煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

今年も行ってきました。

DSC_0466_20140112220704d6e.jpg

今年も東京オートサロン2014に参加してきましたので簡単なレポートを。

公式サイト
http://www.tokyoautosalon.jp/


朝、友人と新木場で待ち合わせて京葉線で海浜幕張へ。幕張メッセは都内から結構な距離があり妙に疲れますね。会場内の食事処は混雑するであろうということを見越して、幕張駅周辺で食事をしてから会場へ。会場入りしたのが11時ごろだったということもあり、ほぼ並ばずに入場することができました。

とりあえず簡単にまとめると、

・昨年より混んでいたように感じる。客層は相変わらず高級カメラを手にしている人から家族連れまでおりカオス。
・イベントホールも使用するようになった。ホール後方ではパチンコとのタイアップ、前方ではトークショーなどのイベントを開催。同じ空間でやっているはずなのに空気が違いすぎて笑う。
・日野自動車など、人が集まりやすいブースはホールの角に隔離。
・今年もシースルー衣装、包帯みたいな布のみなど、過激な衣装が多かったとか。過激ではないのだけど、個人的にはCUSCOが偉大だった。オタのことをよくわかってらっしゃる。
・トヨタの86、スバルのBRZ、日産のフェアレディZは非常に多かった。ラインナップの豊富さはZ33が抜きん出ている印象。
・昨年は一台しか見かけなかったアヴェンタドールを複数確認。SLSも複数あった。供給が追いついてきているということもあるのだろうけど、全体的に景気が上向いていることを実感できる多さ。
・パガーニのゾンダを確認。知名度が低いためか、その凄まじい格好良さの割に注目されていないのは相変わらず。


以下、適当に写真を載せてみる。コンパニオンの画像も載せようかと思ったのですが、肖像権的にグレーな部分があるので自重して無しで。ネットへの掲載は明らかに私的利用の範囲を超えますしね。

(写真はクリックで拡大します)


DSC_0027_2014011222100446e.jpg

痛車から。何かの公式キャラクターのようです。


DSC_0197.jpg

昨年もあった、キラキラ仕様のSL。今年も存在感抜群でした。これを公道で走らせたらすごく眩しそう。


DSC_0141.jpg

コルベットのc7が出ていることを本日始めて知りました。リアはやや古めかしいですが、フロントは格好良くなりましたね。内装を見るのを忘れたのが心残りです。


DSC_0157_201401122209494fc.jpg
DSC_0173.jpg
DSC_0174_20140112221101b82.jpg

私の記憶が正しければ、昨年唯一アヴェンタドールを展示していたTWSさん。今年はSLSを展示していました。白のボディカラーがお上品。
そもそも車を持っていない人間がどうこう語るのも野暮ってモノですが、こういうホイール履かせてみたいですねぇ。


DSC_0187.jpg

SLSの内装。美しい。


DSC_0239.jpg

日野自動車のブース周辺。カメラを掲げたり一脚を使ったり。完全に紛争地帯です。
遠目から舞台を少しだけ覗いたのですが、水着ショーのようで相変わらずでした。


DSC_0096.jpg

パガーニ・ゾンダ。ゾンダのどれかは忘れてしまいました。保安基準を満たしておらず公道は走れない車のはずですが、後ろからこんな車が近づいてきたら逃げ出したくなりますね。


DSC_0206.jpg

アヴェンタドールヾ(*´∀`*)ノ
買いたいなんて贅沢は言わないから、一度でいいから運転席に座ってアクセルを踏み込んでみたいです。
別窓 | 放浪。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<MeltyMoment -メルティモーメント- 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | 意味不明なところで戦ってらっしゃる。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |