煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

妹スマイル 感想その一。

公式サイト。
http://citoron.com/sister_s/index.html

春菜ルートが終わったのでいつもどおり適当に感想を。


・基本情報。
CGが116枚(エロいのが8割)、Hシーンは57枠、音楽は17曲。立ち絵は表情の種類がやや少なめ、服装のバリエーションはそこそこ豊富みたいです。システムはskipが遅すぎですが、必要なものは揃っています。CGの質は公式HPのサンプルを参照。サンプル以上に質の高いCGは出てきませんし、逆に崩れすぎているというのも見当たりませんでした。
CGが120枚弱というのは良く頑張ったと思います。全体的にぎこちなさが抜けてない絵なので、もう何作か担当すればもっと良い絵が描けそうな絵師さんですね。システムは要改善、楽曲はもう少し努力が欲しい。


・シナリオ。
最初にヒロインを一人選択したらその後は主人公とヒロインの1対1、その他のキャラはほとんど出てこないという素敵仕様です。色々なキャラが登場して賑やかに進行する近年主流のシナリオと真逆のタイプなので、初見でプレイしたら驚きそう。要体験版ですね。
この二人しか登場人物のいないお話は他の作品と差別化するのに役立っていていい感じです。もちろん話が全く広がらないので退屈には感じるのですが、その分、究極の箱庭でひたすらイチャイチャしている場面を堪能できます。企画の思い切りが功を奏したかな、と。
とまあ、褒めるだけで終わればよかったのですけど…残念ながら日常シーンが壮絶につまらないという致命的な欠点があります。主人公が今時珍しい無色透明タイプで、模範解答的な行動しかしません。そのためヒロインが一人ひたすら踊っているだけで全然展開に変化が見えないんですよ。箱庭故の欠点を最大限出してしまうようなキャラクター設定は慎むべきだったかなぁ、と。あと、登場人物が同時に二つ以上のことを考えられないことと、不自然な感情(最初から主人公が妹を欲しがっていることなど)が多々見られたのは勘弁願いたいかな。世界に溶け込もうにも溶け込めないですよ。

全体的に古い印象を受けるゲームですね。妹企画であることや、無色主人公、登場キャラの少なさなどなど。目の付け所は悪くないので完成度をもっと高めて欲しいところです。
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

蒼い海とメロン。

伊良湖への旅行話の続きです。

umi--.jpg
PB230037--.jpg
PB230058--.jpg
ホテル屋上の展望台からの風景。グアムーだとかハワイーとか行かなくても綺麗な海は県内でも見れるんですね。砂浜が美しぃ。
周辺には何も無い場所ですが、夏場は賑やかになるのでしょう。

PB230059--.jpg
渥美半島の先端の旅客ターミナル。フェリーが毎日運航しているみたいですが、高速道路の安い現在では苦しいですよね…。確かここから鳥羽までが6000円くらいだったと思うのですが、それでは勝ち目が無い。

PB230060--.jpg
白魚わさび。わさびが特産だとは聞いたことがないですが、何故かわさび。酒のつまみとしては最高です。日本酒や焼酎に合いそうな風貌ですが、ウイスキーとも合いました私の舌がおかしいだけかもしれないですけど。

PB230062--.jpg
伊良湖とは全く関係のないLiptonの新味紅茶。紅茶に炭酸という組み合わせは始めて見ましたが、意外とオイシイです。コーヒーと炭酸はわかるんですけどねぇ…奥が深いわ。

PB230083--.jpg
PB230080--.jpg
渥美半島といえば促成栽培、あとメロンの産地です。トマトやみかんやメロンが異様に安くて素敵でした。マスクメロンはそろそろ熟す頃合なので、今日あたり食べようと思います。
ちなみに某カリカリモフモフはメロンの産地だからといって特別おいしいわけではなかったことを追記しておきます。そう、あの網目がおいしいのであってメロン果汁なんて邪道なんだよ!とどこかの灼眼の方が言ってた。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

毒気が抜けてる気がする。

とらのあなへ久しぶりに行きました。ここ2ヶ月くらいは行ってなかった気がするのに、何故か購入したのは一冊のみ。ここしばらくエロゲを多めにやっていたし、そろそろ自分の中で下火になってるのかな。まあまた来年の今頃には復活している気がしますけど。


PB250084.jpg
んで、今回買ったのはこの本。まほろまてぃっくの作者さんのkiss×sisという作品。
買っておいて言うのも何ですが…18禁にしろよと言いたい。お漏らしや自慰シーンがあったらどう考えてもアウトだろう…。乳首や局所を描かず、本番がなければ全年齢でおkという今の基準はどこかおかしいと思う。アニメ化決定らしいですがどうなることやら。規制かけすぎたらこの作品の旨みも総て吹き飛ぶ恐れが…。

とりあえずお姉ちゃんズかわいいよ、お姉ちゃんズ。あこ姉のムッツリスケベっぷりは異常。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

事業仕分けの余波。

事業仕分け 旧帝大学長ら「科学技術削減は世界に逆行」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091124-00000005-maip-soci

無駄削除万歳…なんだけど、一時間の議論で数百億の予算が必要な事業の必要不必要を確定することがそもそも無理がありますな。逆に根回しのしすぎで癒着などに繋がる自民党のやり方も悪いところがありますが、今回の事業仕分けは豪胆すぎる気がします。事前に廃止か存続かの議論が水面下で行われているのならばこの「事業仕分け」という場そのものが無駄なわけですし。
民主党の政治は良く言えば国民主体の政治、悪く言えば素人の政治ですな。選挙で勝つために世論ばかり気にしていて、ブレるところが多いし景気対策などの経済関連がお粗末すぎる。自民党が長年溜めてきた膿を出すのも頑張って欲しいところですが、目先の政策にもう少し頭を使って欲しい。
あと首相の虚偽記載疑惑はしっかりと対応して欲しい。今のところはですが、自民党以上に疑惑が多いですよ、民主党。


記事全文。
 東京大、京都大など旧7帝大と早稲田大、慶応大の9大学の学長が24日、政府が事業仕分けなどで科学技術予算の削減を提案している状況に対し、「世界の潮流に逆行し、さらなる国家の危機を招く」などとして見直しを求める共同声明を発表した。有力大学の学長が共同で政策決定過程に発言することは異例だ。

 9大学の学長は24日午前、東京都千代田区の学士会館でそろって記者会見した。声明では「大学の発展が国富をもたらし、人類文明を高度化した」と指摘。諸外国が国家戦略として大学や基礎科学への投資を伸ばしている中で、日本が大学への公的投資を削減していることに危機感を表明した。

 さらに、研究者の自由な発想を尊重した投資の強化、若手研究者への支援、政策決定過程での大学との対話など5項目を要望した。【西川拓、永山悦子】
別窓 | 時事。 | コメント:3 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

愛知の果てへ。

愛知の果て、と言うと茶臼山を思い浮かべる人や知多半島の先端を想像する人もいると思いますが、今回は渥美半島の先端である伊良湖にいってきました。


PB220004--.jpg
PB220012--.jpg
PB220022--.jpg
まずは道中の豊川市内。豊川稲荷で幸いにも月例祭をやっていたので、祭りに乗じて遊んできました。祭りは月一で開かれているとは思えないくらいの規模。人も多かったし、かなり賑やか。
まあしかし町全体がやや寂れているのは否めないですね…。9月に行った彦根や敦賀もそうでしたが、観光客を呼び寄せるには辛いかな。ここならでは!と言えるのは稲荷寿司くらいですし。


PB220014--.jpg
巨大ちょうちん。何メートルあるのか。


PB220008--.jpg
豊川にも味噌カツはありました。八丁味噌的に考えると名古屋よりもこちらの方が発祥だったりするのでしょうか。

ちなみに商店街脇にあったよくわからないお店が、バラライカのいさじver.を大音量で流してました。気が狂ったか店のご主人。古き善き日本のお祭りに混じる「やらないか」の歌声はなんというか、新旧の日本文化の融合を感じました。ハイ。

PB220025--.jpg
豊川で時間を使い果たしたので、その後は伊良湖ビューホテルへ移動。渥美半島は意外に大きくて、根元にある豊橋市から先端まで40km以上あります。遠いぜ。
で、このホテルですが部屋は普通ですが食事が非常に美味しくてステキでした。大体どこのホテルでも洋食はかなり充実しているのですが、ここのホテルは和食もかなり揃っていて素晴らしかったです。写真を撮れなかったのがちょっと無念。
あと、お風呂は昨年改築したばかりだそうで、綺麗だし使いやすいし景色はいいしで最高でした。日本の温泉文化は本当に偉大だと思う。

微妙に長くなりそうなので一回切ります。
別窓 | 放浪。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

しろくまベルスターズ♪ 体験版感想。

公式サイト。
http://www.pulltop.com/gp08/index.htm

12月11日発売予定の作品です。製作がPULLTOPということで期待大。


・絵は問題なし。製品版もこの調子ならおっけーです。

・演出は普通。可もなく不可もなく。

・システムは大方必要なものは揃っており問題なし。Skipの速度がやや遅いかな?と感じましたが、ご愛嬌。

・肝心のシナリオについてですが、これが難しい。
何を一番に見せたいのかイマイチ伝わってこないんですよね。ヒロインの魅力を前面に押し出すつもりなのか、日常の雰囲気を楽しませてくれるのか、シリアスを見せてくれるのか…。まあ、どの面も及第点以上の出来を見せてくれたので、かなり期待できると言ってよいかと。
ヒロインを魅せつつ、空気を壊さず、撒いた伏線を回収するのは至難の技だと思うので、シナリオの流れに不安を感じた人はスルー推奨ですね。大当たりするか潰れてしまうかの二択になりそう。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ひだまりバスケット 体験版感想。

公式サイト。
http://www.eufonie.jp/product/hidamari/

12月11日発売予定の作品です。ここのブランドは触れたことがなかったのですが、絵が気に入ったのでとりあえず体験版をプレイしました。


・絵は綺麗です。今のところ崩れている絵も無いですしいい感じ。HPの絵もいいですしこの調子でいってくれればいいですね。

・演出は普通…ですかね。立ち絵を色々動かして演出するソフトハウスさんが増えてきた最近基準で考えるとちょっと寂しいかもしれません。

・システムは特に問題なし。真新しいものは見当たりませんが、プレイするにあたり問題ないくらいに揃ってますし、Skipも十分な速度。

・シナリオ…は少し苦しいところがあります。幼なじみの深美以外、誰も主人公の話を聞かないのは如何なものかと。主人公がひたすら不条理に虐げられる場面をずっと見せられても困りますよ。
特に妹と母親が…ね。なんかキ○ガイじみてるのは何とかならないものか。母親は学校の教員かつ寮母という社会的にも責任ある役職についているのに、人の話を聞かないのはあまりにイタイ気がします。エロゲに現実味を求めるなんてアホなことはしませんが、ゲームの世界に同調しにくすぎるかな。別に主人公が魔王だったり、幼なじみが大統領だったり、うりゅうりゅ言う未確認生命体がいたりしても受け入れられるのにねぇ…不思議!
とりあえず先輩は可愛いので保留、評判がよければ買います。たぶん。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

二次元と三次元の区別。

日本のショタエロ画像をDLしたカナダ人、有罪に 「虚構の子供達に苦痛を与えることも罪」
http://news.ameba.jp/world/2009/11/49562.html



カナダオワタ\(^o^)/
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ましろ色シンフォニー 感想&批評。

公式サイト。
http://www.clearrave.co.jp/product/mashiro/

ましろ色シンフォニー 感想その一。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-783.html
ましろ色シンフォニー 感想その二。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-785.html
ましろ色シンフォニー 感想その三。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-787.html
ましろ色シンフォニー 感想その四。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-789.html


・音楽。9点。
BGM25曲、Vocal曲が3曲。BGMは旋律が綺麗なものが多く、満足のいく出来かと。挿入歌の「さよなら君の声」は名曲です。若干曲数が足りてないのが残念。

・絵。9点。
CGが73枚、SDが23枚。立ち絵は豊富。質は絵師の技量と塗り共に最高峰。絵買いするに値する質です。まあしかし、三桁とは言わなくとも80枚はCGが欲しいところですね…。

・システム。8点。
バックログがやや使いにくいこと以外は問題なし。システムボイスなど標準以上にいろいろ揃ってます。バックログは再生型ではなく、一般的なログを文章で見返すものが良かったです。過去の場面を再生したいならタユタマが実装してるクイックジャンプのほうが便利だし。

・声優。9点。
特に問題なし。ぱんにゃが必要以上に目立った気がしなくも無いです。

・愛理シナリオ。6点。
徐々に解き崩されていくお嬢様をお楽しみください…というお話。萌え100%で構成されているとても甘くて楽しいシナリオです。逆に言うとメッセージ性などは皆無なんですけどね。
ヒロインをいかに魅せるかという一点に全てを注ぎ込んでいるために、その他のことまで手が回らなかったのはちょっと残念ですが、良いシナリオだったと思います。

・桜乃シナリオ。5点。
味付けの仕方を誤ったかな…と思えてしまうシナリオ。下手に緩急つけるよりも山無し谷無しの読むだけ無駄な何も無いお話を延々続けてくれればそれでよかったのに。
最低限萌えれるだけの要素は詰まっているので、悪くはないんですけどね。

・みうシナリオ。8点。
複数の焦点がある、愛理シナリオとは逆方向を向いたシナリオです。主人公周辺の狭い人間関係の中でいくつものドラマを作っていてよく考えられてるなぁと。キャラクターも余すところなく使ってますし。
欠点としては愛理ルートのような突破力が足らないことですかね。どうしても一つ一つの話に重みが足らなくなってしまうのは、複数のベクトルを持つシナリオの弱点であります。特にぱんにゃ絡みはもっと話を詰めておくべきだったかと。
黒みうルートと紗凪ルートが欲しい。

・アンジェシナリオ。6点。
愛理同様、勢いと萌えだけで最後まで走りきるお話。ひたすら可愛らしい彼女をお楽しみください。全体的に設定と表現が極端すぎた感もありますが、そこはご愛嬌ですかね。
このルートに限ったことではないのですが、主人公たちはみんな真面目ちゃんなのでギャグがかなり弱いのがこの作品の欠点ですね。中身が薄いわりに笑える部分は少ないので、日常シーンのセンスが合わない人はとことん合わなさそうです。

・総評。
無難な良作。感動を味わうのは難しいですが、息抜きには最適な作品です。萌えが欲しいならこれをやっとけ!っていう。刺激が欲しい人は回避推奨
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ましろ色シンフォニー 感想その四。

公式サイト。
http://www.clearrave.co.jp/product/mashiro/

桜乃ルートクリア。どうせこの後すぐにまとめの感想を書くので、今回は簡単に。


ちょっと力みすぎたかな、というが正直な印象。主人公&ヒロインが近親相姦だ何だと風評被害を受けるのはこのゲームの方向性とは違う気がするんですよね。明るく仲良くの萌えゲー、というのがこの作品に期待されていたものだと思うのですよ。愛理にしろアンジェにしろ、シナリオが薄くなることを承知の上で鬱要素を一切混ぜないようにしていたというのが見受けられますし。
まあ、妹がヒロインになっているシナリオというのは近親相姦容認の非現実なものと、そうでない鬱要素が入りつつも現実路線のものがあって、どちらも批判を受けやすいので難しいところですね。前者の作品が多いので、差別化のために後者をとった…というのはわかるのですが、ここは素直にいったほうが良かったかもしれません。しかもマイナスの気分をユーザーに与えただけで大して盛り上がらなかったし。
あと隼太と愛理は空気読めすぎてちょっと不気味なレベルでした。特に恋愛経験無しなのに的確なアドバイスを出せる愛理は超人と言っても差し支えないかと。便利なのはわかるのですが、使いすぎかなぁ、と。

悪いところばかり挙げましたが、全体を見ればギリギリ及第点には届いているかと。桜乃の可愛いところは表現されてますし、くっつくまでの過程もしっかり描かれていますし。特に二人が想いを確かめるまでの流れはしっかり描かれていて大変よかったです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ましろ色シンフォニー 感想その三。

公式サイト。
http://www.clearrave.co.jp/product/mashiro/

みう先輩のルートをクリア。

アンジェ、愛理の両名とはライターが違うみたいですね。シナリオの方向性もかなり異なります。キャラゲーとしての魅力は3割減、シナリオゲーとしてのの魅力は7割増、みたいな。評価は難しいところもありますが、総じて前者二名のシナリオよりもこちらの方が上質だと言って良いかと。

まずサブキャラの使い方はとても上手いです。紗凪は大きく成長していく様を見せてくれますし、愛理と隼太はサポート役に徹しますし、メイド&妹コンビは場面を盛り上げるのに一役買いますし、人気投票No.2のぱんにゃ御大は無双だし…とキャラクターの動かし方に関しては素晴らしいものがあります。萌え系キャラゲーでここまで上手なのはそうそう見ません。
逆にヒロインの魅力に関してはやや劣ってしまっています。前半は紗凪に食われ、後半はぱんにゃに食われ、とどうにも魅力を発揮しきれなかった感があるのは残念。なんで主人公に惹かれたのかイマイチ伝わってこなかったですし。「可愛らしい女性」と「強い女性」という二面が互いの良さを打ち消しあってしまったかな。もう少し甘めの味付けで良かったかもしれません。

シナリオはやや薄味ながら綺麗にまとまってます。キャラゲーとして十分なレベルだと思いますが、シリアスが好みな人は全く物足らないでしょう。個人的にはラストの方のぱんにゃ絡みはもう少し膨らませた方がよかったと思うんですけどね…。そこを強調しすぎるとバランス悪くなるので難しいか。

あと、鏡と後姿を使った演出は非常に上手いと感じました。演出や音楽も優等生な作品ですね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

遊びで行くのは最後。

東京より帰還しました。夜行バスは安いし便利なんだけど辛い…。夜中乗っていても2~3時間分の睡眠しか稼げないし。適当に雑記を書いて、ましろ色やったら寝る。

PB020003--.jpg
とりあえず、東京に着いた日の朝食。参考HP→http://www.burgerkingjapan.co.jp/news/win7.phpネタのために、このブログに載せるネタのためだけに食べてきましたwin7バーガー。肉7枚という意味不明な量。すてき。
量よりも味がきつかったです。欧米系の店のため「素材の味」という名の下、塩すらほとんどかかってないと思われる肉の塊を約800g…。これはおそらく4人くらいで分け合いながら食べるものなのでしょう。巨大バーガーが悪いとは言わない、言わないけど…自分は二度と手を出したくないですな。


PB020005--.jpg
午前は秋葉原の電気街散策。パソコン好きとしては秋葉は大変素晴らしい街です。それにしてもUSBメモリーの値下がりはいつ止まるんだろう。5年前は512MBで5000円かかったのに。


午後は今回東京に来た最大の目的である懇親会。二次会三次会と連ねて計7時間以上酒を飲んでました。新しい人脈を発掘するの楽しいです^^

PB020009--.jpg
宿泊は品川プリンスホテル。部屋は狭いですが、必要なものは全部揃っているし、お値段安いし流石。夜行バス&懇親会で疲れていたこともあり熟睡。


PB030016--.jpg
PB030019--.jpg
翌日は知人に案内してもらって東京観光。品川周辺と早稲田~池袋周辺を散策しました。東京は活気があっていいね。人が多すぎる感もありますけど(特に新宿や池袋といった主要駅
いろいろなお話ができたし、楽しかったです。感謝。
別窓 | 放浪。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ましろ色シンフォニー 感想その二。

公式サイト。
http://www.clearrave.co.jp/product/mashiro/

アンジェに続いて次は愛理ルートをクリア。

古典的な手ながら、ギャップ萌えの威力が半端無いです。ああもう愛理可愛いよ愛理。
派手な展開を抑え、細かいキャラ設定などに焦点をあてて作られているあたり非常に評価が高いです。できるだけ多くのの人にできるだけ楽しんでもらえるように心配りしているのは大変素晴らしいですわ。惹かれ合う過程もしっかり描かれていたし。キャラゲーのお手本となりそうなゲームですね。

欲を言うと付き合い始めてからの描写はもう少し尺が欲しかったです。せっかく甘い関係になっているのだし。あと主人公&愛理以外の周囲の人も変化していって欲しかった。本人たちに比べて周囲が完璧超人すぎるのはちょっとマイナスかな。
まあ、そのあたりを差し引いても良い作品ではあると思うのですが。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。