煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第10話 「Y.H.混乱してらっしゃる?」

10tomh01.jpg
いつの間にか冬服に。2話3話の頃は半袖だったような。

10tomh02.jpg
10tomh07.jpg
10tomh06.jpg
なんかよくわからないけど、ラード大好きな豚男さんがラードの摂食を邪魔しまくったミルキィに対してキレて、パンドラの壷に封印されていた数多のトイズを吸収してボスキャラ化。

流れは相変わらず混沌としているのだけど、なんだかなぁ・・・やはり1話2話の頃と比べると魅力が減ってしまった印象を受けますね。
・ミルキィホームズの4人に作品のリソースを注いでいるのだから、彼女たちの出番が減れば魅力が減少するのは必然。
・上記に加えて4人の個々に対する描写があまりに少ない。というか4人が別行動を全く取らないのはどうかと。
・前半に関しては展開が読めた。この作品においてオチが読めるというのは致命的なのでは。
・厨二要素とギャグ要素は相性が悪い。
・一話で完結しないと間延びする。全体的にスピードというか情報量が足らない。

1話の頃は「今季最高の作品」の位置づけでしたが、徐々に個人的評価が没落していってるのが悲しい。


10tomh03.jpg
10tomh04.jpg
しかし、ラードにやられる4人はエロイ。と思う。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<輪廻のラグランジェ 第10話 「さらば鴨川」 | 煩悩と惰性。 | 戦姫絶唱シンフォギア 第10話 「繋いだ手だけが紡ぐもの」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |