煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

無責任な風土。

ゆうパック、管理不備650局=保冷せず放置も―日本郵便
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131127-00000111-jij-bus_all


>社内処分は行わないという。 

この誰も責任を取らない姿勢こそ日本企業が誇るクソ文化である。
普通は役員クラスが減給処分、問題を起こした拠点と、本社のこの部分を管理する部署の長も何かしらの処分を受けるべき話だと思うんですけどね。


先日、食品偽造の話もありましたし、モラルが低いよなぁと思わずにはいられない。
4835局中650局で施設に不備、それが調査するまで出てこなかったって相当ですよ。一体何千人の社員が見て見ぬフリをしていたんでしょうか。・・・まあ、こういうのって往々にして問題として取り上げられる前に指摘しても誰も聞かないという。やはり文化が問題なのか。


・記事全文。
 日本郵便は27日、保冷宅配便「チルドゆうパック」などを取り扱う全国4835局を一斉点検したところ、650局で温度管理や保冷設備などに不備があったと発表した。集配用保冷バッグに入れず、常温で約15分間放置していた例も1件確認された。
 日本郵便は、ヤマト運輸で「クール宅急便」の常温仕分けが発覚したのを受け、点検を実施。その結果、点検時点で、保冷バッグの温度が規定の0~3度を超えている例や保冷剤を保管する冷凍庫の故障などが453局で確認された。
 記者会見した諫山親専務は陳謝した上で、「直ちに改善指導を行った。お歳暮期を乗り切るため万全の態勢を構築したい」と語った。社内処分は行わないという。 
別窓 | 時事。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<十六夜のフォルトゥーナ 中途感想。 | 煩悩と惰性。 | 革命機ヴァルヴレイヴ 第19話 「悲しみは降る雪のごとく」>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。