煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

ターンオン「サンダー」 感想。

DSC_0001_20121209215555.jpg

友人に唆されて、青のサイリウムを買ってみた。
高輝度こそ正義という価値観の元、昨今の市販品では最も明るいらしいターンオン製の「サンダー」を選択。開封してみると単4電池を4本使用するようで、明るさに期待できそうな様子です。
フル装備することを考慮すると8本買うのが望ましいけれども、一本3140円もするため断念。資本余力は相応に残しておかないとね。


DSC_0003_20121209215552.jpg

左は「KING BLADE X10」、右が今回の「サンダー」の彩シリーズです。比較対象がおかしいだろというツッコミはあるとは思いますが、我が家のサイリウムはこれしかないのです。仕方がないね。
サンダーはレベル1で既にキンプレよりも明るいです。写真だと白っぽく見えますが、実際はかなり青いです。真っ青。


DSC_0005_20121209215557.jpg

そしてサンダーの明るさをレベル3に。
キンプレも点灯しているのですが、サンダーが圧倒的過ぎますね。直視できない程度には明るいです。

電池のせいなのかキンブレと比較するとちと重いですが、十分許容範囲でしょう。それよりも、持ち手が太くて短いため、複数持つのは辛いです。・・・まあ、ライブ会場でこんなものを何本も振り回していたら後ろからぶん殴られそうですが。そういう意味では一本あれば十分なサイリウムと言えそうです。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ウィッチズガーデン 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | 倉野くんちのふたご事情 感想&批評。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。