煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

クドわふたー 感想その二。

クドわふたー 感想その一。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-950.html

全部読み終わりました。
先に結論を言ってしまうと、クドが好きなら絶対に買い、リトバスの雰囲気が好きだった人は買うべきではない、key信者相手には勧められるかどうかは微妙なラインといったところです。


・絵について。
「感想その一」に既に書いているので細かいことは割愛しますが、CGは以前の評価と変わらず問題なしです。52枚という枚数だけを聞くと少なく感じるのですが、今作はシナリオが短いので全く不足を感じませんでした。立ち絵は悪くはないですが、ボリュームが少なく残念な感じというのも変わらずです。せっかくなのだから新しい姿勢の絵が欲しかったところですね。完全流用はちと寂しい。


・楽曲について。
BGMが21曲、Vocal曲が4曲でした。作風に合った音楽が多く、旋律が綺麗です。お気に入りは「Adagio for Summer Wind」。
悪くないのだけれど過去作品と比べるとパワー不足が否めないです。脇役に徹していると言えば聞こえがいいですが、ちょっと静かすぎた印象。


・システムについて。
リトルバスターズのシステムを引き継いでおり、使いやすく悪くないです。特筆するような新システムはありませんが、こういうのはストレスなくプレイできる環境を整えてくれるのが重要ですし、何の文句もないかな、と。


・シナリオについて。
前半と比べ後半は方向性が定まっており、かなりまとまったシナリオに仕上がっています。終盤はしっかりとkeyらしさが出ており、「泣きゲー」と呼んでもいいかもです。
しかし「みんなで成し遂げる」というには賑やかさが足らず、各キャラクターの個性が強すぎて役割がはっきりしすぎている点など、粗いところもちらほらと。KanonやAIRなど形振り構わず問答無用で場面を引っ張っていくような力強さが足らないような印象を受けました。逆に、事の起こる原因などを細かく設定している作りの丁寧な作品という面もあり、評価が難しいところではありますね。

クドの可愛らしいキャラクターを売りにするのか、泣きゲーとして売るのか、それともリトバスをベースにするのか、どれを重要視するのかが定まっておらず、なかなか人に勧めがたい作品というのが正直な印象です。決して悪くはないのだけど…っていう。
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

クドわふたー 感想その一。

公式HP
http://key.visualarts.gr.jp/kudo/


2007年に通常版、2008年にEX版が発売されたリトルバスターズ!のファンディスクです。区切りのいいところまでやったので、途中ですが適当に感想を。

※シナリオに関しては、時期がまだ早いので非ネタバレで書きます。



・絵について。
CGは52枚、シーンは15枠。CGは今のところ崩れているものは見当たらず、塗りも安定しており高品質です。立ち絵はリトバスの記憶がかなり薄れているので定かではないですが、服は追加されており、表情はあまり追加されていないように見受けられました。
シーンはかなり頑張っておりますが、あくまでkey基準の頑張りなのでエロにあまり期待してはいけません。とは言えクドリャフカを心の底から愛しているロリコン紳士の方々ならばきっと満足できるはず。


・楽曲について。
Music欄からの推測になりますが、おそらくVocal曲が6曲4曲、BGMが19曲21曲
全曲聴いたわけではないので断定はできませんが、全体的に存やや在感が薄いです。他のソフトハウスなら合格ラインかもしれませんけど、keyの音楽にしてはかなり残念な印象です。まだ出てきていないBGMに期待したい。


・シナリオについて。
この作品はリトバスのFDではありますが原作の良さが完全に抜け落ちています。賑やかだった学生生活は「夏休みでみんな帰省中」という名目で全くなく、場面が常に閑散としてます。そのため極めて淡々とした日常が展開され、睡眠導入ゲームと言われても文句言えないレベルの抑揚のなさになっております。また、パラレルワールドという設定のためキャラクターの性格が安定しません。佳奈多なんかは別人の域ですし、主人公は多重人格かと疑いたくなるほどに性格が場面によって変化します。どうしてこうなった。
話の盛り上がりもイマイチ。まだ後半が残っているので明言はできませんが、少なくとも現時点では伏線の張り方や場面の膨らませ方、心理描写など全てにおいて過去作品より雑です。メッセージ性というkeyの方向性は健在ですが、伝え方が弱い。
欠点ばかり挙げましたが、クドの可愛さを満喫するという点では満足の作品と言ってよいでしょう。甘すぎて胸焼けするほどに楽しめます。


今のところ、絵良しキャラ良しの典型的な萌え特化作品という印象です。良くも悪くもkeyらしくありません。個人的にはBGMが力不足なのがかなりの痛手に感じます。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

鳩山総理大臣が辞任。

結局一年保ちませんでしたね。逆に言うと一年弱政権を担って、何か役に立つことしたっけ?という感じですが…。
とりあえずお疲れさまでした。

さて総辞職か解散総選挙か。どうでるか楽しみです。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。