煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

はたらく魔王さま! 第03話 「魔王、新宿で後輩とデートする」

久しぶりにアニメ個別感想を書いてみる。原作未読。

03hm01.jpg
03hm03.jpg
03hm04.jpg
03hm06.jpg

この作品の素晴らしい点、それは勇者エミリアの顔芸に尽きるでしょう。
1話時点では「魔王が国籍と住民票を手に入れる」「魔王がファーストフードでアルバイトをする」といった設定の奇抜さで視聴者を引っ張ってきましたが、3話時点の魔王さまは普通の常識人と変わらず、アルシエルに至っては気弱な専業主夫になりつつあり、物語を彩る役割は勇者さまが一手に引き受けていると言えるかなと。
千穂の胸を見て慌てる姿とか、所構わず大声で「勇者」だの「魔王」だのと言った単語を言ってしまう配慮の無さとか、夜道に気をつけろと平気で言ってしまう口汚さとか、勇者さま可愛い。こういう人の汚い部分を視聴者にストレスを感じさせないように見せる表現の仕方が、この作品最大の魅力なんじゃないかと思う。あと、こんな苛烈なキャラクターを演じきる日笠陽子さんも素敵。
いわゆる嫌われるキャラクターって「重要な場面で意思決定ができない」とか「身の丈に合わない願望を元に行動して周囲に迷惑をかける」とかですからね。そういうストレス要素に無縁なキャラメイクは良いですね。この調子で邁進して欲しいです。


03hm05.jpg

対して地球人代表の千穂さん。
彼女についてはキャラクターのバックグラウンドが殆ど描写されないままに物語に巻き込まれている様子。次週か次々週あたりでちゃんと心理描写が差し込まれるのを期待してます。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<世界よ、これが日本の立法機関だ。 | 煩悩と惰性。 | ウィィィ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |