煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

これはまた人を選びそうな。

13.3型WQHD液晶搭載プレミアムUltrabook「dynabook KIRA V832」
http://magazine.kakaku.com/mag/pc/id=1153/

np360_img03l.jpg

WQHD解像度のウルトラブックキター!!
最近の日本メーカーは海外勢に負けず、変態スペックの製品を出してくれるのでとても楽しいです。東芝がそこに注力してくるとは思いませんでした。それにしても13.3インチで2560×1440・・・1366×768からずいぶんと飛躍しましたね。おそらく文字は読み取れないような精緻さなんでしょう。画像の時点でアイコンが小さすぎて笑うw 是非とも実物を見てみたいです。解像度厨な私のハートを握り潰してくるようないい商品だと思います。

解像度以外のスペックについては実用性が高く概ね十分以上。ただし変態仕様は無し。CPUを敢えてi5に絞ってコストを下げ、メモリは多めの8GB積んでくるあたりは良いチョイスです。ただし、SSD容量が128GBしかないこと、重量が1.35kgなことはややネガティブ。特にSSD容量は256GBをオプションで選択できるようにするべきですね。

高解像度化の代償としてバッテリー駆動時間が短くなっているようですが、電源無しの3時間以上の長時間駆動を求めるような人でない限りは気にしなくて良いかと思います。その点が気になるならば、夏ごろまで待って新世代CPUであるHaswellが積まれるのを待つのが無難ですね。この解像度とバッテリー双方を求める人がどれだけいるのかは謎ですが。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ひとつ飛ばし恋愛 感想&批評。 | 煩悩と惰性。 | 世界よ、これが日本の立法機関だ。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |