煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

これが民主の外交政策ですか。

民主・土肥氏、竹島放棄要求の会見に出席=菅首相「大変遺憾」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110309-00000156-jij-pol

昨年は尖閣の中国人船長を無償解放して、
外務大臣は在日からの献金問題で辞職して、
今度は与党幹部が領有権に関する会合に勝手に出席して、

すごいな民主党。

自民も民主も献金とか癒着とかそういった話は後を絶たないけれど、自己の資産を不当に増大させようとする犯罪以上に、こういった主義主張の人が国会議員をやっているのがすごい。民主の外交は強攻策だの融和策といった方向性以前の問題だと思う。


記事全文。
 民主党の土肥隆一衆院議員が先月27日に「日韓キリスト教議員連盟」の日本側会長として訪韓し、日本政府は竹島(韓国名・独島)領有権の主張をやめるべきだとする同連盟の共同宣言を発表した記者会見に出席していたことが9日、明らかになった。土肥氏は取材に対し、事実関係を認めた上で「発表の場にいたことはうかつだった。共同宣言の内容をよくチェックすべきだった」と述べた。
 日本政府は竹島を「固有の領土」としている。これについて、土肥氏は「政治的には日本の領土だが、話し合いはすべきだ」と述べ、交渉で解決すべきだとの考えを示した。
 土肥氏は、民主党の菅直人首相グループの幹部。首相は9日夜、土肥氏の行動について「大変遺憾に思っている。竹島は日本固有の領土だ」と不快感を表明。「しかるべき形で対応することが必要だ」と述べ、事実関係を調査する考えを示した。
 一方、自民党の大島理森副総裁は同日、党本部で記者団に「わが国の国会議員としてあるまじき恥ずべき行為だ。許されることではない」と土肥氏を批判した。 
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<大地震。 | 煩悩と惰性。 | 魔法少女まどか☆マギカ 第09話 「そんなの、あたしが許さない」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。