煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

恋色空模様 after happiness and extra hearts 感想&批評。

公式HP
http://www.studio-ryokucha.com/koisora_ex/

恋色空模様のファンディスクの感想です。
本編は一年半前であることに加え、廃校問題をほとんどスキップしたためあんまり記憶が・・・というありさまなので、本編との整合性に関しては言及できないのでご了承ください。なのです。


・音楽。8点。
新規BGM4曲、Vocal曲が5曲。
曲数だけ見ると少ないですが、本編の音楽が使えるので特段問題はありません。

・絵。7点。
CGは計76枚、SDは30枚。CGの内訳は真智子11枚(9枚)、藍子10枚(8枚)、清美11枚(8枚)、優喜12枚(9枚)、佳代子6枚(6枚)、聖良6枚(6枚)、彩5枚(5枚)、静奈7枚(6枚)、美琴8枚(7枚)(括弧内の数字はシーンのCG数) 76枚中64枚、実に84%がHシーンという驚き。逆に12枚しかない日常CGですが、立ち絵が豊富なのに加えて各場面の登場人物が多く更にはキャラクターがとてもよく動くので、飽きは全くありません。素晴らしいね。
絵というかシステム面の問題なのですが、やけに画質の荒い立ち絵が混じっていたのは残念です。綺麗なものと荒いものを並べられちゃうとね・・・無理に拡大して表示させているのだろうけど、何故こんなことをしてしまったし。

・システム。5点。
cofigは充実しており、skipもそこそこ高速です。スタートメニューから章ごとにスタートできますし、足回りは及第点。
しかし、鑑賞系はちょっと残念です。CGは2クリックしないと拡大されず、画像鑑賞⇔シーン鑑賞⇔音楽鑑賞の間がワンクリックで移動できず、というのはいささか使い勝手が悪いです。「タイトルに戻る」が「最初から始める」という項目になっていてわかりにくかったり、画像鑑賞が「PICTUER」になっていたり・・・そのくらいチェックしてからマスターアップしようよと。
あと、立ち絵鑑賞モードは非常に自由度が高いので、創作系の遊びをする人は楽しめそうです。

・声優。9点。
特に問題なく。

・シナリオ。4点。
みんなでドタバタ学園生活を楽しみましょう、というお話。それ以上でもなくそれ以下でもなく。
学年の異なるヒロインである静奈と美琴の影が薄く、出番があっても佳代子は猫キャラで聖良は下ネタ系キャラとキャラ付けが固定されており、話への絡み方が単調。サブキャラは魅力を全面に押し出すように頑張っている・・・と、良いところと悪いところが混在しております。ギャグはとてもテンポよく楽しめる反面、下ネタに頼りすぎ。ハーレム状態は見ていて楽しい反面、主人公を持ち上げすぎてて気持ち悪い。とまあ、他の面を見ても長所短所がはっきりしているシナリオです。
ヒロインは可愛く描けているんですけどね。どこまで頭を空っぽにして読めるかが勝負どころ。

・総評。
粗削りな作品。
シナリオが粗いというのはよくありますが、画像描写を含むシステム面も粗いというのは辛いものがあります。「素材はいいのに調理法がよくない」という作品はこの業界だとありがちですが、これも該当するかと。
絵師の技術やキャラが画面内を縦横無尽に動く演出は素晴らしいのだから、これらの魅力を殺さない作品を期待したい。
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ガスト Thanks!フェア 感想&批評。

公式HP
http://www.skylark.co.jp/gusto/html/index.html

menu_top_img.jpg
ハンバーグがとってもお安くなるフェアを開催中ということで、ガストに行ってきました。

・提供時間。10点。
注文を頼んでから5分できました。11時頃のまだ客が疎らな時間帯、そしてキャンペーン料理だからでしょうか、ファーストフードにも対抗できそうな素晴らしい速さです。
あとは焼くだけ(温めるだけ?)の状態でおいてあることは明らかですが、そこはガストに求めるものではないでしょう。

・接客。8点。
広く展開されているチェーン店だけあって、安定してますね。特にどうということはなく。

・味(メインディッシュ)7点。
IMG_0336.jpg
ハンバーグのお肉は「工場で大量生産されている味」です。そんなに上質な味をガストに求めてはいませんが、もう少し「ふんわり」したハンバーグにしてもらいたいなぁとか思う。そういうのって手作りでないと難しいのか、それともチーズを閉じ込めるために敢えて硬めに作られているのか・・・。そんな欠点を補って余りあるのがチーズでした。ハンバーグにチーズは珍しい食べあわせではないですが、とにかく美味しかったです。
付け合せの野菜はバターの味が強すぎるような気が。ポテトはとっても普通。

・味(その他)6点。
サイドメニューにあったサラダ(105円)も注文しました。サラダを追加でつけられるお店は多いですが、100円というお値段が素敵です。味の方も悪くなく、是非ともまた頼みたい一品でした。ちなみに写真は撮るのを忘れたんだぜ。
一方、おかわり自由のスープはわかめともやしの入ったスープで、味はインスタント以下でした。ハンバーグから和膳まであるガストですが、このスープはどこに焦点を絞っているのかわからないし、そもそも塩辛いという。

・総評。
390円のキャンペーン中ならばコストパフォーマンスは最高と言ってもいい。牛丼チェーンとさして変わらないお値段でハンバーグセットが食べられるのは素晴らしい。まあ、これを通常価格の805円も払って食べたいかというと・・・ねぇ?600円以下、せめて700円は切らないと行かないかな。
チーズインハンバーグの安売りは11/2に終わってしまうけれど、キャンペーンそのものは第4弾を年始までやるそうなので、また訪れたいとは思う。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

日韓通貨スワップと。

日韓の通貨スワップが先日拡大されました。その金額は130億ドルから700億ドルへ、なんと5倍。5兆円規模です。
今の日本政府は民主党が与党であり、この民主党は前総理が朝鮮系団体に金を渡していたり逆に献金貰ってたり、現総理も外国人献金をもらっていたりと、まあ朝鮮と金に関しては胡散臭い政党ではあります。これらを背景に、「韓国に5兆円も税金を渡すな」「東北復興に使え」という声がネット上で盛んに叫ばれておりますが・・・。


恥ずかしいから止めとけと言いたい。


「日韓」「5兆円」「民主党」あたりから「民主党が日本の税金を韓国に5兆円援助したぞ!」みたいな発想になるのでしょうが、そもそも通貨スワップ協定とはなんたるかを理解していないのがよくわかります。日常生活においてそんな単語も概念も使う必要ありませんから、知る必要もないのではあるのですが・・・批判するんなら知っておこうよ、と。
詳しい説明はwikiなどのサイトに譲りますが、これは少なくとも「無償の援助」ではありません。簡単に言うと貸し出しであり帰ってくる資金です。もちろん韓国という国が破綻したら・・・という話もありますが、ギリシャの件を挙げるに及ばず、国が財政破綻するというのは世界経済に大打撃を与えます。特に日本は韓国にかなりの額を輸出していて、日本経済へのダメージが凄まじいことになりますので、破綻させるわけにはいきません(というかその破綻を防ぐという意味での協定拡大ですし)

まあ、しかし韓国は外貨がとても欲しかったわけで、日本はそれを与える代償として何かしらの条件を引き出してもよかったとは思いますけどね。そのあたりの外交の下手さは責められるべきだとは思うのですが・・・どうにも世間の批判は的外れだなぁ、と。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

大事な副材料ちゃんたち。

IMG_0320.jpg

念願の ウィルキンソンの ジンジャエールを 手に入れたぞ!

本来ならそこまで入手の難しいものじゃないんですけどね。何故か何度も売り切れの憂き目に会いましたが、無事入手。
店頭にある分全部買い占めてきましたが、瓶が重いため運ぶのに苦労しました。安さ重視でお店で買いましたが、これはアマゾンさんに頼んだ方がよかったのかもしれない。

IMG_0321.jpg

エトナのライム果汁です。この子があれば作れるカクテルの種類がかなり広がるので必需品です(必需品という割には常備していなかったんですけどね・・・) 
ウオッカとライムを混ぜて、ジンジャエールを注げばウマーなモスコミュールの出来上がりです。この子たちがいれば今週も頑張れる。そんな気がするんだ。
別窓 | お酒。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

最悪の名を欲しい侭にする。

<福島第1原発>冷温停止の定義に疑問…保安院に専門家ら
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111022-00000079-mai-soci

震災から半年以上が経ち余震も少なくなってきている最近ですが、またM7級の地震が東北地方で起きたら原発はどうなるんでしょうね。東電はまた「大地震が短期間に再度おきるなんて想定外でした」とか言うのですかね。
静岡や神奈川のあたりでも高い放射線は検出されていますし、放射線の暫定規制値は「そうしなければ食べるものが無い」という戦争状態みたいな規定値のまま、そんな状態で表向きは世間が沈静状態なのが怖いですわ。

安全性の欠如、事故後の対応の酷さ、傲慢さ、どれをとっても歴史に残る人類有史史上最悪に近い企業なんじゃなかろうか。


記事全文。
 東京電力福島第1原発事故で、経済産業省原子力安全・保安院は22日、原発の「冷温停止」実現後3年間の安全対策をまとめた東電の計画書について専門家に評価を聞く意見聴取会を福島県いわき市で開いた。出席者からは、政府と東電が年内の達成を目指す、原子炉の温度を100度以下に保つ冷温停止状態の定義などについて疑問が呈された。

 聴取会には原子炉工学などの有識者7人のほか、東電幹部らも出席した。工藤和彦・九州大特任教授(原子炉工学)は「本来の『冷温停止』は、圧力容器を開けても放射性物質が放出されない状態を指すもので、第1原発に適用すべきではない」と指摘。東之弘(ひがしゆきひろ)・いわき明星大教授(熱力学)も「(冷温停止の目安の一つの)圧力容器底部の温度は、内部の溶融した燃料の位置によって異なる可能性がある。内部状況をできるだけ早く把握するとともに、温度測定方法も検討すべきだ」と注文を付けた。

 計画書の中で東電は1~3号機の炉心が再損傷する確率について「5000年に1回」と試算したが、震災前は2000分の1も低い「1000万年に1回」としていた。山口彰・大阪大教授(原子炉工学)は聴取会で「実際に事故を起こした以上、こうした確率論は意味がない」と批判した。

 保安院は専門家の指摘を踏まえて東電に計画書の再提出を求める方針。【中西拓司】
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

恋騎士 Purely☆Kiss 感想&批評。

公式HP
http://effordomsoft.com/koikishi/index.html


・音楽。6点。
BGM20曲、Vocal曲が2曲。
曲数は少なめ。記憶にもあまり残らず。

・絵。7点。
CGは計66枚、SDは16枚。CGの内訳はエルシア16枚(9枚)、真奈14枚(7枚)、明莉15枚(8枚)、由宇16枚(9枚)、その他5枚(3枚)という構成。(括弧内の数字はシーンのCG数) 総CG数が66枚、日常CGに限ると30枚しかないのは数字を見るだけで寂しさを感じますが、それ以上にプレイしていると「なんでここでCG入らないのだろう」と感じる場面が多くあります。背景はやけに多く用意されているのに・・・バランスが悪いなぁと。
質のほうは上出来。瞳の描き方がかなり独特なので、それを気に入るかが評価の分かれ目になりそうです。私は最初に違和感を感じましたけど慣れたらむしろ好きになりましたね。

・システム。10点。
cofigは充実してます。これで不満を感じる人はほとんどいないのではないでしょうか。また裸鎧モードはネタとして秀逸でした。

・声優。9点。
特に問題なく。

・シナリオ。5点。
ヒロインが魅力的に描かれている点は他の萌え系ゲームと同様です。無色系主人公にベタボレというわけではないので、ヒロインたちの様々な表情を描けたのは良かったです。具体的に言うとジト目が、とにかくジト目が最高すぎるのです。魅力という点では微ヤンデレ風味な由宇が一歩抜きんでている印象を受けました。共通ルートでも相当ですが個別に入ってからの暴走が大変素敵です。
話が平坦になりやすいジャンルの作品ですが、この作品ではキャラクターたちが騎士として街の警備を行うため、外部から話を進展・展開させる要素を引き込めるというのはよく出来ておりました。主人公たちが格好よく活躍して世間的にも認められていくのは良かったかと。反面、シナリオの中で起こる事件に関してはかなり適当なので深く考えてはいけない様子。いつの間にかチンピラが無数に沸いてきたり、たくさんいるはずの正騎士(主人公が目指している名誉ある職業)の方々は異常なまでに無能だったりしますが気にしてはいけないのです。
この作品の最も悪いところは現実との整合性を求めてしまったこと。組織に所属するものとして独断専行は許されないという認識が話の魅力を奪ってしまいました。主人公が活躍するのは当たり前、でも一学生としての枠を超えられない、という縛りが展開を窮屈にさせてしまい、オチが読めるというかなんというか・・・読んでいて退屈になってしまうんですよね。いっそのこと世界を又に駆けて活躍するだとか、巨大な悪の組織とと戦うだとか、そういった英雄譚にしたらよかったのではないかと。剣術を学んでいて騎士を目指していて熱血タイプの主人公が世間体を気にしながらチンピラと戦うとか無理がありすぎる。

・総評。
凡作~佳作。話の構成は決して悪くなかったが、下手な縛りで魅力を半減させてしまった惜しい作品ですね。
公式によると「騎士娘とのイチャラブ学園恋愛ADV」とのことですが、実際は「騎士系コスプレ娘からジト目で睨まれるADV」なのでジト目が好きな人は是非プレイするべきです。


jito.jpg
このジト目を見てると自分の中の何かが目覚めそうですよね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

your diary 感想&批評。

公式HP
http://www.cuffs-cube.jp/products/yourdiary/

※ネタバレは無しの方向で書きます。


・音楽。8点。
BGM22曲、Vocal曲が2曲。
曲数は最近の作品としてはかなり少なめですね。BGMの使い方が上手いせいか、それとも曲数が少ないせい(?)か、BGMはかなり耳に残ります。特にOP曲「クローバー」のメロディを使用している「若葉のころに」は強く印象に残りました。

・絵。10点。
CGは計101枚、SDは12枚。CGの内訳はゆあ25枚(12枚)、紗雪24枚(12枚)、夕陽24枚(12枚)、かなで23枚(12枚)、その他5枚(括弧内の数字はシーンのCG数) 量的には十分、質的な面は言うに及ばず最高です。
一点、絵というよりも演出面の話なのですが、立ち絵の明度が一切変化しないために夜などの背景が暗くなる場面ではヒロインがまるで発光しているが如くの様相だったのはちと配慮不足だったような。些細なことですけどね。

・システム。9点。
cofigは最低限のものだけになってます。私は特に不自由しませんでしたが、文字のフォントとかを変えたいとかの要望には応えられません。それよりもゆあのシステムボイスが秀逸であること、CG閲覧がしやすいことはかなり高評価です。特にCG閲覧は他ソフトハウスも見習って欲しい。

・声優。8点。
叫び声をあげるような場面で若干違和感を感じましたが、おおむね問題なしですかね。

・共通シナリオ。5点。
キャラクターによって明確な役割が与えられています。
ヒロイン=言うまでも無く作品のメイン。彼女たちの中に悪意とかは一切存在しない。あるのは嫉妬くらいか。
サブキャラ=怠惰や傲慢など人間にはあれどヒロインには存在してはいけない部分担当。
主人公=ヒロインほど潔癖ではないが、人間の持つ欲望を8割減したみたいな聖人。
最近の萌え系の作品ではよくあるを通り越してオーソドックスといっても過言ではない構成ですね。ヒロインは魅力的に描ける反面、話の展開が単調になりやすいという、同系統の作品と同じ長所短所が如実に現れました。また、ヒロインたちの主人公への好感度は最初からMAXであるために、人間関係の進展があまりないのもお約束ですね。
文章そのものはすごく丁寧なので、退屈にさえ感じなければかなり高い評価になるでしょう。

・ゆあルート。6点。
ゆあは絵日記から生まれた幸せを司る神さま。人ならざる身であること、っていう時点でオチは読めるのでドキドキハラハラは期待してはいけません。ゆあは共通の時点からべたべた甘えまくりだったのでインパクトがちょっと足らなかったかなぁというのが正直なところ。黒ゆあと壊れた紗雪は素晴らしかったですけれど。

・紗雪ルート。9点。
何より紗雪が可愛すぎる。なんだろうこの至高の嫁は。
ヒロインの魅力を十分に表現できている上、ゆあと夕陽を筆頭に他のキャラにもちゃんと見せ場があり、展開に飽きさせることも無かった完成度の高いシナリオでした。共通ではウザかった響がカッコよかったのもいい。

・夕陽ルート。6点。
全体的に共通ルートと似てますね。初期の時点で既に高かった夕陽の評価を更に上げることに成功してますし、展開が単調であることも同様。
響は各種個別ルートに入ると良くなるのに、全然いいところが無いおっさん(夕陽の父親)が残念すぎる。

・かなでルート。3点。
恐ろしいほどにキャラクターの性格が変わります。特に主人公は70歳代だった精神年齢が20代くらいまで戻ってきたように精力的になります。複数ライターにするにしても、もう少し設定は詰めておくべきだったのでは?と思うのです。散々アピール受けても応じなかった夕陽ルートと比べて、かなでの背中を見ただけで意識して告白までいっちゃうのは完全に別物だと思うんだ(むしろ夕陽ルートが度を越えた鈍感というのもありますが)
シナリオの山場であるはずの部分は何故そうなったのか感情がついていかず、置いてきぼりに。他ルートはテンプレートの通りだったのに対して、こちらは独創性を発揮させて撃沈してしまったような。かなでさん不憫すぎる。

・総評。
良作以上。予想を超えるパフォーマンスを発揮してくれました。萌え系では間違いなく上位の作品です。
発売前に「画集にシナリオがおまけでついてくる」とか言ってて申し訳ありませんです。前作「夏ノ雨」も良かったですし次回作にも期待したい。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。