煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

世界と世界の真ん中で 体験版感想。

公式HP。
http://www.lumpofsugar.co.jp/product/sekachu/index.html

Lump of Sugarの新作、「世界と世界の真ん中で」の体験版をプレイしましたので感想でも。


・絵。

sekaito01.jpg
sekaito02.jpg

プレイする原動力になるクオリティです。この柔らかさを持った萌木原氏の絵は相変わらず素晴らしいです。
過去作品のものと比べて、服装に小物などが増えており華やかさがいっそう増した印象です。素晴らしい。


・システム。

sekaito03.jpg

Configで設定できる範囲は他のゲームとほぼ同等。面白いのは解像度をスクエアにするとウィンドウが下に行くのでキャラの立ち絵が広く表示されるのは面白いところ。・・・まあ、私はフルスクリーンでゲームする人種なのであまり関係はありませんけれど。
デフォルトでは「テキスト表示途中でも次のページへ進む」にチェックが打たれていませんが、これらをオンにしないと手早く読み進めるときに常にダブルクリックを強いられるので注意。これは最初からチェックを入れておいても良いような・・・。

あと、サウンド設定にキャラクター名が「????」の調節部分があるので、公式HPに登場していないキャラが後々登場する様子。楽しみです。


・シナリオ。

sekaito04.jpg

テキストが2行しか表示できないあたりから察せられますが、全体的に軽い会話で物語が進んでいくお手軽な雰囲気が強いゲームです。ある意味、強みたる絵を主役と置いていて、シナリオはあくまで脇役という配慮(?)がされているあたり何だか潔いです。

シナリオの内容は、非常にわかりやすく表現されているキャラクターの特徴やストレス要素が皆無な穏やかな日常描写など、とにかく「柔らかさ」に重点をおいているようです。同時に、世界の理に関する話なども散りばめられており、アクセントとして良く機能しているように感じました。
ただまあ、甘さと柔らかさに重点を置いた代償というべきなのでしょうか、お世辞にも面白いテキストではありません。やはり絵を中心にキャラクターの可愛らしさを楽しむための作品なのでしょうね。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<妹のおかげでモテすぎてヤバい。 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | 革命機ヴァルヴレイヴ 第18話 「父の願い」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |