煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨

コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~ 体験版感想。

公式HP。
http://www.keroq.co.jp/petitkero/kotokie/index.html

1/31発売予定のプチケロQの新作「コトバの消えた日 ~心まで裸にする純愛調教~」の体験版をプレイしましたので感想でも。発売まで10日を切ったタイミングでの体験版公開とは珍しいですね。


・絵。

kotokie01.jpg
kotokie03.jpg

基4氏が描くキャラクターは相変わらず可愛らしいです。質については文句なし。ミドルプライスのこの作品でどれだけCG枚数があるかが評価の鍵ですね。
背景については屋外の並木などの植物が水彩画っぽいタッチになっており、教室内の人工物と比較するとすごい差を感じます。悪くいえば違和感を、良くいえば新鮮味の要因なのですが、なんだろうねこれ。


・システム。

configは最低限揃っています。フォントを変えたいとかそういう要望がなければ問題を感じることはないでしょう。skip速度に問題は感じず、バックログからのジャンプ機能などはありません。極めて標準的ですね。
ああ、セーブデータを移動したりコピーしたりできるのはちょっと珍しいかもです。

この作品では、スクリプトが組まれており立ち絵が動きます。立ち絵を動かす演出を取り入れているメーカーは結構多いですが、ついにミドルプライス作品でも見られるようになったというのは感慨深いですね。


・シナリオ。

主人公が人の心を読める異能を手に入れて使ってみた、というところまで。エロシーンは無し。

まず、サブタイトルにある「純愛調教」ですが、こちらはエロが全くなかったため判断できません。ヒロインは二人とも親密な状態からスタートするので、お手軽に楽しめる構成にはなっていそうです。逆にいえばキャラクターの個性はかなり薄め。
日常シーンについては、読む価値がまるで見当たらないクオリティです。ミドルプライスの抜きゲーの日常に期待することなんて無いと言えばそれまでですが・・・ライターさんは両名とも新人などではなく、手を抜いているとしか思えないです。異能力バトルが熱い!なんて宣伝文句もありますが、主人公のヘタレっぷりを見る限りでは期待できそうにないかな・・・。
日常はもう、りんごりんの声を楽しめばそれでいいやとかそういう状態です。鶴屋春人という方の声ははじめて聞くのですが、こちらも良い声ですね。


この体験版から何を感じ取ればいいのかわからないというのが正直なところです。せめてシーンを入れてくれれば見えるものもあるのでしょうけれど。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ばくあね ~弟しぼっちゃうぞ!~ 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | 小粋なのが多いね。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。