煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

恋騎士 Purely☆Kiss 感想&批評。

公式HP
http://effordomsoft.com/koikishi/index.html


・音楽。6点。
BGM20曲、Vocal曲が2曲。
曲数は少なめ。記憶にもあまり残らず。

・絵。7点。
CGは計66枚、SDは16枚。CGの内訳はエルシア16枚(9枚)、真奈14枚(7枚)、明莉15枚(8枚)、由宇16枚(9枚)、その他5枚(3枚)という構成。(括弧内の数字はシーンのCG数) 総CG数が66枚、日常CGに限ると30枚しかないのは数字を見るだけで寂しさを感じますが、それ以上にプレイしていると「なんでここでCG入らないのだろう」と感じる場面が多くあります。背景はやけに多く用意されているのに・・・バランスが悪いなぁと。
質のほうは上出来。瞳の描き方がかなり独特なので、それを気に入るかが評価の分かれ目になりそうです。私は最初に違和感を感じましたけど慣れたらむしろ好きになりましたね。

・システム。10点。
cofigは充実してます。これで不満を感じる人はほとんどいないのではないでしょうか。また裸鎧モードはネタとして秀逸でした。

・声優。9点。
特に問題なく。

・シナリオ。5点。
ヒロインが魅力的に描かれている点は他の萌え系ゲームと同様です。無色系主人公にベタボレというわけではないので、ヒロインたちの様々な表情を描けたのは良かったです。具体的に言うとジト目が、とにかくジト目が最高すぎるのです。魅力という点では微ヤンデレ風味な由宇が一歩抜きんでている印象を受けました。共通ルートでも相当ですが個別に入ってからの暴走が大変素敵です。
話が平坦になりやすいジャンルの作品ですが、この作品ではキャラクターたちが騎士として街の警備を行うため、外部から話を進展・展開させる要素を引き込めるというのはよく出来ておりました。主人公たちが格好よく活躍して世間的にも認められていくのは良かったかと。反面、シナリオの中で起こる事件に関してはかなり適当なので深く考えてはいけない様子。いつの間にかチンピラが無数に沸いてきたり、たくさんいるはずの正騎士(主人公が目指している名誉ある職業)の方々は異常なまでに無能だったりしますが気にしてはいけないのです。
この作品の最も悪いところは現実との整合性を求めてしまったこと。組織に所属するものとして独断専行は許されないという認識が話の魅力を奪ってしまいました。主人公が活躍するのは当たり前、でも一学生としての枠を超えられない、という縛りが展開を窮屈にさせてしまい、オチが読めるというかなんというか・・・読んでいて退屈になってしまうんですよね。いっそのこと世界を又に駆けて活躍するだとか、巨大な悪の組織とと戦うだとか、そういった英雄譚にしたらよかったのではないかと。剣術を学んでいて騎士を目指していて熱血タイプの主人公が世間体を気にしながらチンピラと戦うとか無理がありすぎる。

・総評。
凡作~佳作。話の構成は決して悪くなかったが、下手な縛りで魅力を半減させてしまった惜しい作品ですね。
公式によると「騎士娘とのイチャラブ学園恋愛ADV」とのことですが、実際は「騎士系コスプレ娘からジト目で睨まれるADV」なのでジト目が好きな人は是非プレイするべきです。


jito.jpg
このジト目を見てると自分の中の何かが目覚めそうですよね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<最悪の名を欲しい侭にする。 | 煩悩と惰性。 | your diary 感想&批評。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。