煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

最悪の可能性。

原発がとんでもないことになってますね。
原子力発電所における最悪の事態というのは周囲に放射性物質が撒き散らされてその一帯が使えない土地になることですが、まさしくその状態に向かって突き進んでいるという・・・というか、むしろ今この時点で最悪の事態に分類していい状態と言っても過言ではない気がします。更に悪化するというのは被害範囲が広がるというだけ(だけっていうと軽い表現ですが)で、福島原発の周囲はこれでほぼ使えないのではないでしょうか。ヨウ素はともかくセシウムは半減期が30年、こう書くと30年経ったら使えるようになるような錯覚を覚えますが、あくまで半分の汚染になるのにかかるのが30年と言うのであって、1/10以下になるには100年弱の昨月が必要になります。恐ろしい。

賠償だの責任だのといった話もありますが、それ以前に10万倍等といった壮絶な量の放射能が漏れているこの状態をなんとかする手立てはあるんですかね・・・。石棺を作るにはまだ熱を持ちすぎているなんていう話も聞きますし。
スポンサーサイト
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

人、と一概に言っても。

引き続き原発関連について。
原発に関連のない職についている身でコメントしようというのは、なかなかに愚かな行為だとも思いますけど、そのあたりは大目に見てやってください。


「使命感持って行く」=電力会社社員、福島へ―定年前に自ら志願
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000018-jij-soci

記事全文。
 福島第1原発の事故で、情報提供の遅れなど東京電力の対応に批判が集まる一方、最悪の事態を避けるため、危険を顧みず作業に当たる同社や協力会社の社員もいる。地方の電力会社に勤務する島根県の男性(59)は、定年を半年後に控えながら、志願して応援のため福島へ向かった。
 会社員の娘(27)によると、男性は約40年にわたり原発の運転に従事し、9月に定年退職する予定だった。事故発生を受け、会社が募集した約20人の応援派遣に応じた。
 男性は13日、「今の対応で原発の未来が変わる。使命感を持って行きたい」と家族に告げ、志願したことを明かした。話を聞いた娘は、家ではあまり話さず、頼りなく感じることもある父を誇りに思い、涙が出そうになったという。
 東京電力側の受け入れ体制が整った15日朝、男性は自宅をたった。特別なことにしたくないと考えた娘は見送りはせず、普段通りに出勤した。「最初は行ってほしくなかったが、もし何かあっても、自分で決めたことなら悔いはないと思った」と話し、無事の帰宅を祈る。
 男性の妻(58)は「彼は18歳の時からずっと原発の運転をしてきた。一番安全なものをやっているという自信があったんだと思う」と話す。出発を見送り、「現地の人に安心を与えるために、頑張ってきて」と声を掛けたという。 


マスコミを介した情報は無駄に歪曲されていることが多いですが、そのあたりはおいておいて。

映画などでありそうな美しい話といいますか・・・いや、そんな言葉で表せない凄さを感じます。使命という言葉の重さをフィクション以外の、現実で感じることがあろうとは。
極めて高い確立で放射能による障害が起こりうる危険な場所へ、自身の意思で行く彼の人の生還を祈りたいところです。がんばれ。



こうして総力を挙げて目の前の危機に立ち向かう・・・だけならよかったんですけど。

15日の4号機火災の鎮火、東電が確認怠る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000486-yom-soci

記事全文。
 福島第一原子力発電所4号機で16日朝に発生した2度目の火災を巡り、東京電力は同日の記者会見で、「1度目の火災で鎮火したことの確認をしていなかった」と、確認を怠っていたことを明らかにした。火災場所は前日と同じ4号機の北西部分で、社員が目視で鎮火したと思い込んでおり、同社のずさんな対応が浮き彫りになった。

 東電の大槻雅久・原子力運営管理部課長が、同日午前6時45分の会見で公表した。1度目の火災は、15日午前9時38分に発生し、東電は同日、「午前11時頃に自然鎮火した」と説明したが、大槻課長は16日、「社員が、目視で炎が見えないのを確認しただけだった。申し訳ない」と謝罪した。実は1度目の火災が鎮火していなかった可能性を報道陣から指摘されると、大槻課長は「放射線量が高くて現場に近づけず、確認できない」と釈明した。

 東電によると、火災確認後、社員が2度消防に通報したが、つながらなかったため、放置していた。

 2度目の火災は16日午前5時45分頃、4号機の原子炉建屋から炎が上がっているのを社員が確認。午前6時20分に消防に通報した。

 東電によると、福島第一原発では通常、協力企業の社員を含めて約800人が作業を行っているが、被曝の危険性が増した15日、70人を残して福島第二原発などへ退避させた。



>東電によると、火災確認後、社員が2度消防に通報したが、つながらなかったため、放置していた。

なんですか、東日本全部を懸けたギャグですか。

消防を呼んでどうするつもりだったの?鎮火してもらうの?繋がらなかったら火災は放置ですか・・・という時点で突っ込みどころ満載ですが、そこは放射線溢れる現場なのだし判断ミスは仕方がないのかもしれない。そんな場で冷静になるのは無理がありますし。
判断ミスよりも非難したいのは組織としてのバックアップのあり方です。いつ爆発が起こるかわからないところに人を送り込んでおいて、緊急用のホットラインとか用意していないのかと。前線では命を懸けて(というか放射線の密度から見るに、命を棄ててと表現した方が正しいかもしれない)作業している方々がいるのに、後方支援は常識といっても過言ではないレベルのことが出来ていない。東京電力はたいした企業だわ。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

無計画停電。

いやはや、今回の地震でマスコミや政府の対応に疑問を抱く点が幾つかありますが、それ以上に酷いのが東京電力の対応です。

まず、原発。
冷却用の水を循環するシステムが、ディーゼルエンジンを10機以上用意してあったにもかかわらず全滅で冷却できていなかったとか。今回の震災が未曾有の巨大地震であったというのはわかりますが、何台用意していようが緊急時に動かないのでは意味が無さ過ぎる。火力発電は最悪の事態になってもその一帯が焦土になるだけですが、原子力はそれこそ日本全体を巻き込むんだから・・・もう少し準備の使用はあったんじゃないかと。
爆発などに関する情報が遅れたのは情報統制のためなんでしょうけれど、それにしても対応が遅かったように感じます。爆発の瞬間をNHKに撮られていたという不運もありますけど。
三つ目に、二号機は冷却システムの燃料が切れたため炉心が露出したとか対応がずさん過ぎる。緊急事態に何をやっていたのか。そんなに人手が足らないのか、ただの馬鹿なのか。


次に計画停電。
前日夜に停電区域を発表、しかし、区域の分け方が雑で実態が全然伝わってこなかった。さいたま市は朝から晩までずっと停電なのかと勘違いするような情報の出し方は問題あるのではなかろうか。しかも、後に23区も対象に入るように訂正、一晩のうちに修正版までだしたら混乱が起こるに決まっている。あまりに仕事が雑。
契約者への情報の提示の仕方が雑なら、関連企業との連携の仕方も雑だった。東電からすると「自前で電気を準備できるJRは停電でも動く」という認識だったみたいだが、実際は、電車の動力は自前だが、踏切などのシステムは電力がないと動かなく運用は不可だったのこと。まあ、このあたりはJR側の不手際でもあるのだが、どうにかならなかったのか。
で、準備した結果、第一から第四までの地区は停電させず、茨城などの被災地を含む第五地区が停電する始末。そんな弱者に鞭打つような停電させるくらいなら、揚水発電を行うための余力を残しておけと。停電は既に周知済みだったのだから、同じく電力不足で被災地そのものの東北電力に融通するという手だってあったのではないかと。あまりの無計画停電さに泣けてくる。
結局、第五地区内でも停電しなかったところもあるみたいだし、明日にでも「停電するはずではないのに停電している」という光景が見られそうで怖い。インターネット上では散々いわれているが、もしそんなことになって病院が停電して、なんて事態になったらどう責任を取るつもりなのだろう。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

魔法少女まどか☆マギカ 第10話 「もう誰にも頼らない」

10madoka01.jpg
ついにほむほむの過去が明かされる時がきました。


10madoka03.jpg
10madoka04.jpg
最初の世界。
まどかはマミと魔法少女になって活躍中。魔女に襲われた暁美さんは二人によって助けられました。そんな正義の味方である二人によって街の平和が守られる・・・なんていうストーリーにはなりません。ワルプルギスの夜によって、まどかとマミは戦死。ほむらは二人を助けるために魔法少女の契約を果たし、時間を遡る力を手に入れます。


10madoka05.jpg
10madoka06.jpg
二週目。
暁美さんはマミやまどかと一緒に魔法少女として活躍します。しかし、またもやワルプルギスの夜によって壊滅的な状態に。マミさんはおそらく戦死、まどかは魔女になります。そんな状況に絶望しながら暁美さんは過去へと再び遡ります。


10madoka07.jpg
10madoka08.jpg
10madoka09.jpg
三週目。
ソウルジェムがグリーフシードになるという事実をまどかたちに伝えても信じてもらえず。この週になって初めてさやかと杏子も魔法少女として登場しますが、さやかはやっぱり魔女に。その時に錯乱したマミによって杏子死亡、そんなマミをまどかが殺して二人だけに。
再びワルプルギスの夜に破れ、ソウルジェムが穢れきって魔女化する寸前のまどかからの「過去に戻って歴史を変えて欲しい、きゅうべぇに騙される前の自分を救って欲しい」「魔女になりたくないから・・・」という願いを聞き、暁美さんはまどかを殺し、再び過去に。


10madoka10.jpg
10madoka11.jpg
10madoka12.jpg
四週目。
絶望した暁美さんは修羅のような心をもった本編のほむほむに変化。ほむランボー。
この週になって始めて、まどかが魔法少女の契約前に遡ります。まどかが契約を結ぶ必要がないよう、総ての魔女を一人で殲滅するよう頑張ります・・・が、しかし一人ではワルプルギスの夜に勝てるはずも無く、苦戦している最中にきゅうべぇがまどかを誑かして契約。
ここがまさしく第一話冒頭の部分になります。まどかはワルプルギスの夜を一撃で潰し、そのまま魔女化した様子。
この時間軸を諦めて、ほむほむは再び過去へ。


10madoka13.jpg
10madoka14.jpg
五週目。
これが第一話から延々描写されていた本編になります。さて、再び一人でワルプルギスの夜と対峙しなければいけない状況ですが、どうなることやら。続く。



今回は時間軸の相違によるパラレルワールドが繰り返されたため、キャラクターのいろいろな面が見れたのが何よりよかったかな、と。そういう意味では出番の少なかった近接武器の青赤二人組の不遇さが・・・。


10madoka20.jpg
一週目から。
まどかがいて、一人ぼっちではないマミさん。
3話で語った、魔法少女としての彼女の希望の姿。

10madoka22.jpg
一週目から。
マミさんが死んで、一人でワルプルギスの夜と命を懸けて戦う決意をしたまどか。
本編では「頭弱すぎだろこの子」状態ですが、オリジナル(?)の彼女はこんな強い目をした主人公として相応しい人物だったんですね。

10madoka23.jpg
二週目から。
教室で暁美さんから「一緒に魔法少女として頑張ろうね!」となかなかに恥ずかしいことを暴露されたときの様子。なにこの子かわいい。

10madoka24.jpg
10madoka25.jpg
三週目から。
自分たちに残された道が死ぬか魔女しかないと知ったときのマミさんとまどか。
感情を表す間も無く死んだマミさん、こんな表情を見れるのもパラレルならではです。こんな顔しながらあっさり先輩のマミさんを射殺したまどかも結構怖い。これが魔法少女ってやつか。

10madoka28.jpg
10madoka29.jpg
三週目から。
自分を殺してくれと頼むまどか。なんというか、これが絶望って奴やつですか。
ほむらが修羅の心を手に入れるのもわかろうというもの。

10madoka30.jpg
四週目から。
まどかが魔女化したことによって目的を達成したきゅうべぇ。

「彼女は最強の魔法少女として最大の敵を倒してしまったんだ。もちろん、後は最悪の魔女になるしかない。今のまどかなら、おそらく十日かそこいらで、この星を壊滅させてしまうんじゃないかな?まあ、後は君たち人類の問題だ。ぼくらのエネルギー回収ノルマはおおむね達成できたしね」
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第22話 「天罰術式」

index2202.jpg
index2203.jpg
上条さんはいつも通り、説教しながら女性の顔をぶん殴ります。
今期、何回その拳が唸りをあげたことだろう。


index2205.jpg
index2206.jpg
一方、木原くんと一方通行さんは戦闘を続行。
型にはまった演出しかしてくれない当麻と比べると、やはりこちらの方が面白い。

この二人が戦闘中、後ろではインデックスさんがラストオーダーを助けるために奮闘します。男二人が殴りあってる後ろで作業しているインデックスさんは大変シュールです。


index2209.jpg
index2210.jpg
一方通行さんは新しい能力「黒い翼」を手に入れます。なんで手に入れたのか、どのような質のものなのか、などなど謎だらけの能力ですがとりあえず、これでダークヒーローとしての活躍の場が増えそうですね。元学園都市最強はいったいどうなってしまうのだろう。


index2211.jpg
黒い翼によって、木原くんはお星様になりました。何だこの結末は。


index2215.jpg
最後に新しい敵が登場。神の右席の一人「アック」というらしい。
この時期の新キャラ登場、三期に続くのフラグにしか見えない。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

大地震。

1時間ほど前に帰宅しました。運転再開した三田線と徒歩で帰るのに計4時間弱程かかりました。帰れるだけマシってことなんでしょうかね。更にいうなら生きてるだけマシっていう。


地震が起きたときは普通に職場でお仕事しておりました。弱い初期振動の後に主振動が一気に襲ってきて・・・という文字にしてしまうと語彙の少なさのせいでなんて事のない普通の地震だったようにしか書けないのですが、強い時はまっすぐ立ってられないほどに揺れが強く、しかも断続的に3時間以上ゆれ続ける恐ろしいシロモノでした。人生どこで何が起こるかわからないものですな。
家の被害ですが、酒瓶が二本、グラスが3つ、酒によって駄目になった紙類ってところでしょうか。木製の大きな本棚が10cm以上動いているあたりから揺れの凄まじさが伝わってきましたが、その割には軽微な被害ですみました。集合住宅なのに火事とかが起きなくてよかったです。

震源地に近い東北の方では凄まじい被害らしいですが、被害が最小限に食い止められるといいですね。

これを書いている今、また揺れを感じました。しばらくは振動に怯える日々か・・・。
別窓 | 時事。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

これが民主の外交政策ですか。

民主・土肥氏、竹島放棄要求の会見に出席=菅首相「大変遺憾」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110309-00000156-jij-pol

昨年は尖閣の中国人船長を無償解放して、
外務大臣は在日からの献金問題で辞職して、
今度は与党幹部が領有権に関する会合に勝手に出席して、

すごいな民主党。

自民も民主も献金とか癒着とかそういった話は後を絶たないけれど、自己の資産を不当に増大させようとする犯罪以上に、こういった主義主張の人が国会議員をやっているのがすごい。民主の外交は強攻策だの融和策といった方向性以前の問題だと思う。


記事全文。
 民主党の土肥隆一衆院議員が先月27日に「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として訪韓し、日本政府は竹島(韓国名・独島)領有権の主張をやめるべきだとする同連盟の共同宣言を発表した記者会見に出席していたことが9日、明らかになった。土肥氏は取材に対し、事実関係を認めた上で「発表の場にいたことはうかつだった。共同宣言の内容をよくチェックすべきだった」と述べた。
 日本政府は竹島を「固有の領土」としている。これについて、土肥氏は「政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ」と述べ、交渉で解決すべきだとの考えを示した。
 土肥氏は、民主党の菅直人首相グループの幹部。首相は9日夜、土肥氏の行動について「大変遺憾に思っている。竹島は日本固有の領土だ」と不快感を表明。「しかるべき形で対応することが必要だ」と述べ、事実関係を調査する考えを示した。
 一方、自民党の大島理森副総裁は同日、党本部で記者団に「わが国の国会議員としてあるまじき恥ずべき行為だ。許されることではない」と土肥氏を批判した。 
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

魔法少女まどか☆マギカ 第09話 「そんなの、あたしが許さない」

09madoka06.jpg
09madoka07.jpg
09madoka08.jpg

まずはさやかが魔女化したことにおける、きゅうべぇさんの説明から。

まどか「じゃあ、あなたはみんなを魔女にするために魔法少女に?
きゅうべぇ「勘違いしないで欲しいんだが、僕等は何も人類に対して悪意をもっているわけじゃない。全てはこの宇宙の寿命を延ばすためなんだ。まどか、君はエントロピーという言葉を知ってるかい?(中略)エネルギーは形を変換するごとにロスが生じる。宇宙全体のエネルギーは目減りしていく一方なんだ。だから僕たちは熱力学の法則に縛られないエネルギーを探し求めてきた。そうして見つけたのが魔法少女の魔力だよ」
まどか「あなたは・・・一体・・・?」
きゅうべぇ「ぼくたちの文明は知的生命体の感情をエネルギーに変換するテクノロジーを開発した。ところがあいにく、当の僕らが感情というものを持ち合わせていなかった。そこでこの宇宙の様々な一族を調査し、君たち人類を見出したんだ。人類の個体数と繁殖力を鑑みれば一人の人間が生み出す感情エネルギーはその個体が誕生し成長するまでに要したエネルギーを凌駕する。君たちの魂はエントロピーを覆すエネルギー源足りうるんだよ。とりわけ最も効率がいいのは第二次成長期の少女の希望と絶望の相転移だ。ソウルジェムとなった君たちの魂は、燃え尽きてグリーフシードへと変わるその瞬間に膨大なエネルギーを発生させる。それを回収するのが僕たちインキュベーターの役割だ」
まどか「・・・私たち消耗品なの?貴方たちのために死ねって言うの?」
(以下略)

エントロピーっすかエネルギーっすか。感情をエネルギーに変えるシステムを開発できるんだったらエントロピーくらい何とかしようぜとか、魔法少女アニメで熱力学とか笑わせてくれるとか、やっぱり膨らみかけのおっぱいは最強なんですねとか、個人的にはツッコみたいところが多々ありますがその辺りは置いておいて。

・希望と絶望の相転移がエネルギーを生むとありますが、そのあたりは不可逆性があるのでしょうか?もし特定の条件化で逆の反応も可能だとしたら、インキュベーターさんはエネルギーを得れて満足ですし、魔女がみんな魔法少女に戻ることもできる。そんなハッピーエンドの可能性もありえます。
・希望と絶望の落差が大きいほど莫大なエネルギーを得ることが出来るみたいですが、ということはまどかさんは宇宙一を争えるほどのアホな・・・もとい純真な子ってことなのでしょうか。サイヤ人も穏やかな心をもって激しい怒りに目覚めると、みたいな設定でしたし。
・きゅうべぇは感情が理解できない、持ってないとのことですが、悪徳商法みたいな勧誘の手口を見る限り理解できないってことは無さそうですけどねぇ。理解が無ければ都合の良い情報だけを提示するっていうのも思いつかないでしょうし。そのあたりは種の生存本能でなんとかなるものなのでしょうか。

「宇宙のために死なないか?」という提案をしてくるあたり、きゅうべぇさん黒い。黒すぎるで。


09madoka12.jpg
09madoka13.jpg
09madoka11.jpg
杏子とまどかはさやかを助けに行くことに。作戦としては杏子が戦っている間にまどかがさやかに語りかけるというもの。
理想に殉じるその姿は美しいですが、もう少し作戦を練ろうよと思わずにはいられません。まあ、初めから杏子は死ぬつもりだったように見受けられます。彼女が見せているソウルジェムにも濁りがありましたし、自分の寿命が残り少ないことを悟っていたのでしょう。


09madoka15.jpg
09madoka16.jpg
09madoka17.jpg
魔女っ娘さやかVSピンク&赤の暖色連合。
結果は杏子の自爆によって引き分け。まどかはいつも通りストー・・・もといほむらが救出。

予想はしていましたが杏子が退場というのは残念すぎます。常に最善を尽くしたその生き方はとても稀有で貴重なものであったのに。


09madoka18.jpg
そしてきゅうべぇのこの顔である。ぶん殴りたい。


ワルプルギスへの対抗手段だった杏子を失ったほむら嬢はきゅうべぇとどう戦うつもりなのか。続く。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

とある魔術の禁書目録Ⅱ 第21話 「学習装置」

index2106.jpg
ヒューズ・カザキリ発動。
彼女の勢力圏下で魔術を行使すると行使者自身にもダメージが返ってくる、そんなシステムの様子。

そんなストーリーに関する話よりも、この顔はなんとかならなったのかと。一方通行を筆頭として顔芸の多いアニメですが、この顔は群を抜いて酷いw


index2101.jpg
index2103.jpg
index2104.jpg
index2105.jpg
当麻はヴェントと、一方通行は木原と、インデックスと美琴はカザキリを助けるために、それぞれの戦いが今始まります!
続く。


これで感想を終えるのも寂しいものがありますが、カザキリさんの顔意外に特筆するべき点が特にない・・・。黒子も登場しなかったしねぇ。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。