煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

モチベーションが低い中。

2013年冬アニメの感想を適当に書いていってみるテスト。


・キルラキル

2013_winter_01.jpg

熱さと濃さが目立つアニメ。一度見ただけではついていけない速さで変化していく場面、わかりやすい熱さと、昭和的な作画、いいモノを持っているアニメです。
がしかし、好き嫌いが別れそうな作品でもあります。個人的には暑苦しすぎてちょっと苦しいかな。


・のんのんびより

2013_winter_02.jpg

ザ・日常アニメでした。OP曲が流れたらサイリウムを振りたくなるというわけでもなく、本当に捻りのない日常アニメです。精神安定剤的な意味で見れる一本かな、と。一時期多かったですが、最近では珍しいような。
この作品で描かれる田舎は生活が不安になるレベルであるのと、ネットが無いと死んでしまうのでだめですが・・・田舎、行きたいねぇ。


・凪のあすから

2013_winter_03.jpg

三角関係アニメ。海底で暮らす人々という設定が面白く、また透明感のある世界に仕上がっていて好印象。
主人公らしい(?)光が粗雑を地で行くタイプのキャラクターでウザイのですが、失恋による成長物語として描いてくれたりするのだろうか。楽しみですね。


・世界でいちばん強くなりたい!

2013_winter_04.jpg

開始10秒で喘ぎ声。凄いアニメだ。18禁ではないのが驚きです。
アイドルが勢いでプロレスの道を歩むというなかなかぶっ飛んだ設定ですが、全ての印象が喘ぎ声に掻き消されるww
次回以降もどのような声を聞かせてくれるのか、とても期待してる。


・境界の彼方

2013_winter_05.jpg

京都アニメーション製のバトルアニメ、という認識。
作画は相変わらずの安定感。期待が持てます。
ただ、一話冒頭で主人公の胸を刃物で貫いておきながら「相手を殺すのは怖い」というヒロイン、キャラクターが掴めない主人公など、1話から矛盾を出しまくっている脚本はどうにかならないのか。
アニメは結構、作画さえ良ければ視聴できてしまう傾向があるものだけど、これはちょっと首を傾げざるを得ない印象。


・機巧少女は傷つかない

2013_winter_06.jpg

ダチャンの声を楽しむアニメ(確定) 下野さんと原田さんの組み合わせを見ると、バカテスしか思い浮かばないのは仕方がないですよね?ね?
内容については・・・正直イマイチでした。主人公たちは機巧魔術を使い人形(機巧少女)を戦わせる作品のようなのですが、どうにも主人公補正が強すぎるなぁと感じるところ。あと、明確な目標があるにも拘らず、余裕ぶっこいているその姿勢もどうにも。
好みのキャラデザですが、戦闘シーンが貧弱であったのもマイナスか。


・ワルキューレロマンツェ

2013_winter_07.jpg

車の人の声を楽しむための作品だって、廃人な友人が言ってた。
原作未プレイなので、どこからがアニメならではなのかはわかりませんが、妙にエロスを感じる作品です。車の人なメインヒロインは、比較的みやびな世界観も相俟って直視できない程度に頭の螺子が飛んでいるように感じてしまうのはご愛嬌か。ピンクは淫乱だもの仕方がないよね。


・勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

2013_winter_08.jpg

こちらはエロスを通り越してパンチラしすぎでしょう・・・いや、パンチラするのは一向に構わないのだけど、それ以外に書くことが無いという薄さは結構致命的です。ファンタジーキャラクターが世俗で生きるという点では「はたらく魔王さま!」という優秀すぎる先輩がおり、タイミングという点でも辛い。


・リトルバスターズ!Refrain

2013_winter_09.jpg

来ヶ谷の姉御怖すぎワロタww 回し蹴りでドアを叩き壊すとかどんだけ破壊力があるのやら。「顔面にくれてやろうか?鏡を見れない顔になるだろうが」と言っておりましたが、それって美貌的な意味ではなく、感覚器が潰れてしまうから的な意味ではなかろうかガクガクブルブル
そもそもが原作重視ですし、2期作品ですし、思いっきり信者向けに特化した内容を期待してます。


・WHITE ALBUM2

2013_winter_10.jpg

丁寧に主人公を取り巻く世界を描いており、大変に好印象です。2011年のエロゲ作品の中では最高峰だという噂ですが、そんな質の高いシナリオに応えてくれそうな演出で、今のところ期待値No.1。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<すき焼き懐石を食べる。 | 煩悩と惰性。 | 多すぎる阿呆。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。