煩悩と惰性。

適当に日々思ったこと綴るところです。

コトバの消えた日~心まで裸にする純愛調教~ 感想&批評。

公式HP。
http://www.keroq.co.jp/petitkero/kotokie/index.html

ぷちけろの新作「コトバの消えた日~心まで裸にする純愛調教~」をプレイしましたので感想でも。


※以下、ネタバレを含みます。


・音楽。9点。

BGM18曲、Vocal曲は1曲。ミドルプライスでこの量は立派。
Vocalはmonetさんが歌っており、曲名は「wordless」。
BGMは綺麗な旋律のものが多く、内容についてもGOOD。BGMでは特に「コトバの消えた日」「かえり路」が個人的には好みです。ただ「蠢き」だけはどうしても慣れませんでした。

しかし何故、音楽鑑賞にVocal曲がないのだ・・・。


・絵。9点。

CG45枚。こちらもミドルプライスであることを考えれば十分でしょう。なおエロは内34枚で、逆にカウントすれば日常系CGも11枚用意されており、全般的に不足を感じることはありません。

CGのクオリティは原画、塗り共に一線級です。夕焼けを背景にしたCGたちは特に美しい。肌色系CGは個人の嗜好が強く反映される部分なので難しいのですが・・・私は十分エロく感じられました。是非公式サイトで確認を。
葵さんのおっぱいが立ち絵だと小さすぎるように見えるのですが、まあ些細な問題です。プールやお風呂シーンがあったにもかかわらず一切髪形の変化がないのが唯一残念なところでしょうかね。

背景は前作の「テレビの消えた日」のものを流用しているところがあるようで一見かなりバラつきを感じますが、慣れてしまえばどうということはありませんでした。


・システム。6点。

解像度は1280×720、configはキャラクターごとの音量調整がないなど若干の簡素化はされていますが、プレイに支障をきたすようなことはありません。skip速度はそこそこ高速。


・声優。10点。

声優さんのチョイス、演技共にバッチリだったと思います。
この作品は普通の声と心の声が入り乱れて場面が進行しますが、低めの声に混ざって飛んでくるハイトーンの心の声が耳に刺さって癖になります。大変良かったです。


・シナリオ。5点。

まずは全体のテキストについて。
場面ごとの連続性が薄く、更に「ここに至るまでに○○なことがあった」といった表現が散見され、ダイジェスト風味を通り越してダイジェストそのものになっている部分が多かったのは残念。また、唐突に過去編が始まるなど、全体の構成についても改良の余地はあったのではないかと思う次第。
ヒロインの魅力については、序盤の体験版部分ではかなり厳しいところがありましたが、葵編にて葵と梓の関係が判明するあたりになると持ち直すので、及第点には乗っているかと思います。

続いてエロ方面。
純愛調教で露出で羞恥ですからね。難易度の高い組み合わせです。「好感度の高い娘に見ず知らずの男の前で裸になれと命令する」ことで一応全部のお題目は最低限達せられていると思いますが、梓さんが途中で露出狂に変貌したり、主人公の要求がトチ狂っていたりと粗がやや目立ちました。極限状態化における心理の移ろいという形でフルプライス作品でじっくり描いたほうがいいんじゃないかというものですし仕方がないのかな。
露出については一貫性があり、こだわりも感じられましたので、特に露出にこだわる人にはよさそうです。全体的に変態なシーンが多いので、普通の萌えゲーでは満足できんという人にも効きそうです。

最後に設定について。
主人公のココロが読める特殊能力については無駄に壮大で阿呆な設定が用意されており大変に笑いました。このあたりはエロのみをお求めの人には蛇足でしかないですし、むしろ邪魔と考える人も多そうですから難しいですね。私は敢えて織り込んできたのは評価したい。

主人公 「アメノウズメの舞とはつまり、神代の露出プレイだったんだ」

これだよこれ。どう見てもケロQだわこれw あまりにも酷い発想www
この文章を考えた人は戸隠神社へ行って許しを乞うべき。


・総評。

まず、印象として残るのは「やりたい放題やってるな」ということ。「純愛調教」という看板からもかなりの挑戦性を感じますしね。そのあたりのリスクヘッジを加えた上で、ハーフプライス作品という選択になったのでしょう。

シナリオについては色々混ぜすぎているのとブラッシュアップされていない面があるのでユーザーを強烈に選びますが、そこさえ度量を持って迎えられる人なら、コストパフォーマンスに優れた良い作品になれると思います。絵を筆頭にその他のパーツは申し分ないですしね。
あと、露出大好きな人は無条件で満足できると思うので是非とも。
別窓 | ゲーム感想。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<恋する少女と想いのキセキ ~Poupee de souhaits~ 体験版感想。 | 煩悩と惰性。 | 生き残りたち。>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 煩悩と惰性。 |