煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

Rewrite Harvest festa! 感想&批評。

公式HP。
http://key.visualarts.gr.jp/rewrite_hf/

7/27に発売されたRewriteのFDをやったので感想でも。

※以下、多少のネタバレを含みます。


・音楽。8点。
新曲は13曲(Music Galleryにある曲数が13曲なので、たぶんあってるはず) ハーフプライスの作品として曲数が十分であるかどうかは各々の判断によるところがありますが、私個人の感想としては特段不足に感じることはありませんでした。
質のほうも相変わらずのKEYクオリティで大変いいです。が、今回はPhilosophyzやRewriteなどのいわゆる「ここ一番で流すべき楽曲」を連続して流す場面があったりと、BGMの選定に妙な違和感を感じました、使いかたが勿体無いなぁ、と。


・絵。5点。
CG32枚というのは、ハーフプライスにしても少ないような。質もばらつきがあり、あまり褒められる仕上がりではないですね。公式HPに載っていないCGが主に崩れておりますので、納期が厳しかったのではないかと邪推してしまいますね。やはり、Keyは1年で新作を作るのは難しいのかな。
新規素材(半袖征服、水着など)がちはやシナリオに集中してしまっているのは・・・どうしてなのだろう。不思議。


・システム。9点。
configなどは特段問題なし。Skipは高速。バックログは戻れる量がやや少ないですが、そんなに前を見に行くこともないでしょうし、減点対象にはならないかと。ログから過去の場面に戻れるジャンプ機能があれば完璧かと思います。


・声優。7点。
瑚太朗の声が合っていないように感じました。高校生というより明らかに30代の声・・・Terraルートなら何の違和感もなかったのですが、ギャグ系の子供っぽさを強調するシナリオになっているので違和感がすごいです。
声優さんの技量は凄まじいのですけどね。ここは変えておくべきだったような。
その他は特段、問題を感じませんでした。というか、やっぱり表でバリバリ活躍されてる声優さんは上手いですね。


・小鳥シナリオ。8点。
小鳥は本編では悲惨すぎた分、すごく輝いて見えます。二大組織などの設定もちゃんと優しく織り込んでくれていますし、FDの発売を待った甲斐があったというものでしょう。良いシナリオであるがゆえに話が短い(2時間もあれば読みきれると思います)のがすごく残念。

・ちはやルート。6点。
本編に引き続き、存在感の薄いちはや嬢に合掌。Rewrite本編において「消費者が一般的には想像するであろう幸せな未来」が描けるのは彼女のルートしかあり得ないため、方向性としては悪くないです。没落お嬢系の魔女さまにおいしいところを持っていかれた印象は否めないですけれど。
最後に咲夜関連の重いシリアスに急転直下させているあたりを、この作品の「らしさ」と捉えるか軸のブレと取るかで評価が分かれそうです。

・朱音ルート。2点。
「本来(本編)の世界から遠く離れた可能性の世界」をベースに話を構築するというというのは、それはもう別作品なんじゃないかな、と個人的には思うのですが・・・コレジャナイ感がすごいです。朱音も瑚太朗もその他ヒロインも性格が違っていますしなんだこれ。
滅びた後の世界の生活とか、瑚太朗が入学してくる前の話とか、そういうのでもよかったのに。なぜどうしてこうなった。

・静流ルート。2点。
コレジャナイ第二弾。まさかのおっぱいルート続編ですよ。当然、キャラの性格は崩壊気味、設定も軒並み形骸化。いやね、おっぱいネタは一発限りのネタだから面白いのであって、FDまで引っ張る部分じゃないですよ。お祭りの最中を舞台にしているため、馬鹿騒ぎを肯定できなくもないですけどね。

・ルチアルート。7点。
既存の世界観に新キャラを足してストーリーを構築するというのは、安易ではありますが良い打開策であるように感じました。ルチアが乙女っぷりを発揮させている時点でおなかいっぱいです。ありがとうございました。
それにしても、相変わらずルチアルートのコタローさんは別人だよなぁ・・・どこの世界線なんだろうか。

・篝ルート。4点。
「これはダイジェストですか?」と聞きたくなるような肉付けの無さです。製作時間が無かったんだろうねぇ。篝が人間を学んだらどうなるのか、という物語のオチはすごくいいのですけどね。どうにも薄っぺらくて説得力を欠くなぁ、と。骨子は良かったのに。


・ミニゲーム
本編より長く遊べます。どうみてもこちらがFD本体です。本当にありがとうございました。現在7面、さあ、最後まで辿り着けるのはいつになることやら。


・総評
不完全な作品ですかね。妙にシナリオが短いですし。いや、未完成商法だとかそう言う気はありませんけれども。
作成期間がどうこうという以前に、設定を複雑にしすぎたために説得力のあるRewriteのシナリオが誰も書けなくなっているのではないかと。瑚太朗の時点で「実は30代(?)だけども、本編の中では吉野と馬鹿やってる高校生」というのを違和感無く描くのは無理があるねぇ。なんともはや難しい。

商売ですから色々と制約があるであろうことは推察できますが、一消費者としては、やはりKeyにはじっくり時間をかけて我々を虜にしてくれるような作品を作ってもらいたいと思いますね。今後に期待します。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<帰省の。 | 煩悩と惰性。 | 中の人などいない! 体験版感想。>>

この記事のコメント

仰るとおりなんですが、その算出根拠となるであろうTerraから約10年経過している世界であるというのがどうにも・・・むしろ精神年齢は10歳くらい若返っているような印象さえ感じますしね。
2012-08-10 Fri 00:53 | URL | Purpurrot #-[ 内容変更]
コタさんって実年齢でもアラサー手前のような
2012-08-08 Wed 13:00 | URL | #iWfHidvU[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |