煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

SimCity (2013) 感想&批評。

公式HP。
http://www.ea.com/jp/sim-city


発売から10日ほど、90時間ほど遊んだので感想でも。
なお、SimCityシリーズが初代から4まで全てプレイ済み、その他のSimシリーズは全て未プレイですので、主にSimCityシリーズとの比較となります。


・・・まあ、感想という名の愚痴になるわけですが。


・オンライン化
このシムシティを語るにあたって避けて通れないのがこのオンライン化ですね。
海賊版対策の意味合いもあるのか、ソロプレイでもインターネットを通じてシムシティのサーバーに接続する必要があります。各都市間の交流や、都市データの保存はサーバーを介して行われ、大人数(現在のところ最大16人)で同時にプレイして都市開発を楽しむことが出来ます。
が、しかし、ネット上で散々叩かれているように、このサーバーは極めて貧弱です。初日なんかはログインできないのは当たり前、サーバーに入れても都市のロードが出来ない等、そもそも「遊べない」状態が数日間続きました。この時点で製品としての体をなしていないと言えるでしょう。発売から一週間、サーバーを強化しているみたいで、ログインが出来ないという事態は少なくなりつつあります。
ただし、都市間交流やセーブが不安定なのは相変わらずです。観光都市を作っていたら、突然観光客が途絶えて破産する、通常終了したにも関わらず数時間前の状態まで巻き戻っている、突然サーバーとの接続が切れてゲーム終了、都市が跡形もなく消滅していたなんてこともありました。はっきり言ってまともにゲームを楽しめる状態には程遠い印象ですね。ゲームシステムの良し悪しを語れる次元にないです。


・シミュレーション
シムシティ4では市民は「住居⇔職場」しか動きませんでしたが、今回は細かい設定が行われており、警察・消防・ごみ収集などの公共施設、資源配送や観光などでも動き回ります。見ていて非常に楽しく良くできています。朝の大学付近が大渋滞を避けるように公共施設関連の導線を引くなど、市長の手腕が問われることでしょう。
ただし、一台一台の車をシミュレーションすることによって起こる弊害もかなりのものがあります。車がバグって道に引っかかる→大渋滞→消防車が火災現場に辿り着けない→街が大炎上など、冗談のようなことも。ゴミ収集車は各地区にばらけず一列に並んで移動する、道が混んでいても回り道をするをしない等々、シムの方々は猿並の知能しか持っていないのかと思わされることも度々ありました。正直、AIの作り込みが甘いですね・・・。
加えて街の外に走っていった車が二度と帰ってこないなど、どうしようもないバグが満載であり、市長はこの多大なるバグの群れと戦わなくてはなならいのが辛いところ。これは一体何のゲームなんだ。


・マップについて
地形は準備されているものから選択し、土地を隆起や沈下させたりすることは出来ません。SimCity2000では既に自由に地形の変更ができた覚えがあるのですが・・・それから10年以上の時を経たにも関わらず、劣化しているというのはどういうことなのか。地形に手を加えられないのは初代と同レベルですね。はっきり言って問題外です。少なくとも21世紀の作品とは思えない。
加えて高速道路との接続点が一箇所の地区も多く、そこで渋滞が頻発するなどお粗末な作りです。マップも小さすぎますし、プレイヤーによって千差万別の街づくりができていた過去作品と比べて非常にお粗末になっております。


・グラフィックについて
かなりミニチュアっぽい雰囲気になりました。これを好むか否かは人によりけりになりそうですが、総じてよく出来ているのではないかと。手前を森林や低密度住宅にして、遠くに摩天楼を眺めると大変良いです。

Spark_2013-03-18_20-00-00.png
Spark_2013-03-18_20-02-21.png


・ゲームとして
今回は、宅地生成などの指定に資金が要らず、道路に維持費がかからないため、よほどの無茶をしなければゲームオーバーすることはないでしょう。ただし、綺麗な街を作るためには気にかけなければならないことが山ほどあり、そういう基礎的な部分ではバランスがとれたゲームになっています。勿論、数多のバグに目を瞑って、という前提条件の上になりますが。
しかし、都市の特化など応用編になるととたんにバランスが悪くなります。人口が10万を超えてくると、とにかく渋滞をどう攻略するかという一点が重要になり、資金繰りでは貿易が桁違いの利益を出すため、効率を求めるならTV加工貿易特化以外に選択肢がないなど、貧相なつくりになっています。また、時間経過が遅い(早いモードはサーバーの都合で削られたとか)ため、待ち時間が長くなるのも残念なところ。私もプレイ時間の半分程度はネットを見ているうちに経過した時間です。バックグラウンドでシミュレーションさせるだけのものをゲームと言ってよいものか・・・。
おそらく、人口を3~5万に抑えながら細々と遊ぶのが一番楽しいでしょう。摩天楼を目指して高密度を許可すると、渋滞地獄→公共機関麻痺→都市壊滅のコンボで死ぬ可能性も相当に高いので注意が必要です。


・総評
シムシティシリーズ最悪のクオリティ。「5」のナンバリングがされないのも判ろうというものです。
バグの多さ、サーバーの酷さだけでも噴飯モノですが、加えてゲームそのもののバランスも悪いという三拍子揃ったクソゲーです。これが有料βというやつですか。
今後数年かけてMODなどで熟成されていくのかもしれませんが、少なくとも現時点では手を出すと火傷する作品です。今後、私はEAの作品を発売日に手にすることはないでしょう。
別窓 | simcity | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<2013Q1 アニメ感想3-2。 | 煩悩と惰性。 | あたりまえ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。