煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

Rewrite 感想その三。


真ルートに入る前に、また感想を書いておきます。未プレイの方は回れ右推奨。




・静流ルート。
ガイア、ガーディアン、鍵、魔物、超能力といった、この作品の構成を全部活かして物語を作ろうとして混ぜきれずに空中分解してる印象が。全体的に説明が薄味、伏線が弱いというのがこういった印象に繋がってしまうんですよね・・・シナリオの方向性と味付けがかみ合ってないです。警告を再三聞いているにもかかわらず死地に突撃して死にかける主人公も見ていてイライラするし、静流のキャラの良さもあまり発揮されなかったし、暫定評価では10点中4~5点くらいでしょうか。
静流はルチアルートの方が輝いていた気がしてならない。

・朱音ルート。
なんか明らかに事後くさい描写もあったし、今作におけるエロ担当キャラクターなのは間違いないでしょう。さすが聖女さまだぜ。
他のシナリオとは異なり主人公が目的を持って適切に行動しているためストレスなく読めます。シナリオ間の整合性という意味では間違いなく破綻していますが、そのあたりはご愛嬌。世界を滅ぼす理由がちょっと軽いように感じてしまうのは・・・ご愛嬌では済まされないくらいの違和感がありますが、その他は特段、破綻や違和感なく読めるシナリオでした。10点中8点くらい。


キャラクターの良さに重きを置いているルチア、朱音、ちはやルートでは話がまとまっていて、世界というか状況に重きを置いている小鳥、静流はなんか無理やり話を展開しようとして展開しきれなかった香りが。シナリオゲーと見せかけて、まさかのキャラクターゲーム、今のところrewriteはそんな評価です。さて真ルートでそんな評価をたたき崩してくれることを信じて・・・。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Rewrite 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | DOG DAYS 第13話 「約束」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。