煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

Dang!Dang!団地妻 体験版感想。

公式HP。
http://www.h-comb.biz/product/10/index.html

4月末発売予定の「Dang!Dang!団地妻」の体験版をプレイしましたので感想でも。
ちなみに、ALcotハニカムの作品は「1/2 summer」をプレイ済みです。毎回、原画もシナリオライターも変わってしまうので、過去作品のプレイ暦はあまり意味を成さないソフトハウスさんですけれど。


・絵。

dandan02.jpg
dandan04.jpg

目元の描きかたなど、独特の雰囲気です。全体的に胸は大きめ、キャラクター設定では身長は人並みにあるにも関わらずロリっぽい雰囲気が強いので、総じて好みが分かれそうな絵ですね。
背景は団地ということもあって、やや暗めのものが多いです。このあたりも独特な雰囲気。


・システム。

セーブやロードなどの設定は画面右側に隠れていて邪魔にならないなど、新設設計です。skipの速度は問題なく、configも問題なく、総じて優秀ですね。
ちなみにシステム音が相変わらずのALcotでした。少なくともFairChildの頃からは変わってない気がする。


・シナリオ。

団地妻という響きは普通は「熟女」だの「人妻」だの「寝取り」だのといった単語を想像させるものですが、今作はそのような要素が一切ありません。
学生やりながら団地の管理人をやってる主人公のもとに、幼馴染だのお嬢様だのが押しかけてくるだけの・・・いわゆるいつものALcotです。熟女よりもロリ系統ですよねっていう。看板の偽りここに極まれりです。いいぞもっとやれ。

シナリオについてですが、団地妻という立場を無理に持ち上げる場面が多く、全くついていけません。ヒロインたちの行動原理もまったく意味不明で説得力という点ではかなり辛いものがあります。友人の妹たる真名が癒しとしてどの程度威力を発揮するか、あとはエロスの出来がこの作品の評価に直結しそうです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<4月末発売ゲーム 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | ひとつ飛ばし恋愛 体験版感想。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |