煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

魔法少女まどか☆マギカ 第06話 「こんなの絶対おかしいよ」

06madoka01.jpg
06madoka02.jpg
また今週も、この鬼畜マスコットキャラクターと哀れな少女の人形たちが踊ります。

06madoka03.jpg
06madoka05.jpg
06madoka06.jpg
06madoka07.jpg

今週の進展。
・きゅうべぇはグリーフシードを食べる。
・2週間後にワルプルギスの夜というイベントが起こるらしい。それが終わったらほむらは街を立ち去るらしい。
・さやかはほむら&杏子は完全に決裂。仲良くしようと言うまどかとも喧嘩。
・ソウルジェムは魔法少女の魂そのもので、肉体は付属品。ソウルジェムが100m以上肉体とはなれると肉体は機能を停止するし、肉体がいくら壊れてもソウルジェムさえ無事ならば大丈夫。
杏子の表現を借りると、魔法少女=ゾンビ。
・ほむらが時間操作系の能力があることは間違いなさそう。未来を知っていることからも、時間を遡ってきた可能性が濃厚。


契約時に魂を抜き出すという重要事項を話さないあたり、きゅうべぇ悪魔説が濃厚になってまいりました。人間が魂を肉体と分離させることに嫌悪感を示すのを彼は不思議がっていましたが、だったらなんでもっと早くに話さないのかと。杏子も知らなかったみたいですし。コンプライアンスの重要性を感じるアニメですね。
きゅうべぇは相変わらず「まどかを魔法少女にする」という目的以外はっきりしていません。まどかが強力な魔法少女になるのはきゅうべぇ本人が言っていましたが、魔女戦では一つの隙が命に関わるだけに、一人戦士が生まれても大局に変化はないと思うのですが。それだけまどかの力は強いということなのでしょうか。

対してほむら。彼女は「まどかを魔法少女にしない」という目的以外がはっきりしていません。他の時間軸で魔法少女のまどかがほむらを庇って致命傷を、ほむらはまどかを助けるために、まどかが修羅の道に足を踏み込む前の時点まで契約時の願いで遡った、というのが順当なところでしょうけど、このあたりはほむらの自分語りを待つしかなさそうですね。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<新型CLS。 | 煩悩と惰性。 | とある魔術の禁書目録Ⅱ 第18話 「検体番号」 >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |