煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

ゆるゆり 第8話 「エイプリルフール」

08mayo03.jpg
08mayo04.jpg
新キャラ・千歳亜種ならぬ千歳の双子の妹の千鶴が登場。8話で新キャラ登場とは、第二期を期待してもいいのでしょうか。

08mayo05.jpg
08mayo06.jpg
千歳は妄想モードに入ると鼻血を流し、千鶴は涎をたらす。
なんという嫌な遺伝(?)なんだろうw


08mayo01.jpg
今回は最初30秒しか出番を与えられなかった、不憫&腹黒コンビ。
彼女たちがいないとやっぱりこの作品はパワー不足に感じてしまうのは私だけでしょうか。来週にはまた復活するみたいなので、期待。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

まよチキ! 第07話 「駆け落ちしよう」

07mayo01.jpg
スバルさんに「駆け落ちしよう!」と言われながら睡眠薬飲まされて拉致られるジロー。相変わらずとってもカオスな流れです。

07mayo03.jpg
んで、海で水着姿のスバルを拝んで、

07mayo02.jpg
手芸部の鉄腕三人娘と何故か出合って・・・となるわけですが、あれです、そんなことはどうでもいいのです。


07mayo10.jpg
07mayo12.jpg
07mayo14.jpg
07mayo15.jpg
07mayo16.jpg
07mayo17.jpg
奏お嬢様が最高すぎて、もうね・・・生きているのが辛くなるよね。
いい具合にド変態なのがとってもとっても素敵なのです。計算されたエロスは強い。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ゆるゆり 第07話 「くり済ませり」

07yuru01.jpg
07yuru02.jpg
07yuru03.jpg
07yuru04.jpg
5話で夏コミに行く描写がありましたが、7話ではクリスマス。時が経つのは早いものですね。早すぎるような気もしますけど。

彼女たちがクリスマスに行ったのは二人一組になってのカップルごっこ。
「クリスマス」「カップル」とガチゆり方面へ飛翔する余地はたくさんありましたが、今回は発動せず。作品の趣旨通り(?)ほのぼの系でした。5話のちなつ覚醒事件があったために、日常系作品のくせに期待と不安を抱いてしまうw


07yuru08.jpg
幸薄不憫系主人公(仮)のあっかりーんは、晴着姿もお披露目できて今週は存在感がそこそこあった気がします。あかりは娘に欲しいキャラクターですね。


07yuru09.jpg
07yuru10.jpg
「ピンクは淫乱」の都市伝説を素で突き進むちなつ嬢。こちらは遠くから生態を眺めていたいキャラクターですね・・・どこで道を誤ったし。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

まよチキ! 第06話 「戦争を始めましょう」

06mayo01.jpg
スバルさんは、男装執事で学校では女であることを明かしてはいけないという設定を完全に忘れている気がする。
どう見ても胸あるしねぇ・・・アニメにつっこむのは野暮ではありますが、身体のラインが明らかに女w

06mayo02.jpg
06mayo03.jpg
鳴海ナクル登場。眼鏡をこよなく愛する腐り系女子。同人誌のタイトルが「さよなら裸眼」は斬新すぎると思う。マイスイートメガネとか酷いセンスだw

06mayo04.jpg
06mayo10.jpg
ジローとスバルの仲を取り持つ腐女子系集団「スバル様を見守る会」の会長がナクルなのに対し、純正のスバルファンクラブ「S4」の会長は・・・スバルのご主人様である奏お嬢様でした。いやもう何でもありですね。何その設定。主人が執事のファンクラブを立ち上げるとか意味不明すぎる。流石腹黒お嬢。

06mayo15.jpg
うさみんは先週登場したての新キャラなのに影が薄すぎるような気がする。ぼっち系ツンデレキャラで、悪くないのにねぇ。クールの折り返し地点を迎えましたが、これから活躍していくのでしょうか。ジローに手料理を作るというイベントも待ってますし。
なんかよくわからないけど、彼女は結構お気に入りなので登場してもらいたい。場面が明らかに「いい最終回でした」状態ですけど。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

こういうタイプの車が欲しい。

スズキ、新開発エンジンと専用6速MT搭載の新型「スイフトスポーツ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110810-00000070-impress-ind


スイフトスポーツ


細かいスペックが公表されないと何とも言えない部分が多々ありますが、1.6ℓ、6MTの2ドアのコンセプトは凄くいいです。エンジンの容量を大きくして走行性能高めても結局オーバースペックですし、車体が大きいと扱いが大変ですし、「日常で使える」車として良く仕上がっている感じがしますね。
これで重量1000kg以下、出力90kW以上、プライスが150万以下とかなら本気で欲しい。流石にそこまでは無理だろうけれど。しかし、似たり寄ったりの車が多い中、こういう車が出てくれるのは嬉しいね。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ゆるゆり 第06話 「あーと☆あーたー☆あーちすと」

06yuru04.jpg
06yuru06.jpg
先週、あかりの初めてを奪ったちなつ嬢のキャラ崩壊っぷりが酷いことに。
淫乱属性に加えて腹黒属性とは・・・美味しいところをもっていきまくりですな。

06yuru05.jpg

「愛と正義の魔女っ娘ミラクるん、カレーに豆乳っ!」

壮絶に吹いたw
それでいいのか、ミラクるん。


06yuru03.jpg
06yuru07.jpg
不憫系主人公、あっかりーんは今週も不憫でした。
久しぶりに見た彼女の笑顔が眩しい・・・。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ゆるゆり 第05話 「あかりとかミンミンゼミとかなく頃に」

05yuru02.jpg
第一話から存在感のなさがネタにされていた哀れな主人公、あっかり~ん。
第五話では透明人間になってました。そのうち30分間全く登場しないとかありそうです。


05yuru05.jpg
05yuru10.jpg
05yuru11.jpg
05yuru13.jpg
05yuru14.jpg
「ゆるゆり」なのにいつの間にか「ガチ百合」になってました。
あかりは目立ったかと思ったら襲われて乙とか、不憫にも程があるw いいのか主人公(仮)がそんな扱いでw

あと、ピンク淫乱説の実例がまた一つ生まれてしまいました。そろそろ定説になりつつあるような。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

まよチキ! 第05話 「アタシと付き合いなさい」

05mayo01.jpg
05mayo02.jpg
05mayo03.jpg
宇佐美マサムネという新キャラ登場。
後発キャラでツンデレ系暴力娘というのは人気が出にくいんじゃ・・・とも思いますが、これからの活躍に期待したい。登場シーンから「二輪車で主人公をひいたのち、殴って気絶させて放置」というなかなかにインパクトがありましたが、はたしてこの作品の良識人となれるのでしょうか。ツッコミ系キャラだから不可能でもない気はしますけど。


05mayo05.jpg
05mayo06.jpg
スバルさんはすっかり主人公にメロメロになってしまって。可愛いですな。うん、可愛い。
後半に向けて存在感を保持する手を打たないと徐々に影が薄くなりかねないポジションなような。


05mayo10.jpg
05mayo11.jpg
05mayo12.jpg
05mayo13.jpg
対して、今週もお嬢様は存在感抜群でした(主に私の中で)
なんか彼女からは子供の集団の中に一人大人が紛れ込んでいるような、そんな違和感を感じますね。それがいい。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

だから。

「韓流偏重批判」巡りネット大騒動 著名人から共感の声、フジ抗議デモ告知…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000008-jct-soci

フジテレビの韓流偏重問題が大噴火を起こしてますね。フジテレビ以前にテレビを殆ど見ない身としては、まあどうでもいい話でもあるのですが。
なんかネット上の意見を見ていると「韓流」をひたすら推し進めたテレビ局の姿勢が問題として取り上げられていますが、本来問題となりうるのは「偏重」の方なのではないのかと。別に韓流ドラマを一日中放映していたとしても、見たい人間が見て見たくない人間は見なければいい話なわけで。それよりもニュースの中であたかも韓流が流行っているように見せかけたり、不自然に韓国系文化を持ち上げるのが本当の問題なんじゃないのかと。「韓日戦」とか始めて聞いきましたよ。

フジテレビも本当に韓流で稼ぎたかったらもっとじっくり戦略を練るべきだったと思いますね。領土問題を筆頭に色々とあって嫌いな人が多い国の文化なのですから。そうできないあたり、そういう思想のテレビ局なんでしょうけれど。

だから嫌われるんだよ、と。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |