煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

ターンオン製 カラフルサンダー110 感想。

新しいサイリウムを買ってきたので、感想でも。
今回仕入れたのは12色使える汎用性の高い「カラフルサンダー110(キラキラVer.)」です。単4電池を三本使用します。付属品は電池3本とストラップ。

ライバルであろう、キングブレードのX10と比較します。

DSC_0014_20121219233431.jpg

(左がキングブレードX10、右がカラフルサンダー)

全長はほぼ変わらず。光る部分についてはサンダーのほうが細く、先端まで光るので若干長いです。

持つ部分についてはサンダーのほうがやや無骨な印象。キンブレのほうが高級感あるかな。持ちやすさについては差は感じませんでした。また、重さについても差は感じませんでした。長時間振れば差を体感できるかもしれませんが、ここでは割愛させてください。


DSC_0001_20121219233212.jpg
DSC_0003_20121219233212.jpg
DSC_0004.jpg
DSC_0005_20121219233210.jpg
DSC_0006_20121219233212.jpg
DSC_0007.jpg
DSC_0008_20121219233319.jpg
DSC_0009.jpg
DSC_0010_20121219233317.jpg
DSC_0011_20121219233318.jpg
DSC_0012_20121219233429.jpg
DSC_0013_20121219233426.jpg

全12色の明るさを比較しました。
写真の順序はカラフルサンダーの色選択の順序にあわせてます。

全体的にカラフルサンダーのほうが明るいですね。12色という汎用性に加えてここまで輝いてくれれば上出来かと思います。単色のサイリウムとも張り合える程度には明るいですね。輝度に関しては文句なしでしょう。むしろ明るすぎて使いにくい場面がありそうです。
上記の写真を見てもらえれば分かるとは思いますが、このサンダーはキンブレ以上に色ムラがあるので気にされる方は留意が必要です。直視し続けると目が痛くなる程度には明るいので、そこにこだわりがある方以外は気にすることもないとも感じますけれども。


・総評
2500円強のお値段でこのスペックなら問題なしでしょう。サイリウムに輝度を求める方ならば、一本は買っておいて損はない商品かと思います。高輝度の紫とか単色では見かけないですしね。
その他、輝度を求めない方でもキンプレX10よりもお財布に優しいため、選択肢として一考する価値はあると思います。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<隣りのぷ~さん 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | 政権交代。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |