煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris- 体験版感想。

公式HP。
http://www.project-navel.com/otomeriron/

「乙女理論とその周辺 -Ecole de Paris-」の体験版をプレイしたので感想でも。前作「月に寄りそう乙女の作法」は当然プレイ済みとなります。


・絵。

otomeriron02.jpg
otomeriron01.jpg

メリルちゃん可愛い。西又葵せんせーの絵がグレードアップしている気がします。
その他のキャラクターも安定しており満足以上。私個人、パリへ行ったことがないので背景などの世界観が良く出来ているのかはわかりかねますが、異国情緒は十分に出ているかと思います。
あと、りそな嬢のセンスは私の想定の斜め上を行ってます。まあ、そもそもゴスロリだしね。


・システム。

configは充実、skip速度も遅くなく、シーンスキップも完備。敢えて足らないとすればバックログからのジャンプ機能位でしょうか。
なお、立ち絵は全く動かないのはご愛嬌。最近はよく動く作品も増えてきましたから寂しいと感じてしまうのも事実ですが、まあ減点要素にはならないでしょう。


・シナリオ。

すごく面白いです。製品版にも期待が持てます。以上!

・・・だけだとあんまりなのでもう少し書こう。


otomeriron03.jpg

テーマというか、製作者側がこの作品で表現したいものは、かなりはっきりと明示されています。
己の意思によって、心の持ちようによって、世界の在りかたが変わる。それは精神世界の話ではなく、現実でのお話。だから意思に因ってといっても、それは実体を伴わない変化である。そんな思うままにならない冷たい現実でも、周囲と力を合わせれば変えていける──

言葉として書き起こすとこんな感じでしょうかねぇ。ご都合主義に一石を投じる、とは言い過ぎかもしれませんが、居心地の良かった桜屋敷とは真逆に近い方向性を持ってます。
所々で挿入されるギャグのノリはかなり良く、笑いという面でも楽しめますが、いわゆる「萌えゲー」を期待すると、テーマからきている雰囲気の暗さに圧倒されてしまうかもしれません。まあ、逃亡者が見ず知らずの土地で生活を始めているという設定ですし、元々つり乙のBADENDからの派生となりますしね。プレイ動機が「りそなタン可愛いよう公的資金注入したいよぅ」だけだと体験版部分だけで挫折するかも。

細かい設定で矛盾を感じたり、ルナ様の回想が多すぎだろとか思ったりもしますが、些細なことかな、と。・・・この調子でどうやってりそな嬢以外のルートに分岐するんだ?と考えてしまうところもありますが。
繰り返しにはなりますが、総じて大変期待できる内容でした。7月末の発売が楽しみです。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<戦姫絶唱シンフォギアG 第02話 「胸に力と偽りと」 | 煩悩と惰性。 | おかいものの記録。>>

この記事のコメント

真心の人さま

そもそも下の兄に恋愛感情なるものが備わっているのか、妹、疑問に感じます。

どうであれ遊星は滅私奉公するタイプの人ですから、りそなが独り立ちできる状態(衣遠との関係改善とか)にならない限りは動きそうにないですよねぇ。ルナ様と違って、りそなは朝日がいないと生きていけないですし。
やはり恋愛というのは物語の華であって、体験版終了時点の状況からは程遠いものですから、そこまでの長い道のりを描いてくれることに個人的には期待せざるを得ないです。金曜日の発売が大変に楽しみですね。
2013-07-21 Sun 23:33 | URL | Purpurrot #-[ 内容変更]
りそなさんはともかく遊星さんは真心を込めて恋愛ではなく真心を込めて完全妹感情なので真心を込めて他2人へは案外簡単に真心を込めて分岐するかもでござます
2013-07-20 Sat 03:13 | URL | 真心の人 #GZKtebmw[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |