煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

微少女 感想&批評。

公式HP
http://www.tanuki-soft.jp/products/bisyoujyo/index.php

購入動機は完全に絵買いです。絵師さんを同人では知っていましたが、たぬきそふとの作品は初プレイとなります。


・音楽。5点。
BGMが11曲。ヌキゲーと言えどフルプライスにしては寂しい曲数です。作品の魅力に直結しない部分ですが、もう少し頑張ってもいいんじゃないかなーと思います。


・絵。7点。
CGは珠希が23枚、京花も23枚、ハルナが24枚、その他が9枚の計79枚。ヒロインの顔が入っていないCGと呼んでいいかわからないものが数枚あるので実質は70枚強といったところでしょうか。シナリオが短いのでプレイ中に不足を感じることはありませんが、80枚は超えて欲しかったかな。崩れているCGは特に見当たりません。


・システム。8点。
クイックセーブなのに確認が出てくるあたりは使い難かったです。全然クイックじゃねぇ。バックログは描写再現型で個人的には好きではないのですが、エロ中心のこの作品ではアリかもしれません。
その他はストレスを感じることはありませんでした。Skipは高速ですし。


・声優。9点。
特に問題なし。違和感を感じるところはありませんでした。


・シナリオ。9点。
ひたすらエロいことをするだけ。主人公のキャラクターに矛盾を感じるところもありますが、細かいことは気にしてはいけない。
ヒロインたちは良い意味で変態です。無垢なのに変態なあたりは一種のギャップ萌えと言ってもいいかも。みんな変態さんなおかげで和姦モノなのに異様に濃いシーンを次々と展開してくれます。陵辱系が好みの方は回避したほうが良さげですが、概ね満足できる出来だと言っていいともいます。
ちなみに伏線などは一切ありません。安心してお楽しみくださいって感じです。


・総評。
ヌキゲーとしては十分な出来です。近年、可愛らしい絵柄でこのような作品を出すメーカーは多くないので、結構貴重といえるかもしれません。エロシーンは人によって好みが分かれるので難しい所がありますが、「少女趣味は日本人の特性だ」と考えている人なんかはきっとこの作品を気に入ると思います。
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

しろくまベルスターズ♪ 感想&批評。

公式HP。
http://www.pulltop.com/gp08/index.htm

しろくまベルスターズ♪ 感想その一。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-817.html
しろくまベルスターズ♪ 感想その二。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-818.html
しろくまベルスターズ♪ 感想その三。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-820.html
しろくまベルスターズ♪ 感想その四。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-821.html

プレイ中の雑記or各シナリオの細かい感想を読みたい人は上の感想を読んでください。



・音楽。10点。
BGM38曲、Vocal曲が4曲(合唱曲含む)。BGMは旋律が綺麗なものが多く満足のいく出来。量、質共に文句なしかと。


・絵。8点。
CGが67枚、SDが15枚。質はかなり高めですがCGの少なさが悔やまれます…。シナリオが長いので、CGの少なさを強く感じてしまうんですよね。立ち絵の表情の豊かさがある程度カバーしてくれてはいるのですが、ちょっと少なすぎかな。


・システム。9点。
可もなく不可もなく。プレイ中にストレスを感じるようなことはありませんでした。シナリオが長いので、タイトルの「最初から」から既読の各章冒頭まで飛べるようにしてたらもっと良かったかもしれません。


・声優。9点。
特に問題なし。あまり見たことの無い声優さんの名前が並んでいましたが、下手だと感じることは一切無かったです。


・ななみシナリオ。10点。
キャラクターの性能が高く、テーマもはっきりしており、伏線もしっかり張って回収していくシナリオ。個人的には文句なしです。今年読んだシナリオの中では最高の出来ですわ。


・りりかシナリオ。5点。
ゴール地点がはっきりしていて、そこへ辿り着くために強引に引っ張っていった感が強いシナリオです。説明のつかない謎の感情により二人は惹かれあうし、偏食を改善する流れは意味不明だし、12章でテンペストは潰れないし、パパラッチ少女の考えはよくわからんし、主人公がクイックターンを習得した後に不思議なくらいに成長を遂げたみたいだし…。チグハグ感の強いシナリオでした。
笑えてかつある程度萌えれるので最低ラインは突破しているシナリオなんですけどねぇ。ななみとの扱いの差は一体…。


・硯シナリオ。10点。
丁寧な心理描写で成長を描ききったシナリオです。細かいところまで配慮がきいている反面、流れがゆっくりすぎるので日常シーンなどが不得手な人には向かないかも。


・きららシナリオ。6点。
シナリオの本筋は破綻気味。頭をカラッポにして街の人たちとの交流を楽しみましょうというお話です。ギャグは秀逸なので、外伝として気楽に楽しむのがよろしいかと。


・総評。
ななみ、硯シナリオだけでも名作判定だせます。個人的には今年最高の作品でした。
サンタなんていう難しい設定を扱っているため、設定に矛盾があるのは嫌という方や世界観に溶け込むのが苦手な方にはオススメできませんが、そうでなければやって損は無い作品だと思います。

ハッピー・ホリデーズ!
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

微少女 感想その一。

公式HP
http://www.tanuki-soft.jp/products/bisyoujyo/index.php

アトリエかぐやBYを除くと、久しぶりのエロ特化のエロゲです。購入動機は完全に絵買い。
とりあえず京花ルートをクリアしました。


基本情報。
CGは珠希が23枚、京花も23枚、ハルナが24枚、その他が9枚の計79枚。質のほうは公式HP参照。
シーンは珠希と京花が24枠、ハルナが23枠、その他が6枠の計77枠。77枠というと多めに見えますが、ただのパンチラも何故か回想に登録されており、実質で数えると60枠強くらいになりそうです。
音楽の曲数は不明ですが、大半がエロなためほとんど同じ曲を聴き続けていたような…。


シナリオ。
エロ特化といいますか、エロしかありません。まあエロ以外を求めてこの作品を買う人はいないと思いますけど。
一応、京花のシーンを羅列しておくと、パンチラ、身体測定覗き、いたずらで精飲させる、放尿覗き、制服ぶっかけ、胸チラ見(水着で)図書館でお尻におしつけ、自慰見せ合い、脚コキ、ハメ撮り、猫耳メイド服、アナル、ボテ腹あたりでしょうか。変態的なものは一通り揃っている印象。ヌキゲとしては十分合格レベルにある作品かと。主人公よりもヒロインの方が変態な気がしますけどね…w


あと最後の選択肢が、中だし、外だし、妊娠させる、の三択なのは吹いたw 
どうやら人類はバイオテクノロジーを介さずに神の領域に達したようです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

しろくまベルスターズ♪ 感想その四。

硯ルート、きららルート終了。これで全部読み終わりました。まとめた感想は後日ということでとりあえず適当に。


・硯ルート。
ななみとりりかとは明らかにシナリオが違います。おそらくライターが違うのでしょう。
前者二人と比べて、全体的に心理描写が増えて丁寧な作りになってます。特に惹かれ合う過程や終盤の流れなんかは珠玉の出来栄えと言ってもよいかと。個人的には満点をつけたいシナリオでした。ひたすら丁寧さが目立つ反面、話の流れがゆっくりなので、人によっては退屈に感じるかもしれませんけどね。
欲を言うと付き合い始めてからの硯は破壊力抜群なので、もう少しそのあたりの尺を伸ばして欲しかったです。間延びするから無理かな?


・きららルート。
サンタ稼業もおもちゃ屋の業務も放り出して、街の人々と親交を深めるシナリオ。主人公のキャラクターも他ルートとかなり異なりますし、外伝に近い立場にあるお話です。
描写の丁寧さは硯ルート同様に光るものがありますが、動機と行動がイマイチ伝わってこなかったシナリオでもあります。何故冬馬はあの人車を直したのか伝わってこないし(街の人たちへのプレゼント…というのは動機としては弱すぎる)イブ当日に仕事が終わってないのに余所事するし、きららは公務員試験への情熱が無さ過ぎる。このシナリオの主題であろう「夢と大事なもの、二者択一ならばどちらをとるか」もうやむやなまま流されてしまったし。話の雰囲気は良かったですが、首をかしげることが多かったなぁ。
主人公が壊れていたおかげでギャグはかなり笑えたんですけどね。


・ゆのかにベルスターズ。
公式の同人、ですね。自分はあまり期待していなかったので問題ありませんが、FDだと期待してると痛い目に遭います。ボイスはしっかり入ってますし特典にしては頑張ったんじゃないかな、というレベル。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

しろくまベルスターズ♪ 感想その三。

りりかルート読了。感想を書き殴ります。


まずね、いきなり手コキをしてくるとは思いませんでした。サンタよりも風俗嬢になったほうがいいんじゃ…と思わずにはいられない。大丈夫、サンタでなくてもみんなに夢を与える仕事は世の中いくらでも(ry とまあ恋愛部分に関しては純愛モノとしては珍しいくらいに破綻してます。そのあたりに目を瞑れば、エロエロりりかが堪能できるので気にしないほうがいいのかもしれません。それにしてもりりか、お前一体何歳d(ry

シナリオは…ななみと比べるとちょっとテーマが悪いです。ななみは内に秘めたる強さをもって前進する物語ですが、りりかは自身の弱さと向き合い過去を克服する物語。過去を乗り越える過程で成長していく様子も見ていて楽しいですが、やはり底無しの才能が開花していく話のほうがワクワクするんですよね。また周囲に与える影響は無限大であり、その可能性の大きさを感じさせてくれるななみと、自身に話が収束してしまうりりかという対比でもやや不遇なシナリオだったかなぁ、と。特にNYでエースをやっていたというこの上ない「ゴール」を最初からチラつかせてしまっているのが良くなかったかも。
また、話に緩急をつけきれていない印象を受けました。もう少しりりかに感情を発露させてもよかったんじゃないかと。泣きわめいたり暴れたりとか。弱さを抱えている割に聞き分けが良すぎる気が。
ギャグはかなり笑えました。特に㍉㍑㌢㌧㌢㌧が秀逸すぎる。


結論としては、世の中に出回っているエロゲの平均を上回っている質の高さですが、ななみルートと比べると若干劣るかなぁというのが正直な印象です。先が読める&起伏が少ないでダレるのが残念かな。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

しろくまベルスターズ♪ 感想その二。

ようやくななみルートを攻略完了。まだ一つのシナリオしか攻略してないですが、
今年最高の作品だと推挙できるレベルの作品です。


・基本情報。
CGは66~67枚、SDが15~16枚。予想通りCGはかなり少ない様子。CGは三桁…と言わずともせめて80枚の壁は突破してもらいたかった。崩れているCGは無し、構図もかなり工夫しているという質の高さなので、とにかく量の少なさが悔やまれます。
シーンは計15枠あるみたいです。ななみが2枠しかないので、かにしの同様エロ担当キャラがいる様子。


・シナリオ。
先に言っておきますが、珍しいくらいに褒めちぎります。
第一に、キャラクターが大変魅力的です。萌え的な意味でも性能的な意味でも。ひとりひとりのキャラに精神的肉体的スキル的に強い面と弱い面を細かく設定しているために、場面に応じてキャラクターの役割が次々と入れ替わります。更に人との触れ合い中で成長していくため、シナリオを読んでいる我々ユーザーに飽きさせない構成になっています。
第二に、シナリオの起伏の作り方が上手。人間関係に亀裂を入れて鬱展開にもっていったり、明らかな悪人を仕立てて勧善懲悪型のシナリオの作品は度々見かけますが、この作品ではそのような不条理さを感じる展開は全くなく、ストレスを感じずプレイすることができました。詳しい話はネタバレになるので伏せますが、サンタや街の設定がとても上手く機能しているかと。
第三に、メリハリがきいているのが良いです。パロネタを含むギャグ重視の場面と真剣に自分の役割と接する場面が上手く分割されているんですよね。仕事場である空に上がることが一つの切り替えスイッチになっており、場面の切り替わりを強く読者に伝えることができていました。
第四に、シナリオに起伏があり、メリハリをつけるほどに場面を動かしているにも関わらず、全体の雰囲気に統一性があるのは素晴らしいです。限られたフィールド内を限界まで使った感があります。
第五に…と書き続けるとキリがないのでそろそろ自重します。

一応、気になったところも。二人の惹かれ合う過程がやや乱雑だった気がしなくも無いです。お酒であらゆる段階をスキップしてしまいましたし、後付けに近い形で初恋設定を持ち出しますし。まあ、そこに重点を置いたタイプの作品ではないので些細なことなんですけどね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

しろくまベルスターズ♪ 感想その一。

公式HP。
http://www.pulltop.com/gp08/index.htm


ななみルートをクリア…してません。現在9章ですがまだまだ終わりが見えず、むしろこれから一山二山ありそうな予感がプンプンします。
中途半端ですがとりあえずここらで切って感想を。


・基本情報。
まだ一人も終わってないので総CG枚数はわかりませんが、今のところCGが出てくる頻度はかなり少ないです。SDが頑張ってくれてはいますけど、それでもちょっと物足らない感じ。質のほうはかなり高いので残念。背景はかなりの数が用意されている様子。
楽曲の方は質も高いですし、サントラ曰く曲数も多いみたいなのでかなり良いです。


・シナリオ。
ななみルートの9章までの感想ですが、ここまでは非常に良い感じです。バランスよく話のノリ、シリアス、萌え、ギャグなどを詰め込んでいて文句なしかと。伏線らしきものもたくさん張ってるし、この先のシナリオを読むのが楽しみです。
正直言って、ここまで文句のつけれないシナリオは珍しいですわ。この調子なら今年一番の作品になりそう。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ひだまりバスケット 感想その一。

公式HP
http://www.eufonie.jp/product/hidamari/


深美ルートクリア。いつもどおり感想を適当に書き殴ります。

・基本情報。
CGは計70枚。ちょっと少ないですね。立ち絵は可愛くCGはより可愛くといった感じで、質のほうはかなり高めに仕上がっているので数の少なさ残念。
楽曲は27曲。多くもなく少なくもなくといったところでしょうか。プレイ中に不足を感じることはなかったので特に問題なしかな。
シーンは13枠。かすがだけ4枠と優遇されています。これも最近のゲームとしては妥当なところでしょうか。


・シナリオ。
山なし谷なしの日常ゲー。期待通りに萌えさせてくれますし、期待以上の展開が待っているということも無く。見どころが少ないかなぁ…というのが正直なところ。キャラクターの味付けが薄い気がします。あと、状況がわかりにくすぎるとこがあったので、描写はしっかりとやってほしいかな。
まあ、安定したまったり空間を堪能できるのでそのあたりを求めるユーザーにオススメな作品です。

これ以上、コメントが思い浮かばない…。最近これと似た感じの作品多いしなぁ。差別化があまりできていないように感じられるし、感想を書くのが難しいです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

どーなることやら。

なんと「コードギアス 反逆のルルーシュ」が復活、新プロジェクトの始動決定
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20091205_geass/

R2ですら伏線の張りすぎで何が何だか状態だったのに新シリーズとは…。視聴者がトンデモ展開に慣れてしまっているために、良い評価を得るのは並大抵のことではないと思うのですが、勝算はあるのでしょうかねぇ。
コードギアスの名を借りて注目を集めたはいいものの中身はカラッポでした、というのは勘弁ですね。正直なところR2の後半は視聴者に媚びすぎてあまり良い出来とは言い難かったので、かなり不安です。
まあ、続報を大人しく待ちましょうか。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

妹スマイル 感想その二。

冬霞ルートと暦ルートをクリア。
やってるうちに段々キャラが可愛く感じるようになってきました。相当毒されている模様。

各シナリオの感想を、ってところですが展開にほとんど差がないので略。ひたすらイチャつくだけです。そういうものを求める人にはすごくオススメできる作品ですが、一度に過剰摂取すると脳が溶けるので危険…というか飽きます。長所と短所が大きい作品ですね。

いくつか気になったところなどなど。
・主人公がルートによって性格変わりすぎ。開始10分のところで分岐した後は完全に交わらない一本道なので大した影響は無いですけど、ほとんど別人です。複数のライターがいるみたいなので仕方がないですかね。
・暦が頭の可哀想な子にしか見えない。まあ、そこが可愛いんですけどね!全体的にヒロインの個性が強すぎた気も。
・真正面ストレートで捻りも何も無いのに何故かエロい作品です。むしろ捻りがないからいいのだろうか…。
・やっぱりskipが遅すぎるかな。特に演出にこだわっているわけでもないのに看破できない遅さ。その他のシステムはそんな問題ないのに。エンジンも特殊なものではなく椎名里緒なのに。不思議。
・何故かシスプリが頭をよぎる、そんな作品です。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。