煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris- 感想&批評。

公式HP。
http://www.project-navel.com/otomeriron/index.html

Navelの新作「乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-」をプレイしましたので感想でも。
なお、前作「月に寄りそう乙女の作法」のアペンドディスクについての感想も記載します。
その「月に寄りそう乙女の作法」の感想はこちらから。

先に記載しておきますと、推奨攻略順は「エッテ→メリル→りそな」ですかね。

※以下、ネタバレを含みます。


・音楽。8点。
新曲だけをカウントするとBGM15曲、Vocal曲は3曲。
前作「月に寄りそう乙女の作法」がありますから、新曲数は少なくとも総じて十分かと。どれもずっと聞き続けられるような良い曲でした。特に耳に残ったのは、前作OPinst版の「DESIR」と妙なかっこよさを感じる「ゲルマニズム・ミニマル」ですね。ちなみに曲名は楽しいです。クリアしたら音楽鑑賞を覗いてみるといいかも。


・絵。9点。
CGは乙女理論で64枚、アペンドで36枚、計100枚。ヒロインが3人とはいえ、乙女理論側は少々少ない印象ですが、許容範囲内かと。ただ、個人的にはメリルの枚数が多くて大勝利ですが、りそなについてはシナリオが長かったこともあり若干寂しい印象も受けました。あと、エッテさんはシーンで顔芸するのはやめましょう。エロくする気がないだろスタッフめww
アペンドは逆にシナリオが短いため、非常に豪華なCG配置になっております。アフターストーリーだからか、本編よりも遊び心の多いCGが多くて大変楽しめました。


・システム。8点。
Configは充実、skipもシーンごとにとばしていけるため非常に高速です。セーブなどの各種操作項目は隠れますし、総じて優秀。ただ、惜しむらくはバックログからのシーンジャンプがないことでしょうか。


・演出。7点。
立ち絵は動かず。ただし、立ち絵をかなり下のほうに持ってきて倒れていることを表現したり、画面脇から覗いていたりといった演出はあり、満足してます。


・声優。10点。
全体を通じて問題なし。むしろ好きな声優さんが起用されていて私としては嬉しい限りです。


・共通ルート。9点。
終わってみると、ひとえにりそなの成長物語でした。ひきこもりで他人と関わりを持ちたがらない彼女が兄の手を借りて社会で生活していけるまでを描いております。己の意思が変われば世界も変わっていくという軸を持ちながら、丁寧に世界が広がっていくのを描写しきったのは素晴らしいです。伏線の撒きかたも大変よかったです。
惜しむらくはキャラクター、特にサブキャラクターのの魅力が前作よりもやや薄い印象が拭えなかったことでしょうか。八千代・サーシャ・北斗・七愛の4人分をディートリンデ・リリアーヌ主従が埋め切れていなかったですね。リリアーヌについては仕方がないところもありますけれど。特にこれを強烈に感じてしまったのはりそなルートで桜屋敷の面々がパリへ来た時でした。どうしても「華やかさ」では一歩も二歩も劣ってしまうんですよね、パリ校の方々は。


・りそなルート。7点。
結束した遊星・りそなが大蔵家の家督問題と服飾の道の二つに向き合っていく物語でした。共通ルートではキャラクターたち己の内面と戦う部分が大きかったですが、こちらでは他人との関わりがメインとなっておきます。
このルートは衣遠兄様との和解とその後の二つに大きく分類されますが、明らかに前半のほうが盛り上がり、後半は失速した印象を受けました。衣遠はその優秀さ・性格・権力の面から非常に手強い難敵であり、しかも我々プレイヤーが納得できるだけの理由をもって行動していましたが、後半の敵としての役割を担うリリアーヌは手段・動機の両面で非常に矮小な存在なんですよね。元々、大蔵家という大財閥の行方と遊星&りそなの夢ではスケールに大きな差異がありましたが、この差を縮めるどころかよりわかりやすく表現してしまう敵の存在は大きなマイナスでした。妙に後味が良くないんですよね。大蔵家にしても、衣遠兄様さえ乗り越えたらあとは総裁殿は単純すぎましたし、金子はいきなり手のひら返しますし。うーん。
ただ、りそなが成長していく過程を描ききったのはお見事でした。エピローグの遊星が引っ張りだこになる場面は難関辛苦を乗り越えてきた結果を悠然と表していますし、終盤にりそなが周囲の人々に働きかけて服を完成させていく場面なんかは成長を見せ付けられました。大変良かったです。
また、衣遠の立場からこのシナリオを俯瞰すると面白そうですね。やはり彼は最初から「才能こそ至高」という理念だけで生きていくことは出来ないということを悟っていた気がしますね。その上でその理念に頼らねば狂ってしまうということを理解し受け入れざるを得なかったのでしょう。悲しいことです。


・メリルルート。8点。
メリルたん可愛い。彼女は才能と性格という両面から最も完成されたキャラクターでした。大蔵の血を継ぐ者を健全な環境で育てるとこうなるらしい。恐ろしい血統ですね。
シナリオについては、敵として駿河のキャラクターが強く反映されており、一言でまとめるなら「優しい世界」でしたね。大蔵家が絡んでいる以上、ブランケット家との関係で服を作らないといけないんだ!という展開が余計だったんじゃないかとも感じましたけど・・・まあ、服飾を絡めないと共通ルートは何だったんだということになりますし仕方がない。

しかし、衣遠が服飾の世界を目指した理由、JPスタンレーの言葉が最も美しく表現されていたシナリオでした。それは朝日とメリルの二人だからこそ出来たことであり、この作品の肝ですね。


・エッテルート。3点。
りそなルート前半と共通でした。故にエッテルートなのに大蔵家ばかりがクローズアップされてエッテが出てこないという不思議。BADエンドとの違いはエッテと結ばれるか否かの違いのみ。色々と不遇すぎませんかエッテ嬢。製作時間が足らなかったのだろうかと邪推してしまいますねこれは。
加えて、エッテが朝日の正体に気がつく流れも不自然極まりないですし。朝日とりそなって二人きりなら日本語使ってたんじゃないの?エッテはそれを聞いても理解できなかったんじゃ・・・。前作の湊&瑞穂より酷いぞこれ。
ただ、そのシーンについてはとても笑わせてもらいました。顔芸しすぎです。はっちゃけすぎです。「パリったあい!」は名台詞。心に刻ませてもらいましたw


・「月に寄りそう乙女の作法」After story。8点。
乙女理論をやった直後というのもありますが、桜屋敷メンバーの騒々しさは見ていて非常に楽しかったです。つり乙をプレイして楽しんだ人なら必見といっても良いのではないでしょうか。量的には一シナリオにつき2時間程度、キャラ崩壊が少々アリ。その分楽しいです。
当然のことではありますが、各ルートのED後の世界で話が進むので、どのような設定で終えたかは思い出しておくと良いでしょう。私はそれをせずにプレイ中にやや混乱しました。要注意。


・総評。

良作以上。
衣遠の思想、大蔵家など、前作にて描写が不足していた部分にスポットを当てた「良い作品」でした。

ただし、前作を越えているかと問われると、頷くのも難しいところではあります・・・がしかし、エロゲの平均値を大きく上回る質を誇る作品であることは間違いなく、時間があれば手に取るだけの価値がある作品であると思います。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギアG 第04話 「あたしの帰る場所」

04shinfogiag01.jpg
04shinfogiag02.jpg
04shinfogiag03.jpg
04shinfogiag04.jpg

今期のシンフォギアは1話からクリスの可愛さを全面に押し出しており、一視聴者たる私としては「もっとだ、もっと可愛いクリスをもっと!」と思っておりました。いやうんまさか、その想いが4話で叶えられようとは・・・私嬉しい。嬉しいを通り越して、萌えの絨毯爆撃、萌え豚殲滅戦を展開してくるとは、シンフォギアスタッフはわかってらっしゃるというのを通り越して凄いです。凄まじいです。このバランスを欠いた突き抜け方はやはりシンフォギアですよ。


04shinfogiag05.jpg
04shinfogiag06.jpg
04shinfogiag07.jpg

2期になって予算増えたよねーとか書いておりましたが、戦闘シーンでの動きとこの作画、スタッフはガチや。

カポエラー攻撃をするにあたり、刀を仕舞うようになった防人さんの成長ぶりとかは地味に良い演出だと思います。1期のころは普通に刀持ったまま回ってたけど意味ないもんね、アレ。


シナリオそのものについては相変わらずの勢いで伏線をばら撒きまくりながら回収しまくりの様相ですが、視聴者としてその勢いになれてきたのもあるのか、ややペースダウンした印象も。それでも十分速いんですけどね。
敵キャラたちについていくつか情報が開示されてきていますが、ミスリードを誘っているっぽい情報も多々ありますし、現段階では語りにくいです。ただ、今のままだと、マリアを筆頭に3人の敵奏者が仲間になって、暴走するネフィリムを抑える展開しか思い浮かばないあたりはちょっと心配。容易に想像できる内容なんて吹き飛ばしていってもらいたいところ。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

過敏すぎないか?

ビッグデータの活用に「待った!!」がかかる!? - JR東日本がSuicaの件で謝罪
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130725-00000177-mycomj-sci


苦情が多いというのは「自分の行動履歴を勝手に販売される」と思っている人が多いのですかね。表題にあるような大規模データを実際に仕事で使っている身から言わせてもらうと、誕生年月とSuica使用履歴からわかるであろうおおよその住所だけでは個人は特定できません。特定の人間を追いかけるには不十分すぎるデータなんですよね、これ。明らかに過剰反応です。ストーカーしたいなら本人のあとを追いかけたほうが遥かに効率いいですよ。たぶん。
また、利用者に断りもなく販売して利益を得るのは悪い、という意見は妬みが過ぎると思うのですが・・・どんな企業であれ、蓄積データは企業に所有権が帰属します。(勿論、顧客情報なんかは除きますが) 所有しているものを利用して商売を始めることについて、外部の人間が好き勝手文句を言うのは見苦しいなぁと。

それにしても、私もSuicaの利用履歴を分析してみたいです。データのお値段によっては、それを分析するために起業してもいいレベルのお宝情報ですよ。都内の商業地の不動産価格をかなり変化させられそうで楽しそうです。


記事全文。
JR東日本は25日、同社がサービスを提供しているICカード乗車券「Suica」の利用データを、Suicaを利用しているユーザに許可を取ることなく無断で販売した件で謝罪を行った。

同社によると、Suicaの利用データは、「氏名や住所」といった個人を特定できる情報は提供されず、Suicaでの「乗降駅、利用日時、鉄道利用額、生年月、性別及び同社が発行するSuicaに割り振られた固有のID番号を他の形に変換した識別番号」が提供されている。

今回、Suicaの利用データを日立製作所に販売し、そのデータを統計解析して、駅構内のサービス提供や販売促進につなげるといった構想であった。しかし、利用者に許可を取ることなく、事前に十分な説明がされない形で利用データを販売したことで、利用者から問い合わせや意見が殺到し、今回の謝罪に至った。

同社によると、利用データはプライバシーに配慮した形で厳正に取り扱っているとしているが、今回のSuica利用者の拒絶反応を鑑みると、プライバシーや法令遵守といった問題だけではない、いわゆる「ビッグデータの活用」の難しさを露呈した形となった。

今回の騒動についてJR東日本は、利用者が持っているSuicaに関するデータについて、要望のユーザには、社外への提供分から除外できるようにする。この受付は、7月26日から開始され、9月25日までに要望があった場合、既に提供された過去のデータについても除外したものに差し替えるとしている。 この申し込みについては、電話か電子メールでの申し込み手段が用意されている。

あわせて、同社のホームページにて、今回あった問い合わせの返答や案内を掲載するとしている。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ロウきゅーぶ!SS 第03話 「パラダイム銀河」

定期的に感想を書けるタイプの作品ではないのですが、心の琴線に触れたのでとり上げてみようと思った次第。


03roukyubu01.jpg
03roukyubu02.jpg
03roukyubu03.jpg
03roukyubu04.jpg

Show you guts cool say what 最高だぜ!


私は3枚目のひなた嬢で死んだ。いや生きてて良かったと思った。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギアG 第03話 「終焉を望む者、終焉に臨む者」

03shinfogiag04.jpg
03shinfogiag05.jpg

クリスの可愛さがフォニックゲインの上限を超えてずっと限定解除状態なんですがどうしたらいいですかねぇ。いちいち仕草が可愛いよこの子。

響は鉄壁メンタル、翼はSAKIMORIという特殊属性であるのに対してクリスは一応ツンデレと呼べる範囲に収まっていることもあってか、完全にヒロインとしてはクリス推しになっていますね。イイヨイイヨー。
そういや先週末では泣いていたのに、もう戦えるレベルまで精神が安定している響さんはやっぱり鉄壁ですよ。うん。


03shinfogiag01.jpg
03shinfogiag02.jpg

校舎が新しくなってました。そういえば1期最後のあたりで荒野になってましたねこの学院。
あの恐ろしいほどに急傾斜だった講義室は廃止されたご様子。そういう細かいツッコミどころが修正されていくのは喜ぶべきところなのでしょうが、個人的にはちょっと寂しいですね。あのあたりこそシンフォギアらしさ満点な要素だったですし。


03shinfogiag01-.jpg
03shinfogiag02-.jpg

ちなみに1期の頃の校舎。予算が違うんですよ予算が!
旧校舎が近未来チックな建物なのに対して、新校舎が妙に古めかしい歴史を感じさせるものになっている不思議。今見ると、1期校舎って機能性とは縁遠いデザインですよね。青い屋根のドーム状になっているところとか、すごく行き来がしにくそうです。


03shinfogiag06.jpg
03shinfogiag07.jpg

ちゃんと内容にも触れておきましょう。今週起こったこと。

・聖遺物ネフィリムの生命体?が登場。敵にとって大事な生き物の様子。
・奏者三人は敵陣地に殴りこみ。
・シンフォギアシステムの稼働率を下げるガス登場。
・ウェル博士顔出し。
・マリアはフィーネ。

いやまあ、展開速すぎですよww
普通の作品だったら敵キャラとの初戦を終える2話のラストまでで3話かけるのではないでしょうか。既に黒幕な博士が登場し1期ラスボスも復活しと、張った伏線を軒並み消費してますし、最終話ではどこにたどり着くのか全く予想できません。シンフォギア楽しい。

ノイズ以外の要素が増えてくると「ソロモンの杖さえ奪取できれば司令一人で物語を終わらせられるんじゃね?」とか考えたりしてしまいますが、きっと禁句なのでしょう。あの人、完全聖遺物超えてるからねぇ・・・。緒川さんも忍者だし、パワーバランス的にもこの作品は楽しい。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ここまで来ると病的ですわ。

管理職に一時金10万円=5000人に総額5億円―退職増加に歯止め・東電
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130719-00000074-jij-bus_all


税金投入されている身でバカじゃないのか。気が狂ってる。


東電の言い訳は「必要な人材を引き止めるため」とありますが、そもそも10万円程度で引き止められないでしょうし、管理職に一律って完全に矛盾していると思うのですが。だったら必要な人材に集中的に投じるのが筋ってものでしょう。転職しようにもする宛てがない・する能力もないゴミ管理職に金をばら撒くなんて愚策の極み。
それにそもそもの給与が高い管理職だけって・・・管理職こそ事故に対する責任の割合が重いんですよ?役職相応の職務権限が与えられているということはそれだけ責任も生じるということ。その大原則すら守れない企業は必要ない。


記事全文。
 東京電力は19日、増加する管理職の退職に歯止めをかけるため、月内に1人当たり10万円を一時金として支給する方針を固めた。福島第1原発事故の処理や賠償が進まない中での支給は批判を呼ぶ可能性もあるが、「(事故対応への)使命感の維持は非常に大事だ」(広瀬直己社長)として、国とも協議の上で決めた。
 対象となる課長級以上の管理職は約5000人で、総額約5億円。東電の2012年度のコスト削減額は当初目標を約1400億円上回ったため、これを原資とする。東電は支給に先立ち社長名で対象者にメールを送信し、社員の努力に少しでも報いる方針を示した。
 東電は原発事故や電気料金の値上げ過程で、管理職の年収を3割削減した。12年度の自主退職者約710人のうち、管理職やその候補者が4割を占めるなど、社の将来を担う幹部の退職や昇進の辞退が相次いでいる。また、一般職の削減幅は2割にとどまるため、一部では管理職に昇進すると年収が減る逆転現象も生じている。 
別窓 | 時事。 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

マクドナルドと高級路線。

DSC_0012_20130715221136.jpg

1000円バーガー第二弾、ブラックダイヤモンドを食べてみたので感想でも。
それにしても酷い見た目である。


・バーガー本体に関して。

トリュフの香りが素晴らしく、チーズやパンも明らかによいものを使っているのがわかるお味でした。お肉は普通のクォーターパウンダーと同じものっぽかったです。特にマッシュルームとソースの相性は抜群で、味だけに関して言えば1000円出す価値がある商品だったと思います。

ただし、分量が少なく一個では全く足りません。女性でも一個では足らないんじゃないかと思われる量でした。1000円払えばかなり美味しい定食がお腹いっぱい食べられるわけで、費用対効果の観点からはイマイチでしょう。もちろん、数千円するコース料理なんかと比べれば悪くはないのでしょうけれど、幾らなんでもそのランクの食事とは張り合えませんね。


・食事の提供に関して。

この1000円バーガー、頼んでから提供されるまでに27分待たされました。昼時の混みやすい時間帯だったからとはいえ、20分以上は待たせすぎです。ファーストフードはおろか、普通のファミレスでも苦情が来るでしょう。
商品そのものは良いものを出そうという姿勢は感じられるものの、その他が全く不十分なままこのような施策を実行してしまうマクドナルド経営層の判断には首を傾げざるを得ませんね。
この価格帯の商品で顧客満足を得たいなら、

・食事を堪能できるだけの店内環境
・提供時間を10分以内に
・栄養バランスを考えたセットメニュー

あたりは必須なのではないでしょうか。特に店内環境については、狭い・椅子が硬い・不衛生な点があるといった部分を改善しなければ、今回のような物珍しさで以外では消費者の視線を得られないと思いますね。
現状ではマクドナルドで1000円使うより、吉野家で600円使ったほうが諸々の満足度は高そうですし。


・その他。

DSC_0009_20130715221139.jpg

箱は綺麗だった。

DSC_0017_20130715221137.jpg

説明書も綺麗だった。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギアG 第02話 「胸に力と偽りと」

02shinfogiag01.jpg

「聴くがいい。防人の歌を!」

やっぱり最高ですわ、SAKIMORIさんwww
この言い回しが合うのは彼女しかいないし、彼女だからこそ視聴者として笑ってられると思うのです。


それにしても、ノイズの群れに落とされるところまで中継されていたのだから、生き残った=特殊能力持ちであることは容易に想像がつくような・・・そこは突っ込むだけ野暮か。
1期でも、今回の「シンフォギア奏者は秘匿されている」という設定でも、シンフォギアを装着すると通常時とは異なる外見として認識されるということだと思うのですが、緒方さんは普通に見抜いていたよね。緒方さんすごい。


02shinfogiag02.jpg
02shinfogiag03.jpg
02shinfogiag04.jpg

そしてカッコいいSAKIMORIさん。1期と比べて圧倒的に良くなったのが戦闘シーンですね。作画的な意味ももちろんありますが、流れるような動作で攻撃しているのもいいですね。アクションゲームにおける近接の射程長めな大型武器としての特徴と、連撃に繋げる技術力が上手く表現されていたのではないかと。


02shinfogiag05.jpg
02shinfogiag06.jpg

ナンジョルノキター!!
fripSide以外だと歌声が可愛い。武器はかなりエグいのにねぇ。チェインソーって物を断裂させるという一点では最高クラスですしね。てか、どんな聖異物なのか気になるところ。全く想像がつかないですわ。

それにしても2話時点で挿入歌4曲ですか。1期にもまして全力ですな。


02shinfogiag07.jpg
02shinfogiag08.jpg

2話で絶唱をぶちかますあたり、やっぱりシンフォギアですね。絶唱が最終手段な自爆技だったのは遥か昔、いまや普通の強攻撃になってるww この調子だと絶唱以上の大技が出てくるのですかね。限定解除モードもありますし。
なお、今回のコンビネーション絶唱は「S2CA try burst」というそうで。tryと入ってますし、やはり試作品か。

※追記
技名の「トライ」はTRIで3を意味してるんじゃないかとツッコミを受けました。言われてみればそんな気もする・・・しかし、1話で響嬢はクリスと二人しかいない場面でテスト中の新技の話していたんですよね。新技=S2CAなんとかなら3という意味ではなさそうですが・・・どうなんでしょうかねぇ。



02shinfogiag09.jpg

何が驚いたって、響さんの過去が今まで一切語られていないことに気がついていなかった自分に驚きました。響さんはホモ・サピエンスを超越した強靭な精神を持つビッキーという生命体だと認識していました。彼女の精神を突き崩せるのは嫁である未来だけなのかなって。本気でそう思っていたんです。今回のも「トラウマがあって1期にあれだけ暴れたのかよw」としか思えぬのです。


それにしても奏者が敵なら指令がパンチして全部解決するんじゃね?とか思っちゃうのは野暮かな・・・w
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris- 体験版感想。

公式HP。
http://www.project-navel.com/otomeriron/

「乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-」の体験版をプレイしたので感想でも。前作「月に寄りそう乙女の作法」は当然プレイ済みとなります。


・絵。

otomeriron02.jpg
otomeriron01.jpg

メリルちゃん可愛い。西又葵せんせーの絵がグレードアップしている気がします。
その他のキャラクターも安定しており満足以上。私個人、パリへ行ったことがないので背景などの世界観が良く出来ているのかはわかりかねますが、異国情緒は十分に出ているかと思います。
あと、りそな嬢のセンスは私の想定の斜め上を行ってます。まあ、そもそもゴスロリだしね。


・システム。

configは充実、skip速度も遅くなく、シーンスキップも完備。敢えて足らないとすればバックログからのジャンプ機能位でしょうか。
なお、立ち絵は全く動かないのはご愛嬌。最近はよく動く作品も増えてきましたから寂しいと感じてしまうのも事実ですが、まあ減点要素にはならないでしょう。


・シナリオ。

すごく面白いです。製品版にも期待が持てます。以上!

・・・だけだとあんまりなのでもう少し書こう。


otomeriron03.jpg

テーマというか、製作者側がこの作品で表現したいものは、かなりはっきりと明示されています。
己の意思によって、心の持ちようによって、世界の在りかたが変わる。それは精神世界の話ではなく、現実でのお話。だから意思に因ってといっても、それは実体を伴わない変化である。そんな思うままにならない冷たい現実でも、周囲と力を合わせれば変えていける──

言葉として書き起こすとこんな感じでしょうかねぇ。ご都合主義に一石を投じる、とは言い過ぎかもしれませんが、居心地の良かった桜屋敷とは真逆に近い方向性を持ってます。
所々で挿入されるギャグのノリはかなり良く、笑いという面でも楽しめますが、いわゆる「萌えゲー」を期待すると、テーマからきている雰囲気の暗さに圧倒されてしまうかもしれません。まあ、逃亡者が見ず知らずの土地で生活を始めているという設定ですし、元々つり乙のBADENDからの派生となりますしね。プレイ動機が「りそなタン可愛いよう公的資金注入したいよぅ」だけだと体験版部分だけで挫折するかも。

細かい設定で矛盾を感じたり、ルナ様の回想が多すぎだろとか思ったりもしますが、些細なことかな、と。・・・この調子でどうやってりそな嬢以外のルートに分岐するんだ?と考えてしまうところもありますが。
繰り返しにはなりますが、総じて大変期待できる内容でした。7月末の発売が楽しみです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

おかいものの記録。

久しぶりに秋葉原へ行ってきました。今日は実に暑かった・・・。以下、本日の戦利品。


DSC_0009_20130707232006.jpg
DSC_0010_20130707232008.jpg

まずは本屋でお買い物。
ユースティアは最近プレイしたから、ということで。
あとは狗神煌さんの画集も見かけたから購入。デジタル媒体が多い世の中ですが、画集の満足感は色褪せずに素晴らしいと思う。忙しくてまだほとんど中身を見れていないですが、ゆっくり楽しもうかと思います。


DSC_0011_20130707232008.jpg

あと、一昨日開店したという「CHABARA」にも行ってきました。日本全国の食材が売っているお店です。写真のものは長野県産のはちみつで山桜蜜という種類。熟成期間は3年だそう。癖の強さではアカシア12年ものが凄まじい味でしたが、濃厚かつ癖がやや少ないこれを購入。ちょうど砂糖を切らしていたので、ヨーグルトに混ぜて食べようかと思います。ちなみに150gで2100円。

DSC_0012_20130707232001.jpg

フカヒレ。実は「フカヒレが入っているらしいスープ」は飲んだことがあるものの、フカヒレの姿煮は食べたことがないのでお試しで購入。お値段1000円。なお、売り場には15000円の大きな姿煮もありましたが、誰が買うんでしょうね・・・?

DSC_0013_20130707232003.jpg

塩豆大福。試食してみたら非常に美味しかったので購入。写真は撮っておりませんが、静岡のお茶も購入したので明日か明後日あたりにお菓子タイムを楽しみたいところ。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

戦姫絶唱シンフォギアG 第01話 「ガングニールの少女」

01shinfogiag02.jpg
01shinfogiag06.jpg

シンフォギア2期の感想を書こう。アニメの個別感想を書くのは1年ぶりですかねぇ。

一目瞭然ですが作画がすごくパワーアップしました。2期の作品は予算がもらえやすいのか、総じて作画が良くなる傾向がありますが、その中でもシンフォギアは上昇幅が大きいです。
そして、クリスが可愛すぎると思う。これは卑怯。


01shinfogiag04.jpg
01shinfogiag05.jpg

戦闘シーンも総じてパワーアップ。動きが多いシーンですから、前述の作画の向上の恩恵を強く受けていますし、あの独特のカットインが違和感無いように構成されているのはいいですね。ノイズを撃退するのも戦略をもって行っていますし。
1期の初期の戦いなんて「とりあえず動けるうちは殴っとけ」でしたし。


01shinfogiag11.jpg

「ノイズに火器類の兵器は通じない」

そんな設定があったはずなのに、未だ通常兵器で立ち向かおうとする軍人な方々。この「戦場のシーンなんだからとりあえず軍人に銃撃たせておけ」という潔い(?)姿勢は相変わらず。突っ込んだら負けなのでしょう。


01shinfogiag07.jpg
01shinfogiag08.jpg

翼は新キャラとライブ。SAKIMORI業は今回はお休み。

何よりシンフォギアらしさを感じたのはマイクです。目測で1.2m位の杖みたいなマイクを振り回しながら歌うんですよ。絶対歌いにくいだろそれww 今まで一緒の舞台に上がったこともない即席コンビの二人でよく事故が起きなかったものだなとw


01shinfogiag09.jpg

ライブ会場が俺らで埋め尽くされているのはいつものことです。

それにしても全体的にサイリウムの輝度が高いように感じるのは気のせいでしょうか?全員揃って市販サイリウムの中では最高クラスのものを振り回しているように見える。


01shinfogiag03.jpg
01shinfogiag10.jpg

響さんにせよ、新キャラのマリアさんにせよ聖遺物はガングニールなのに槍を持ってないのよね。奏は槍を持ってたはずなのにどうしてこうなったw 
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

天色*アイルノーツ 体験版感想。

公式HP。
http://yuzu-soft.com/ja/amairo

ゆずソフトの最新作「天色*アイルノーツ」の体験版をプレイしましたので、感想でも。


・絵。

airuno-tu02.jpg
airuno-tu03.jpg

今作も変わらず綺麗です。逆に言えば前作「DRACU-RIOT!」とはあまり差を感じず。
立ち絵は相変わらずとても良く動きます。こちらについても素晴らしい。
その他、背景などについては普通・・・ですかねぇ。若干ファンタジーっぽい雰囲気が出ていて悪くはないのですけど。そういや、過去作品のキャラクターをモブとして出してくるのが通例でしたが、アイルノーツでは今のところ見ていないですね。


・システム。

configは詳細な設定が可能ですし、ウインドウの大きさは可変であるなど、大変充実しております。
一点、気になったのは全体的なシステムの「重さ」。1280×720のウインドウでは快適に動くものの、ウインドウを大きくしたりフルスクリーンにすると動きが鈍くなります。特にフルスクリーンですと常時CPUを40%ほど使うなどエロゲにしては破格の重さに。プレイ中でもバックログを開くと使用率が一桁に落ちるので、原因はスクリプトなんですかねぇ。画面の大きさにも依存しているので、描写を全部CPUで賄う設定になっているのかも。当然skipも遅いですが「次の選択肢へ」があるので許容範囲なのかな。


システムに関してのお話なので、関係ありそうな部分のPCスペックも晒しておきます。

CPU:i5-3570k
MEM:PC-12800 16GB
GPU:GTX680
SSD:Crucial m4 256GB
ディスプレイ:PB278Q(解像度:2560×1440)

Sunday-EとかXeonを買えば幸せになれるのだろうか・・・うーん。全力でCPUを消費しているわけでもなし、APUのほうが無難に動きそうな予感も。


・シナリオ。

シナリオはストレス要素を排除し、ただただ「ヒロインの魅力と甘いシナリオをお楽しみ下さい」と特化した設計になってます。設定は設定として割り切りましょう。島が浮いている理由とか水が豊富にある理由とかは深く考えてはいけないのです。ただ、空に浮いているという実感が全くのは如何なものかと思いますけれど。
ヒロインについては魅力的に描かれておりますが、シャーリィの変態さと夕音の従属願望についてはゴリ押しに近いところもあり、満点とは言いがたい印象。オタクオタク言い過ぎですし。全体的に「キャラクターは可愛いけれどやや薄っぺらい」かなとは感じました。いやまあ、可愛いんですけどね。すごく可愛いんですけどね!

ゆるゆるな世界観なれど、主人公はトラウマあり、ライゼルグの希少性、ヒロインは他種族であることなど燃料はかなりあるので、後半の盛り上がりには期待したいところです。外部ライターも動員してますし。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

否定されまくってますが。

マクドナルドが数量限定で1千円バーガー 3種類を順に1日限りで販売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130702-00000543-san-bus_all

最近ネットで叩かれまくっているマクドナルド。今回のこの1000円バーガーも「高すぎる」「1000円払うなら定食屋に行くわ」なんていう意見が氾濫しておりますが、私個人の感想としては、素直に美味しそう買ってみたいと思う内容です。特にトリュフソースの「ブラックダイヤモンド」あたりは食べてみたいですね。
問題は一日限定、しかも土曜日であるということ。マクドナルドへ行くためだけに外出する気にはならないんですよね(しかも、近所にマクドナルドがないという・・・) 何かしらの用があればついでに食べに行くかもしれません。


記事全文。
 日本マクドナルドは2日、ビーフパティ(牛肉ハンバーグ)の分量が通常品の2・5倍ある大型ハンバーガーの「クォーターパウンダー」シリーズの特別企画として、高級食材を使った商品3種類を順に1日ずつ数量限定で販売する、と発表した。1個1千円で、全国のマクドナルドで各30万食を販売する予定。

 この商品は「JEWELRY(ジュエリー)」と名付けた。今週から3週間続けて毎週土曜日に発売する。7月6日販売の「ゴールドリング」はビーフパティにスモークした厚切りベーコン2枚とグリルしたパイナップル、バーベキューソースを合わせた。

 13日販売の「ブラックダイヤモンド」はグリルしたマッシュルームとタマネギに、トリュフを贅沢に加えたソースを使用。20日販売の「ルビースパーク」は、5枚の特製チョリソにハラペーニョを練り込んだペッパーチーズで、スパイシーな味わいに仕上げた。

 いずれもポテトのMサイズとドリンクのMサイズ付きセットなら1200円。3商品は宝石箱にみたてた白い箱に収め、さらに白い紙袋に入れて提供。紙袋の中には、商品の詳細を記したカードを添えるなど、高級感を体感してもらうための細かい工夫も凝らす。

 原田泳幸会長兼社長は商品発表会で、「3商品はあくまでキャンペーン」と、高価格路線への転換ではないと強調した上で、「これだけの商品をこの価格、このスピードで30万食も提供できるのはマクドナルドだけ。お客様に比類ない店舗体験を楽しんでいただき、売り上げだけでなく、マクドナルドの魅力向上につながれば」と話した。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

温泉旅行記。

6月上旬に草津温泉に行ってきましたので簡単にレポートを。


DSC_0002_20130701232230.jpg


朝6時半に家を出発して、上野を経由して高崎へ。上野から高崎までは高崎線一本で行くことができます。所要時間は1時間40分程度と、東海道新幹線と比較すると東京名古屋間と同じくらいではあるのですが、座席の差かお尻が痛くなりました。やはりスーパーエクスプレスは偉大であることを実感したローカル線でした。


DSC_0004_20130701232233.jpg

群馬と言えばヤマダ電機創設の地だと聞いて一枚。この駅前のヤマダ電機が一号なのかどうかは知りませんけれど、町の様子と比べると明らかに大きいような。


DSC_0022_20130701232240.jpg

友人の車で草津まで。写真は道中にて適当に。
当然ですが、都内のものとは比較にならないくらいに緑が濃いですね。初夏の香りもあって大変に良かったです。ただ、木々が生い茂りすぎて近くを流れていたらしい渓流が全く見えなかったのはご愛嬌。


DSC_0031.jpg

橋(高速道路のかな?)の建造中を一枚。珍しい気がしたから撮ってみた。そうでもない?


DSC_0050.jpg
DSC_0054.jpg

草津温泉到着。
写真は有名な湯畑。湯の花の採取と湯の温度を調節するためのものだそうで。湯畑というものを初めて見たので比較は出来ませんが、流れている湯量を見るだけでも日本トップクラスの温泉地であることを察することが出来ます。硫黄の香りが素晴らしい。


DSC_0062.jpg
DSC_0067_20130701232405.jpg

蕎麦が名物なのかは知りませんが、とりあえず蕎麦屋が多かったので蕎麦屋へ。盛り蕎麦とまいたけの天ぷらウマー。まうまうまうまう・・・。
明らかな観光地価格ではありましたが、緑と硫黄の香りに包まれての飯は美味いので満足でした。なお、この後温泉めぐりをするということで、アルコールは我慢。


DSC_0070_20130701232359.jpg

アルコールは我慢しても温泉饅頭は我慢できない。仕方がないね。


DSC_0092.jpg
DSC_0111_20130701232541.jpg

西の河原温泉へ。緑の温泉藻が美しい。流水から熱気が伝わってくるのがすごくいいです。冬場に訪れたい場所ですね。これは。
そのまま巨大露天風呂である「西の河原露天風呂」に入ってきました。こちらは露天風呂のみで洗い場などは一切ない男らしい設計。しかしまあ、露天風呂って外にあるために色々なものが混じってますし、簡単な洗い場くらい整備するべきなんじゃないかと思ったり。更衣室も蜘蛛の巣が張っていたりとお世辞にも清潔とはいえない状態でしたし。今後、草津でこの露天風呂を狙う方はその後に行く温泉まで念頭に置いておいたほうがいいと思います。オススメは後述する「大滝乃湯」(or「御座之湯」)

DSC_0114_20130701232538.jpg

夏場に温泉に入ったら、ソフトクリームを食べなければならないと思う。ちなみに写真は「温泉卵のソフトクリーム」。お味はカスタード風味のソフト・・・そのまんまですね。


DSC_0118.jpg

旅館に戻って夕食。ええ、食べてばっかりです。
写真見ていただければわかると思いますが、分量が凄まじいです。外で温泉卵なんて食べる必要なかったんや!と叫びたくなるレベル。
旅館はどちらかと言うと安い宿を狙ったのですが、お食事については非常に高い評価を出せる宿でした。天ぷらや鮎の塩焼きなど和食のメニューが多い中、グラタンなど一風変わったお食事だったので、純粋な和食でないとというこだわりがある人以外なら楽しめる内容だったかと。私はとにかく満足です。


DSC_0132.jpg
DSC_0157.jpg

夜の湯畑へお出かけ。ライトアップされた湯気が美しい。
夜でも人が多く賑やかで、さすがの観光地!でした。人々の顔に活気を感じます。東京だと夜に見るのって元気な若者か、疲れた社畜の二択ですからねぇ。私は勿論後者です。悲しい。


DSC_0145.jpg
DSC_0163.jpg

神社の階段もライトアップ。描かれているのは草津のオリジナルキャラクター(?)っぽいです。今時ライトアップはLEDが大半だと思うのですが、ここで使われていたのは蝋燭でした。本格的ですね。


DSC_0180.jpg
DSC_0172_20130701232657.jpg

湯畑から一本奥に入った路地も雰囲気が良いです。さすが観光地(ry
ちなみに観光客が大勢いると言っても、デジタル一眼カメラを持ち歩いている人は殆どいませんでした。オートサロンに行く人々とは人種が違うのですねわかります。

この後、日本酒を飲んで就寝。朝早くの出発だったこともあってか、0時前には眠りに落ちてました。


DSC_0186.jpg

朝食。昨晩に続いて凄まじい量です。普段朝食を食べない人間にとってはなかなか暴力的な量です。・・・ちゃんと完食しましたとも。朝も納豆などの和食中心かと思いきや、洋食成分多めでした。今思えば、全体的に薄めに味付けされていたことが食べきれた理由なのかもしれません。


DSC_0192.jpg

二日目は大滝乃湯へ。こちらは先日の露天風呂と異なり、しっかりとした施設になっております。日帰りで草津の湯を楽しみたいならここに来ればいいんじゃないかと思います。こちらも露天の開放感は素晴らしいものがありました。惜しむらくは訪れたのが6月であったこと。熱くて暑い。

実は、西の河原露天風呂・大滝乃湯・御座之湯の三箇所合算の入湯券を買っていたのですが、御座之湯は入らず仕舞いでした。今度訪れたときのために御座之湯はとっておくことに。遠方から訪れた方はこの三箇所合同チケットは買わないほうが無難です。三箇所巡るのは結構きついです。


DSC_0194.jpg

お昼ごはん。朝、満腹まで食べたのにまだ食べる。舞茸の天丼ウマー。結局食事録だよねとか言っちゃ駄目。

お昼ごはんを食べた後は草津を離れて帰路へ。行きもそうでしたが、家を出てから草津までの総移動時間はだいたい6時間くらいですね(途中の休憩も含めての数値です)
今回は土日だけの強行軍でしたが、関東発で草津を巡りたい場合は3連休にしたほうが無難かも。それが難しいのが社畜というものなのでしょうけれど。日帰り草津はたぶんすごく大変です。

とにもかくにも怒涛のような草津温泉旅行でした。おしまい。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |