煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

天色*アイルノーツ 体験版感想。

公式HP。
http://yuzu-soft.com/ja/amairo

ゆずソフトの最新作「天色*アイルノーツ」の体験版をプレイしましたので、感想でも。


・絵。

airuno-tu02.jpg
airuno-tu03.jpg

今作も変わらず綺麗です。逆に言えば前作「DRACU-RIOT!」とはあまり差を感じず。
立ち絵は相変わらずとても良く動きます。こちらについても素晴らしい。
その他、背景などについては普通・・・ですかねぇ。若干ファンタジーっぽい雰囲気が出ていて悪くはないのですけど。そういや、過去作品のキャラクターをモブとして出してくるのが通例でしたが、アイルノーツでは今のところ見ていないですね。


・システム。

configは詳細な設定が可能ですし、ウインドウの大きさは可変であるなど、大変充実しております。
一点、気になったのは全体的なシステムの「重さ」。1280×720のウインドウでは快適に動くものの、ウインドウを大きくしたりフルスクリーンにすると動きが鈍くなります。特にフルスクリーンですと常時CPUを40%ほど使うなどエロゲにしては破格の重さに。プレイ中でもバックログを開くと使用率が一桁に落ちるので、原因はスクリプトなんですかねぇ。画面の大きさにも依存しているので、描写を全部CPUで賄う設定になっているのかも。当然skipも遅いですが「次の選択肢へ」があるので許容範囲なのかな。


システムに関してのお話なので、関係ありそうな部分のPCスペックも晒しておきます。

CPU:i5-3570k
MEM:PC-12800 16GB
GPU:GTX680
SSD:Crucial m4 256GB
ディスプレイ:PB278Q(解像度:2560×1440)

Sunday-EとかXeonを買えば幸せになれるのだろうか・・・うーん。全力でCPUを消費しているわけでもなし、APUのほうが無難に動きそうな予感も。


・シナリオ。

シナリオはストレス要素を排除し、ただただ「ヒロインの魅力と甘いシナリオをお楽しみ下さい」と特化した設計になってます。設定は設定として割り切りましょう。島が浮いている理由とか水が豊富にある理由とかは深く考えてはいけないのです。ただ、空に浮いているという実感が全くのは如何なものかと思いますけれど。
ヒロインについては魅力的に描かれておりますが、シャーリィの変態さと夕音の従属願望についてはゴリ押しに近いところもあり、満点とは言いがたい印象。オタクオタク言い過ぎですし。全体的に「キャラクターは可愛いけれどやや薄っぺらい」かなとは感じました。いやまあ、可愛いんですけどね。すごく可愛いんですけどね!

ゆるゆるな世界観なれど、主人公はトラウマあり、ライゼルグの希少性、ヒロインは他種族であることなど燃料はかなりあるので、後半の盛り上がりには期待したいところです。外部ライターも動員してますし。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<戦姫絶唱シンフォギアG 第01話 「ガングニールの少女」 | 煩悩と惰性。 | 否定されまくってますが。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |