煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

B.G.M.festival Vol.1 感想&批評。

公式HP。
http://bgm-fes.jp/index.html


先週末に行われたB.G.M.fesに参加してまいりましたので、感想でも。
ちなみに参加したのはedge、midnight、primalの公演全日程+一日目野外となります。二日目野外も参加してフルコンプリートと行きたいところでしたが、体力消耗+雨天によって断念。ちなみに友人と予想セットリストを作成、20時間ほど予習してからの参加となりました。

別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

BGM.fes 途中経過。

野外ステージ、edge、midnightまで終わりました。細かい感想や批評については後日落ち着いてから書きますが、とりあえず思ったことを適当にメモしておきます。

・観客の多数はライブに慣れていなかった印象。エロゲ業界のライブは少ないですから、仕方がないのかな。
・ライブ会場の画面は綺麗でした。非常に満足いくレベル。
・全体的に選曲されている楽曲がマイナーすぎて乗りきれていない人が多かったような。edgeのコンセプトを考えればマイナー曲が選択されるのは当たり前であって、しかもちゃんと該当ブランドから選択されているので問題ないはずなのですが・・・観客側の予習不足ってことなんですかねぇ。
・詫び寂び音選手権はクソワロタw 深夜だからできる芸当。大声のおっぱいコールも深夜ならではですね。KOTOKOは陵辱ゲーム好き。
・edgeは音量大きすぎたような。特に後半。


他にも色々あるけど、また後ほど書きます。
腕が痛い、足が痛い、喉も痛い、眠い。こんな状態でまだPRIMALが残っているとか・・・ぐぬぬ。死ななければいいな。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

キ○○イ。

韓国外相、日本での「独島」広報を準備=大統領「日本は極右主義に」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120911-00000124-jij-int

竹島は日本と韓国が主権争いしている土地なので自国の正当性を主張するのは理解できますが、日本が極右的とは・・・仮にも一国の大臣クラスが他国のそんなところを言及するべきではないし、そもそも先に竹島がどうのこうのと騒いだのは韓国じゃなかったかな。
主張するのは結構だけど、もう少し我が身を振り返ることはできないのか。だいたい、東北アジアの平和を考えるなら北の同胞を何とかしてくださいよと。


記事全文。
ノルウェーを訪問中の李明博大統領に同行している金星煥外交通商相は11日、オスロで記者団に対し、日本政府が同日、島根県・竹島(韓国名・独島)問題の新聞広告を掲載したことについて「非常に遺憾だ」と述べた上で、「韓国政府は、日本国民を対象に『なぜ歴史的、地理的、国際法的に韓国領土なのか』を説明する準備をしている」と、日本での広報活動に力を入れる考えを示した。大統領府が発表した。
 一方、聯合ニュースによると、大統領府関係者は、李大統領が9日のクリントン米国務長官との会談で「日本が極右主義に進んでいる。東北アジアの平和のため日本が極右的な態度を捨てなければならない」と伝えたことを明らかにした。 
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

2012-3Q 9月上旬アニメ感想。

・DOG DYAS'

06dd01.jpg
06dd02.jpg
06dd03.jpg
06dd05.jpg
06dd06.jpg
06dd07.jpg

日増しに演出が派手になっていくDOG DAYSが楽しくて仕方がない。
フロニャルド組は剣と弓と紋章砲で戦うけど、英雄王含めて地球組は火力兵装的武器を持ち出してくるあたりが恐ろしい。出てくるのは弾丸ではなく輝力なので威力的には問題ないのでしょうけれどw 空中戦においてこれだけの密度の散弾をばらまいたり、それを防ぐだけの弾幕を張ったりと、彼女たちは地球の戦闘においてもかなり戦えるんじゃなかろうか。
ガチで恋愛しているベッキー嬢、エロスに忠実な魔王なども加わって、エラいことになっておりますが、きっとそのあたりは丸投げするんだろうなぁ・・・今から三期目の製作が望まれるアニメです。


・ソートアート・オンライン

06sao01.jpg
06sao02.jpg
06sao03.jpg

リア充爆発しろ。

キリトさんはストーカーのおっちゃんに殺されてしまえばよかったのにとか思った視聴者は結構いたんじゃなかろうか。キスしておいて「今日は・・・今夜一緒にいたい」とまで言って、今晩は一緒に部屋に居たかっただけとか言うキリトさんマジ草食。いや、そこまで言っておいてベッドインしないとは誰も思わないだろうて普通は。
世間では「草食系男子」「肉食系女子」なんていう言葉が登場して久しいですが、こういう描写を見ると本当に男って草食というか消極的になってきているのかしらとか思ってしまうね。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

あたらしいぱそこん。

DSC_1005.jpg

ASUS製のUltrabook、ZENBOOK Prime UX31Aを買ってきました。約10万円なり。

DSC_1010.jpg
DSC_1008.jpg

いいところ。

・液晶がフルHD(1920×1080)サイズのIPSパネルであること。モバイル機とは思えないほどに画面が綺麗。
・スペックは十分。動画編集だの3Dゲームだのといった「デスクトップ機でやれよ!」的な作業させない限りは不満を感じることはないかと。
・薄いです。厚さが2cm以下というのは凄い。このサイズで必要なパーツは全部詰まっていて、ちゃんと廃熱までするのだから大したものです。
・キーボードが光る。暗闇での操作もばっちりです。欲を言うならキーボードの印字が光るようにしてもらいたかったですが、それは欲張りすぎかな。
・見た目はメタリックで、無骨さとほのかな丸みがとってもいい感じです。どこで出しても違和感がないデザインはGJだと思う。
・剛性は結構ありそうです。ヒンジなどの稼動部にも不安を覚えることはありません。捻ったり加重をかけたりはしていないので、本当のところはわからないですけれども。

DSC_1011.jpg

わるいところ。

・有線LAN端子あるいはUSB端子は3つ欲しかったかな。今のままですとLANとマウスを繋ぐとUSBの空きがゼロになってしまいます。モバイル機ですし無線中心の運用にしたほうがよさそう。
・内部パーツが交換不可であること。メモリは4GB、ビデオメモリとしても利用する構成なので用途によっては足らなくなる可能性も。そういうときに増設ができないのは痛い。
・1.3kgという重さですが、薄いボディが先入観を与えているのか、持ったときはずっしりとした重さを感じます。まあ、それが気に入らないなら最初からLaVie Zを買っていたので文句はないのですけれどね。

前のノートパソコンは6年前に買って今までずっとがんばってきてもらいましたが、こちらは3年くらいで減価償却しきるくらいのつもりで使いまくってあげるのが良い選択肢なのかな。とりあえず、腕が痛くなるまでしばらくは外出時に持ち歩こうかなと思います。Windowsプラットフォームが常に手元にあるのは素晴らしく心強い。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

イモウトノカタチ 感想&批評。

公式HP。
http://www.cuffs-sphere.jp/products/imouto/


sphere新作、「イモウトノカタチ」をプレイしたので、感想でも。

※以下、多少のネタバレを含みます。


・音楽。6点。
BGMが22曲、Vocal曲が2曲。曲数を見ると若干の寂しさを感じますが、プレイ中に不足を感じることはありませんでした。質のほうは良くも悪くも目立たなかったかな、という印象です。あと、OPはかなり良い曲でお気に入りです。さて、OPのFULL版は入っておりませんでしたが、いつになったら聴けるのだろうか・・・。


・絵。9点。
CGは94枚(背景だけのものを抜くと実質92枚)量的には十分、質もレベル高め。
原画さんが三人いるということで、一切全く違和感を感じないといえば嘘になりますが、十分許容できる範囲じゃないですかね。気になる方は公式HPで確認を。


・システム。7点。
不便を感じることはありませんでした。
演出面については、立ち絵がほぼ動かないというのはどうしても昨今の一部の萌えゲより弱いかな、と。これは個人の好みによるところが大きいですが。


・声優。9点。
全体を通じて問題なし。特に美優樹と真結希の声がとっても良かったです。脳が融ける。


・美優樹シナリオ。2点。
二人三脚のマラソンという競技において、相方を背負って全力疾走でゴールしても認められるというのがびっくりです。一学園のイベントだからとは言えスポーツマンシップとかそういうものはないのかと。
終盤の二人は血が繋がってましたという事実に対して「血縁者同士で恋人になるのは駄目。だから別れよう。でも最後に性交渉しましょう」というのも何だかなぁ・・・いやそこで関係を諦めるならヤっちゃいけないだろうし、そもそもsphereの作品をプレイする人ってそこで諦めるような流れを望んでいたっけ?
結局、打ち切りみたいな終わり方ですし、なんだかなぁと。


・あやかシナリオ。4点。
あやかの兄の鬱陶しさが異常。どこかの大学か何かを主席卒業したなんて設定があったからどこかでウザイ行動の理由を語るかと思っていたのだけど、一切の弁護の余地のないウザキャラでした。登場する作品間違えてると思うのです。
その他はほどほどにまとめられており、あやかが可愛かったので良し。


・千毬シナリオ。1点。
キャラ紹介ページに「アホの子」と書いてあるにしても、父親母親という概念を全く理解していないというのは如何なものかと。アホを通り越して病院に突き出すレベルだと思うのですが。主人公も脳の障害を疑うレベルの空気読めなささですし、二次元と三次元を混同するべきではないとは言え、感情移入は限りなく難しいシナリオでした。
千毬両親が15年間も地下に潜っていた理由なども一切説明がないですし、どうしたものやら。


・ミータ&真結希シナリオ。1点。
序盤は他のシナリオと同様、みんなでわいわいと賑やかに学園生活を送るだけで悪くはなかった。
しかし、ミータが役割を終え真結希が出てきたあたりから展開が雑になります。寂しいという理由だけで妹と性交渉する主人公、意味もなく再登場するミータ嬢、暗躍するかと思いきやしない理事長、夏に降った謎の雪、意味不明な黒服の男たち、ナノマシン、そういや真結希の存在が伏せられている理由も回収せず仕舞いでしたっけ。どうみても未完成だよね。
設定の破綻具合もさることながら、主人公の頭の悪すぎるのもマイナス。豪雨の中飛び出すわ、ノリと勢いで二股かけるわ、絶望的に空気が読めないわで、正直見ていてつらかったです。体験版の時点でシリアス向きではないとは思っていましたがここまでとは。
だいたい、メインヒロインなのに個別EDを持たない構成とかどういうことなの・・・。

・総評。
あらゆるベクトルが弱く、何を見せたかったのかわからない作品。駄作以下。論外。
絵のみでお腹いっぱいになれる方々はともかく、シナリオは期待しないほうが無難です。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

中の人などいない! 感想&批評。

公式HP。
http://www.alcot.biz/product/naka/index.html


ALcot新作、「中の人などいない!」をプレイしたので、感想でも。

※以下、多少のネタバレを含みます。


・音楽。8点。
劇中BGMが30曲にVocal曲が3曲(うち1曲がアレンジなので実質2曲)、ALcotではおなじみのタイトル画面の賑やかになっていく楽曲が5アレンジあります。
でしゃばりすぎず、かといって存在感がないわけでもなく、総じて良いBGMだったかと思います。Vocal曲も作品のイメージに合致した疾走感のある曲でgoodです。


・絵。9点。
CGは103枚(内訳:各ヒロイン22枚ずつ、その他CG15枚)SDは36枚。CGだけで三桁というのは素晴らしいですが、SDの豊富さも手伝って、プレイ中に寂しさを感じることはないです。また、今回もキャラクターは存分に可愛らしく描かれており文句なし。ALcotってCG枚数が80枚以下でどちらかというと量的な面では残念な印象があったのですが、今作は素晴らしいです。
立ち絵については、服装が6種類程度準備されており満足な反面、ポーズが2種類しかなかったことがちょっと残念ですね。CGが多いため、些細な問題ではあるのですけれれどね。


・システム。6点。
configなどは特段問題なし。
演出面ではキャラクターが動いており、いい感じ・・・ではありますが、ほかのソフトハウスではもっと派手に動き回っている作品もありますし、もっともっと動いてほしいとは思いましたね。がんばれ。


・声優。9点。
有名どころの声優さんを多用しているため新鮮味はありませんが、その分安定してますね。全体を通じて問題なし。


・シナリオ。6点。
全体的にノリと勢いで押し流すタイプの作品ですが、ギャグ4割・恋愛3割・燃え3割くらいを織り交ぜておりシナリオは変化に富みます。ギャグをベースとしながらも恋愛モードや戦闘モードへの移行がスムーズに行われていたところは評価したいところ。

まずギャグについてですが、こちらについてはネットで有名なネタやパロネタを乱用しておりオリジナリティに欠けます。しかしヒロインたちの掛け合いがテンポ良く、またそれぞれが可愛らしい黒さを持つため意外と飽きずに読めました。手放しで賞賛できるレベルではありませんが、及第点以上の質は確保できていたかと思います。
恋愛系要素については、ほとんど最初から好感度MAX状態なのは残念ですかね。主人公が他者から好意を集められるほどの人物だと感じられなかったのは痛いところです。人からの信頼をそんなに簡単に得られたら誰も苦労しないわ!っていう。しかし、好感度が高くとも最後の一歩、付き合うまでの過程がちゃんと描写されていたのはプラスポイント。最初からもっと人間関係の変化を書いてくれればと。惜しい。
燃え、というかヒーロー軍団と秘密結社の争いについてですが、そもそも勢い>>設定な作品ですから、戦闘描写の現実性なんて考えてはいけないのです。愛と勇気が勝つご都合主義ストーリーですから。その「細けぇことはいいんだよ!」という姿勢はとっても潔いです。・・・それにしても、もう少しキャラクターたちの性能や相性を考えてもらいたかったなぁとは思いますが。その他、家族愛だの自己犠牲だのといった要素も入ってはくるのですが、前述の通りノリを重視する作風であること、また「~な過去があったんだよ」とキャラクターから語られるだけであることが多いため、感情移入は難しいかもです。アクセントとしては良い塩梅ですけどね。


・総評。

要素盛りだくさんのALcotの力作、ですかね。
体験版プレイ時点での期待を大きく超えてくれました。設定とかを気にしなくていい、軽い作品をやりたい方にはお薦めできる良い作品かと思います。あと、全然触れておりませんでしたが、ヒロインたちは大変可愛いので萌え成分を補給したい方にも大変お薦めできるかと。


最後に。北の大統領さま何やってるんですかwワロタww
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |