煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

ヴェネーノ 発表。

534336.jpg
534347.jpg


かっこよすぎるww
しかし300万ユーロとは・・・レヴェントンの100万ユーロを余裕で超えてきてますね。アヴェンタドールが安く感じてしまうレベル。まあ、現実はガヤルドですらまったく手が出ないのですが。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130307-00000048-reut-bus_all

[ジュネーブ/デトロイト 6日 ロイター] トラクターメーカーとして成功を収めたイタリアのフェルッチオ・ランボルギーニ氏は、ランボルギーニを設立した1963年、ライバルのエンツォ・フェラーリ氏よりも高性能で高速なスポーツカーの製造を目指していた。

創業者2人はこの世を去ったが、両社のライバル関係は半世紀を経た今も継続。スイスで開催中のジュネーブモーターショーでは5日、ハイパーハイブリッドの「ラ・フェラーリ」と世界限定3台のランボルギーニ「ヴェネーノ」が火花を散らした。

両モデルとも最高時速は350キロを超える。価格はヴェネーノがラ・フェラーリの3倍となる300万ユーロ(約3億7000万円)だが、すでに完売だという。

ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン最高経営責任者(CEO)は6日、インタビューで「これまで製造してきたモデルの中で最も究極な車の一つだ」と太鼓判を押した。

時速100キロにわずか2.8秒で到達するヴェネーノは、6.5リッターV12エンジンを搭載した7速トランスミッションの四輪駆動車で、最高出力は740馬力。対するラ・フェラーリは、二酸化炭素(CO2)排出削減を狙ってガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッド車。最高出力は963馬力で、時速100キロまでの到達時間は「3秒以内」としている。

ヴェネーノは、車体などに大量に使用された炭素繊維によって軽量化されただけでなく、強度や耐衝撃性も向上した。車名は「アヴェンタドール」に続き、スペインの闘牛の名にちなんで付けられた。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<休日が終わるのが早すぎる。 | 煩悩と惰性。 | 2013Q1 アニメ感想3-1。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |