煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

向日葵の教会と長い夏休み 体験版感想。

公式HP。
http://www.makura-soft.com/himanatsu/index.html

今更ですが、ひまなつの体験版をやったので感想でも。


・絵。

himanatu02.jpg
himanatu01.jpg

複数の絵師さんによるものということで単一原画の作品と比べるとばらつきが若干ありますが、全体を通じて問題のない程度の差でしょう。それよりも立ち絵のないキャラクターが何人か登場するのですが・・・これって公式HPで紹介されたキャラクター以外の立ち絵は存在しないんですかねぇ。ちょっと寂しいような。
背景はなかなかに素敵です。まあ、中には?となってしまうものもありますが、そのあたりはご愛嬌ですかね。


・システム。

一般的に必要といわれているものは全部揃っております。Skipは高速。ただ、個人的にはログからのジャンプ機能が欲しかったところです。
効果音に力を入れているようで、演出効果としては十分です。立ち絵もほどよく動きますし、演出面については良く出来ているといえるでしょう。


・シナリオ。

日本語としての文章能力は高め。昨今あふれているパロネタ連打とハイテンションだけで押し切るタイプの作品とは異なり、じっくりゆっくり読めるタイプの文章です。ゆるやかな夏休みの雰囲気もしっかり表現できておりますし、安心して読めそうです。伏線も多数織り込んでおりますし、大人と子ども、見守られる立場と見守る立場の対比なども入っており、そういう点でも質の高いシナリオだなぁと感じましたね。これは期待が出来るかと。
ただいくつか不安要素も。主人公とヒロインたちの関係性は描かれているものの、ヒロイン同士の関係性がかなり希薄に感じました。お互いのポジションというのは確かにあるのですが、やりとりが全体的にワンパターンかなぁと。複数ライターということもありますし、この点はどうしていくのかかなり気になるところではあります。

・・・手っ取り早く一言で片付けますと、ゆずソフトが昨年出している DRACU-RIOT! を甘さ控えめでとても上品にした印象ですね。今のところ。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<向日葵の教会と長い夏休み 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | 許さぬ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |