煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

これまた残念な。

朴大統領「アジアの矛盾」と日本批判…米議会で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130509-00000113-yom-int&pos=3


「日本は特亜を解放したんだ!」とかそういうことを言うつもりは無いけれど。

北朝鮮がミサイル飛ばすぞと脅しをかけて一部地域では緊張状態までいっているような時節に、国の行政トップが別の国の歴史認識云々と語り始めるのはいったいどうなのかと私は問いたい。
代々、韓国の大統領は支持率回復の手段として反日活動に勤しんできてますが、就任早々外交デビューの場でそのカードを切ってしまうのはどうなんでしょうね。
そもそも第二次世界大戦の時の朝鮮半島って日本の支配下にあっただけで、日本と戦争していないから賠償責任なんて生じようが無いんですけど、そのあたりわかっていて強請ってるのかなぁ・・・少なくとも安倍政権が認めるわけないことくらいわかっているでしょうに。



記事全文。
 【ワシントン=中川孝之】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は8日、米上下両院合同会議で英語で演説した。

 朴大統領は北東アジアの地域情勢について、「歴史問題」で衝突が絶えないと指摘し、名指しは避けながら日本を批判した。

 7日の首脳会談で、オバマ大統領に「日本は正しい歴史認識を持つべきだ」と述べたのに続き、安倍政権に対する不信感を表明した形だ。

 朴大統領は、北東アジアでは国家間の経済的な相互依存が増す一方で、歴史問題を巡る衝突が続いているため、政治や安全保障分野の協力が進まないと指摘。大統領はこうした現状を「アジア・パラドックス(アジアの矛盾)」と呼び、「歴史に目を閉ざす者は未来が見えない」との表現で、日本政府の歴史認識を批判した。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<お嬢様はご機嫌ナナメ 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | ひとつ飛ばし恋愛 感想&批評。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |