煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

付加価値の凄まじさ。

「午後の紅茶」販売が過去最高、1997年の記録を13年ぶりに上回る。
http://www.narinari.com/Nd/20110114852.html

キリンビバレッジは1月11日、紅茶ブランド「午後の紅茶」の2010年販売実績が4,410万ケースとなり、1986年の発売以来、過去最高を記録したと発表した。
2010年の「午後の紅茶」は「紅茶のおいしさ、ひろげよう。」のテーマのもとに、「エスプレッソティー」などの新しいタイプの新商品の投入や、定番3アイテム(「ストレートティー」「レモンティー」「ミルクティー」)をリニューアルしたほか、新たな紅茶飲用シーンの提案などを行ってきた。その結果、販売実績は2009年の3,788万ケースをはるかにしのぐ、4,410万ケースに。これは1997年に記録した4,370万ケースを上回る、過去最高の記録だ。

この記録更新には、昨年10~11月にローソンで行われた「けいおん!!フェア」も貢献している。同フェアでは「午後の紅茶」の購入本数に応じて「けいおん!!」関連グッズ(フィギュア、Tシャツなど)が当たるゲームに挑戦できるキャンペーンを実施し、ネットでは100本単位で購入したとの報告が相次いだほど。実際、店頭から「午後の紅茶」が一時姿を消していたローソン店舗もあった。

今年は「午後の紅茶」発売25周年という大きな節目。キリンビバレッジは今年も、昨年に引き続き紅茶の新たな飲用シーンを続々と提案していくという。どのような展開が待ち受けているのか楽しみだ。



京アニはその気になれば日本を動かせる気がする。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<とある魔術の禁書目録Ⅱ 第14話 「水の都」 | 煩悩と惰性。 | 魔法少女まどか☆マギカ 第01話「夢の中で会った、ような…」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |