煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

魔法少女まどか☆マギカ 第05話 「後悔なんて、あるわけない」

05madoka01.jpg
05madoka02.jpg
05madoka03.jpg
05madoka04.jpg
05madoka05.jpg
05madoka06.jpg

・ほむらはきゅうべぇと契約した魔法少女と言えるし、違うとも言える。とりあえずイレギュラーな存在。
・魔法少女になると救われる望みなんてない。交わした契約に縋るしかない(ほむら談)
・交わした契約の種類によって、魔法少女としての特性が決まる。さやかの場合は、上条くんを治すために契約したから治癒能力が高い。
・魔女の使い麻が成長すると魔女になる。魔法少女が魔女になるわけではない?
・新キャラの杏子はさやかと敵対。さやかを助けようとまどかが魔法少女の契約を果たそうとしたときにほむら乱入。

今週の進展といえばこのくらいでしょうか。

この作品の肝はきゅうべぇの目的と世界の理。きゅうべぇがまどかを筆頭とする人々を魔法少女に仕立てたいというところまでははっきりしていますが、ならば何故、彼(?)にとって魔法少女が必要なのか。なんでも願いを叶える力があるというのに。そろそろ彼が本心を語らないと話が進まない状態になってきた気がします。
世界の理というと大げさですが、簡単に言うとほむらという存在の謎。今回のきゅうべぇの発言内容を聞く限り、ほむらは異世界の魔法少女ってことで間違いなさそうです。それが時間軸を遡ってきたのか、隣の世界から移ってきた存在なのか・・・。ほむらが魔法少女になったときの願いの内容が関係しているというのが妥当な線ですが、ならばきゅうべぇは世界を塗り替えることが出来るのに、ほむらのことがよくわからないというあたりで矛盾が生じますし・・・人の願いは叶えられても自分のことはどうにもならないといった制限がきゅうべぇにはありそうですね。

各話のタイトルが4話以外ことごとく噛み合っていないのですが、これは4話の「奇跡も、魔法も、あるんだよ」も逆ってことなのでしょうか。あと、願いがその後の特性になるってことは、命を願いで繋いだマミさんが復活する可能性があるってことなのでしょうか。不死の特性とかあってもよさそうですし。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:2 | ∧top | under∨
<<とある魔術の禁書目録Ⅱ 第18話 「検体番号」 | 煩悩と惰性。 | とある魔術の禁書目録Ⅱ 第17話 「罰ゲーム」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

美樹さやかの戦うべき道。 佐倉杏子の進んでいる道。 それぞれの違いから、彼女達は戦います!! 今期、一番ハマらさせて頂いています。 正直予想以上の展開で大満足!! そして、戦いはいよいよ魔法少女同士の戦いに移ります!! まどかの取るべき道は一体…... …
2011-02-05 Sat 17:02 失われた何か
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想 ... …
∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |