煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 第11話 「ラードの神」

一週間遅いですが、ミルキィホームズ11話の感想を簡単に。

11tomh03.jpg
11tomh06.jpg
11tomh07.jpg
11tomh08.jpg
11tomh09.jpg
怪盗アブラギッシュ(別称ラード神)と対決するミルキィホームズ一同。
トイズが復活して、ダメダメの状態から復帰した彼女たちの戦闘シーンは良く動いており悪くなく。しかしネタという点においてはラード一本に絞ってしまっており、イマイチだったかなぁ、と。ラードネタをここまで引っ張るのは想定外の展開であるのは間違いないのですが、それはあくまで想定外であるという範疇を超えず、あまり面白くないんですよね・・・。
やはり根底にあるミルキィVSアルセーヌの構図は保つくらいの縛りはあってもよかったんじゃないのかなぁとは思います。

11tomh05.jpg
そんなアルセーヌ様は3話ぶり(?)くらいに登場しました。彼女の重要性を認識させられたのがここ最近の一番の収穫ですね。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<輪廻のラグランジェ 第11話 「鴨川絶対防衛ライン」 | 煩悩と惰性。 | 7桁アルコールシリーズ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |