煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

あの夏で待ってる 第04話 「先輩はすごかった。」

04anonatu01.jpg
04anonatu02.jpg
「いい天気ですね」
「そうですね」
「今日は晴れますよ」
「そうですね」
「もうすぐ期末テストです」
「そうですか」

前回ラストに暴発告白をイチカにやらかした海人。当然二人は挙動不審になるわけですが、その余波を受けるりのんが不憫すぎるww

04anonatu05.jpg
04anonatu07.jpg
04anonatu08.jpg
そんな二人の相談にのる他の面々。みんな心優しいキャラクターである印象を受けるのですが、それぞれの恋愛感情が一方通行であるわけで・・・後々起こるであろう修羅場が容易に想像できるわけで((((((;゚Д゚))))))ガクガクプルプル 檸檬ちゃんペロペロ

04anonatu10.jpg
04anonatu11.jpg
04anonatu12.jpg
哲郎の姉と仲良くしている海人を見て、嫉妬で燃え上がるイチカさん。宇宙人怖すぎワロタ

04anonatu14.jpg
そんなこんなで海人告白暴発事件はうやむやのままに幕を閉じ、次回から夏休みへ。

この作品は非常にテンポ良く、密すぎず疎すぎずのバランスの良い作品だと感じます。素晴らしい。
この場で他作品の名を挙げるのもなんですが、展開がちと遅いラグランジェ、展開が早すぎてどこへ飛んでいくのかわからないシンフォギアあたりは見習って欲しいところ。





04anonatu06.jpg
魅力的な年上の女性の妖艶な水着姿、ごちそうさまでした。
スポンサーサイト
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

輪廻のラグランジェ 第04話 「鴨川スイマーズ」

04rinneno01.jpg
04rinneno02.jpg
04rinneno03.jpg
まどかがロボットに乗っていることを学校に話に行って女性陣にボコられる司令。
あまりの不憫さに萌えた。この作品に登場する女性は逞しすぎるwww

04rinneno04.jpg
水着!水着!水着が!たくさん!

04rinneno07.jpg
ディティールに凝っているわけではないですが、この作品の食事が美味しそうに見えるのは私だけでしょうか。

04rinneno09.jpg
04rinneno10.jpg
04rinneno11.jpg
04rinneno12.jpg
今週の流れ。
・ムギナミが転校してくる(転校理由不明)
・まどかがムギナミと仲良くなる。
・それを見て、ランさんもまどかの役に立とうと奮闘。だが失敗。萌え。
・結果、ヒロインの座を守るためジャージ部に入ってまどかの役に立つためランも転校してくる。日本国籍とか住民票とかどうやって準備したのだろう。

今週はロボットがお休みでした。常に戦闘シーンを繰り広げるわけにもいかないでしょうから仕方がないのですが・・・緑が活躍しないラグランジェにチャーシューのないチャーシュー麺のような寂しさを感じます。来週にはまた大空を羽ばたいてくれることを期待したい。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギア 第04話 「落涙」

04sinfogia03.jpg
04sinfogia04.jpg
04sinfogia05.jpg
04sinfogia09.jpg

鎧さんと翼の戦闘シーンはよく動いており、よかったんじゃないでしょうか。
所々で挿入される響の粘液囚われシーンとか翼の股間アップ視点とか、魅せる場所間違ってるよ!的な部分がたくさんありましたけど。それでこそシンフォギア。

04sinfogia06.jpg
04sinfogia10.jpg
翼の絶唱により、鎧さんを退けることに成功。
・・・絶唱って自身のスペックを超えて能力を発動する、いわゆる自爆系必殺技なはずなのですが、メインキャラの自爆攻撃でも仕留められないってどういうことなの。

しかし翼さんは顔が怖すぎです。戦闘中にエロスアングルを混ぜつつヒロインの表情はこんなのとか、何をウリにしたいのやら。あと、3話の頃よりマシになりましたが、この作品は歩き方がおかしいです。歩いているはずなのにスキップをしているような動きになっております。重力が違うとかそんな伏線・・・そんなことはないか。

04sinfogia11.jpg
04sinfogia13.jpg
翼の壮絶な戦いへの覚悟を見せられて、自分も戦う覚悟をする響嬢。
聖遺物の能力を効率的に運用する特訓とかをするんじゃないのかw 
アームドギアを出す練習した方が遥かに効率的なのではないかとツッコみたい。

04sinfogia07.jpg
今週のノイズさん。重心が高すぎて満足に動けないのではないかと思う。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 第04話 「ミルキィホームズの寝相」

04tomh02.jpg
04tomh03.jpg
「今のあなたたちには何の存在価値もありません。パンに生えるカビの方がまだマシです」
「カビーン!」

この作品の特徴はナチュラルに挟み込まれる顔芸にある。と思う。ダメダメさ加減が伝わって、いい感じです。

04tomh05.jpg
「寝相を良くすればきっと全て解決です!」

カビ以下の少女たちは真人間に戻るために寝相を良くすることにしたようです。相変わらず愛すべきアホの子ですね。

04tomh07.jpg
夜はアルセイヌの物真似をしたり、

04tomh08.jpg
ペロペロしたり、

04tomh12.jpg
それを見て恥ずかしがったり。

そんな感じで夜が更けていく。終わり。
この徹頭徹尾何も起こらないのがいいのです。
何が面白いのかよくわからないけど、面白い。ネタ枠としては上質の作品です。

04tomh10.jpg
04tomh11.jpg
エルが絶妙な優遇され具合でワロタw

シャロ  →アホの子
ネロ   →アホの子
コーデリア→アホの子
エル   →エロの子

と、一人だけキャラの方向性が違うことも手伝って目立ちますね。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あの夏で待ってる 第03話 「先輩が言っちゃう…」

03anonatu01.jpg
03anonatu02.jpg
03anonatu05.jpg
妄想版イチカ「海人くんがわたしの恋愛対象になるわけないじゃな~い♪」「だって、年下だし眼鏡だし貧弱だし、眼鏡だし妄想するしエッチだし、自意識過剰?っていうかぁ~」
妄想版イチカ「へぇ~昨日わたしに告っておいてぇ、もう別の女の子を部屋に連れ込んじゃうんだぁ~、海人くん肉食ぅ~ていうか~雑食ぅ~」

出会って間もない人間相手にこんなことを言われる妄想をするなんて、海人はとんだドMですね。そして妄想で傷ついて学校休むとか、変なところで行動力ありすぎてわろた。

03anonatu07.jpg
03anonatu08.jpg
03anonatu09.jpg
そして学校休んで柑菜と遊びに行く海人。その後を追跡する三人衆。青春物語ですね。リア充爆発しろ。

03anonatu10.jpg
03anonatu11.jpg
檸檬先生、盗撮目的にしてはそのカメラは大きすぎると思います。

03anonatu12.jpg
当面、話の主眼は恋愛関連になるんですかね。美桜→哲朗→柑菜→海人→イチカ と一方通行一直線の恋愛模様、これからの話の展開が楽しみです。
正直なところあまり期待していない作品だったのですが、投資判断をBaaからAに格上げ。今後に期待したい。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

輪廻のラグランジェ 第03話 「鴨川にランの花咲く」

03rinneno02.jpg
03rinneno04.jpg
03rinneno08.jpg
相変わらず画面が綺麗で感動です。特に水面が美しい。
キャラクターの造詣よりも、三次元空間の表現が上手いですね。

03rinneno06.jpg
03rinneno20.jpg
03rinneno07.jpg
いやまあしかし、白刃取りに二回も失敗するわ、ロボット相手に首絞めを敢行するわ、地球の危機より鴨川の町を大事にしたり、しかも歌いながら戦うし・・・シンフォギアかよ!しかもシンフォギアより歌の使いかたが上手いよ!どういうことなの・・・?

流線型の美しいロボットが台無しなアニメになっております。楽しい反面、ちょっとノリが軽すぎるような。
それにしても、ジャージ部魂半端ないwwww

03rinneno11.jpg
03rinneno13.jpg
03rinneno14.jpg
03rinneno15.jpg
ランのウォクスが起動。主人公のまどかさんがギャグ担当に対し、ランさんはシリアス担当ってところなんですかね?
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 第03話 「ハッケイ島綺譚」

03tomh07.jpg
三話になってようやく探偵服を着たミルキィホームズ。
最終話までボクと契約しない着ないんじゃないかとも思いましたが、そんなことは無くて安心した。

03tomh02.jpg
エリーはいちいち表情がエロイ。

03tomh03.jpg
コーデリアに大量のナマコを与えると覚醒する。
たぶん、蟲とかゴキブリとかを与えても破壊神になると思われる。

03tomh06.jpg
シャロの顔が酷すぎるwwwww

03tomh04.jpg
ネロは影が薄いといいますかアッカリーンといいますか、もっと存在をアピールした方がいいと思う。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギア 第03話 「夜にすれ違う」

03sinfogia02.jpg
電話が終わるまで待機するノイズの方々。お前ら絶対知能高いだろ!とツッコまざるを得ないw

03sinfogia03.jpg
今週のボス的ノイズ。この作品の一番の萌えポイントかつ、主人公なのはノイズなんじゃないかと思う。ピクミン的な感じでさぁ。

03sinfogia06.jpg
03sinfogia07.jpg
03sinfogia08.jpg
バーサーカーモードでノイズを蹴散らす響さん。
あれだ、歌唱力と強さが比例するという設定で、そうなると響さんは力不足だからとかまどか様ソウルジェム投げないでごめんなさいごめんなさいごめんなさい

03sinfogia10.jpg
三話最後に登場した新キャラクターさん。衣装がかっこ悪すぎるんだぜ。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギア 第02話 「雑音と不協和音と」

02sinfogia05.jpg
02sinfogia06.jpg
02sinfogia08.jpg
ノイズ対策本部に連れて行かれる響さん。翼は奏の死による精神的な傷が癒えていない為、ポンコツ少女な響が奏の後釜に収まるのが許せない様子。

まあ、シナリオはおまけな作品ですな。公式サイトから既に「すべての中心に音楽が据えられた作品を作りたい!」とか書いてありますしね。ね?
音楽の使いかたも微妙な気がしますけど。

02sinfogia10.jpg
02sinfogia11.jpg
今週のボス的ノイズ。
相変わらずのデザインです。もう15年前になる、初期の頃のポケモンにいても違和感がないレベル。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギア 第01話 「覚醒の鼓動」

01sinfogia02.jpg
01sinfogia03.jpg

まあマクロスだよね!っていうライブ系アニメ。
なにが大事って水樹奈々の歌が大事。

・・・だと思っていたら、甘かった。

01sinfogia04.jpg
01sinfogia05.jpg
01sinfogia10.jpg
ノイズとかいう人間を炭にする存在がライブ会場を襲撃します。
どうやらこのノイズ、人類皆が知っている災害の一種のようなものみたいなのですが、こんなものが現れる世界なのにライブという娯楽があるのが驚きです。

緊迫感がまるで無いノイズのデザイン、歌いながら戦闘する摩訶不思議さ、空気を読む厄災ちゃんたちなど、視聴者笑わせたいのだろうか。特に画像三枚目のノイズ出待ちモードは吹いた。

01sinfogia06.jpg
01sinfogia08.jpg
第1話のAパートからメイン級キャラが死んだりしていて・・・ツッコミどころ満載の設定でそうくるか。
上の画像の響さん(主人公)はどう見ても致命傷の気配から何故か復活しますけれどね。医学の進歩はすごい。

01sinfogia09.jpg
改めてご紹介、主人公の響さん。声は何度聞いても概念になった某魔法少女にしか聞こえない。声優が一緒だからという以上にキャラが被ってるような。こんなの絶対おかしいよ!

01sinfogia11.jpg
1話ラストにて響は魔法少j・・・ではなくノイズと戦う戦士に変身します。なんでどうしてこうなったのかとかはアニメを見てお楽しみくださいというか、話の流れが速すぎてついていけないので各自ご覧あれ。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あの夏で待ってる 第02話 「先輩といっしょ…」

02anonatu01.jpg
イチカさんは見たい景色があるからという理由で宇宙を旅していたそうな。超科学によって安心安全な旅が出来ているというわけでもなさそう(地球へ墜落の部分だけを見たからそう見えるだけ?)な割に理由が貧弱なように感じるのですが・・・逆にそれだけのこだわりがあるとも考えることが出来ますけど・・・。

02anonatu02.jpg
そんなイチカさんは霧島宅(主人公の家)に住むことに。ここまでは規定路線ですな。

02anonatu03.jpg
パンダのぬいぐるみになりたい。

02anonatu10.jpg
02anonatu11.jpg
02anonatu12.jpg
第2話で既に檸檬先輩が持ち味発揮しまくりな件。ピッキング的アルコール的王様的な意味で。ゆかり姫だもの仕方が無い。


最近のアニメは濃厚な味わいの、ドラスティックな描写が多いためか、全体的に描写が淡白な薄味のこの作品が新鮮に感じます。個人的な好みを言ってしまうともう少し濃くしてもらいたいところではあるのですが、しかしキャラの配置や動かし方などはバランスに優れた作品であるといってもよいと思う。このバランスを後半の佳境に入っていく中でも保てるかが鍵ですね。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

輪廻のラグランジェ 第02話 「鴨川スピリット」

02rinneno01.jpg
初陣を勝利で飾った主人公、まどか。
彼女は「まーるっ!」と言いながら腕を大きく回して円を描くのが癖っぽいのですが、肯定のサインとしてはわかりやすい一方、あんまり流行らないのではないかと思うのは気のせいでしょうか。気のせいですかそうですか。

02rinneno02.jpg
02rinneno03.jpg
02rinneno04.jpg
題1話からいたキャラ、今回登場したキャラ、色々いますがまあ細かい説明は公式HPでも見て下さいということで。
画像一枚目のムギナミはメイン級キャラな様子ですが、まだ様子見。
二枚目のおっさんは地球防衛基地の司令官だそうで、軍人というより既にツッコミキャラとしての地位を確立しつつある偉い人。「(海に沈んでるロボット内でも)携帯通じるのかよ!」は全視聴者の気持ちを代表した良いツッコミでしたw
三枚目はモイドとかいう人らしいです。目をつむっていると実に黒幕っぽく見えますな。

02rinneno13.jpg
02rinneno14.jpg
02rinneno15.jpg
02rinneno16.jpg
んで、第2話でも早速ロボットで戦います。
アニメの常として「2話は1話より劣化しやすい」というのがありまして、この作品も前話と比べると全体的にランクダンしたかなーという印象ではありますが、それでも他作品と比べると圧倒的な美しさは変わりません。もうずっと空を舞っていてくれればいいよ。本気でそう思う。


シナリオとしては、宇宙からの来訪者が地球を見て「一度滅んだ星に見えるか?」と言ってましたし、ロボットの根幹は海底発掘で得られたものみたいですし、タイトルが「輪廻の」ラグランジェですし、古代文明の超科学とかそういった方向にとんでいきそうですね。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ゼロの使い魔F 第02話 「水都市の巫女」

02ruizf02.jpg
02ruizf03.jpg
ルイズぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!

02ruizf04.jpg
「聖女だ・・・聖女さんがいる!」
「可愛いって!まるで、まるで・・・レモンちゃんだ!」
「すべすべで・・・いい匂いで・・・レ、レモンちゃんだ!」
「やっぱりレモンちゃん、どうしようもなくレモンちゃんだ!」

レモンちゃんって誰だよww
才人さん発情しすぎだろワロタw
レモンと聞いて「あの夏で待ってる」を思い出した私はきっと正常。

02ruizf05.jpg
02ruizf06.jpg

「とりあえず、『レモンちゃん恥ずかしい』って言ってごらん?」
「レ、レモンちゃん・・・恥ずかしい」
「レモンちゃん可愛いー!本気可愛いー!俺嬉しいー!」
「レモンちゃん嬉しぃ」

もうね、リア充は早く爆発しろと窓の外に向かって叫んでもいいと思うんだ。
なんだこのバカップルめ!

02ruizf11.jpg
ティファさんのお胸のボリュームがすごいことになってます。
大平原と山脈の差がありありとw

02ruizf12.jpg
新キャラ登場?ルイズ誘拐?
どうでもいいよそんなこと。と言い切れる程度には萌え豚用アニメですね。今週もご馳走様でした。くぎゅぅぅぅぅぅ!!
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あの夏で待ってる 第01話 「困ります、先輩。」

01anonatu01.jpg
01anonatu02.jpg
01anonatu03.jpg
01anonatu05.jpg
01anonatu08.jpg
01anonatu06.jpg

○○と似ているように感じるのは私の気のせいでしょうか・・・という書き方を私はよく使ったりしておりますが、それは体感的に2~3割程度被る要素がある時に使っている用法です。
うん、まあ、はっきり言ってしまうとこれを見て「おねがい☆ティーチャー」そのまんま、体感的には8~9割ぐらいの割合で被っているように感じられます。宇宙人とか導入部とかそのまんまですし、檸檬なんて停滞の気配がプンプンとw

宇宙云々の方向に話が進んでいきそうですが、とりあえず檸檬の活躍を期待して見よう。と思う。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 第02話 「ナイスなすし」

02tomh02.jpg
農園を焼かれたミルキィホームズ、今度はバイトをすることに。

02tomh03.jpg
シャロはラーメン屋でバイト。だが転ぶ。

02tomh04.jpg
コーデリアはお花を売る仕事。まあ、公園で花を売っても早々簡単には売れないよねーっていう。

02tomh05.jpg
エリーはモデルのお仕事。だが何故ジョジョの立ちかたなんだww

02tomh06.jpg
ネロのバイトは夢のあるお仕事(本人談)
「全額ギリシャの国債にぶち込んで・・・」ってそれはやっちゃ駄目すぎるww 

02tomh09.jpg
02tomh08.jpg
ミルキィホームズ一同がバイトに勤しんでいる間に、探偵学校が廃校になる可能性が。
ようやく探偵として動き出すのでしょうかねぇ。このままでいいんじゃね?とも思う。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

探偵オペラ ミルキィホームズ第2幕 第01話 「野菜の果て」

01tomh03.jpg
01tomh04.jpg

Q.これは探偵アニメなのですか?
A.いいえ、これは農業アニメです。



01tomh01.jpg
01tomh02.jpg
探偵学校にも行かず、ひたすら自家農園の管理に勤しむ探偵少女4人組。
16時過ぎまで寝ていたり、池に落ちたら「洗濯とお風呂が一度に済ませられるね♪」とか駄目っぷりが半端なくてワロタw 自給自足で頑張れば生きていけるんでしょうけれど、ニートへの階段を着実に登っておりますな。

01tomh07.jpg
01tomh08.jpg
01tomh09.jpg
01tomh10.jpg
農園を怪盗に荒らされてキレるミルキィホームズ一同。探偵のたの字の欠片も見当たらないアニメですねw
一応、世界観としては「架空の怪盗や探偵が活躍する近未来の世界「偵都ヨコハマ」を舞台としている。この世界では「トイズ」と呼ばれる特殊能力を持つ人間が存在し、トイズの力を振るう「探偵」と「怪盗」が互いに争いあっている。」(wikipediaより)とのことですが、探偵がいなければ怪盗もほぼ関係ないという。これは酷いギャグアニメ(褒めてる

01tomh15.jpg
怪盗は退けたものの、無認可だったため農園を潰されてしまうミルキィホームズ。そして2話に続く。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

輪廻のラグランジェ 第01話 「ようこそ、鴨川へ!」

概要(公式HPより)
青い海の広がる千葉県・鴨川市。
青い海に、カモメの舞う千葉県・鴨川市。京乃まどかは、鴨川女子高等学校・ジャージ部ただ一人の部員として、人命救助から部活の助っ人まで、今日も朝から大忙し!明るい人柄でみんなから頼りにされるけど、部員が一向に増えないのが悩みのタネだ。
 そんなまどかの前に現れた、謎の美少女ラン。ジャージ部に興味を示し、あっさり入部したランは、同志ができたと感激するまどかに問いかけた。「あなた、ロボットに乗れる?」 ランとまどかが向かった先は洋上プラント“ファロス”。そして、その奥には、光り輝く翼を持つ機体“ウォクス・アウラ”があった。さすがに戸惑うまどかだが、ついにウォクスに乗り込む。ランに鴨川の名所を案内したいという、まっすぐな一心で!
 その時、衛星軌道上からファロスに接近する物体があった。ウォクスに乗り込み、大空へ飛び立つまどか。ジャージ部魂で戦うまどかはウォクスに秘められた力を引き出し、鴨川を守ることが出来るのか!?



01rinneno02.jpg
京乃まどか嬢。主人公。ジャージ部という何でも請け負う部(?)っぽいものに所属。明るく勢いよくちょっとアホな子という印象です。

01rinneno03.jpg
重要人物っぽい宇宙人、ラン。本名はフィン・エ・ルド・スイ・ラフィンティというそうですが、絶対にアニメが終わるまでに名前は覚えてもらえないんじゃなかろうかと思う。
千葉県鴨川市がどうのこうのと言っていたのに、いきなり宇宙人とかワロタ

01rinneno07.jpg
01rinneno09.jpg
ロボット表面の光沢が実に美しい。

01rinneno10.jpg
01rinneno11.jpg
01rinneno12.jpg
色の使いかたや光の照らしかたなど、やはり実に美しい。空間についての表現が非常に上手いです。
どこが作っているのかと思ったらクレジットタイトルに日産自動車とか出てきてフイタw ただのスポンサーというわけではなさそうですし、なんというか納得です。

01rinneno04.jpg
湯気が少ないのが素晴らしいですよね!うん、色々よくわかってらっしゃる大変良いアニメです。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

高コスト社会。

月間維持費1万円を実現せよ――「若者のクルマ離れ」を考える
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120111-00000049-zdn_mkt-ind


若者の車離れをネタにした記事はたくさんありますが、これはかなりまともな意見が載っていて感心した。
新車ベースで考えると初期費用に100万以上、これは払えると仮定したとしても、維持費が月3万程度(駐車場代5000円、ガソリン代5000円、自動車保険料や車検代を月賦払いとして考えて)ですからね。通勤や通学に車を使わない場合、地方でもタクシーの方が安上がりになりやすいですし。
ここではガソリンの二重課税や車検費用の高さが挙げられていますが、車に限らず、日本は利権団体が甘い汁を吸っているせいで何をするにしてもコストがかかりすぎていると感じます。特に電気とか電気とか電気とか。


記事全文。
 1月5日、ソニー損保が「新成人のカーライフ意識調査 2012」を発表した。これは1991年4月2日から1992年4月1日生まれの男性500名・女性500名(有効回答数1000人)の新成人に対し、クルマに対する関心やカーライフへの意識を調査したもの。昨今、自動車業界を中心に「若者のクルマ離れ」と言われているが、その実態がつまびらかになっている。

【新成人が一番欲しいクルマの画像、他はこちら】

 まず新成人の免許保有率だが、男性62.2%、女性51.2%と全体の半数以上が保有していた。地域別の免許保有率では、都市部で44.3%、地方は60.0%。公共交通機関が弱い地方でクルマが“日常の足”となっている現状が分かるが、都市部でも4割強の新成人が免許を持っていることはやや意外だろう。ソニー損保によると、前回(2010年)調査よりも新成人の免許保有率は上がっているとのこと。一方で、免許保有者(567人)のうちマイカーを所有しているのは23.1%。しかも地方の若者が中心だ。

●若者の意識は、それほどクルマから離れていない?

 「免許は持っているけれど、クルマは持っていない」

 今回の調査では、このような若者が増えていることが分かるが、彼らは“運転免許は資格の1つ。クルマは別に欲しくない”とドライに考えているのだろうか。免許保有でクルマを持たない若者(417人)への追加調査では、かなり興味深い結果が出ている。回答者のうち80.1%の若者が、「自分の車を所有したいと思う」と答えているのだ。免許非保有者が全回答者の約5割ということを勘案しても、全体の4割前後の新成人が、潜在的には“クルマが欲しい・クルマに乗りたい”と考えていることが分かる。クルマへの興味・関心はもっと高く、全回答者のうち「クルマに興味がある」と答えたのは男性で64.2%、女性で48.2%。特に男性に至っては、2010年の前回調査より7ポイントも高くなっているという。

 また、全回答者に「クルマの価値は何か?」と問うた別の質問でも、全体の51.9%が「クルマは単なる移動手段」と答える一方で、全体の45.2%が「クルマは楽しみをもたらすもの」と答えている。

 むろん、モータリゼーション華やかりし往年に比べれば、若者のクルマへの憧れは減退しているかもしれない。しかし、これほど商品や価値観が多様化した現代において、いまだ半数前後の若者がクルマへの興味を失わず、4割強が「できれば欲しい」とさえ言ってくれているのだ。それに対して、自動車業界を中心とする経済界やマスコミが安易に「若者のクルマ離れ」と言いはやすのは、若年層向けのマーケティングがうまくいかないことに対する“単なる言いわけと甘え”ではないのか。少なくとも、クルマに興味・関心を持ってくれている若者たちに対して失礼なことだと思う。

●「初期費用100万円/維持費 月額1万円」に近づけるか

 では、何が若者とクルマとの距離を遠ざけているのか。

 単刀直入にいえば、コストである。新成人をはじめとする今の若者たちは、団塊の世代からバブル世代までの中高年層と異なり、経済的に将来への希望や期待が持ちにくい環境下にある。自分たちの可処分所得が着実に上がっていくという見通しが立たず、一方で、高齢者増による負担を押しつけられる。コスト感覚が堅実になって当然だ。クルマに興味・関心はあっても、かつての世代のように前のめりでお金はかけられないのだ。

 新成人にとって、クルマにかけられるお金はどのくらいだろうか。

 まず、クルマの購入予算は「100万円以内」と考える人が最も多く64.7%という結果になっている。新車購入だと軽自動車やベーシックカーの最多販売価格帯が140~180万円前後なのでやや厳しい予算だが、中古車まで視野に入れれば、100万円前後で買えるクルマはそこそこある。最近の商品・サービスがデフレ傾向にあることを鑑みれば、100万円くらいまで出すという若者が最も多いというのは、むしろ驚きだ。

 一方で、若者がクルマに乗ることの大きなハードルになっているのが、ランニングコスト(維持費)だ。今回の調査結果では、最も多かったのが「月額5000~1万円」という回答で22.8%、次いで「月額5000円以内」が21.7%になっている。0円と答えた人も合わせると、5割強の若者が「クルマの維持費として月額1万円以内しかかけられない」と回答していることになる。若者たちの金銭感覚では「クルマの維持費も、ケータイやスマートフォンの維持費同等になってほしい」のである。

●日本のクルマ維持費は高すぎる

 すでにクルマを所有している人なら分かると思うが、クルマの維持費を月額1万円以下に抑えるのは、今のコスト構造では無理だ。所有・使用に必要な駐車場代やガソリン代だけでなく、クルマには様々な税金がかかる。さらに2年ごと(新車登録後初回は3年)に自動車検査登録制度に基づく車検を通さねばならず、一般的な整備車検では、ここで10万円以上の出費となってしまう。ほかにもクルマに乗るには任意保険が欠かせないが、若年層の保険料はべらぼうに高い。もちろん、こうした維持費の中にはクルマ利用に必須の必要経費もあるが、自動車諸税や整備車検などのコストは、アメリカなどと比べてかなり高いと言わざるを得ない。

 筆者は自ら認めるクルマ好きだが、それでもクルマの維持費の高さには呆れるし、辟易している。都内でクルマを所有している以上、駐車場代の高さはいかんともしがたいが、多重課税で価格がかさ上げされているガソリン代、自動車諸税や車検費用の高さ、そして今年“実質値上げ”された首都高速を始めとする高速道路料金の割高ぶりなどを見るに、「クルマはつくづくコストパフォーマンスの悪い乗り物だなあ」としみじみ感じるのだ。筆者よりも賢く堅実なコスト意識を持つ今の若者が、クルマの維持費の高さを敬遠し、安易にクルマに手を出さないのは当然であろう。

 誤解を恐れずに言えば、若者からクルマを取りあげ、遠ざけているのは、「維持費の高いクルマ利用環境」を作った大人たちなのである。この維持費の問題を解消しなければ、若年層にとってクルマは“酸っぱいブドウ”となり、次第に興味・関心すら持ってもらえなくなってしまうだろう。

●まずは「若者がクルマに乗れる環境」を

 言うまでもなく自動車産業は経済の屋台骨であり、その裾野の広さから、いわゆる「モノ作り」の分野だけでなく、素材産業やIT産業など様々な産業への波及効果も大きい。日本の自動車産業は国際競争力も高いが、その自国内で“若年層がクルマに乗りにくい=新たなユーザー/利用スタイルを生み出せない”市場を作ってしまったことは何とも皮肉な話だ。自動車が今後も重要産業のひとつであることを鑑みれば、持続的な成長のためにも、若者がクルマに乗りやすい環境・市場の整備が必要である。

 その理想でいえば、今の維持費の高さを少しでも軽減することだ。自動車諸税の減税に加えて、ガソリン税の暫定税率の撤廃、利用実態に即した車検制度の見直しなどが必要だろう。また自動車の任意保険でも、リスク細分化保険をさらに広げる必要がある。ドライブレコーダーなど最新のIT機器・サービスを用いるなどすれば、若年層でも保険料負担が少なくなる商品開発は可能だ。そういった方向での規制緩和を推進する必要がある。トータルでのクルマ維持費軽減への取り組みが、若年層もクルマを所有しやすい環境整備につながる。

 もちろん、減税や規制緩和は一朝一夕では難しい。そのため短期~中期的には、「若者向けのカーシェアリングサービス」が注目であり、必要と考えている。本コラムでもタイムズ24の「タイムズプラス」の取り組みなどを何度か取りあげているが、カーシェアリングは“クルマに乗らない人”だけでなく、“クルマに興味・関心はあるけれど、維持費の割高さから乗れない人”向けのサービスとしても大きなポテンシャルを持っている。すでにタイムズプラスでは月額基本料が無料の「学生プラン」を用意しているが、それよりさらに踏み込んだ若者向けの商品・サービス開発の余地があるだろう。自動車業界も一体となって、「カーシェアリングで、若者が日常的にクルマに乗る機会を作る」という発想が必要だ。

 「若者のクルマ離れ」とすべての責任を若い人たちに押しつけるのではなく、彼らの価値観・視座に立って、クルマに乗りやすい環境を作っていくこと。市場や文化を、時代に合わせて変えていくという姿勢が、今こそ自動車業界には重要である。

●著者プロフィール:神尾 寿(かみお・ひさし)

IT専門誌の契約記者、大手携帯電話会社での新ビジネスの企画やマーケティング業務を経て、1999年にジャーナリストとして独立。ICT技術の進歩にフォーカスしながら、それがもたらすビジネスやサービス、社会への影響を多角的に取材している。得意分野はモバイルICT(携帯ビジネス)、自動車/ 交通ビジネス、非接触ICと電子マネー。現在はジャーナリストのほか、IRIコマース&テクノロジー社の客員研究員。2008年から日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員(COTY、2009年まで)、モバイル・プロジェクト・アワード選考委員などを務める。

最新刊は、『すべてのビジネスをスマホが変える』(徳間書店)。トヨタ自動車の豊田章男社長ほか、キーパーソンへのインタビューを中心にまとめた『TOYOTAビジネス革命 ユーザー・ディーラー・メーカーをつなぐ究極のかんばん方式』、本連載(時事日想)とITmedia プロフェッショナルモバイルに執筆した記事をまとめた『次世代モバイルストラテジー』(いずれもソフトバンククリエイティブ)も好評発売中。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ゼロの使い魔F 第01話 「聖国のルイズ」

01ruizf03.jpg

くぎゅうぅぅぅ!


01ruizf05.jpg

くぎゅうぅぅぅ!!


01ruizf01.jpg

くぎゅうぅぅぅぅぅ!!!


01ruizf08.jpg

ルイズぅぅぅぅぅ!!!!!!
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

年末年始(グルメ)行記。

12/31~1/7の間、名古屋に帰省しておりました。その間のことを簡単にまとめておきませう。
需要?そんなものは知らぬ。書かなければならないと思ったから書くのだ!


・往路。

IMG_0453.jpg
IMG_0452.jpg
エビスビールおいしい。そして鯖寿司はもっとおいしい。
写真見ていただければわかると思いますが、鯖寿司の大きさがすごいことになってます。適当に寿司を食おうと思ってコストパフォーマンスのよさげなモノを選びましたがパフォーマンスが良すぎたようです。静岡県にはいる前に食べ終わって、満腹感からかいつの間にか寝てました。


・正月。

IMG_0455.jpg

Q.正月はどのようにして過ごしますか?

休日の過ごし方なんて人それぞれ、まあ正月と言えば旅行に行っているだとか家でのんびりしているだとかそういった回答が多いのではないかと思うのですが、私の実家では何故か「正月⇒ショッピング」の十分条件が成り立っており今年もイオンショッピングモールに駆り出されました。例年、たくさんの人が福袋を目指して大行列を形成しますが、みんな元気だよね。薄い本目当ての方々はもっと元気いっぱいですけれど。


・会合。

親戚や友人と会いました。中には数年ぶりに顔をあわせた相手もちらほらと。
理系の話は聞いていると面白いですね。私自身も理系でしたけど、物理だの化学だのといった世界からは離れたところへ行ってしまいましたし、ああ、面白さと共に懐かしさを感じるというのも大きいのかもしれない。


・中華。

IMG_0459.jpg
IMG_0460.jpg

名古屋で中華を食べる必然性は全く無いのですが、シェフが色々サービスしてくれることとなかなか味わえない中華の美味しさ(唐辛子とシナモンの使い方が上手)を堪能できるため、帰省の度に食べています。
桂林に行った時は油だらけの悪い意味で唸る料理ばかりでしたが・・・中華は日本で食べた方が美味しい気がする。


・夜景。

IMG_0462.jpg
IMG_0463.jpg

名古屋のオアシス21の上まで登ったのはこれが初めてです。一面水が張っており、お綺麗でした。これがデートスポットって奴なのですねわかります。


・実家。

IMG_0471.jpg

一人暮らしの家では常に空気清浄機が働いているせいなのか、実家は埃っぽく感じました。2年前まではずっとあの環境で暮らしていたはずなんですが・・・人間の環境適応力が悪い方向に働いてしまっているようです。ああでも実家の飯は美味い。それはガチ。


・復路。

IMG_0472.jpg

往路はエビスを飲んでいたのに対し復路ではお茶を飲む。別に意識していたわけではありませんが、休暇のために帰省して仕事のために戻ってくるというのを如実にあらわしているような。
ああ、明日から働きたくないでござる。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。