煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

マクドナルドと高級路線。

DSC_0012_20130715221136.jpg

1000円バーガー第二弾、ブラックダイヤモンドを食べてみたので感想でも。
それにしても酷い見た目である。


・バーガー本体に関して。

トリュフの香りが素晴らしく、チーズやパンも明らかによいものを使っているのがわかるお味でした。お肉は普通のクォーターパウンダーと同じものっぽかったです。特にマッシュルームとソースの相性は抜群で、味だけに関して言えば1000円出す価値がある商品だったと思います。

ただし、分量が少なく一個では全く足りません。女性でも一個では足らないんじゃないかと思われる量でした。1000円払えばかなり美味しい定食がお腹いっぱい食べられるわけで、費用対効果の観点からはイマイチでしょう。もちろん、数千円するコース料理なんかと比べれば悪くはないのでしょうけれど、幾らなんでもそのランクの食事とは張り合えませんね。


・食事の提供に関して。

この1000円バーガー、頼んでから提供されるまでに27分待たされました。昼時の混みやすい時間帯だったからとはいえ、20分以上は待たせすぎです。ファーストフードはおろか、普通のファミレスでも苦情が来るでしょう。
商品そのものは良いものを出そうという姿勢は感じられるものの、その他が全く不十分なままこのような施策を実行してしまうマクドナルド経営層の判断には首を傾げざるを得ませんね。
この価格帯の商品で顧客満足を得たいなら、

・食事を堪能できるだけの店内環境
・提供時間を10分以内に
・栄養バランスを考えたセットメニュー

あたりは必須なのではないでしょうか。特に店内環境については、狭い・椅子が硬い・不衛生な点があるといった部分を改善しなければ、今回のような物珍しさで以外では消費者の視線を得られないと思いますね。
現状ではマクドナルドで1000円使うより、吉野家で600円使ったほうが諸々の満足度は高そうですし。


・その他。

DSC_0009_20130715221139.jpg

箱は綺麗だった。

DSC_0017_20130715221137.jpg

説明書も綺麗だった。
別窓 | 書籍など諸々の感想など。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ここまで来ると病的ですわ。 | 煩悩と惰性。 | 戦姫絶唱シンフォギアG 第02話 「胸に力と偽りと」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |