルチャーではなく文化扱いらしい。六本木って不思議!

最後に本命の六本木ヒルズへ。
高いビルが目に入ってきましたが、そのくらいは東京駅で見慣れてるぜガハハと意気込み、突入。

そしてすぐさま迷子になりました。

いやね、構造が特殊すぎるんですわ。曇っている&地下で方向がわからなくなったのに加え、道が右に左にと曲がること曲がること。自分がどの階層にいるかもわからない始末。全体に統一感を持たせて作っているせいで本当に自分の居場所がわからないのですよ。今回は失敗しましたが、マップは手に入れてきたので、今度はコンパスとボスの部屋の鍵(資金ともいう)を持って攻略したいところ。
それにしても、細い道を一本挟んだだけで、ヒルズの高級空間と下町のボロい空間が同居しているあたり、東京という町の不思議さを感じさせてくれます。これが権力の力か。


・2/9。
朝から夕方までずっとセミナー。乙。
明日もがんばる。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あと半分。

東京に来て3日経過しました。過ぎれば「あっという間だった」と言うのでしょうが、滞在中の現在は、東京の6日間がやけに長く感じます。

適当にここ3日間の行動を。

・2/5。
朝5時に起きて、7時に新幹線という素敵スケジュール。
東京駅に着いて早速迷子に。東京の道にある地図ってさ、上が北になってないんですよね。駅の「北口」とか「南口」という単語から方向を推測するしかないという理不尽。きっと東京人は心の目で方角を判断しているのでしょう。
午前中は企業セミナーを受けてきました。大事なセミナーだったけど、すごくすごくすごくすごく眠かったです。暖かい&睡眠不足は危険。目が開けてられないですもの。
午後は夕方まで時間があったので、マックに行ってお勉強。左に座っている人はPSPをやってて、右に座っている人は遊戯王のカードでゲームしているという、素晴らしい環境の中での勉強は大変有意義でした。うん、マックを勉強場所にするのはやめましょう。場から浮いているというレベルじゃない。
夕方に試験をひとつ受けて、その後はホテルに。夜飯すら食べずに熟睡。夜飯代を浮かせれたのは大きい…はず。


・2/6。
昼から二つ連打で企業セミナー。昨晩はしっかり寝たはずなのに眠たいという不思議。きっと社会人は睡眠波を飛ばす能力を身につけているに違いないです。私も研修を受ければ睡眠属性の攻撃が放てるようになるのでしょう。……要らねぇ、そんな能力。
東京駅や日本橋付近を歩いていると、1000万円以上の高級車が大量に走っているのが目に付きますね。ブルジョアすぎるぜ東京人。一台ください。
夜は知人と集合して、夜中語り明かしました。生きていくって辛いよね、という話が大半だったあたり私は病んでいるに違いない。人類なんて滅んでしまえばいい。


・2/7。
駅で電車を待っているときに「Excuse me.」と声をかけられました。そう、外人に。
簡単な英語は話せるものの、東京の地理がわからないという悲しい現実。四苦八苦しながら道を教えました。地方の民に魔都とーきょーの路線図を聞いてくるとは、さすが外人、難敵でした。
企業セミナーを受けた後、秋葉原で夜ご飯を食べて、ネット喫茶へ。そししてblogの更新をしている今に至るわけです。
アキバに来たのはネットをやるためですが、PCパーツとかラノベとかメイド喫茶とかエロゲとかエロゲとかエロゲとかエロゲとか関係なしに、秋葉原のご飯はおいしいです。いや、美味しい店のチェーン店がアキバにあっただけなんですけどね。東京グルメ旅行とかやってみたいけど、資金的健康的によろしくないのでできないのが残念ですな。


それでは、また。
別窓 | 放浪。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

祝福のカンパネラ  感想&批評。

公式サイト。
http://windmill.suki.gr.jp/product/campanella/index.html

祝福のカンパネラ 感想その一。(カリーナ√感想)
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-595.html
祝福のカンパネラ 感想その二。(アニエス√感想)
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-596.html
祝福のカンパネラ 感想その三。(チェルシー√、ミネット√感想)
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-597.html

全ルート攻略したので、まとめの感想を。
(点数は各項目10点満点で採点)


・音楽。10点。
主題歌、BGM共に質が高いです。
特にBGMは他の作品より頭一つ抜けているように感じました。文句なしだと思います。


・絵。9点。
質は最高クラス。絵のためだけに買えるくらいにレベルが高いです。
残念なのはCGが若干少ないこと。重複とSDを抜くと90枚前後ですが、出来れば三桁欲しかったです。立ち絵や背景は非常に多く用意されており、絵に飽きることはありませんけどね。


・システム。8点。
環境設定は解像度などが細かく設定が出来るという親切設計。
共通ルートが長いので、Skipはもっと改良の余地がありそうです。クエストを完全に飛ばせるようなものが欲しかったです。「次の選択肢まで」を選んでもアイキャッチや戦闘で止まってしまいますし。
あと、これはシステムに含めるべきかわかりませんが、音声が再生されない部分や無駄にエコーがかかっている部分などが散見されました(発売当日のパッチは既にあてています)デバックをもっとしっかりとやって欲しかったです。


・声優。10点。
有名どころを押さえているだけあって、非常に良かったです。


・戦闘シーン。2点。
SDキャラが可愛い、というくらいしか良いところがないです。
物語のテンポを損ねているという欠点の方が明らかに大きかった気がしますよ。


・シナリオ。6点。
先に悪い点を。(前の感想にも書いてますけど)
とにかく状況描写、心理描写を細かく書きすぎてくどいです。「貴方の~が素晴らしい」というのを何度も何度も語られても、こちらに伝わってこないんですよね。むしろ胡散臭く感じますって。私は中毒症状を起こしてダウンしそうになりました。沈黙は金なり、ですよ。行間をもっと活用して欲しいかった。
また、主人公&ヒロインたちが良い人過ぎて、非常に薄っぺらなキャラになってしまっているのは残念です。表裏が無さ過ぎるんですよね。三角関係による修羅場が必要とはいいませんが、もう少しキャラたちの我侭で意見の対立のあるシナリオでも良かった気がします。だからこそリトスが映えるのですけどね。
共通ルートの作り方にも問題がありますね。クエストシステムは要らないから、もっと日常の中での人間関係の変化を見たかった。あれでは展開に変わり映えが無さ過ぎますよ。
あとは、最終盤がご都合主義すぎたこともちょっと気になりました。これは気になる人は気になるし、割り切れる人は大丈夫でしょう。シリアスは期待してはいけません。
悪い点ばかり書きましたが、良い点も。
登場人物たちによる雰囲気のよさは一級品です。ギャグも面白いですし、惹かれあう過程もしっかり描かれていました。間違いなくニヤニヤできるシナリオかと。更には、終盤に向けて話を盛り上げていくのは大変上手かったです。萌え系の作品でここまで盛り上げてくれるとは思わなかったですね。

しかし、おまけシナリオのトルティア姉妹の話が一番面白かったのは秘密です(笑)


・総評。
総合的に見れば、良作といったところでしょうか。
良い意味でも悪い意味でも期待を裏切ってくれました。
シナリオがかなり人を選ぶので、万人向けとは言い難いですかね。人によってかなり評価が分かれそうです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

みなみけ おかえり 第05話 「楽しくなる」

05minamikeokaeri01.jpg
05minamikeokaeri02.jpg
05minamikeokaeri03.jpg
マコちゃん登場。普通に脇役として登場、そしてナチュラルに出番少ないww
このアニメは面白いのだけど、その面白さが地味すぎて感想を書くのが難しいですわ。
保坂さえ居れば、また違うのだけどね…。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

祝福のカンパネラ 感想その三。

公式サイト。
http://windmill.suki.gr.jp/product/campanella/index.html
祝福のカンパネラ 感想その一。(カリーナ√感想)
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-595.html
祝福のカンパネラ 感想その二。(アニエス√感想)
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-596.html

チェルシールートとミネットルート終了。
この作品だけで金土日の3日間を完全に潰すとは思わなかった…。
まだニナや双子のおまけが残っているので、それも終わり次第、総合の感想を書きたいと思います。

とりあえず、簡易感想。(非ネタバレで)


・チェルシールート。
惹かれあう過程や終盤の話の盛り上げ方は素晴らしかったです。
カリーナルートでは中だるみしてしまい、あまり期待していなかったため、良い意味で期待を裏切ってくれました。他作品ではここまでメリハリをつけて盛り上げてくれないですからね。
ただ、悪かった点も。
第一に戦闘シーンが要らない。クライマックスで物語が最高潮なのに、そこで可愛らしいデフォルメキャラたちの戦闘シーンがくると、頭を抱えたくなります。せっかく作ったRPG風戦闘モードを使いたいのはわかるけど、どう考えても使い方が間違っている気がしてなりません。
第二にテキストが「くどい」こと。クライマックスの最も盛り上がる場面で全キャラに見せ場は要らないと思いました。間延びするんですよ、全員に語られると。例えばミネットルートではニック、カリーナルートではトルティア姉妹、アニエスルートではアバディーン、チェルシールートでは親たち、みたいに各シナリオで分担して見せ場を作ってくれれば良かったんですけどね…。「絆」がテーマであるため、全員出した方が良いという考え方もわかるのですが、そういうのは真ルートとかを作ってやって欲しかった…。


・ミネットルート。
他のヒロインと比べると惹かれあう過程がやや貧弱でした。まあ、他3人が初期状態で好感度MAXにもかかわらずそこそこ良く描けていたので、比べる相手が悪いのかもしれません。
後半の盛り上げ方は他のシナリオ同様に良かったですが、戦闘シーンが不要、説明文が異様に多いというあたりの欠点も他のシナリオと同様でした。
良くも悪くもこの作品の代表となるシナリオでしたね。最初にこの娘から攻略した方が良かったかもしれません。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

祝福のカンパネラ 感想その二。

公式サイト。
http://windmill.suki.gr.jp/product/campanella/index.html
祝福のカンパネラ 感想その一。(カリーナ√感想)
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-595.html

アニエス√クリア。
このペースだと、全員クリアするまでかなりかかりそうです。


・音楽。
感想その一で触れてなかったので、一応。
主題歌もBGMも良い出来です。場面場面に合った音楽で場を盛り上げてくれたと思います。


・シナリオ。
アバディーンやアヴリルの扱いが各ルートによって違うのは高評価。個別ルートの流れを大きく変えてくれているので、見ていて飽きないです。
レスターとアニエスの二人が惹かれあう過程も丁寧に描写されていて良かったかと。カリーナルート同様、くどい表現が散見されたのは残念ではありますが、それ以外は問題なしだったと思います。
終盤は「仲間との絆」をテーマに急ピッチで話が進みますが、描写はしっかりしていて及第点。ご都合主義の空気がかなり強かったのと、一番肝心な所で戦闘パートを入れて流れを切ってしまったところが無ければもっと良かったかな…。


ヒロイン勢は可愛いのですが、それ以上に双子が可愛くて困りますね、このゲーム。ヒロインたちは良くも悪くも型に嵌った反応しかしないから、双子が余計に輝いて見えます。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |