煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

これが日本という国家なのですね。

中国人船長釈放 首相「地検の判断」「冷静に双方が努力」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000133-san-pol


船長を拘束し続けることと、開放すること、どちが正解なのかはわかりません。強気の態度をとり続けることを是とする意見が多数を占めますが、経済的に日本が大きく中国に依存しているのは紛れもない事実ですしね。

それよりも、
>国内法に基づいて粛々と判断した結果だ
>検察が国内法にのっとって対処したということであり

というのは「尖閣諸島は領土ではない」「海上保安庁の船に激突しても罪にならない」「圧力をかければ逮捕されても釈放される」ということが国内法に記述されているということだと思うのですが、どこに記述されていて、どこに検察が判断できる要素があるのか話を伺いたいところです。
尖閣諸島の利権を売り払ってでも中国に媚びるというのなら、検察の判断とか言って逃れるのではなく、責任を持ってはっきりと表明してもらいたいものですね。一応、融和政策は歴史が立証している一つの方向性なのだから。
国民がそのような政権を選ぶかは知らないですけれど。


記事全文。
 【ニューヨーク=酒井充、松尾理也】菅直人首相は24日午後(日本時間25日朝)、ニューヨーク市内で記者会見し、沖縄・尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件で、那覇地検が中国人船長を釈放したことについて「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ」と述べ、あくまでも地検独自の判断であると強調した。

 今後の日中関係への影響については「国際社会に責任を持つ重要な隣国であり、戦略的互恵関係を深めるため冷静に双方が努力していくことが必要だ」と述べ、中国政府を刺激しないことを最優先させる考えをにじませた。

 前原誠司外相も、ニューヨークで記者団に「検察が国内法にのっとって対処したということであり、決まったことについてとやかくいうことはない」と発言。中国外務省が謝罪と賠償を求めたことに関しては「詳しく把握しておらずコメントは差し控える」と述べた。

 これに関連し、民主党の鉢呂吉雄国会対策委員長は25日のテレビ東京の番組で、船長釈放について「いろんな受け止め方があるので、国会でも司法当局から説明を受けることは必要だ」と述べ、10月1日召集の臨時国会で検察当局から事情を聴く考えを示した。

 このほか首相は会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題について、基地負担軽減に取り組むことを明言する一方、「沖縄の理解がなくては(5月の日米合意は)具体的に進められない。誠心誠意、努力したい」と述べるにとどまった。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<とある魔術の禁書目録Ⅱ 第01話 「8月31日(さいごのひ)」 | 煩悩と惰性。 | ぐるめれぽーとですねわかります!>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。