煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

吾輩はお嫁サンである ~奥サマは教え子JK!~ 感想&批評。

公式HP
http://fiancee.jp/product/ym/song.html#1

(以下、多少のネタバレを含みます。ネタバレを気にするような作品でもありませんが。。。)


・音楽。5点。
vocal曲は1曲。BGMは鑑賞モードが無いので不明。BGMは良くも悪くもなく、ですかね。vocal曲はタイトル画面と最後のEDで流れますが、やはりOPムービーがないためか、存在感は薄いです。


・絵。4点。
CGは実質57枚程度。立ち絵は、一キャラにつき一姿勢のみ。フルプライスのゲームとしては寂しい数です。あと、顔の形が変わってしまっているCGが少々あるのもマイナス。まあ、取り立てて騒ぐほど崩れているわけでもありませんけれど。


・システム。3点。
configは必要最低限のものは揃っています。そしてskipは高速。
しかし、解像度が800×600のみで、ワイドのディスプレイでフルスクリーンにすると縦横比が崩れるのは今時のゲームとしてはお粗末です。また、PK戦のミニゲームにてskipが出来なかったのも地味に痛い。skipできない云々というより、何故あれを入れたし。


・声優。8点。
特段悪いところはありませんでした。声優さんが、というより声優が実力を発揮できるようなシナリオではないですからねぇ。


・シナリオ。2点。
いわゆる「日常シーン」については読む価値がまるで無いです。いくら日常が重要ではないとはいえ、あらゆる描写が薄く説得力を欠きます。謎の組織だの読心の能力だのといった意味不明な要素を混ぜる前に、お嫁サンとの家庭を描くべきではなかったのかと。奥様は教え子なんだぜ!っていう優越感を感じさせてくれるような場面も足らないですしね。
肝心のエロについても特筆するようなものがありません。調教メニューのようなものもあるのですが、内容は至ってノーマルに性交をするだけですし、その他エロシーンについても特殊なものはほとんどなく。コンセプトが活かしきれていないなぁ、と。


・総評。
フルプライスのゲームとしては割高、内容についても特筆することが無く、評価としては低めにならざるを得ません。
エロ目的にしても、近年流行り(?)の「エロにも力を入れている萌えゲ」のほうが良いような。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<這いよれ!ニャル子さん 第04話 「マザーズ・アタック!」 | 煩悩と惰性。 | ものべの 感想&批評。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |