煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

偶にはまともにグルメを書こう。

通わせてもらってるイタリア料理店にまた行ってきたので、感想でも書いてみる。
なお社畜生活を終えて金曜夜はそのままERG Nightに参加して徹夜、朝帰宅して仮眠を取ってから突撃してきました。食事を楽しむための体調からは程遠い状況でしたが、楽しい2時間でした。


IL TEATRINO DA SALONE
http://ilteatrino.jp/ilteatrino/casa.html


サローネさんは月替わりのコースが主力っぽいのですが、私がいつもお願いしているのはランチ限定の「イタリアを旅するコース」というものです。イタリアの特定の州をピックアップして、その地域の伝統的な料理を出すというのがコンセプトなのだそう。お値段は税・サービス料まで込みにすると8000円弱です。アルコールを入れると約1万円。
四半期ごとにメニューが変わり、今期はイタリア北東部のフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州がテーマでした。この地域は国境が近く、ドイツやオーストリア、アジア圏の文化が強く反映されているのが特徴とのことです。

さて、料理のご紹介。

・フリコ

DSC_0006_20140928224505474.jpg

最初の一皿。ジャガイモとチーズを混ぜて焼き上げ、その上にプロシュートとチーズをかけたお料理です。チーズの香ばしさが嗅覚を刺激してくれて大変にウマーでした。


DSC_0002_20140928224619527.jpg

なお、乾杯で飲んだシャンパン。シャンパンについて明るくないので銘柄については割愛します。


・カルダイア

DSC_0009_20140928224506a39.jpg

前菜ですが、珍しく肉料理です。豚の各部位を四隅にあるマスタードやサワークリーム和えの野菜でいただく料理でした。お肉は4時間ほど煮込んでいるとのことで大変柔らかく、フォークだけで切ることができました。お肉ということだけあって物量があり、また4種類の味が楽しめるということで満足いく一皿でした。
なお、アルコールとの相性は凶悪。自分は白ワインでいただきましたが、ビールや赤ワインも大変合いそうです。


・ヨータ

DSC_0014_201409282245026af.jpg

うずら豆とサワークリームを使ったスープ。スープといっても殆ど固形物で構成されてました。日本で言うところの味噌汁に近い食べ物だそうで、地域の一般家庭で作られる料理で素材も過程によって違うそうです。
スープそのものはそこまで特筆するべきものでもないのですが全粒粉のパンとの組み合わせは素晴らしく、「これが日本でいうところのお米と味噌汁かー」と感じました。


・タリアテッレ アル リモーネ

DSC_0018_20140928224502a4d.jpg

パスタ一皿目。バターとレモンで味付けしたパスタの上にタラの塩漬を乗せたもの。あちらでは塩漬の魚介類をバターで味付けして食べる文化があるとか。
味のほうはもう美味しいとしか。塩と脂とレモンですよ?最高じゃないですか。生きてて良かったと思える味です。


・チャルソンス

DSC_0021_20140928224512a2c.jpg

パスタ二皿目。なんとリコッタチーズとシナモンとグラニュー糖で味付けした甘いパスタでして、ここ最近でも一番の驚きを与えてくれた一皿でした。甘いのですがチーズの味がしっかりしており、デザート的な甘さではなく主食としていただけるパスタでした。シェフ曰く「イタリアで甘いパスタに出会ったのはここだけ」だそうで、パスタを二皿用意するコースだから出せた料理で、一皿だと出す勇気がないとか何とか。
お味のほうですが――美味しいんですよ。明らかに別文化の味付けではあるのですが、素直に「美味しい!」と言える味わいでまた味覚の幅が広がりました。


・・・なお「リコッタ」と聞いて某エロゲブランドを思い出してしまうのは仕方がない。ジョスト芸ですね!とか思ってない。


・グーラッシュ

DSC_0025_20140928224619a01.jpg

メインのお肉料理。仔牛の煮込みです。写真では認識不可ですが、上にかけられたクミンが味を引き立てており、言うまでもなく美味しかったです。幸せ。

このコースは春も夏もお肉は大理石の板の上に乗せて出てきたのですが、そのパターンだと「焼く」ということしかできず、また出せる素材の種類も限られるということで、今回は煮込みになったとのこと。

DSC_0035.jpg

参考までに、夏コースの肉料理の写真を載せておきます。こっちはこっちで豪華さが半端ないです。


・グヴァーナ

DSC_0028_20140928224627718.jpg

デザート。くるみとシナモンと林檎を織り込んで焼いたケーキにアイスを添えてます。


・エスプレッソ

DSC_0031_2014092822462555c.jpg

食後の一杯ですね。カップが格好良すぎて惚れます。
なお、飲み物はコーヒー、エスプレッソ、カフェオレ、紅茶、ハーブティ(だったかな?)の中から選べます。写真のは目を覚ますためのエスプレッソ。



そもそも強い不満があったら通わないですしこんな風にレビューも書かないので、結論としては「大変満足できるお店」であるところは揺るぎないです。夏のナポリの料理も大変満足いくものでしたが、この秋のコースは満足の上を見せてくれており、素晴らしいとしか言うほかないですね。
あとは・・・月並みですが、食費的な意味で頻繁に通うのは難しいというのと、駅から遠くて行きにくいが難点ですかね。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

南十字星恋歌 Southern Cross Love Song 体験版感想。

公式サイト。
http://www.studio-ryokucha.com/nankoi/index.html

9/26に発売予定のすたじお緑茶の新作「南十字星恋歌 Southern Cross Love Song」の体験版をプレイしましたので感想でも。
インストールしたのは半年くらい前だったのですが放置し続けた結果、発売直前のプレイとなりました……。


・絵。

minaren01.jpg
minaren02.jpg

原画陣は恋色空模様と同じで、質の高い可愛いキャラクターを描いております。公式HPに紹介されているだけでも20人弱のキャラクターがいるにも関わらず、複数原画にしていないため安定感がすごいですね。メインヒロインたちの登場シーンはそれぞれ縦長のCGが用意されているなど気合が入っています。立ち絵の表情も豊か。
対して気になったのがCGの表情差分の少なさ。テキストと表示と差異がみられる場面が散見されました。他がしっかりしている分、目立ってしまうなと。


・システム。

configは十分以上。基本的な設定はもちろんのこと、ショートカットキーの割り当てなども実装しており、文句なし。ウインドウサイズは可変と固定を選択可能、skip速度はそれなり。
演出は相変わらず凝っており、台詞に合わせてテキストウインドウが動くのも相変わらずです。ただし、台詞の途中で立ち絵はほぼ動かなくなっており、恋色空模様と比べると控えめな印象。個人的にはこのくらい落ち着いているほうが好きですね。
テキストウインドウが固定されていない関係で各種コマンドが画面内に表示されず、邪魔なものがないのは良い反面、セーブやロード画面まで2クリック必要な点は人によっては文句が出るかも。


・シナリオ。

体験版は各キャラクターと主人公の出会いを順次紹介していく形式。この体験版のためにボイス収録までしているのだから金かけてるなぁと思うところ。

とりあえずギャグのノリでテンポ良く会話が進み、ヒロインたちは初期状態から主人公への好感度が高く、萌えゲーとしては鉄板の流れで構成されています。
主人公の遍歴などの設定を作りこんでおり、キャラクターの行動に厚みを感じられるのは良かったです。ただまあ、説明過多な印象も強く、設定を物語に落とし込んでいくのに苦慮している印象も受けました。演出にも力を入れているのですから、文章だけで頑張らずに自然に場面を描写できるようになってもらいたいところですが……。このあたりは善し悪し全部含めてメーカーのカラー、ですかね。

で、


minaren03.jpg

ああうん、これはまた陰謀とかそんなのに巻き込まれるフラグですねよくわかります。

姫様、騎士様、天才少女、大企業重役の娘、クラッカーとヒロインたちもそれなりの設定を持たせておりますが、やはり学生集団が政治的経済的なフィールドにて闘争を繰り広げるのは相当に難しい部分があるので、正直このあたりは不安ではあります。恋色も頭を抱えたくなる展開が多々ありましたし。どうなることやら。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

お兄ちゃん、右手の使用を禁止します! 体験版感想。

公式サイト。
http://glace.me/galette/products/right/

9/26に発売予定のGaletteの新作「お兄ちゃん、右手の使用を禁止します!」の体験版をプレイしましたので感想でも。

Galette作品は初めてですが、GLacé/Galetteという括りですと「恋式マニュアル」以来のプレイとなります。


・絵。

onikin01.jpg
onikin03.jpg

幼女は可愛い、幼女は正義。巨乳なんて要らなかったんや・・・!という潔いラインナップです。キャラクターデザインが幼いのはもちろん、塗りも淡くて良い具合です。年下メインの萌えゲーとしては「ザ・王道」といったところですね。
原画さんが2名ということで並べると若干の差を感じますが、概ね許容範囲内でしょう。というかシナリオの構成上、妹が複数並ぶのはプロローグ(とハーレムルート?)くらいなものでしょうし。

画像一枚目のように、立ち絵はかなり特殊なものが用意されており、キャラクターを印象付けるポイントとなっており大変に良いです。これは他のメーカーさんにも広まって欲しいですね。
その他、入浴時や就寝時には髪が下ろされているなど非常に隙が少なく仕上げられており、期待できますね。


・システム。

configは必要なものは全て揃っており、選択肢固定なども用意されており不満を感じることは少ないかと思います。ただし最近みかけるタブレット端末への対応は行われていない様子。
ウインドウサイズは可変、skip速度は比較的遅いので注意。


・シナリオ。

兄が右手を怪我、怪我が治るまでは妹たちが世話をすることに――ですが、兄である主人公だけが近所のアパートに一人暮らし、そしてそのアパートはほかは誰も住んでいない、兄の怪我は捻挫程度しかし心配だから外出禁止等々、都合の良い設定が敷き詰められており綺麗な箱庭が形成されております。
いやはや、「学生の身分だけど学校に行かなくていい、ずっとゴロゴロしていていい、可愛い娘が世話をしてくれる」とかそりゃ有無を言わさず羨ましく感じますね。うん。

内容としてはその日世話してくれる妹を一人選択し、その相手と甘々な生活を送るだけ、です。食事や入浴など世話をして貰えたりナチュラルに性的な一線を越えたりと、もう羨ましいなコンチクショウという内容で敷き詰められており、濃縮された萌えを欲している人には最適な作品なのではないかと思います。



しかしまあ、他メーカーの作品ですが、妹、心地よい箱庭、そして橘まおさんと姫川あいりさんのあたりから、MOONSTONE Cherryの「妹ぱらだいす!2」を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか・・・?
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

お買い物の結果。

秋葉原へいってきました。夏コミ後の同人誌漁りのために8月中旬に一度行きましたが、そういうタイミングなので当然の如く混んでいたので、ゆっくり買い物を楽しめたのは久しぶりです。・・・やはり同人誌にさして興味のない私にとって祭典後は鬼門である様子。

んで、買ってきたものですが、

DSC_0001_20140902233218d04.jpg

イノセントガールVFB。本日の主目的その1です。
シリーズ前作のピュアガールと異なった方針(エロ重視→ギャグ・シナリオ重視)にしたためか、どうにも世間的な評判はそこまで高くないっぽい本作ではありますが、私は大好きです。どのくらい好きかというと、今年発売された作品の中で一番起動回数が多いくらい、ですね。適度にゆるくて綺麗な世界というのは良いものです。

フロントウイングのグリザイアシリーズは、社畜極まっていてエロゲを一切プレイしていなかった時期に始まったシリーズで、初動でのれなかった関係で一切触れていないのですが、アニメ化もするらしいですしこれを機にプレイしてみるのもありなのかもしれません。


DSC_0002_20140902233220e06.jpg

Clover Day's VFB。
あまり買う予定はなかったのですが、見かけたので確保。
こちらは発売してから早1ヶ月が経過しており、そもそも需要が大きくないVFBが山積みで売り場に置かれていたあたりに危惧を感じえずにはいられませんが、大丈夫なんでしょうか。

DSC_0003_20140902233225d01.jpg

手に入れたからには、クロハとやっぱり並べますよね!
10年の時を経てClover Heart'sを焼き直してくれたあたりは非常に感謝してます。


DSC_0005_20140902233225484.jpg

紺野アスタ氏のライトノベル処女作。本日発売であり、今日のお買い物の主目的その2です。
アスタ氏が担当されてるシナリオは理屈が根底にあってそれを綺麗に包み込む丁寧なシナリオ、という評価なのでノベルでも期待してます。今週末に友人と温泉旅行に行く気配なので、その道中で読みたいな。

それにしてもライトノベルを買ったのは久しぶりです。もう数年前の話にはなりますが、当時手に取っていた作品が軒並み同じような雰囲気の話だったためライトノベルそのものに飽きてしまったという思い出が。


DSC_0006_20140902233216f12.jpg

おまけ。DRACU-RIOT!の漫画があったので勢いで購入。
どこにも18禁という表記がないにも関わらず、中身がエロ一直線で笑ってしまいましたw エロゲ原作とはいえ、一切の表記無しで全年齢の書籍に紛れて売っていい内容ではない、ような・・・。梓さんは相変わらずエロ可愛い。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |