煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

否定されまくってますが。

マクドナルドが数量限定で1千円バーガー 3種類を順に1日限りで販売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130702-00000543-san-bus_all

最近ネットで叩かれまくっているマクドナルド。今回のこの1000円バーガーも「高すぎる」「1000円払うなら定食屋に行くわ」なんていう意見が氾濫しておりますが、私個人の感想としては、素直に美味しそう買ってみたいと思う内容です。特にトリュフソースの「ブラックダイヤモンド」あたりは食べてみたいですね。
問題は一日限定、しかも土曜日であるということ。マクドナルドへ行くためだけに外出する気にはならないんですよね(しかも、近所にマクドナルドがないという・・・) 何かしらの用があればついでに食べに行くかもしれません。


記事全文。
 日本マクドナルドは2日、ビーフパティ(牛肉ハンバーグ)の分量が通常品の2・5倍ある大型ハンバーガーの「クォーターパウンダー」シリーズの特別企画として、高級食材を使った商品3種類を順に1日ずつ数量限定で販売する、と発表した。1個1千円で、全国のマクドナルドで各30万食を販売する予定。

 この商品は「JEWELRY(ジュエリー)」と名付けた。今週から3週間続けて毎週土曜日に発売する。7月6日販売の「ゴールドリング」はビーフパティにスモークした厚切りベーコン2枚とグリルしたパイナップル、バーベキューソースを合わせた。

 13日販売の「ブラックダイヤモンド」はグリルしたマッシュルームとタマネギに、トリュフを贅沢に加えたソースを使用。20日販売の「ルビースパーク」は、5枚の特製チョリソにハラペーニョを練り込んだペッパーチーズで、スパイシーな味わいに仕上げた。

 いずれもポテトのMサイズとドリンクのMサイズ付きセットなら1200円。3商品は宝石箱にみたてた白い箱に収め、さらに白い紙袋に入れて提供。紙袋の中には、商品の詳細を記したカードを添えるなど、高級感を体感してもらうための細かい工夫も凝らす。

 原田泳幸会長兼社長は商品発表会で、「3商品はあくまでキャンペーン」と、高価格路線への転換ではないと強調した上で、「これだけの商品をこの価格、このスピードで30万食も提供できるのはマクドナルドだけ。お客様に比類ない店舗体験を楽しんでいただき、売り上げだけでなく、マクドナルドの魅力向上につながれば」と話した。
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<天色*アイルノーツ 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | 温泉旅行記。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |