煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

2014年冬アニメ感想その二。

今期開始のアニメの感想続き。本当に何でこんなにアニメ多いんだろう。やはり儲かるのかしらん。

感想その一。
http://nachtzeit.blog96.fc2.com/blog-entry-1838.html



・ウィザード・バリスターズ~弁護士セシル

13wizard01.jpg
13wizard02.jpg

全体的に作画が良い方向にヤバイです。列車が爆発する場面とか、金属集めてロボット作る場面とか。あまりにも良すぎて2話以降もこのクオリティが保てるのか心配になるレベルですね。
魔法があり、個人単位では魔法使いのほうが圧倒的戦力を持っているにもかかわらず、不当な魔法の行使には社会的に罰が与えられるという世界観、そしてそんな世界で容疑者を擁護する弁護士の主人公、舞台は法廷(?)というのは面白いですね。1話終盤でロボットが出てきたのですが、せっかくの世界観ですし、あまり戦闘モノにはなって欲しくないかなというのが個人的には思うところです。

あと、OPでLiaさんが起用されていて私はすごくうれしい。


・pupa

12pupa01.jpg
12pupa02.jpg

女性が化け物に生まれ変わりました。3分アニメでやる流れじゃないぞこれ。ダークさしか伝わってきませんでした。本当にそれ以上、何といえばいいのかわからない。うーん。これを30分やったら規制の嵐になりそうなので5分なのが正解なのかもしれません。


・スペース☆ダンディ

14space01.jpg
14space02.jpg

作画は20世紀のそれなんだけど動きは近年のものなので、贅沢さを感じるアニメ。ずるい。
しかし、なんというかギャグは上滑りしている印象で視聴を続けるか悩むところ。


・鬼灯の冷徹

15jigogu01.jpg
15jigogu02.jpg

やや古いテレビネタやむかしばなしを混ぜ込んだアニメですね。風刺、とはちょっと違いますが、そちら方面の作品です。内容については可もなく不可もなく・・・ですかねぇ。つまらなくはないのだけど、笑えもしない、そんな感じです。


・魔法戦争

16mahou01.jpg
16mahou02.jpg

異世界から魔法を使える人たちがやってきて、巻き込まれて自分たちも魔法が使えるようになってしまった学生たちが戦いに身を投じていく物語、ということなんでしょうかね。
戦争という単語を冠している割に戦いは小規模な個人戦で、魔法戦争というより異能力格闘戦といった様相ですね。世界観などは丁寧に説明しておりましたが、今のところはよく見かける設定を並べただけにしか感じられなかったので、2話以降で独自設定を広げていってもらいたいところです。


・ニセコイ

17nisekoi01.jpg
17nisekoi02.jpg

タイトルどおり主人公と金髪ヒロインが偽の恋人を演じる物語のようです。んで、花澤さんが真ヒロイン、と。いやはや今期も花澤さんを非常によく見かけますね。
内容については、金髪ヒロインの罵詈雑言が酷いという感想以上のものは感じられず。人の思い出の品を貶すとかアカンて。今のところギャグなのか恋愛をしっかり描くタイプなのかもはっきりしません。コメントに困る作品です。


・世界征服~謀略のズヴィズダー~

18seihukui01.jpg
18seihukui02.jpg

「その力でお前たちは何を守る気だ?家族か?国家か?未来か?戦車で守れるのは下らん軍事産業だけだ。秩序で守れるのは妥協だけだ。平和なんぞで守れるのは昨日だけだ!」という演説はとてもカッコいい。
しかし、それ以外のところは誰が敵なのかもはっきりせずにただただドンパチしていた印象しかなく、ちょっと首を傾げたくなるところではあります。あの幼女がどんな能力を持っていて、どんな征服の過程を踏んだらアバンの壊滅状態に陥るのやら。2話以降に説明してくれるんだよね?とは期待しつつも、1話での説明が足らなさ過ぎてぐぬぬです。あの幼女に魅力を感じられないのも正直痛いかなぁ。


・Wake Up, Girls!

19wakeup01.jpg
19wakeup02.jpg

どうやら劇場版を見ていないと内容が理解できない構成っぽいです。過去に何があったし。
さて、わかる範囲で感想を述べますと、雰囲気どうにも暗くて、同じくスクールアイドルをテーマにした「ラブライブ!」の真逆を描いているように感じられました。売れないアイドルの悲哀、みたいな。アニメでは可愛らしい女の子が明るく楽しく行動している作品が多く、やや暗くても「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のようなギャグに走る作品くらいしかないのに、現代社会を舞台にしてこの暗澹とした空気はヤバイです。これは間違いなく枕営業する薄い本が出るでしょう。
この状況から上り詰めるならWake Upという看板どおりになりますが果たして。


・中二病でも恋がしたい!

20chuni01.jpg
20chuni02.jpg

中二病が帰ってきました。個人的にはこの作品の一番の良さは、所蔵する集団によってキャラクターが異なる顔を見せるところだと思っています。黒髪のモリサマーに感じる違和感なんかは実にイイ。
ただまあ1話で魅力を全力投入しすぎじゃないですかね?と思うところもあり、今後の展開で中だるみしそうな怖さも。というか、1期で既に大きな山は越えてしまっていますし、これからどのように話を展開していくかは素直に楽しみにしておきたい。

それにしてもナチュラルに同棲していたのは驚きました。入籍してしまえ。


・未確認で進行形

21mikakunin01.jpg
21mikakunin02.jpg

ザ・日常アニメ。印象に残りにくいところはあれど、丁寧にキャラクターを描写しておりいい感じです。他の作品と比較するとあざとさもやや控えめでまったり楽しめそうです。「時間があれば見たい作品」ですね。
日常系作品は往々にして深みは皆無であり、今のところこれも例に漏れずなので、そのあたりをあの許婚くんがどれだけ演出してくれるかが中盤以降の評価を左右しそうですね。


・のうりん

22nourin01.jpg
22nourin02.jpg

いきなり王国民の集会を見せられてクッソワロタww 警報やFwFwFwFwなどのコールも完全に入っていて笑いが止まらない。宇宙一可愛いよ!
2話以降は姫と農業に励むアニメになるっぽいので、それを見るまでは評価はお預けかな。インパクト勝負という意味では大勝利な1話でした。普通に農業語られてもついていくのが厳しそうですしねぇ。
舞台となっている岐阜県の自治体では村おこしにこの作品が使われているという噂ですが、こんなぶっ飛んだ内容で本当に大丈夫なんだろうかw


・桜Trick

23sakura01.jpg
23sakura02.jpg

ナチュラルにキスをはじめる女の子たちを見て、百合コンテンツもここまできたかと驚きを隠せませんでした。調べてみたら原作者はけいおん!の同人で名を馳せた方らしく、濃厚な百合の空気にも納得がいくところ。文化はこうやって引き継がれていくんですね・・・胸熱。
また、テンポよく話が進んでいくため楽しく視聴することが出来ました。これは期待できそう。
別窓 | アニメ諸感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<小粋なのが多いね。 | 煩悩と惰性。 | イノセントガール 体験版感想。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |