煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

2012-3Q アニメ第一話感想。

視聴したアニメ数が多くなりすぎたので適当にまとめて感想でも。現時点では計12作、いまだかつて無いほどアニメを見てます。

長くなりそうなので折りたたんでおく。興味ない人は勿論スルー推奨。


・DOG DAYS’
01DD01.jpg
01DD02.jpg

姫様かわいいなぁエクレかわいいなぁリコかわいいなぁユッキーかわいいなぁ・・・。一期の頃と変わらず素晴らしくて何よりです。この徹底した無邪気な燃えと萌えは心をときめかせてくれますね。息抜き用作品としては最上位だと思います。癒されるのですよ。うん。


・じょしらく
01josiraku01.jpg

北に向かって「領土を還せ」、西に向かって「海底資源を還せ」とか危ないネタを出しすぎワロタwww
風刺の純度が高めの作品なので扱うネタによって評価が上下しそうしそうですが、摘み食いとしてはいい作品ですね。テンポが心地よいのも◎。


・恋と選挙とチョコレート
01koichoko01.jpg

エロゲ原作らしい。一話だけでは評価しきれない部分も多いけれど、みんなの憩いの場所(お菓子を食べる部活)を守るために権力闘争に首を突っ込むという構造、無駄なシリアスを突っ込んで爆死した萌え系エロゲと同じ香りが漂ってくるのは錯覚だろうか。

キャラも全体的に薄いというかテンプレート通りですし。登場人数が多いからそう感じただけなのかな。とりあえず時間があったら見ますが・・・どちらかというと視聴しなくなる側の作品ですね。


・ココロコネクト
01kokoroconnect01.jpg
01kokoroconnect02.jpg

キャラクターの精神が入れ替わるお話。男女混合のグループで精神交換がランダムに発生するため、なかなかに面白いイベントが期待できそうで楽しみです。またキャラクターが抱える家庭の問題や悩みもあり、シリアス方面でも十分に描けそうなところも期待できます。一話だけでそれだけの情報を視聴者に与えることができるだけの速度があるのもいいですね。退屈しない。


・この中に1人、妹がいる!
01kononakani01.jpg
01kononakani02.jpg

えー、とりあえずですね、フロニャ力だとかフィジカルフルバーストだとか亜空フィールドみたいな超科学、超能力とかは出てこない作品のはずなのに、トラックに轢かれたヒロインが一切の怪我をしていないとかどういうことなの。そもそも轢かれる意味もわからんし。シンフォギア的ネタ枠認定をしてもいいのかしら。

作品の内容を一言で表しますと「極薄」。あらゆる感情と行動に説得力が欠けていて、どうしたものかと。評価に困る。


・貧乏神が!
01poorgod01.jpg

今期のニャル子さん枠。・・・かな。主人公の市子のキャラが豪快すぎて凄く楽しいですw ここまで心地よい自己中娘は久しぶりですよ。身を守るためなら普通に肉体言語を使うしねww
パロネタは氷河期的な寒さですが、その勢いで楽しませて欲しい。


・ソードアート・オンライン
01sao01.jpg

情報量は十分ではあるのですが、世界観の説明が多すぎるように感じてしまうのは一話だから仕方がないことなのか。
作りは丁寧ですし、とりあえず視聴続行ですかね。モンハン的な世界観になるのかな?


・ゆるゆり♪♪
01yuruyuri201.jpg
昨年アニメのダークホースが帰ってきました。作画を見ていると予算とかの諸々が充実したんだなと実感しますw 内容については相変わらずほんわかしてます。DOG DAYSと並んで癒しを提供してくれる作品ですね。

一期5話のようなアッカリーンショックを今回も期待したいですが・・・どうかな。間違いなく以前よりもハードルが上がっていますし、視聴者を驚かせるような描写は難しいかな。期待せずに待ちたいところ。


・人類は衰退しました
01suitai01.jpg
01suitai02.jpg

作画だけ見ると癒し系作品なのに、
・餓死を「一味違っていいかも」「オリジナリティあるです」とか言い出す妖精さん
・首なしで羽根を毟られたチキン(食用状態)が闊歩している
・都合の悪いことを脅迫と誘導で隠蔽しようとする主人公さん
・「試食するでしゅ!」とか言いながら自分を裂く食パン。しかも声がハム太郎w

なんかもう色々とカオスで凄く楽しいですwww
これは楽しい。間違いなく楽しい。なんだこれ。絶妙に風刺を利かせてくるのもGJ。


・TARI TARI
01taritari01.jpg
01taritari02.jpg

作画良し、キャラクター良し、展望良し。現時点では凄く期待できるアニメです。日常を一生懸命生きるというのは、ありきたりではあるのですが褪せない良さが在りますね。

一点、気に入らないのは教頭でしょうか。そもそも来夏に歌わせる気が無いなら符捲りの役なんかやらせずに「お前に歌わせるつもりは無い」と言えばいいのに。この時点で「冷たく見える人だけど実は(ry」ってことはなさそうですね。教育の腐敗をそこはかとなく感じます。


・輪廻のラグランジェ
01ragurin01.jpg
01ragurin02.jpg

一期の時節から1年が経過しているそうですが、なんか悪い意味で時間の経過を感じないな、と感じました。
まどかさんは辛い事などがあるとあると立ち止まるタイプであることは一期でも説明がありましたが、それにしても変わって無さ過ぎるだろうて。伝説同士でドンパチを始めるジャージ部同士に向かって「私に無断で喧嘩するな!」というのは・・・ね。一年の間に宇宙規模の抗争について説明とか受けてないのかよと。時間の経過を一番感じさせてくれるのが三馬鹿というのが実に笑えない。いや、笑えるのか。
宇宙に飛び出しそうな流れなのに、鴨川要素も継続するみたいですし、また支離滅裂になりそうな予感がする。心配。


・アクセル・ワールド
13aw01.jpg
13aw02.jpg

前期から継続の安定的な厨二系アニメ。7月に入って新章になったみたいですね。
いつの間にか季節は巡っているのに季節感は皆無だとか、ベッドの上でチユリと直結するのはタクじゃなくてハルユキなのかよ!とか、ライム・ベルに殴られたシルバー・クロウはHP減りすぎだろとか、まあ色々とありますが、それを見ぬふりができる程度に楽しい作品なので、今期も期待してます。


・総括?

今期は素晴らしく豊作な気配です。
癒しならDOG DAYSとゆるゆり♪♪、青春系ならココロコネクトやTARI TARI、厨二系ならアクセル・ワールドとソードアート・オンライン(これは原作者が一緒ですが・・・)などなど、広範囲に方向性がばらけており、しかも各方面に複数の作品があるというのはとても良いことです。

個人的に挙げるとしたら「人類は衰退しました」かな。あれこそ私の求めているエンターテイメントだと感じました。毎週笑わせてくれることを期待してます。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<2012-3Q 7月第2週アニメ感想。 | 煩悩と惰性。 | イモウトノカタチ 体験版感想。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |