煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

そろそろ最終回ラッシュですね。

いい加減、一週間に一回くらいは簡単にでいいからアニメ感想を書いていきたいと思う今日この頃。毎月月末になるとゲームに押されて視聴が止まるので、難しいんですけどね。でも備忘録的にも書いておきたい。

以下、それぞれ最新話の感想となります。


・翠星のガルガンティア

garugantia.jpg

ヒディアーズは元人類であり、しかし知性を放棄した存在で・・・という辺りまでは大変楽しかったんですけどねぇ。
ストライカーというわかりやすい敵キャラの登場に加えて、殆ど葛藤もなく元上官に戦いを挑むレド、わざわざ紛争地帯に突っ込もうとするガルガンティア船団など、作り上げてきた「ガルガンティアの世界観」が軒並み否定されてしまっているのは大変悲しいところです。複数が考えた脚本だそうですから、こういうことが起こっても仕方がないんですかねぇ。


・俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

oreimouto.jpg

あやせたんマジ天使。ツンデレというか、デレデレデレツンデレなあやせたん可愛い。
黒猫と別れて、あやせの告白も断って、いよいよ桐乃一直線ですね。ハーレム解体させ、関係を清算していく様子まで描く作品って結構珍しいような。


・波打ち際のむろみさん

muromi.jpg

ダチャンが荒ぶりすぎワロタwwwww
ドM・おっぱい・レズな富士さんの中の人がダチャンなのは狙っているを通り越してヤバイ。役がぴったりというレベルじゃねーぞ!


・はたらく魔王さま!

maousama.jpg

パンツ一丁で戦う魔王、貧乳で弄られまくる勇者、変態認定される天使など、戦闘シーンでも笑いが絶えないそのセンスは流石です。
理由はわかるけど、パンツだけというのはアカンww どうやったら場面が締まらなくなるかということを作者はよくわかってらっしゃると思う。結局、今期最も安定して楽しかったのはこの魔王さまになりそうな予感。放送前の評判を思い返せば、とんだダークホースでした。


・変態王子と笑わない猫

henneko.jpg

月子ちゃん猫っぽい可愛い。小豆梓出番なさ過ぎ悲しい。この調子だとかなり中途半端なところでアニメを終えそうです。うーぬ。この作品、は悪い意味で原作に忠実すぎる気もしますね。原作では各巻に山場があり、このアニメはかなりの速度で原作を消化しているため、結果として山場だらけになっているような。もうちょっと遊び心を出してくれてもいいのよ?


・とある科学の超電磁砲S

railguns.jpg

上条さんキター!と言うのはあるものの、禁書目録の1期で放送された内容と被っちゃうんですよね。上条さんが一方通行を殴る行為が偉大すぎて避けて通れないですし。そのあたりをどうやって乗り切るのか楽しみです。


・革命機ヴァルヴレイヴ

vvv.jpg

「僕と結婚して下さい!」
責任を取ろうとする主人公さんかっこいい!いやまあ、これは完全に結婚できないフラグですけれど。

相変わらず脚本はギャグにすらならない獣道を突き進んでおります。どう考えてもニャル子さんよりSAN値が低いですぜ、この作品。
「お前は平和中立国家を謳いながら、ヴァルヴレイヴという兵器を開発した。だから軍事裁判にかける!」という国家主権も何もあったものじゃない裁判が始まったり、敵を追撃するだけで陣形が崩れる軍隊など、頭を抱えたくなるような展開が・・・それもこの作品のらしさなんだよ、と言えばそれまでなんでしょうけれど。
スポンサーサイト
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

穢翼のユースティア 感想&批評。

公式HP。
http://august-soft.com/eustia/main.html


今更ですが、オーガストの前作「穢翼のユースティア」をプレイしましたので感想でも。プレイの事由としては、来々月開催のトラベリングオーガスト・コンサートに向けての予習といったところです。


※以下、ネタバレを含みます。

・音楽。10点。
BGM44曲、Vocal曲は4曲。
作品の雰囲気に合致した重厚感のある曲が多いですね。曲数もありますし、Vocal曲は全部良いですし、高評価です。特に「親愛なる世界へ」はいいです。とてもいいです。


・絵。10点。
CGは109枚。枚数的には十分でしょう。CG以外にも立ち絵を使った演出もあって、量については十分以上。背景についても大変質が高く、満足できるレベルを超えています。むしろキャラクターの絵が浮いてしまう程度に質が高いとかなんたることw
一点気になったのはエリスの髪飾り。裸立ち絵は外しているのですが、残りはドレスを着ていようがなんだろうが全て着用とかどれだけ気に入っているのかとw
なおSDは0枚でした。脳ホエ氏のSD絵がないのは寂しいですが、作風との兼ね合いもありますし仕方がないですね・・・。


・システム。10点。
Configは非常に充実しております。不満を感じることはないかと思います。バックログからのジャンプも搭載しておりますし、Skipの速度も遅くはないですし、文句なしです。


・演出。8点。
立ち絵が動くことはないですが、上記のとおり立ち絵を使った演出も織り交ぜられており、よく出来ているといってよいかと思います。
少なくとも2011年時点の作品としては優秀な部類に入るかと思います。


・声優。9点。
全体を通じて問題なし。
ティアさんの声がDRACU-RIOT!の梓さんにしか聞こえないのは私だけでしょうか。「ひどいですー」のその語尾ののばしている辺りとか特に。まあ、発売順からいったら逆か。


・シナリオ。7点。
オーガストの過去作品のどれよりも、またこれより後に発売されている「大図書館の羊飼い」よりも世界観がはっきりしており、かつ読みやすく惹かれるシナリオでした。特に薄暗く汚れた「牢獄」の描写については素晴らしいものがあったと思います。
適度にシナリオ内に挟まれる不条理や、二者を対比させることによって表現されるメッセージ性なども、この作品に高い評価を与える根拠となるでしょう。ヒロインたちに各々一癖あったのも良かったかと。
ただまあ、しっかりした世界観を描いたが故に目に付いたネガティブポイントも幾つかありました。牢獄ではジークの友人として発言力があった主人公ですが、王宮でも全く同じように発言が罷り通ったこと、そもそも主人公の思想が舞台背景に似合わない現代のものであったこと、終盤は想定されたエンディングありきで話が進んでいることを強く感じさせられてしまったことなどが挙げられます。
イレーヌの言葉で、主人公の思想が牢獄の民のものから視野の広いものへ変化していくのは大変良い展開だったと思いますが、どうにも、その他の点で変化が見られなかったのは残念でしたね。

各編の感想も簡単に記載しておきます。

・フィオネ編。
黒羽と戦う物語。堅物のフィオネさんが柔軟な思考になっていく様子や、偽黒羽と本物の二段構えであったことなど、見ごたえがあったシナリオだったと思います。薬物に混ぜものがあることや黒羽は人体実験の結果であることなども、今後の展開に期待を抱かせてくれる良いポイントでした。主人公もかっこよかったですしね。

・エリス編。
フィオネ編では活躍した主人公が突然、人の話を聞けない残念な子に。どうしてこうなった。ジークの奥の手もなんだか無茶苦茶な手ですし、全体的にイマイチなシナリオでした。エリスは犠牲になったのだ・・・プレイを始めた時点では気に入っていたんだけどなぁ。

・イレーヌ編。
聖女さまは電波可愛い。虐めて遊びたおしたいハァハァ
牢獄上がりの主人公の言うことを聞いてしまう・信用してしまう神官長とか、このあたりから主人公補正が強くなり世界が歪んでいきます。既に地震は発生していたのだから、暴漢が現れる→主人公が抑える→主人公信用勝ち取る、くらいの流れはあってもよかったのではなかろうかと思います。
聖女が都市を浮かせているわけではないという事実を知らせる場面や、ラビィが倒れる場面などの演出は良かったですね。反面、コレット&ラビィが助かってしまうあたりはご都合主義が過ぎるかなぁと。地震で聖女が処刑される、それこそこの作品のテーマの一つである不条理だと思うのですけどね。

・リシア編。
敵を倒すために策略をめぐらせるという、わかりやすいお話でした。張られた数多の伏線が使われていくところや激しい戦闘など、最も勢いがありましたね。目的のためなら手段を選ばないルキウスさんなど、後への伏線もあったのはGJでした。リシアの戴冠もこのパートの山場としては最上のアクセントだったかと思います。
ただし、主人公無双は相変わらず(というか相手が国になったことにより更に)なので、ご都合主義が目に付いてしまうのはご愛嬌。

・ティア編。
今まで臨機応変、柔軟に周囲の最大幸福を考えながら行動していた主人公が、自分ならではの願いのために選択を行う話でした。今までの各編を総括するに相応しい論点だったと思います。
心理描写は上手かった反面、物語としての展開はややチープであった感は否めません。最善策をとるならばルキウスはさっさと牢獄を落とすべきでしたし、反乱軍は容易に大きくなりすぎですし。あとはオーガストの伝統といってもいい「夢が徐々にはっきりしてきて、物語の根幹となる情報がもたらされる」という展開も、今までのシナリオを鑑みれば不気味な話だったかな、と思いました。物語の締めでどうにも違和感が出てしまうあたりが今後の課題ですかね。

・総評。

時間があれば是非ともプレイを薦めたい作品、ですね。

少なくとも2013年のこの感想の記載時点では今尚もって上質な作品だと言えます。
ただ、過去のオーガスト作品とは作風が全く違うので、ソフトハウス買いをしている人からすると拒否反応が大きそうでもあります。公式サイトを見て、雰囲気に拒絶反応を起こさなければやってみる価値はあるかと。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

続・久しぶりのアニメ感想。

週末にアニメを視聴したので、適当に感想をまた書く。


・俺の妹がこんなに可愛いわけがない。

oreimouto01.jpg
oreimouto02.jpg
oreimouto03.jpg

ラブリーマイエンジェルあやせたんを筆頭に、桐乃、黒猫、加奈子・ブリジット等々と、対萌え豚用殲滅兵機が揃う恐ろしい作品です。ブヒィ。
シナリオについては原作どおり、典型的なライトノベルです。一つ一つの展開が理解しやすく、頭を空っぽにしても楽しみやすいです。この「わかりやすさ」は逆に言えば退屈になりやすいということであり、揶揄されることも多い要素ではありますが、お手軽にサブカルチャー文化を楽しめるという意味ではとてもいいですね。作品の内容もオタと一般人の対比をテーマにしてますし。
あとは、主人公のツッコミと変態さにキレがあるのが大変いいです。良主人公だよなぁ、京介。


・波打ち際のむろみさん

muromi01.jpg
muromi02.jpg
muromi03.jpg

むろみぃぃぃ!!!(OP風に

徹頭徹尾ギャグ漫画のノリです。生物進化、神話、友情、食物連鎖、マゾ、博愛(他に何があったかな・・・)等々混ぜ込んで笑わせてくれる作品です。とにかくその変化に富むその勢いがこの作品の売りなんと思います。
ただ、ギャグのセンスについては波があるので、常時最高に楽しめるわけではないのはご愛嬌。15分アニメのむろみさんと比較する相手ではないかもしれませんが、ギャグの面白さでは「はたらく魔王さま!」が一歩抜きん出ている印象。
あと、ゆかりんや野中藍さんの博多弁が聞けるのもこの作品のもう一つの魅力なのかなと。九州へ行ったことが無い身なので細かいことはわかりませんが、中の人たちは九州出身ということで、きっと博多出身の人が聞いても違和感の無い博多弁なのでしょう。たぶん。




・・・さて、ここからが本番ですよ。


・革命機ヴァルヴレイヴ

vvv03.jpg
vvv02.jpg
vvv01.jpg


最新話で酷いことになっていると聞いて、急遽HDDを漁って視聴開始。4月の放送開始時点では確か開始10分で見るのを止めたのですが・・・。なるほど、視聴してみればなるほど、設定がバグっていたり、登場人物の思考が吹っ飛んでいたりとこれはひどい。詳しくは下記に。あとはwikiを見ると背景がわかるかも。
んで、最新話の状況についてですが、主人公がいきなり理性を失ってサブヒロインに襲い掛かって、そのまま服を破り捨てて、腰を動かしています。これは地上波に流しちゃ駄目でしょうww児ポ法がーと叫ばれている現代においてよくやってのけたものだとw そこは「僕じゃない」では通用しないですぜwww
なお、メインヒロインは主人公がそんな状態になっているとは露知らずなど、School Days的展開も若干見えてきて面白くなりそうな状況ではありますね。・・・ただ、脚本は色々と酷いの一言に尽きるので、笑えないと辛いことになりそうです。以下、笑えるかライン際の要素の数々。


・好きな女性(メインヒロイン)が死んだ?と認識した直後に、復讐してやる→ロボットがあるじゃないか→これ使えば敵を殲滅できるんじゃね?な思考の主人公

早漏過ぎワロタw この勢いだけで主人公は人間をやめました。(吸血鬼的な生き物になった様子)激情で突っ込むタイプの主人公と言えば「進撃の巨人」のエレンが思い返されますが、それ以上の昂ぶり方です。
なお、次話でメインヒロインは普通に生きていたことが発覚。茶番過ぎる。

・ヴァルヴレイヴは一般的なSNS(ツイッターみたいなもの)を完備

さすが世界最強のロボットさん、なんでもありですねw
どんなUIだよとも思いますが、そもそもセキュリティは大丈夫なのかこれ。

・電源が壊れて極寒に、そんな死の危険を潜り抜けた後に、突然歌いだす学生たち

マジ、 ど う し た 
というか宇宙空間にいるのに、電力系が不安定な状態で青春を謳歌しようとすんなやw死ぬぞww

・「学生の癖にっ」と呻きながら侵攻と撤退を繰り返す軍事大国の司令官方々

軍人弱すぎワロタw 
なお、ヴァルヴレイヴの戦闘力頼りで、学生たちは「がんばれー!がんばれー!」と応援します。シュールすぎるだろう・・・。

・「学生以外の街の住人は全員軍人だった」と言っているのに、物理教師一人以外全く出てこない大人たち

突っ込んだら負けでしょうか。

・中立国だから大きな軍事力は持ってはいけない云々

思想が幾らなんでも左翼的過ぎるだろうwwwどこの社○党ですかwwwwwww
中立国だからこそ軍事力を持つんですよ。

・選挙公約が「好きなことやろう」

( ゚Д゚)
お前ら戦争中だという自覚は・・・ないですよねわかります。数年前に「埋蔵金が16兆円あります!」とか言っていた政党が実際にありましたが、それが可愛く見えるレベル。好き勝手やりすぎて電気関連がバグって、凍死しかけたのをもう忘れたか。
はっきり言わせてもらうと、ショーコさんあんた本物のキチガイや。そして、そんな彼女を持ち上げる学生の方々も不気味すぎる。信仰というより洗脳に近い何かですな。


その他にも、展開が短絡的かつ強引なところが多々あるのでスルー力がないと厳しいですが、とりあえず視聴しようかな。と。
一応、伏線の張り方は丁寧であることはよいことなのです。伏線以前のところで崩壊してますけど。

別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

これが増長した人間の末路。

川越シェフ「食べログ」書き込みにキレる  「水だけで800円、当たり前です」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130614-00000004-jct-ent

川越シェフ、ネットニュースに「残念」…本人の意思とは異なった意味合いに
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130617-00000034-flix-movi


勝手に水入れて800円ですって、NHKみたいな奴だな・・・。最初の年収に関する発言も痛いし、その後の言い訳も痛い。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

久しぶりのアニメ感想。

これからクライマックスという凄まじく微妙な時期ではありますが、今期アニメの感想でも書こう。
モンハンやりながらとかではなく、ちゃんと視聴している作品数を数えたらわずか4作だけでした。自分でも驚きの少なさではありますが、よくよく考えれば昨年同時期は3作程度しか見ていなかったわけで、二度驚き。


・はたらく魔王さま!

maou01.jpg
maou02.jpg
maou03.jpg

徐々に関わるキャラクターを増やして賑やかにしつつ、顔芸とギャグで押し切るその戦略は大成功なのではないでしょうか。ちーちゃん可愛い。ちーちゃんのお胸は凶暴。
女性キャラは”ヒロインらしさ”を求められやすいですが、敢えて女を捨てているとしか思えないストーカー派遣社員のエミリアも大変良いですね。幼女の頃は可愛かったのに・・・教会は彼女に魔王征伐の方法以外にもちゃんと一般常識を教えてあげるべきだったのです。ストーカーしちゃいけないとか、街中で刃物を出してはいけないとか、店内ではお静かに、とか。
鈴乃はどうして時代劇ばかり見てしまったのか。彼女の洋服姿をはよ。
それにしても異文化に触れる人の反応っていいよね!と思う。魔王さまにせよガルガンティアにせよ、これって、日常の描写の味付けとしては素晴らしい効果がありますね。


・変態王子と笑わない猫

hentai01.jpg
hentai02.jpg
hentai03.jpg

最近のライトのベルの中では唯一、原作を最新刊まで買い続けている作品です。原作との比較では、月子ちゃんが喘ぎ声を上げてしまうようなシーンがカットされているのが不満といえば不満ですが、地上波に流れる以上は仕方がないところですかね。小豆梓は安定的にあざとくて可愛いですし、鋼鉄さんは原作より可愛さがアップしていますし、とっても良い具合です。全編通してブヒィですよ。
そしてそんな本編に負けず劣らず強い対萌豚ウェポンなOP&EDも素敵。毎話ちゃんとOPとEDをガン見しているのはこの作品だけ!


・翠星のガルガンティア

suisei01.jpg
suisei02.jpg
suisei03.jpg

チェインバーさんマジ△
人が人であるその根拠とは知性であること、ヒディアーズは元人類であったとしても知性を克服してしまっているので人類の敵である・・・おおう、アニメでこんなことを語られようとは。虚淵氏が絡んでいるだけのことはありますねぇ。
途中、快楽天ちゃんヒャッホウ!なんて時期もありましたが、しっかり宇宙戦争を混ぜてきてくれていて大満足です。どこを着地点とするのか楽しみすぎます。最悪シナリオなら、地球・銀河同盟・ヒディアーズのうち2つが滅びる。グレーなシナリオなら三者は離別するあたりが落としどころでしょうかね。


・とある科学の超電磁砲S

railguns01.jpg
railguns02.jpg
railguns03.jpg

戦闘が派手に動いていて私嬉しい。黒子や佐天さんが出てこなくて私悲しい。妹達を巡る物語は暗すぎて美琴以外が入る余地がないんですよねぇ。・・・布束さんとかは居ましたけど。
それにしてもLv5同士の戦いは熱くていいですね。ただ先に叩き込んだほうが勝ち、というだけではなく相性やスタミナを考えて戦うのは大好きです。あと、描写についてもドラム缶が原子崩しされているところとか大変イイです。
妹達を巡る話の結末は禁書目録側で決着するのを既に知っているにも関わらず、次週の展開が楽しみにできるあたり、作品のポテンシャルの高さを感じます。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

おかしのはなし。

DSC_0017_20130604232729.jpg

ジーゲスクランツというお店で売られている「ドレスデン」というお菓子を食べました。
スポンジとカスタードクリームと苺と洋ナシが入っておりました。(果物は季節によって変わる様子) お味のほうは奇を衒った様子もなく、カスタードの甘さと果物の酸味がきいているまさしくケーキのお味でした。個人的には若干甘さが強すぎるかなと思うところもありましたので、食べるときにはコーヒーを入れておくこと推奨。

ちなみにこのドレスデンというのはドイツの都市の名前だそうで、これそのものがドイツの風土料理をルーツにしているわけではなさそう?です。今度機会があればシフォンケーキの「ローテンブルグ」を食べてみたいところ。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

そんなことよりはやく電話番号データを新機種に移せよと思う。

HTC J butterfly HTL21とELUGA X P-02Eの画面を比較してみました。

docomoからはGALAXY S4 SC-04E、auからはHTC J One HTL22が出ている中ではありますが、半年前の機種同士による比較となります。最新機種を手に入れられるほど裕福ではないということで・・・。

DSC_0022_20130602213028.jpg

※上がELUGA X P-02E、下がHTC J butterfly HTL21となります。

双方設定にて最大輝度にしておりますが、butterflyのほうはかなり暗く、また青みがかっており、白の美しさという点ではELUGA Xの圧勝となりました。


DSC_0023_20130602213031.jpg

DSC_0025.jpg

当たり前の話にはなりますが、このbutterflyの画面の青さは動画全てに影響を与えてます。

超電磁砲の画像を見てもらえればわかりますが、動画になるとbutterflyの画面はかなり明るく感じられるんですよね。何故・・・設定画面ではハードの限界まで明るくできないようになっているのでしょうか。解せぬ。


DSC_0024_20130602213031.jpg

DSC_0027.jpg

やっぱり動画となると明るいbutterfly。不思議。


なお、動画再生能力についてですが、tsファイルの再生はELUGA X、butterfly共に問題なく再生できました。
ただし、負荷が非常に大きい一部の動画(具体的には「eden*」のOPムービーなど)はELUGA Xではまともに再生できず、butterflyは問題なく再生できました。どうやら再生能力そのものについてはbutterflyのほうが上位なようです。また、音質についてもbutterflyが上ですね。HTC社の製品はスペックについてはガチな様子。まあ、普通に使う限りは同じように使えるので、好きなメーカーの好きな端末を使えばいいとは思うのですけどねw
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。