煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ゆるゆり - 第11話 「わたしたちのごらく部」

11yuru02.jpg
11yuru03.jpg
11yuru06.jpg
前半は子供時代の思い出話。
昔は京子が泣き虫、結衣が強気、あかりは存在感があったみたいです。それぞれのキャラクターが現在と異なっており面白かったですね。京子があかりから存在に必要な何かを奪って成長したようにしか見えないのは気のせいか。
ちなつ嬢は幼女時代から暴君でしたが、うん、なんかしっくりきますね。
どっかの正義の味方なアニメキャラに似ているという設定はすっかり記憶の海の彼方遠くまで飛んでいってしまったような。


11yuru10.jpg
11yuru11.jpg
11yuru12.jpg
後半は現在におけるキャラクター崩壊のお話。具体的には京子がお淑やかになるという内容でした。京子一人が変わるだけで話が成り立つあたり、やはり京子が主人k…いやなんでもない。
途中、イイハナシダナーな展開がありましたが、結局のところ「頭を打っておかしくなったのだから、叩けば直る」の理論に落ち着くあたり、いい作品ですw


11yuru15.jpg
11yuru20.jpg
11yuru21.jpg
11yuru22.jpg
安定のオチ型不憫系主人公、アッカリーン。
叩けば直る理論が通用する世界でも木刀や工具で叩いたら割れると思うんだ。頭蓋骨が。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<パルフェ second brew~ Re-order 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | 天使の羽根を踏まないでっ 感想&批評。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。