煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

お嬢様はご機嫌ナナメ 感想&批評。

公式HP。
www.ensemble-game.com/06.ojyonana/


ensembleの新作「お嬢様はご機嫌ナナメ」の攻略が完了いたしましたので感想でも。


※以下、ネタバレを含みます。

・音楽。7点。
BGM24曲、Vocal曲は3曲。
極端に耳に残ったBGMなどは見当たらず。良く言えば雰囲気を壊していない、悪く言えば平凡。
Vocal曲は挿入歌が1曲でしたが、アイドルになる物語を織り込んでいるのだから、もっと曲数があってもよかったんじゃないかと思います。


・絵。9点。
CGが84枚、SDは19枚、そして形容しがたい何かが1枚。
なお、CG内訳は、七波が19枚、詩綾が15枚、花が14枚、音羽が18枚、透夏が16枚、その他が2枚。
CGの量は若干少ない印象を受けました。コストとの相談もありましょうが、3桁かそれに準ずる分量があると嬉しいですね。特に花の日常CGが6枚しかなかったのはちょっと悲しい。
線が細く、淡い色合いで形作られる柔らかい絵柄は大変素晴らしいです。極めて個人的な感想ですが、画集として変えるだけの価値があると思います。


・システム。-点。
Configは特段不足無し。skipはそこそこ高速、バックログからのシーンジャンプもあり、プレイ中にストレスを感じるようなことはありませんでした。
ただ、テキストメニューが小さく、振り仮名については非常に見難いので、改善していただきたいところ。
また、初回起動時のセキュリティは、モノを売るって言うレベルじゃない程度に酷いので、購入後数日プレイできない可能性も考慮したほうが良いです。詳細については追記にて記載します。


・演出。5点。
ライブ部分と戦闘シーンあたりは多少演出にも力を入れておりますが、全体を通じて立ち絵は動きません。まあ、目まぐるしくに表情を変える必要のある作品でもないですしいいのかな。


・声優。9点。
全体を通じて問題なし。体験版では音声がなかったキャラクターにも声が追加されており、不満なしです。ちなみに、個人的には 星咲イリアさんの花さんの破壊力が高かったです。
七波お嬢様の「萌っえ萌っえビーム♪」、音羽の甘えるシーンなどは演技が凄すぎてキャラクターが同一人物に見えなくなりますね。誰だお前はっていう。


・共通ルート。5点。
まず、経済関連はかなり酷いです。
・用語の間違い(ex:支払事由発生時に支払うのは保険料ではなく保険金)
・事象に対する知識不足(ex:国債、CDS、デフレの説明内容)
・狭窄な視野(ex:2%のデフレという指標→財閥の収益も2%減るはずという思考。七枷財閥は一切海外進出してないの?)
・設定の不備(ex:循環出資構造について。詳しくは体験版感想の追記参照)
・話題はマクロ寄りにも関わらず、総じて主人公の視点がミクロ経済寄り(というか個人投資家寄り)すぎる(ex:デフレに対する見解全般)
・国家破綻について(七枷財閥解体→国債暴落なんて語られていますが、普通は公的資金が注入されます。そもそも一介の執事が判断するべき話ではないのです。というか、そもそも財閥内で国債の担い手ってどこなの?本家の銀行なの?)
もちろん、専門書のレベルで間違っている程度なら何も言いませんが、この作品の経済知識ってウィキペディアで関連項目を見ればわかるところで躓いているんですよね・・・。また、世界観を表現するための小道具という程度なら目を瞑れるものの、物語の根幹に関わるところで幼稚な設定を展開されるのは辛いです。ただし、何の味付けもない学園モノだの設定を模写しているだけのファンタジーなどが氾濫している現在、敢えて経済ネタを入れてきたことは賞賛したいところ。惜しむらくは非常に中途半端な出来であったことでしょうかね。
物語の展開については、上記のとおりそもそもの舞台背景が無茶苦茶ではありますが、そこにさえ目を瞑れれば悪くないとは思います。たぶん。経済学に興味があれど修めていない人ならかなり楽しめるでしょう。

ヒロインたちの登場頻度がやや少ないですが、一通り見せ場は用意されており悪くないです。これについても最初からヒロインの魅力ありきでしか話が進まない作品が多い中、適度に登場場面を用意しているのは好印象です。
アイドル系のルートに入ると途端に財閥に関する話が出てこなくなって、各ヒロインの登場頻度が大変動を起こします。超展開とも言える方向転換を起こしているのですが、財閥破綻の話題が出る前のところで分岐できなかったのだろうか・・・と思いましたね。あと、音羽嬢は相手をしているとストレスの溜まりやすいキャラクターなので要注意。


・七波ルート。4点。
このシナリオにおける要点は二つ。常識知らずな七波お嬢様が庶民の生活に馴染んでいくことと雪小路財閥の要たるスノーロード銀行の買収劇です。
前者はコミカルに貧乏生活を描いておりますが、実は庶民生活はできていたものの、庶民との意思疎通に不慣れだったのは主人公だったなど、捻りがあって楽しかったですね。一点注文をつけるのなら、七波お嬢様が環境の変化によって変わっていく様をもっと出してもらいたかったということでしょうか。結局のところ、後述の買収劇の話も相俟って、七波さんはその完璧超人さを強調するだけで、ヒロインとしてのアピールが足らなかったような。
後者の買収劇についてですが、経済話ということでお察しください。外資系ヘッジファンド数社の協力を取り付けておきながらたかが10億円が足らないと騒ぎ立てる鶴美さんを筆頭に色々と酷いです。その他、敵対的TOBに対する手段の話や、監督官庁の話などが皆無なあたりもアレですが、日本経済を牛耳る大財閥の行方を学校で行うゲームによって決めようというのもまた正気の沙汰ではなかったですね。純粋なギャグとして楽しめるほどの勢いもなかったため、正直読んでいて苦しかったです。


・詩綾ルート。8点。
口べた・ホモ好き・ドMの三重苦な詩綾お嬢様が主人公と一緒に変態の道を歩むお話、です。
いやもう完全に別のゲームですわこれ。主人公のキャラクターも崩壊していますし読んでいて大変に楽しかったです。まさしく、経済のお話でまじめな作品なのかと思い込んでいたところにこういう狂ったギャグシナリオを叩き込まれるのは痛快という他ないですね。
惜しむらくはシナリオが短いこと。詩音などの他の要素も多少はあれど、基本的に詩綾嬢の変態さしかないためボリュームが足らないです。こんなことなら腐ったみかんがもっと世界に蔓延していくところまで描いてみても面白かったのではないかと思ったり。


・花ルート。8点。
全体的にテンポよく読むことが出来ました。内容についても財閥のことを絡め、絵についての伏線を回収して、鶴美の心理に踏み込んでいくという、全体的に隙が少ないシナリオでした。
こちらのルートについてもやや分量不足なのがちょっと不満。結局、一緒に生活しているシーンをかき集めても一日分は描写していないんじゃないかなと思います。そういうのはFDでやってくれたりするんですかねぇ。


・音羽ルート。4点。
ネットアイドルとして「ときめき純情乙女」の二人が羽ばたいていく物語。音羽の父親や借金取り、涼子からの横槍といった要素もあったものの、基本的に意味を成しておりません。
このシナリオの評価はヒロインたる音羽の魅力にかかっているのですが、共通ルートでは主人公の足を引っ張るわ無茶な要求を平気で行うわと傍若無人さを発揮し、個別ルートでは唐突にデレ始めるため、拒絶反応を起こす人が多そうです。彼女の言葉にカリスマ性を感じられるかも鍵となりそうですね。ちなみに私の個人的評価としては、傍若無人さは目に付いたものの許容範囲内、カリスマ性は感じられず主人公の感性と差を感じ、青葉りんご氏の声でブヒィでした。


・透夏ルート。7点。
音羽が外に働きかけていく点を主眼においているのに対し、こちらは内面の成長物語という点で描かれております。悩み多きヒロインが自分の道を切り開いていく様は見ていて大変心地よいものでした。ヒロインの魅力という点ではこのルートが最も上手く表現で着ていたのではないかと思います。

シナリオの感想ではないのですが、彼女だけ画像を90度回転させたほうが自然になりそうなCGが多いのですよね。何故だろう。


・総評。

佳作、ですかねぇ。
ただの学園系萌えゲとは違う要素が多分に含まれていますが、「とりあえずオススメできる」という基準までは到らず。
「お嬢様」「淡くて繊細な絵」「変態」などのワードが琴線に触れる方ならプレイしてみる価値はあるかと。ただし経済について多少なり知識のある人はスルー推奨。



※追記。

さて、この「お嬢様はご機嫌ナナメ」についてはプロテクトがかけられており、初回起動時にはシリアルキーの入力を求められます。
しかし、このプロテクト(STARFORCEというみたいです)はあまり精度がよろしくないらしく、正しくキーを入力しても起動できない例が頻発しているそうです。私も実際、誤爆の憂き目に会いました。

・メインマシン→ディスクが読み取れないとエラー
・ノートパソコン→エミュレーターが入っているので削除しろと表示され起動できず
・サブマシン→エミュを削除しろと表示。なお、このマシンはエミュどころかソフトを殆ど入れていなかった

掲示板を見ていますと、起動できる人も起動できなかった人もいるようなので環境依存かと思われるのですが、いやはや3台全てで試してみて全滅ってどうなんでしょうね。クソにも程があると思うのですが。
いわゆる「割れ」に対して対応策を練ることは必然の行為だと思いますが、製品を買った客にまで迷惑をかけるのは本末転倒甚だしいです。早急にもっとマシなセキュリティソフトを積んでもらいたいものです。
月曜日までなんて待ってられないので、最後には無茶しましたけど。

あと、この件についてensemble(というか親会社のウィルプラスか?)がやらかしている最も致命的なミスは土日にサポートセンターを閉じてしまっていることでしょう。上記の読み取りエラーにせよエミュレーターによるエラーにせよ、サポートに問い合わせろと応答させるならば発売直後のこのタイミングはサポートを開いておくのは責務でしょう。マニュアルに載っている「月~金の13-17時」にしか対応しないとか客を舐めているとしか思えないです。改善を求めたいところ。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<そんなことよりはやく電話番号データを新機種に移せよと思う。 | 煩悩と惰性。 | 天災だもんね仕方がないよね。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。